【漫画 悪魔だった君たちへ】最終回までの全巻・全話無料ネタバレまとめ

コミックシーモアにて先行配信されている漫画「悪魔だった君たちへ」の全巻・全話ネタバレをまとめました。

「悪魔だった君たちへ」は現在、第1巻〜第6巻まで配信されています。

全巻・全話ネタバレと合わせて、第7巻の発売日(配信日)はいつなのか?などもチェックしていきましょう!

※「悪魔だった君たちへ」は、コミックシーモアにて先行配信中!

今なら無料会員登録するだけで50%OFFクーポンをもらうことができますよ。

\無料会員登録で半額クーポン/

「悪魔だった君たちへ」を半額で読む

【漫画 悪魔だった君たちへ】最終回までの全巻・全話ネタバレまとめ

下記の青文字をタッチすると、その巻(話)のネタバレをチェックできます。

1巻2巻3巻4巻5巻
6巻7巻8巻9巻10巻

【漫画 悪魔だった君たちへ】1巻ネタバレ

真っ暗な部屋で学生時代のホームビデオを眺めている1人の男。

男は高校時代、6人のクラスメートと仲良くしていたようです。

  • 花奈→現在人気モデル
  • 美穂・信→結婚
  • 雄介→弁護士
  • 俊夫→証券マン
  • 倫太郎→不明

男の隣には倫太郎がいました。

倫太郎は全裸で手足を拘束され、口にはガムテープが貼られています。

倫太郎はどうやら高校時代、幸太というクラスメートに対し、虫を食べさせるイジメをしていたよう。

男も今では倫太郎たちのおかげで虫が好物になった、と話します。

そして今。

男は倫太郎に対し、無理やり虫を食べさせようとするのでした…。

場面は変わり、とあるマンションの一室。

一緒にシャワーを浴びている信と美穂。

信は美穂の首筋を舐め、そのままディープキス。

2人はベッドへ行き、身体を重ねます。

信の”下”を舐めた後、美穂は上に乗って挿入。

美穂は激しく腰を揺らし、もっと突いてと信にお願い。

そして2人は一緒に絶頂を迎えました。

翌朝。

信は美穂とキスをした後、職場へと向かい家を出ます。

職場は丸の内にある高層ビル。

信は部長から期待され、同僚から羨ましがられる存在でした。

仕事もプライベートも順風満帆。

学生時代から付き合っている恋人・美穂は社長令嬢で、来月結婚。

しかも女性社員から人気で、まさに非の打ち所がない人生を送っていました。

するといきなり部長が大声で”宮本”という社員を呼びました。

宮本は信と正反対。

あまり仕事ができるタイプではなく、顔立ちも決してイケメンではありません。

部長に怒鳴られ泣いてしまう宮本。

そんな宮本と部長をフォローする信。

信の視線の先には、3人の女性社員が映っているのでした。

この日の夜。

信と美穂は夕食を食べながら結婚式で流す写真について話をしています。

しかしまだ、倫太郎から写真のデータが届いていないとのこと。

信は倫太郎に催促を入れておく、と言います。

するとそこの時、ちょうど倫太郎からメッセージが届きました。

「写真のデータを送る」

という内容の。

ただメッセージを送っていたのは、倫太郎本人ではなく”あの男”でした。

”あの男”は、浅井と表札が貼られた部屋におり、パソコンを操作しています。

翌朝。

信はタバコをふかす男の前を通り過ぎます。

その瞬間、男はいきなり左手にタバコを押し当てました。

「熱いよ。お願いだからやめてくれよ。どうしてこんなことするんだよ。ねぇ信くん」

男は不気味な表情で、タバコを押し当てた左手をベロっと一舐め。

いつも通り出勤している信は、知らないアカウントから届いたメッセージに目を通します。

メッセージの内容はこうです。

清新館高校 3年7組の田上 信君へ

ご結婚おめでとうございます!

お祝いにあの頃の思い出の写真を送らせていただきます。

これを見てあの頃を思い出してください

メッセージには動画が添付されており、そこには仲良し6人組の写真が映し出されました。

しかし次第に画面が恐ろしいものに変化していきます。

「いつも仲の良かった6人、悪魔共め地獄の業火に焼かれろ」

というメッセージが流れ、6人組の顔は焼死体のようなものに…。

さらに美穂の真実が記されていました。

信が美穂の真実を開くと、そこに表示されたのは美穂のTwitterアカウント。

アカウント名は「Miho@パパ活女子」

なんと美穂はパパ活をしており、部長と関係を持っていたのです。

帰宅後。

美穂の裏の顔を知ってしまった信は、イライラした態度で台所の椅子に座っています。

そして美穂に対してパパ活アカウントを提示し、説明を要求。

すると美穂もスマホの画面を見せてきました。

そこには信の写真とプロフィールが表示されています。

どうやらマッチングアプリ。

美穂のもとにも知らないアドレスからメッセージが届き、マッチングアプリに登録していた信の情報が送られてきた様子。

お互いに激しい口論へと発展し、その中で美穂は「”アイツ”みたいに恨んでるヤツにやらたんじゃないの?」と言いました。

アイツとは、6人組が高校時代にイジメていた幸太というクラスメート。

頭に血が上った信は思わず、美穂の首を思い切り締め上げてしまいました。

間一髪のところで窒息死には至らなかったものの、美穂は部屋から逃げ去りました。

1人取り残された信。

「これは俺たちへの復讐なのか?」

と思いながら、頭の中で幸太の顔を思い浮かべるのでした。

翌朝。

この状態を何とかしないと…と考える信。

いつも通り出勤するとロビーに人混みが。

同僚に言われた通りパソコンの画面を見てみると、そこには部長が不倫相手と性行為をしている写真や、他の社員の卑猥な写真が張り出されていました。

中には信と美穂に送られてきた写真も…。

どうやら犯人は宮本…!?

しかし宮本の机には、退職願が置かれていたのでした。

ネタバレ目次に戻る

悪魔だった君たちへをお得に読む方法をチェック

【漫画 悪魔だった君たちへ】2巻ネタバレ

宮本がどうやって社員の秘密の写真を手に入れたのかは不明。

しかし宮本はその写真を家族や友人にバラまいていた様子。

時間が経つにつれて社内は落ち着きを取り戻し、普段通りの仕事が行われるように。

信もひとまず一安心。

これ以上大きなことは起きないだろうし、アイツ(幸太)の仕業ではないと分かったから…。

ただまだ、大きな問題が一つ残っています。

それが美穂との関係。

帰宅後、信は宮本に事の経緯を詳しく説明し、土下座して謝罪・

「本当に色々とゴメン。俺には美穂しかいない」

美穂は唇を噛み締めながら両手を差し出し、信を抱きかかえました。

すると信は上着の裾から手を入れ、美穂の上半身を弄ります。

それに答えるかのように信を迎え入れる美穂なのでした。

場面は変わり結婚式場。

この日は信と美穂の結婚式本番。

招待客の中には、

  • 雄介(弁護士)
  • 俊夫(証券マン)
  • 花奈(ファッション雑誌モデル)

もいます。

ただ倫太郎の姿はありません。

そして結婚式は進んでいき、スクリーンにはプロフィールムービーが映し出されます。

高校時代を振り返り、懐かしさと感じる雄介・俊夫・花奈。

するといきなりムービーの内容が一変。

信たちが幸太をイジメている様子が流れ始めたのです。

カマキリを捕まえ、幸太の口へとねじ込む信。

信は思わず席を立ち上がり、今すぐムービーを止めるよう叫びました。

しかしムービーは止まりません。

そのまま続きが流され、信のエゲツないイジメと、それを見て笑っている美穂の様子が映し出されました。

雄介・俊夫・美穂の3人も顔が青くなっています。

「これって倫太郎が撮ってたヤツだよな…?」

信はすべてが終わったかのように放心状態になり、心を無くしたかのように膝を崩すのでした。

その様子を監視カメラで見つめていたのが、”あの男”です。

すると次の瞬間。

なんと宮本が会場に現れ、マイクでこう言いました。

「田上信は最低のクズ野郎です。その証拠がこちらです」

スクリーンに映し出されたのは、信が宮本を揺すって情報を得ていた様子。

信は宮本に取引先の機密情報を流させたりしていたのです。

信の裏を知った会社の同僚や上司は激怒。

信の人生は転落することが確定的。

美穂は自分も被害者になるのはゴメンだと思っていたものの、そうはいきませんでした。

宮本はもう一つの映像を流しました。

そこにはバスタオル1枚の美穂の姿が。

しかも一緒にいるのは信ではありません。

一緒にいたのは、信の会社の取引先の部長・堀口。

美穂がパパ活で関係を持っていた男です。

美穂は堀口から”お手当”という名の金を受け取り、肉体関係を持っていたのです。

そればかりか行為中の様子まで撮影。

信に続いて美穂までもが人生転落。

ただ宮本の復讐は、まだクライマックスを迎えていませんでした。

ネタバレ目次に戻る

悪魔だった君たちへをお得に読む方法をチェック

【漫画 悪魔だった君たちへ】3巻ネタバレ

クライマックスとして映し出されたのは、美穂は気持ちよさそうに感じている姿、

美穂は堀口の”下”の太さに快感を覚え、信より堀口の”下”の方がいい、と言っています。

堀口も年を感じさせない軽快なリズムで腰を動かしています。

宮本は信に感想を求めましたが、そこに信の姿はありません。

すると宮本の背後から信が近づき、顔面に思いっきり一発。

倒れた宮本の上に乗りかかり、両手で首を締め上げ…

その後ろで流れている映像では、宮本が堀口の上に乗って腰を振り、絶頂を迎えそうになっていました。

信のもとには雄介と俊夫がやって来て、宮本を殺さずに済みました。

ただ信の怒りは収まりません。

宮本に情報の出所を吐かせたところどうやら、宮本も言われた通りに動いただけとのこと。

宮本にも知らないアドレスからメッセージが届いていたのです。

監視カメラでこの様子を見ていた”あの男”は、手についた血を舐めながら言いました。

「信君も美穂ちゃんも最高。僕の気持ち分かってもらえたかな?」

床には赤い血の他に、白い液体が滴り落ちていました。

結婚式終了後。

雄介・俊夫・花奈の3人は、信と美穂を心配しながら帰路についています。

すると3人のスマホが同時に鳴り、メッセージが送られてきました。

「次はお前らだ」

脅迫メッセージに怯えた花奈は傘を落とし、自分たちも信や美穂みたいになるの?と不安を吐露。

そしてこう言います。

「倫太郎が結婚式に来なかったのは、きっと何かされてた。だって私たちみんなアイツ(下田幸太)をイジメてたから」

取り乱す花奈を抱え、落ち着くよう諭す雄介。

しかし俊夫は怒りがこみ上げている様子。

俺が絶対に見つけ出してやる…とワナワナ震えています。

とはいえ幸太を見つけ出す手段も手がかりもありません。

そんなことを考えていると、後ろから誰かに肩を叩かれました。

なんと倫太郎です。

倫太郎は体中ボロボロで、下田幸太に監禁されていた、と告げました。

「下田や痩せて見た目が変わっているけど、まるで悪魔。バケモノ並のハッキング技術で順番に復讐する気だ」

とも。

俊夫は倫太郎から幸太の居場所を聞こうとするものの、倫太郎は一切口を割ろうとしません。

幸太と関わるのは二度とゴメン、探すなら1人で勝手に探せと言い、倫太郎に住所が書かれたメモを手渡しました。

その後。

倫太郎は”あの男”が待つ車へ戻りましす。

どうやら倫太郎は”あの男”から指示を出され、俊夫に罠を仕掛けた様子。

俊夫との一件を嬉しそうに報告する倫太郎。

車内から笑顔で手を振り、その場を去っていくのでした。

場面は変わり、雄介と花がくつろいでいるシーンへ。

雄介はグラスの中身を飲み干しながら、花奈に”下”を舐めてもらっています。

「花奈のことは俺が守ってやるから」

すると雄介のスマホに俊夫からメッセージが。

俊夫は幸太の居場所を突き止めたとのこと。

あの勢いだと殺しかねない…と心配する雄介に対し、花奈は言いました。

「むしろ殺してくれればいい。私は雄介さえ無事ならいい」

と。

場面は変わり、とあるコンビニ。

このコンビニは、倫太郎が俊夫に渡したメモに書かれた住所にあるコンビニ。

コンビニでは下田が働いていました。

女性スタッフ・綾瀬に対し高圧的な態度を取るお客に対し、下田は注意するのですが…

反射的に土下座してしまうのでした。

とはいえ一応これにて一件落着。

下田は綾瀬から感謝を伝えられます。

「さっきはありがとう。いつもオドオトしてるけど、意外と男気あるんだね」

と、綾瀬や下田を見直した様子。

そして2人でゴミ処分をしていると、倫太郎がやってきました。

倫太郎は吸っていたタバコを下田に突きつけ、信や美穂、そして倫太郎にやったことを吐かせようとします。

しかし下田は何も知りませんでした。

すると綾瀬が仲裁に入り、俊夫の手を叩きました。

「コイツはヤバい奴だ。学生の時なんて女子の前で自慰行為するような変態だった」

と声を荒げて言う俊夫ですが、綾瀬にとってはどこ吹く風。

綾瀬は下田と腕を組み、店内へと戻っていきました。

「アンタ(俊夫)の方が全然信用できない。私もワルだから分かるけど、あの男は小物」

と下田に説明しながら。

取り残された俊夫のもとには、コンビニのシフト表がメッセージで送られてきました。

「これは使える…」

と呟き、綾瀬の臀部を盗撮する俊夫。

綾瀬へのお仕置きを計画するのでした。

ネタバレ目次に戻る

悪魔だった君たちへをお得に読む方法をチェック

【漫画 悪魔だった君たちへ】4巻ネタバレ

バイト終了後。

下田は買い物をしながら、綾瀬の言葉の意味を考えていました。

「私もワルだからね」

その頃。

綾瀬は1人で勤務中。

この時間はお客様もほとんどこないから、ぼちぼち在庫の整理と発注をよろしく、とオーナーに依頼されて。

綾瀬が1人になったことを確認し、俊夫が行動を開始。

綾瀬が倉庫に入ったところを備考し、スタンガンを使って気絶させました。

そしてハンディカメラを取り出し、何かを撮影する準備を進めるのでした。

場面は変わり下田のシーン。

夜道1人帰宅する下田は、帰り道で”あの男”とすれ違います。

”あの男は下田に対し、久しぶり会えて嬉しい、と挨拶。

しかし下田は、この男のことを知らない様子。

それでも男は言いました。

「君は僕で僕は君。一心同体だろ?」

男は腕をまくりあげると傷口に指を押し当て、滴り落ちる血をベロっと舐めました。

そして続けて言います。

「アイツらは周りに害を及ぼす害虫。害虫は駆除するべき

不審者だと思っている下田は警察を呼ぼうとしますが、男は綾瀬が今危険に晒されている、と下田に伝えるのでした。

場面は再びコンビニの倉庫。

俊夫がハンディカメラを設置していると、綾瀬が目を覚ましました。

綾瀬は手と口を拘束された状態で椅子に座らされています。

そして俊夫は綾瀬の上半身に手を出し、胸をあらわに…

というところで下田がかけつけ、綾瀬を救出しようとしました。

しかし、下田も俊夫のスタンガンの餌食になってしまったのです。

下田も綾瀬と同じように手を拘束。

俊夫は下田の目の前で綾瀬を犯し始めます。

下田はなんとか俊夫を排除しようと動くものの、手が壁に繋がれておりその場から動くことができません。

綾瀬の胸は完全に露出、俊夫は綾瀬の下着の中に手を入れて弄ります。

綾瀬は顔を赤くしながら身体をモジモジ。

するとここで、俊夫は綾瀬の口を解き、自分の”下”を舐めるよう命令したのですが…

「小さすぎてどこにあるか分からない」

と口撃されてしまいます。

イラッとした俊夫は腹いせに、下田の顔面を何発も蹴り飛ばしました。

それを見かねた綾瀬は態度を改めます。

「あんたの言う通りにするからもうやめて!」

俊夫は下田への攻撃をやめ、その代わりに自分の”下”を綾瀬に舐めさせました。

綾瀬のテクニックを絶賛し、下田に見せつける俊夫。

さらにディープキス。

下田は必死に叫ぶものの、俊夫の手は止まりません。

下田の顔の目の前で俊夫は、綾瀬の後ろから自分の”下”を挿入。

激しく腰を振り、綾瀬は声を出さないよう我慢しています。

すると…

倉庫の扉が開き、サングラスをかけた屈強な男と、金髪に帽子姿の男が入ってきました。

サングラスの男は俊夫を殴り、綾瀬のもとから排除。

「はい、あんたもうおしまい!」

男たちは綾瀬の護衛のような存在。

俊夫はボコボコにされます。

理解できない下田に対し、綾瀬は説明しました。

「私は実は裏の組織の仕事をしていて、コンビニで私が1人になるシフトの時は、時間になったら業者のフリした部下が”モノ”の回収に来る」

と。

そしてボコボコになった俊夫は、男2人が外へ連れ出しました。

綾瀬も男たちと一緒に倉庫を出ていきます。

「下田、あんたはそのままでいてね」

と言い残して。

その様子を監視カメラを通し、スマホの画面で眺めている”あの男”

男はスマホの画面の光に寄ってきた蛾を捕まえ、そのまま食べてしまうのでした。

場面は変わり、とあるラブホテル。

ラブホテルでは1人の男が女性に”下”を舐めてもらっています。

その男は底辺まで転落した信でした。

信は女性の口を無理やり奥まで押し込むものの、女性は怒って帰ってしまいました。

惨めな自分に涙を流す信。

「何で俺がこんな目に…すべて下田のせいだ。お前は必ず殺してやる」

信の表情はまるで悪魔そのものでした。

ネタバレ目次に戻る

悪魔だった君たちへをお得に読む方法をチェック

【漫画 悪魔だった君たちへ】5巻ネタバレ

下田は高校時代のことを回想します。

高校時代の下田は、

  • 祐介
  • 俊夫
  • 倫太郎
  • 美穂
  • 花奈

と仲良くしていた時期がありました。

この時は本当に楽しく過ごしていた様子。

椅子に座る下田の隣から、全身黒い影に覆われた男が声をかけています。

「声が弾んでるね!」

と。

これまで友達と楽しい時間を過ごしたことがなかった下田は、1人ではないことに充実感を得ていました。

しかしある時を境にみんなの態度が変わり、下田はイジメられるようになったのです。

「始めは無視されてたけど、みんなの玩具として需要があったみたいで…」

と寂しそうな笑顔で黒い影の男に語る下田。

すると影の男は言いました。

「僕も初めてできた友達を大切にしたい。だからもっと話を聞かせて」

ここで場面は四谷町警察署へ変わります。

綾瀬に暴行を加えた容疑で俊夫は、警察に捕まっていました。

拘置所に行くことは免れたようで、雄介が身辺保護に訪れました。

俊夫は雄介に対し、時間を取らせて悪かったなと謝罪するものの、その表情は怒りに満ち溢れています。

次に下田を会った時には、殺してしまいそうな表情。

雄介は美穂のことを心配しますが、俊夫は美穂の居場所を知らない様子。

連絡が取れず、美穂すらも殺したい、と呟きます。

そして俊夫は雄介に言いました。

「俺がやらなきゃアイツはお前にも何かしてくる。その前に下がを殺すからその時は弁護を頼む」

と。

数日後。

ホテルの一室にいるのは雄介と花奈です。

花奈は雄介の子供を授かった、と告白。

雄介と結婚することを望んでおり、奥さんと別れて欲しいという気持ちも伝えました。

雄介は踏ん切りが付いたと笑顔で言いました。

望み通りに事が進むことに大喜びする花。

SNSで派手に結婚発表をすると意気込んでいます。

しかし雄介は対照的に青ざめた表情になり、これから色々と準備が必要だと考えるのでした。

「男の子かな、女の子かな」

と意気揚々と話す花奈と雄介のやり取りは、すべて”あの男に筒抜けでした。

男のスマホの場面には、花奈とのメッセージのやり取りが映し出されています。

男は、撒いた種がそろそろ花開きそうと、不敵に微笑むのでした。

とある日、

下田は藤野精神病院を訪れています。

待合室の椅子に座り下田は、俊夫に言われた言葉を思い返していました。

「信や美穂、倫太郎するをあんな目に合わせたのはアイツだろ!」

しかし身に覚えがない下田は、自分と誰かを間違えていて、その誰かがみんなに何かしている、と考えました。

すると下田に影の男が、もっと話を聞かせてよとつぶやいてきました。

下田は両手で顔を覆い、影の男を見ないように努めます。

それでも影の男は話してきます。

「僕らは似てる。お互いを必要としている。ここを出たら僕は君を探す。君の友達も。君は僕の友達だから」

するとここで下田の名前が呼ばれました。

下田は名前を読んだ看護師に尋ね事。

12〜13年前に入院していた人物のことを聞き出そうとしたものの、そういった個人情報は教えられない、とのこと。

下田は仕方なく病院を後にするものの、この前会った男は”あの子”だったんだ、と思い出しました。

すると…

病院の廊下で信とすれ違います。

信はよそ見をして早歩きをしていたため、下田とぶつかってしまいました。

「信君?」

「誰だお前?」

場面は雄介の妻・里佳の実家へ。

雄介は里佳、子供の3人で里佳の実家を訪れています。

雄介は里佳のお父さんとも仲良くなっており、今のこの生活を壊すわけにはいかないと思っていました。

すると雄介のスマホに一通の通知が。

スマホの画面には花奈のインスタグラムの投稿が映し出されています。

「ゆうべはホテルにお泊り!うれしかったな〜」

ホテルの夜景が移されている投稿でしたが、縦読みすると”ゆうすけ大好き”と書かれています。

どうにかしないと…と顔をしかめる雄介。

そしてそんな雄介をじっと見つめる里佳なのでした。

この日の夜。

雄介は職場に花奈を呼び出し、そこで行為を始めます。

お腹に赤ちゃんがいるのに、いつもより激しい勢いで腰を動かす雄介。

花奈は嬉しそうにする反面、お腹の赤ちゃんを心配しています。

すると…

雄介は花奈の首を閉め、そのまま殺してしまったのです。

「俺のためなんだ。分かってくれ」

花奈は意識が薄れていく中、かすれた声で「ゆうすけあいし…」と言い、そのまま意識を失うのでした。

自ら殺したというのに涙を流し、こうするしかなかった、守らなきゃならないと呟く雄介。

雄介はスーツケースに花奈を押し込み、どこかの山に埋めようと考えました。

そして事務所の扉を開けると…

扉の外では大勢の群衆が待ち構えており、クラッカーを鳴らして雄介たちをお祝い。

すると1人の女性が雄介にスマホの画面を見せてきました。

花奈のインスタグラムの投稿で、事務所のビルの写真とともに結婚&妊娠発表の内容が書かれていたのです。

予想していなかった出来事に焦る雄介。

さらに群衆をかき分け、妻の里佳が駆け寄ってきました。

「不倫してたのね!子供まで作って!女はどこなの!」

声を荒げる里佳の目に写ったのは、スーツケースからはみ出していた花奈の髪の毛…。

雄介は頭をか抱え涙を流し、スーツケースを抱きかかえて言いました。

「花奈、許してくれ!」

ざわめく群衆から離れたところに、パーカーのフードを被った倫太郎の姿がありました。

倫太郎は”あの男”の右腕として動いており、一連の騒動の様子を撮影し男に報告しています。

「すごい…全部思い通りですね!」

男は撒いた種が思った以上に大きく花開いたことに、ご満悦な様子。

そして下田にもこの事を教えたら喜ぶかなぁ…と呟くのでした。

その頃。

病院で遭遇した下田と俊夫は、2人で居酒屋を訪れていました。

俊夫は、すべて下田がやったと思いこんでいたものの今、目の前にいる下田の話を聞く限り、この男がやったとは思えませんでした。

すべてを信用したわけではないものの、下田が犯人ではなさそう…と推測する俊夫。

そんな俊夫に下田は、警察に相談すべきなのでは?と進言。

しかし俊夫は聞く耳を持ちません。

「犯人は俺が殺す」

と狂気にあふれていました。

その後、俊夫は下田から、”あの男”の情報を聞き出そうとします。

ただ下田は、”あの男”とはすれ違っただけで、今は何も手がかりがないと言いました。

そんな時、下田のスマホに知らないアドレスからメッセージが。

メッセージには雄介がスーツケースを抱え泣き叫ぶ動画が添付されています。

「君の気持ち、聞かせてほしいなぁ」

という一言と共に。

このメッセージを見た俊夫は、面白いじゃないかと呟くのでした。

ネタバレ目次に戻る

悪魔だった君たちへをお得に読む方法をチェック

【漫画 悪魔だった君たちへ】6巻ネタバレ

「花奈ー!」

自ら命を奪った彼女の名前を叫ぶ雄介。

観衆に押さえつけられ、目の前のスーツケースには花奈の死体が詰め込まれています。

スマホの画面でその動画を見ていた信は、思わず机をドンっと叩きました。

信な何かあった時、雄介に弁護を依頼しようと思っていたから。

しかし雄介が殺人を犯してしまってはもう、雄介に弁護を依頼することができません。

そして下田に対しこう言います。

「お前はいいよな。イジメてた俺たちがボロボロになっていくんだから」

下田はそんなこと思っていないと言うものの、やっぱり心のどこかで…とボヤきました。

すると机に頭をガンっと叩きつけ、

「僕のせいで、みんな不幸に」

と叫びました。

下田の突拍子もない行動には信も思わず、やめろと制止。

手を出してなんとか下田の行動を止めました。

抜け殻のようになった下田は、

「転校して1人だった僕に、初めてできた友達が信だちだった」

と言いました。

ただ、なぜみんなの態度が急に変わったのか分からないと言います。

下田の言葉を聞いた信は、こう言い残して居酒屋を後にしました。

「みんなお前が怖かった。お前そっくりの男の事が分かったら絶対教えろ」

翌日。

下田はいつものようにコンビニバイトへ、

綾瀬は”あんな事”があったにも関わらず、いつもと変わらない様子で仕事に励んでいます。

下田が品出しをしていると、綾瀬が近づいてきました。

思わず驚いてしまう下田。

「私に触られるの嫌か。ヤバイ仕事してれば色々あるから、あんなの慣れてるよ」

綾瀬は悔しそうに拳をグッと握り、誤魔化すような笑顔でそう言いました。

しかし下田は、他にも気になることがありました。

それが俊夫の行方。

もうこの世にいないのでは?と思った下田でしたが、綾瀬いわく俊夫はまだ生きているとのこと。

そして綾瀬は俊夫に一通のメッセージを送りました。

「今夜10時、このアドレスにアクセスしてみて。アンタも見るべきだと思うから」

と言って。

場面は変わり警察署の取調室。

手錠を付けられた雄介は、これから取り調べを受けるところ。

しかし担当刑事が思わぬ言葉を発しました。

「あんたの女から聞いた。ドッキリ企画やってたんだって?」

うなだれていた雄介は思わず顔をあげ、花奈が生きてる…!?と驚くのでした。

バイトを終え帰宅した下田は、夜10時になるのを待っていました。

10時になった瞬間アドレスを開いてみると、zoumミーティングという画面が起動。

ビデオ会議の画面が開き、下田を含み10人以上の参加者がいました。

ビデオ会議のホストは”Themis”という人物。

ピエロのような衣装をまとい、ようこそ断罪ルームへと挨拶。

Themisの後ろには手足を拘束され、全裸で椅子に縛り付けられている俊夫の姿が。

さらにThemisはスクリーンに動画を移します。

動画は俊夫が過去に女性を犯した時の様子。

俊夫は常習的に女性に手を出しており、女の敵と言われていました。

視聴者はそれぞれ俊夫への罰を告げていきます。

するとA・Yというイニシャルの女性が言いました。

「女の気持ちを分からせてあげた方がいい」

イニシャルを見た下田は、この人物が綾瀬だと確信。

ThemisもA・Yの案を採用し、筋骨隆々で下着姿の男を呼び寄せました。

男はすでに大興奮しており、下半身もモリモリしています。

そして男は俊夫の髪の毛を掴み、犯し始めるのでした。

「いい表情してるなぁ、俊夫」

行為の最中、男はなぜか俊夫の名前を呼びました。

その瞬間、俊夫は男の正体を察知。

男は仮面を取ります。

仮面を被っていた男の正体は、なんと倫太郎でした。

倫太郎はまってましたと言わんばかりに、俊夫の身体を弄り始めます。

場面は変わり、とあるホテルへ。

居酒屋を後にした信はホテルに行き、風俗嬢を呼んでいました。

しかし1時間以上経つのに事が済まず、女性も呆れている様子。

「まともに仕事できないなら帰れ」

信は風俗嬢を帰し、スマホに届いた下田からのメッセージを開きました。

メッセージにはzoumのURLが添付されています。

俊夫がURLにアクセスすると、俊夫が激しく倫太郎から侵されている様子が映し出されました。

「これもアイツの仕業か…?」

と思いながら映像を見つめる俊夫。

倫太郎は後ろから腰を振りながら俊夫に話しかけます。

「高校の時からずっとお前らの動画を撮り続けたけど、女には指一本触れなかった。それは俺がずっとお前の”穴”に興味があったから」

と。

そして別室では”あの男”が断罪ルームの様子を監視しています。

「こういうのはお互いが喜びを得ないとフェアじゃない」

と言い、スクリーンに別の動画を移しました。

スクリーンに映し出されたのは、メガネをかけた女性のインタビュー動画。

右下には動画のタイトル”素人熟女イキ狂い”と表示されています。

女性は旦那さんと別れており、ずっと”アッチ”の方はご無沙汰だと話します。

「何でこの映像が…」

映像を見た俊夫は14年前のあの日を思い出します。

下田と仲良くしていた当時。

信は下田からDVDを借りています。

下田は笑顔で信にDVDを渡したものの、見送った後はどこか切なそうな表情に…。

信がアパートに帰宅すると、ちょうど母親が仕事に向かうところでした。

そしてどうやら、スクリーンに映っている女性は信の母親。

「夕飯は冷蔵庫に入ってるから」

と言い、ため息をつき家を出る母親。

信はそそくさ部屋に向かい、DVDを再生します。

しかしこのDVDが信の人生を大きく変えることになるのでした。

ネタバレ目次に戻る

悪魔だった君たちへをお得に読む方法をチェック

【漫画 悪魔だった君たちへ】7巻ネタバレ

悪魔だった君たちへ7巻は、2020年9月ころに配信されると思われます。

【漫画 悪魔だった君たちへ】最新話・最新刊をお得に読む方法

漫画「悪魔だった君たちへ」の最新話・最新刊は、コミックシーモアで先行配信されています。

なので「悪魔だった君たちへ」の最新話・最新刊をすぐに読むなら、コミックシーモアを活用することになります。

コミックシーモアは無料会員登録するだけで、50%OFFクーポンをもらうことができます。

このクーポンを活用すれば、「悪魔だった君たちへ」の最新話・最新刊を半額で読むことができますよ。

\無料会員登録で半額クーポン/

「悪魔だった君たちへ」を半額で読む

【漫画 悪魔だった君たちへ】7巻の発売日情報

「悪魔だった君たちへ」7巻の発売日はまだ、正式に公表されていません。

1巻〜6巻まで続けて読むと、今すぐにでも7巻以降の内容を読みたいところですが、発売日が分からないのはもどかしいですよね。

そこで「悪魔だった君たちへ」1巻〜6巻の発売日を参考に、7巻の発売日を予想してみました。

「悪魔だった君たちへ」1巻〜6巻の発売日が下記の通り。

巻数発売日発売周期
1巻20年4月24日
2巻20年4月24日同日
3巻20年4月24日同日
4巻20年5月29日同日
5巻20年6月29日1ヶ月
6巻20年8月7日1ヶ月弱
7巻20年9月中旬〜下旬ころ1ヶ月弱

「悪魔だった君たちへ」1巻〜3巻の発売日は同日となっており、4巻・5巻は1ヶ月周期、6巻は約1ヶ月弱で発売されました。

となると「悪魔だった君たちへ」7巻の発売日は、9月中旬〜下旬ころになると思われます。

あくまでも予想ではありますが、おおよその発売日がわかるだけでも気が楽になりますね。

【漫画 悪魔だった君たちへ】最終回までの全巻・全話ネタバレまとめ

コミックシーモアにて先行配信されている漫画「悪魔だった君たちへ」の全巻・全話ネタバレをまとめました。

「悪魔だった君たちへ」は現在、第1巻〜第6巻まで配信されています。

7巻の発売日は9月中旬〜下旬ころになりそう。

広告でよく目にする漫画で、鬱陶しく感じることもありますが、読んでみると間違いなくハマる作品ですよ。

ネタバレ目次に戻る

悪魔だった君たちへをお得に読む方法をチェック

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました