【漫画 社内探偵】最新刊8巻までの全巻ネタバレと最終回の結末予想

まんが王国で先行配信されている漫画「社内探偵」の全巻ネタバレまとめ!

「社内探偵」は現在8巻まで発売されており、次巻9巻は2020年秋に発売予定。

9巻が発売される前に、社内探偵1巻〜最新刊8巻までの全巻ネタバレを振り返っておきましょう!

※社内探偵はまんが王国にて先行配信中です※

\無料会員登録で半額クーポン/

まんが王国で「社内探偵」を半額で読む

【漫画 社内探偵】あらすじ

松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。

同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。

「スカッとしたい…誰か何とかして!」

限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。

【漫画 社内探偵】主な登場人物

人事部

久我ありさ物語の主人公で探偵のような洞察力を持つ。
三屋人事部部長。チェック柄のノートを持っている時は”三屋チェック”が行われる。
町上ありさの後輩で爽やかな好青年。良くも悪くも天然で真っ直ぐな性格。
世田企画一部兼任の男性社員
高井人事を担当する男性社員

企画一部

松原物語の主要人物の一人。優秀な社員だが後輩社員・飯田とのトラブルが問題に。
飯田若手女性社員で男性社員に媚びを売るのが特異。若林課長と不倫関係。
毛利通称モーちゃん。飯田にデレデレ、
山下社内探偵の一人で、松原とチャット友達
若林企画一部の課長で、飯田と不倫関係にある。飯田のトラブルに加担した1人。

企画二部

歯に衣着せぬ言動が目立つものの、仕事ぶりは優秀。後に企画一部へと異動。

営業三課

一之江営業三課長で社長の妻。そのため横暴ぶりを発揮しているボス的存在。
瑞江一之江課長の取り巻きの1人。イエスマンで子分のような存在。
船橋細目の女性社員。割りと中立の立場。
大島ややぽっりゃり気味の女性社員

その他

馬場中年の男性社員でありさと親しい。
岩淵ドランズ男性社員。爽やかな青年。

【漫画 社内探偵】最新刊8巻までの全巻ネタバレ

漫画「社内探偵」は現在、電子書籍が8巻まで発売されています。

ここでは1巻〜最新刊8巻までのネタバレを全巻まとめてご紹介しています。

青文字になっている巻数をタッチすると、その巻の詳しいネタバレをチェックできます。

1巻2巻3巻4巻5巻
6巻7巻8巻9巻10巻

【漫画 社内探偵】1巻ネタバレ

漫画「社内探偵」1巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵1巻ネタバレここから〜

ある日の女子トイレにて。

2人の女性社員がそれぞれ、同僚の愚痴を言い合っています。

「林って態度悪くない?」

「飯田美和はまた当日欠勤」

…などなど。

どうやらこの会社は、”ムカッと”するようなことが多い様子。

女性社員たちは少しでも働きやすい環境にするべく、課長に言い合おうかと考えますが…

課長も課長だからなぁ〜という結論に至りました。

女性社員たちが愚痴を言い合っている時、1人の女性社員が何か探し事をしています。

ややジト目でお団子ヘア、どちらかといえば地味な雰囲気。

彼女は半澤専務の不倫相手を調べており、これで裁けると張り切っていました。

他の部署にて。

松原という女性社員が、飯田美和のイースタアカウントを見ています。

アカウント名は「♥miwa♥」

絆創膏が貼られた人差し指を顔の前に出し、インカメで自撮りした写真がイースタに投稿されていました。

自家製ローストビーフを作っていたら、2年ぶりにゆび切っちゃった…。

怪我をしたのは可愛そうですが、人差し指を切った程度で会社を休んだ飯田。

しかも休み中に松原に対して、イースタのフォロー申請を送るという暴挙。

これには松原も嫌悪感を抱きます。

そんな時、男性社員が声をかけてきました。

彼は飯田に用事があるものの、今日は飯田がいません。

男性社員いわく飯田は一昨日も休んでいた様子。

急ぎの用事だったようで、松原が代わりに仕事を請け負いました

ただ松原は、男性社員から思わぬ事を言われます。

「松原さん、後輩教育ももう少し頼むよ。飯田さんの当日欠勤が多くてみんな名作している」

飯田の代わりに仕事を引き受けたというのに、この言われよう。

感情を失い冷たい表情で男性社員を見送りました。

その様子を見ていた同僚の女性社員・山下。

松原と山下はチャット友達で、会社のパソコンでチャットのやり取りをしています。

山下のおかげで何とかスイッチを切り替えることができた松原。

しかしトラブルはまだ続きます。

松原が飯田の代わりにメールを返信しようとしている時、課長の若林が声をかけてきました。

ただ松原はかぶせ気味に返事をしてしまいます。

松原のこの対応に若林が激怒。

「イラついても仕方ないだろ!イーちゃん(飯田)のフォローするくらい当然だろ!」

飯田のことを”イーちゃん”と呼ぶ若林に疑問を持ちつつ、心の中で松原はボヤきます。

  • 人差し指を怪我したらキーボード打てませんよね
  • 昨日は飼い犬の病院に行ったみたいだけど、平日にしか行けない事情があったんでしょうね
  • 先週は水道点検・ガス点検・火災探知機点検が続きますたよね
  • 水道とガスは先月も点検してましたよね
  • 飯田の家はとんでもないボロ屋なんですかね

.しまいには飯田が以前、目の腫れで3日も休んだことを思い出しました。

ボクシングのタイトルマッチでもしたのか?と例える松原。

松原の脳内ボヤキが終わると若林が、飯田から連絡が来たと言います。

「俺のことは”お兄ちゃん”みたいだってさ。お前もお姉ちゃんとして慕われるように」

と小言を言い、飯田からのメールを確認するよう伝えました。

若林に言われた通りメールボックスを見てみると、飯田からの業務メールが届いていました。

内容は以下の仕事をお願いしますというのも。

  1. リニューアルの実機テスト(16端末分)
  2. ポップの文字校正(30デザイン)
  3. 問い合わせ対応
  4. 確認メール返信
  5. AXASの契約書へ押捺
  6. ビシャへ秘密保持契約の雛形送付
  7. 機能追加の開発案件起案
  8. 確認メール返信(その2)
  9. その他のメールもすべて返信

範疇を超えた仕事内容に呆れ返る松原。

思わず人事部に行き、飯田の件を相談することに。

人事部に到着すると、あのジト目×お団子ヘアの女性社員が出迎えてくれました。

彼女の名前は久我ありさ。

何でも相談担当です。

ありさは松原が訪れるやいなや、相談内容を瞬時に言い当てました。

「相談内容は飯田美和さんの件ですよね?」

と切り出し、まるで名探偵の推理かのように淡々と、推測するに至った経緯を話し続けました。

一通り話終わると、ありさは松原に話を振りました。

何でも話してみてくださいと。

松原の相談内容は、

  • 飯田の欠勤をどうにかして欲しい
  • 課長の若林が飯田に甘すぎる
  • 人事から当日欠勤について注意して欲しい

というもの。

しかしありさは人事部では対応できかねると言います。

実は飯田はかなり計算高い性格。

有給の残り日数の管理を徹底しており、付与日数を超えて欠勤したことが一度もありませんでした。

そして有給は社員の権利。

確かに迷惑を被る社員も多いものお、権利を咎めることはできません。

対処法が見つからなかったことを残念に思いつつ、松原は人事部を後にするのでした。

ありさは飯田・若林のことが頭に残ります。

人事部の戻ると男性社員の町上に、飯田について尋ねました。

「飯田は可愛いからモテそう。ただ付き合ったら面倒臭そう」

見当違いの意見を述べる町上を無視し、ありさは飯田の情報を調べます。

  • 所属:企画一部
  • 歴:新卒3年目(営業一部→企画部)
  • 学歴:明法大学商経学科卒業
  • 給料:基本給38.2万円

同期に比べて10万円も高い給料をもらっていることが発覚。

すると人事部長の三屋がコーヒーを差し入れ。

ありさは三屋にも飯田のことを尋ねました。

「若林さんの子だろ?企画部で大きいプロジェクトを成功させた…」

と話す三屋。

さらに町上も、あの子は女子に嫌われてそうと呟きました。

ただ明確な理由はなく、町上の直感。

「あなたの思い込みの決めつけね」

と鋭い指摘をするありさなのでした。

三屋は町上をフォローしつつ、ありさの背中を押す一言を述べます。

「社員が働きやすい環境を作るのが人事部の仕事。少しずつでも制度の改良を推進していこう」

この一言にありさは笑みを浮かべました。

次の日の朝。

飯田は出勤早々、松原に謝罪。

しかし反省している素振りは一切見せず、怪我しているにも関わらずメイクも服装もバッチリ決めています。

飯田に声を書けてくる男性社員・毛利(モーちゃん)

毛利は飯田にデレデレで、完全に手のひらで転がされています。

すると若林も登場。

若林は飯田のことを心配し、

「体調悪い時は仕方ない。誰も迷惑だなんて思ってない。な、松原」

と言いました。

そしてこの日の仕事がスタート。

計算高い飯田は指が痛いフリをしたり、松原のことを蔑むような言動をしたり、相変わらずやりたい放題。

しまいには毛利に対してベタベタに媚を売り、自分の仕事を放り投げる始末。

…その様子を観察していたのがありさ。

ありさはお団子ヘアではなく、ヘアゴムを解いた黒髪×ロング姿で観察していました。

企画一部の現状を把握したありさは人事部に戻り、状況の改善策を模索。

そこで一つの作戦を考えつきます。

企画二部の林の件も扱えば、飯田の件と一緒に対処できるかもしれない…!

〜社内探偵1巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」1巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】2巻ネタバレ

漫画「社内探偵」2巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵2巻ネタバレここから〜

ありさは町上から話を聞いています。

先ほど町上は、企画二部の川口・赤羽から、林について相談を受けたとのこと。

林は中途入社だが優秀な社員、物事をハッキリ言うタイプなので人へのアタリが強い人。

そのため林は川口・赤羽から”パワハラ”と思われていたのです。

ただその程度ではパワハラ認定されず、町上の力では適切な対処法が考えつきませんでした。

そこでありさの出番。

ありさは林の一件、そして松原と飯田の一件を同時に薦めていくことに。

デスクに戻ったありさは、スマホで”ある人物”からのメッセージを確認。

  • 毛利は飯田から”モーちゃん”と呼ばれてご満悦
  • 飯田の仕事の尻ぬぐいをして鼻の下を伸ばしている
  • 若林課長は飯田に対して甘いのに松原に対しては説教

…という一連の流れが報告されていました。

翌朝。

通勤電車の中で松原は、飯田のイースタアカウントを見ています。

怪我をしているにも関わらず、チョコチップクッキーを作っていた飯田。

「モヤモヤする…私ももらうのかな」

と、松原は憂鬱な気分で出社。

ありさは松原より早く出社し、松原が来るのを企画部のフロアで待っていました。

「飯田さんのイースタ、今日も絶好調ですね」

ありさは飯田のイースタについて話を振りました。

キラキラ女子であることを把握済み。

それに対し松原は本音を吐露。

「回復したのはよかったけど正直、モヤッとしている。飯田のことばかり気にして、ずっとやりたかったプロジェクトに集中できない」

と言いました。

するとありさの後ろから町上がやってきました。

町上は飯田のイースタを見るなり、ウチの母親はこんなの作れない、田舎の酪農家だからと呟きます。

また、クッキーを見て”何か”を思い出しかけるものの、ハッキリ思い出せず…

そこでありさは町上も誘って企画部のオフィスへ向かうことに。

「きっとクッキーもらえるよ」

ありさいわく飯田は、休んだ後に手作りお菓子を社員に配るとのこと。

ついでにイースタにも写真を投稿。

そしていざ企画部へ行くと…

ありさの推測通り、飯田は手作りクッキーを配っていました。

予想通り町上にも渡します。

町上と飯田は以前、飲み会の席で顔を合わせており、お互いに面識がありました。

するとクッキーを受け取った町上は、思い出しかけた”何か”をハッキリ思い出し言いました。

「このクッキー、実家で飼ってる牛のウンチにそっくりだ!!」

手作りクッキーをウンチと言われた飯田は、落ち込んでそっぽを向きます。

さらにその後。

林が他の社員に怒鳴っている様子も確認。

「どうして顧客データを一緒に出さないんですか!ちゃんと頭使ってください!」

林の様子を確認したありさと町上は、企画部のオフィスを後にします。

松原が追いかけてきて、さっきの流れはありさの計画通りなんですか?と聞きました。

松原の言う通り、これはありさの計画通りでした。

町上は空気が読めないから、クッキーを”ウンチ”と言うと思ったとのこと。

これには松原も笑いを堪えられませんでした。

憂鬱な気分も吹き飛び、なんとか元気になりました。

しかしまだ終わりではありません。

ありさの行動は続きます。

ヘアゴムを取り黒髪×ロング姿に変装したありさは、社員食堂にいました。

社員食堂では男性社員と女性社員が、飯田のイースタについて話しています。

「美和ちゃんって料理も上手だね。こんなオシャレな朝ごはん食べたい」

とボヤく男性社員。

この日の飯田の朝食は手作りシナモンロール。

簡単に済ませたという文章が添えられています。

また女性社員は、先ほどの町上の言動で盛り上がります。

「ウンチは笑った」

「クッキーを見るたびウンチが脳裏に浮かぶ」

「林の相談では役に立たなかったけど、今回のでドロー」

と、町上の一言がかなり好評だったよう。

ただ、林のことを何とかして欲しい気持ちも強いようで。

人事部に掛け合えば”三屋チェック”を発動させてくれると期待したのに…と呟く女性社員。

三屋チェックとは、人事部長である三屋が行うチェックのこと。

人事異動に関する時だけチェック柄のノートを持ち歩くことから、三屋チェックと呼ばれています。

「林と飯田がトレードされるのは最悪。どっちにしろイライラすることが増えるから」

と1人の女性社員が言うと、他の女性社員が言いました。

「美和の異動はありえない。若林課長が離さない。あの2人は不倫しているだろうから」

と。

なんとその女性社員は以前、飯田と若林がホテル街を歩いているのを見た、というのです。

この一言を聞いたありさは目を輝かせます。

若林課長の不倫?私的感情による人事評価?これは掘らねばならない情報だわ!と。

人事部に戻ったありさはパソコンで林のことを調べます。

「前職の実績を考慮すると、企画一部に配属されそう。にも関わらず配属されていないのは、飯田がプロジェクトを成功させたことと関係あるのかも」

とありさは推測。

人事部長の三屋もそのことは把握済み。

本当は飯田を企画二部に異動させ、林を企画一部に配属する予定だったと言います。

しかし若林が飯田を譲らなかったのだそう。

するとありさが三屋を誘い、他の部屋へ移動。

そこでありさは、

  • 若林がお気に入りの女性を部下に置く
  • 企画部から立て続けに二件の相談が入った
    1. 飯田の勤務態度
    2. 林のパワハラ的な行動
  • しかし林は本来、企画一部に配属予定だった
  • 飯田は若林だけでなく同僚が甘やかしている

…ということを早口で淡々と話した後、ある提案をしました。

それが「企画部内のトレード」です。

トレード対象は、企画一部の毛利(モーちゃん)と企画二部の林。

ありさの提案はすぐ受け入れられ、毛利と林はすぐにトレード。

そして企画一部にやってきた林を松原と飯田が出迎えました。

飯田はさっそく林に猫なで声で話しかけます。

必要以上に密着し、どこからどうみても媚を売っているようにしか見えません。

さらに…

「林だからリンリン!リンリンって呼ぶね!」

と馴れ馴れしい態度で提案しました。

すると林は態度が急変。

そんなしょうもないあだ名で呼ぶなと一蹴し、飯田はシュンとするのでした。

この様子を観察していたありさ。

”ある人物”からメッセージが届きます。

「林が飯田からリンリンと呼ばれてご立腹。飯田は案外打たれ弱く、媚売りをすぐに撤退」

という内容でした。

落ち込んだ飯田ですが、果たしてここからどのような反撃を見せるのでしょうか。

〜社内探偵2巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」2巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】3巻ネタバレ

漫画「社内探偵」3巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵3巻ネタバレここから〜

この日も林は朝から怒鳴っています。

対象はもちろん飯田。

一昨日から確認しているというのに、未だに必要な書類がいない様子。

「ごめんなさい」

と形式上の謝罪をする飯田ですが、反省の色は一切なし。

勤務態度を見直す気配もまったくありません。

ひたすら怒鳴り続ける林をなだめる松原。

「私は迷惑を被っていないですし、大した事もしていないので」

と言います。

林がトレードでやって来てからというもの、松原が飯田の尻拭いをする機会が減っていました。

しかし林はまだまだ怒鳴ります。

しまいには飯田に対し”バカ”と言ってしまいました。

今まで”バカ”なんて言われたことがない飯田。

ひどくショックを受けて早退するのでした。

残っていた仕事は松原に任されたものの、林が責任を感じて自ら引き受けます。

また、先ほどの言動も深く反省。

どうやら林は飯田に、もっと真面目に仕事に取り組んで欲しいという気持ちから、強く言い過ぎてしまったよう。

この一連の流れを松原は、ありさに報告。

そして報告をする中で松原は、自分の至らなさも痛感しました。

「林の言っていた事は私にも刺さった。教育を放棄しているというのは特に。同僚なら言うべきことは言わないといけない」

と。

松原の報告を聞いたありさは今のところ、良い人事異動だと判断。

しかし…

「何という事でしょう」

人事部に戻ったありさは思わず声をあげました。

なんと松原の給料が飯田よりも低かったのです。

ただ松原は飯田より、自分の方が給料が上だと思いこんでいました。

ありさは考えます。

「飯田の働きぶりや社員ランク、会社の評価システムなどを見れば、同僚の給料はおおよそ分かるはず。でも松原さんは飯田さんの給料が、自分より低いと思っていた」

以前、松原は飯田に対しこんなことを言っていたそうです。

「成長して私の年収を追い越して欲しい」

つまり自分の方が給料が上と思い込んでいた、ということ。

この事実にありさは”何かおかしい”と疑問を持つのでした。

この日のお昼。

ありさは山下を誘って一緒にランチ。

山下も社内探偵に取り組んでおり、社内の様々な情報を手にしていました。

そんな山下にありさは”揺すり”をかけます。

「今は言えないけど、すごいネタをゲットできそう」

予想通り山下は食いつきました。

人事だったら色々な事をもっと知れるのに…と呟きます。

さらにありさは揺すります。

「給料事情とかを知りたいんですか?同じ部署ならだいたい想像できるだろうに」

すると山下は、企画部の給料事情を話しました。

  • 企画部はここ2〜3年目立った成果を出していない
  • だからみんなほぼ昇格していないと思っている

と。

山下のこの言葉にありさはピンと来ます。

というのも以前、人事部長の三屋は、

「飯田がプロジェクトを成功させた」

と言っていたから。

人事部が知っている=正式に提出された評価。

しかし山下はここ2〜3年企画部は目立った成果を出していない、と言っていました。

つまり…

誰かが成果をでっちあげた可能性が高い。

ありさが推測をしている頃、松原は若林から仕事の指示を受けています。

イーちゃん(飯田)が早退したから今日の仕事をやっておけ、と。

ハイハイ…という感じの松原ですが、林が名乗りを上げました。

飯田と組んでいるのは自分だからと、責任感の高さが伺えます。

若林はどっちでもいいからやっておけと、飯田が早退してから明らかに不機嫌な様子。

若林の顔がアップになった時、ありさも「黒幕は若林課長?」と推測するのでした。

ランチを終えて人事部に戻ったありさ。

松原に提案メールを送ります。

内容は、松原・飯田・林の3人でランチなどのコミュニケーションを取ってはどうかというもの。

松原はすぐさま行動に移します。

林に、明日一緒にランチに行きましょうと声がけ。

林は快諾。

そして林には飯田を誘って下さい、と言いました。

「同じチームですから、林さんから和解をはかりましょう」

と。

翌日。

林は出社してきた飯田に声がけ。

しかし秒速で拒否されます。

「林さんとは行きたくないもんっ」

”もんっ”という言葉遣いにイラッとする林ですが、松原と目が合いグッと堪えます。

そしてもう一度ランチに誘います。

「僕はキミとランチに行きたい!」

真っ直ぐ飯田の目を見つめる林。

まるで告白のようです。

ここまでされたら飯田も承諾し、この日は3人でランチをすることに。

ランチ場所はがよく行く定食屋。

昔ながらの定食屋で、お婆さんがホールを担当しています。

林と飯田は生姜焼き、松原は焼魚定食を注文。

林と松原はこのような古めかしい定食屋がお気に入りのよう。

一方の飯田は対照的。

キラキラとオシャレなカフェがお気に入り。

ご飯もオシャレで選ぶのか…と呟く林ですが、すぐさま言葉を変えました。

「料理は見た目でも楽しむものだしね」

この言葉を聞いた飯田は目をキラキラさせます。

しかし、飯田の表情はすぐに曇ります。

というのも運ばれてきた生姜焼きが、脂身たっぷりだったから。

飯田は脂身が食べられません。

松原に食べてもらおうとするものの、松原はいらないと言います。

残すことに抵抗感のある飯田。

林は少しでもいいから脂身を食べた方がいいと説得します。

すると飯田は、

「林さんは女子の二の腕はプニプニしてて欲しい派ですか?」

と聞いてきました。

そしてここで林が天然ぶりを発揮。

「二の腕?なんのこと?飯田さんって乾燥肌でしょ?豚の脂身は栄養豊富で肌にいいらしいですよ」

と女子にとってキツイ一言を浴びせるのでした。

自分のことを可愛いと思っている飯田は、林の一言にヒドく傷つき…

午後の業務をサボってしまいます。

さらに翌朝、飯田は驚きのメールを企画部に送信。

松原が出社すると山下が「大変だよ」と告げました。

そこへありさもやって来て、松原と林を人事部へ呼びました。

ありさはメールの内容を松原を林に見せます。

はやしさんと働いていると胸がくるしくなるので、しばらくおやすみさせてください。

はやしさんはパワハラだと思います><

社会人とは思えない文面。

しかもあの程度でパワハラなんて…。

林も驚きます。

ただありさいわく、林の言動にはこれまで何度かメールが着ているから、このようなメールでも人に訴える力があるとのこと。

事実、飯田が出社拒否となると社として動かなければならないので、その前に…

と言いかけると、ヒドく怒った様子の若林がやってきました。

「林!お前飯田さんに何したんだ!松原!お前ちゃんと面倒みろよ!」

怒鳴り声をあげる若林をなだめるのは人事部長・三屋。

三屋の右手には”チェック柄のノート”があるのでした。

〜社内探偵3巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」3巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】4巻ネタバレ

漫画「社内探偵」4巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵4巻ネタバレここから〜

三屋チェックが入る=林か飯田のどちらかが異動。

緊張感が流れる室内で会議が始まります。

まず三屋は林の言い分を聞きます。

当然林はパワハラなんてしていないと反論。

続いて松原の意見を聞きます。

「林さんは言動がキツイけど、あのやり取りがパワハラとは思えない」

と言いました。

淡々と話し続ける林・松原に対し、若林が突っかかります。

「なんで飯田さんが胸なんて苦しくなるんだ?だいたい林はいつも言い過ぎ」

感情的に言葉を発する若林。

対照的に林は落ち着いています。

「そもそも飯田の勤務態度に問題があるし、同僚として指摘しただけ」

若林は飯田のこととなると必要以上に感情的になる様子。

さらに言葉を強め、飯田を養護するような言葉を続けます。

するとありさが口を開きました。

「お言葉ですが飯田さんの勤務態度に問題があるのは事実」

面倒に感じた若林は分かったと言い、話すのを止めました。

そして三屋チェックも終了。

若林は不満そうにため息を漏らします。

三屋チェックが終わると林は、異動になるなら退職すると呟きました。

林はもともと企画一部に配属される予定で入社。

にも関わらず配属されたのは二部。

その時から会社に対し不信感を持っていたとのこと。

林の本音を聞いたありさは、自分の責任を痛感。

もし辞めることになったら自分のせい。

毛利さんとのトレードで飯田さんとの化学反応を見てみようと思ったけど、もっと直接林さんにアプローチすべきだった。

…と後悔します。

何か対策を考えないと、事態は改善しません。

表情が暗くなるありさでしたが、町上の良くも悪くも天真爛漫な性格に救われます。

そんな中、三屋がやってきてチェックの結果を報告。

「異動は一旦保留」

三屋は飯田の異動を提案したものの、若林が飯田を手放したくないと言ったそう。

そこで三屋は若林に対し、

「だったらちゃんと話をしろ。飯田に問題があるのは明白」

と言ったとのこと。

これによりありさの不安も払拭。

さらに三屋はありさの活躍ぶりを評価し、感謝と信頼の気持ちを伝えるのでした。

次の日。

飯田は少し落ち込んだ様子で出社。

若林に諭され半ば強引に出社したよう。

ここで林が素直に謝罪。

「言い過ぎたと反省しています。これからは悪いクセが出ないように気をつけます」

飯田は警戒しながら林をチラッと見て、まだ嫌いですと一言。

林は思わず怒鳴りそうになりますが、松原のおかげもあり、こらえることに成功。

そして松原が声を上げ、この日の仕事をスタートさせるのでした。

松原と飯田は取引先・チャラットとの打ち合わせへ向かいます。

内容は納期短縮のお願い。

すると飯田が「私がそれを言います」と役割を引き受けました。

だって相手は男でしょ?と強気な態度の飯田。

松原は心なしか、飯田の考えが手に取るように分かりました。

「だって私の方が松原さんより若くて可愛いから」

そんな中、迎えたチャラットとの打ち合わせ。

飯田はさっそく納期短縮を申し出ました。

もちろん猫なで声で。

しかし相手は真面目な男性社員2人で、毛利や若林とは違います。

飯田のふざけた態度にイラッとしたチャラットの男性社員。

思わず大声で松原に話を振りました。

松原は細かな資料とスケジュールを準備していたので、無事に打ち合わせを終え、納期短縮を許可してもらうのでした。

ただ…

飯田は自分の作戦が通用しなかったことに、顔を曇らせています。

夜。

松原・山下・ありさは3人でディナーへ。

会話の内容は飯田のこと。

山下は飯田のイースタ投稿をありさに見せてきます。

「絶対病んでないよ、この子。落ち込んではいるけど元気そう」

と判断するありさと松原。

するとここで、ありさが何かに気付きます。

飯田の投稿文を読んでみると、縦読みになっていたのです。

  • あいたくてふるえる
  • すぐそばにいて

縦読みに気付いたありさは、飯田の過去の投稿を振り返ります。

不自然なハッシュタグの文言、その頭文字を縦読みすると、待ち合わせ場所と時間が浮かび上がってきました。

  • いいダばシ2じ→飯田橋2時
  • 代々ぎ東口20じ→代々木東口20時
  • 大サき20時→大崎20時
  • 新大くボ20じ→新大久保20時

今日の待ち合わせ場所は”新大久保20時”

ディナー場所から近いこともあり、ありさ・山下・松原は3人で新大久保駅へ向かいました。

ドンキホーテで衣装を買い、変装して新大久保駅へ。

そこにいたのは若林。

少し遅れて飯田もやってきました。

これは決定的な瞬間。

松原はこれまでやってきたことがバカバカしく感じ、思わず2人の前に飛び出しました。

そして私もこの事を告発する、と告げます。

若林は怯み弁解しようとするものの、飯田はまったく動じていません。

松原に対し攻撃的な態度で、何が悪いの?と開き直る始末。

さらに続けて言いました。

「本当の事を教えてあげましょうか?」

〜社内探偵4巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」4巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】5巻ネタバレ

漫画「社内探偵」5巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵5巻ネタバレここから〜

飯田の態度に腹を立てる松原。

  • ちゃんと育てようと思って頑張った
  • 当欠しても贔屓されても何とかしようと思った
  • 都合のいい女として上司から評価されてるだけ

と、次々と不満をぶつけます。

しかし飯田は相変わらず。

「迷惑かかってないでしょ?」

と開き直っています。

するとありさが口を開き、迷惑がかかっていると言いました。

「尻拭いをしているのは松原さん。通常業務の他に仕事をこなしているから間違いなく迷惑がかかっている」

ありさの言葉を聞いた飯田は少し考え込み、役職ランクでマウントを取ってきました。

若林がやめろと言っても聞く耳持たず。

「人事部の久我さんは役職ランク4。松原さんも偉そうにしているけど役職ランク5。私は役職ランク6」

と。

隠れて話を聞いていた山下は、疑問を持ちます。

というのも企画部はここ2〜3年大きな成果は上げていません。

なので昇格しているのはおかしいのです。

「私の方が上だから、私が本当の事を”教えてあげる”立場」

と挑発する飯田。

ありさは若林に説明するよう言いますが、若林はだんまりを決め込みます。

あまりにバカバカしいと感じた松原は、呆れたように開き直ります。

自分より高い給料をもらっていて大して働かない子をフォローしてたなんて…。

松原とは対照的に、飯田は感情的に言葉を発し続けます。

「私の方が給料も有給も多い。不倫不倫って騒ぎすぎ。そもそもフォロー体制が作れていない会社が悪い」

など言いたい放題。

完全に頭のネジが外れています。

そんな飯田にありさが言いました。

「不倫だのストーカーだの、もうそういう問題ではありません」

特に問題なのは若林で、虚偽報告をして給与を上げたのは就業規則違反とのこと。

この事は明日、上司に報告すると言うと、飯田が話をさえぎりました。

「あなた達に何がわかるの?課長がどんな重圧に耐えているか分からないでしょ?この人は誰よりも優しいの!」

必要以上、想像以上に若林に肩入れしている飯田。

そして飯田は若林の手を引き、ありさ達の前から姿を消すのでした。

次の日の朝。

ありさは若林と飯田の件を三屋に報告しようとしたものの、三屋は会議のため不在。

ひとまず稟議書作成に取り掛かります。

稟議書を作成するありさの頭の中には、昨日の飯田の言葉がよぎりました。

  • どんな重圧に耐えてるか分かる?
  • この人は誰より優しいの!

若林ではなく、むしろ飯田が若林を守っているような言動。

そして若林の公私混同・捏造・依怙贔屓。

「もしや他に隠された問題があるのでは?」

と推測しました。

そんな中、町上が声をかけてきました。

なんと飯田と若林の不倫の噂が社内中に流れていたのです。

ありさは稟議書作成を中断し、馬場という男性社員のもとへ向かいました。

馬場は社外のベンチでタバコを吸っていました。

ありさは馬場に、噂の出どころを開示するよう告げます。

馬場は抵抗することなく、すぐさまスマホをありさに渡しました。

噂の出どころ。

情報源は山下でした。

「やっぱり…」

と呟くありさ。

そしてトイレで情報を拡散していた山下のもとへ。

山下は飯田と若林の処分が気になって仕方なく、ありさに進捗を聞いてきます。

しかしありさは山下を一蹴。

「あなたに提供できる情報はない」

そもそも山下は企画部で、社員の処分を決める人事部ではありません。

山下も社内探偵として動いているものの、目的はチヤホヤされるため。

「人気者になった気分でしたか?みっともない」

と言い残し、ありさは人事部へ戻っていくのでした。

その頃、松原は人事異動のお知らせをパソコンの画面で見ています。

氏名新所属/役職旧所属/役職
若林博史総務課/ー企画一部/課長
飯田美和営業三課/ー企画一部/ー

若林は総務課へ異動となり、課長から平社員へ転落。

飯田は営業三課へ異動。

夕方、松原は飯田と引き継ぎ作業を行います。

遅い時間までかかったものの、飯田は想像以上に丁寧に引き継ぎをしてくれました。

ただ、飯田が丁寧だったのは若林に言われたから。

「私は課長のためなら何でもする」

と固い決意を宣言する飯田。

そこへありさが書類を持って来ました。

異動に関する書類のようで、転出期限は今月。

飯田は書類をポイッとカバンへ入れ、オフィスを出ていきます。

その時、応援の声をくれた松原にこう言いました。

「私を”大奥”に飛ばして、課長との仲を裂いて、勝ったと思ってるんでしょ?」

若林との仲は壊れていないという飯田に対しありさは、目を覚まして下さいと忠告。

しかし相変わらず飯田は聞く耳を持ちません。

結婚してても関係ない、私が好きならそれでいい、してあげたい事があると。

そして企画部の男に”イイ顔”をしていたのは、男なんて使ってナンボという考えがあるから、とも暴露。

さらに飯田は、不倫の噂を拡散した山下に強烈な復讐心を持っていました。

これにありさは疑問を感じます。

「なぜ山下が拡散したことを知っているの?」

と。

心の中で呟いただけなのに、飯田はすべてお見通しの様子。

人事のくせに…と呟いた後、

「役職ランクを捏造することなんて、若林課長の力だけじゃ無理」

と言い、オフィスを去っていくのでした。

この会社の評価システムは、自己評価→上長評価→人事部承認となっています。

つまり若林課長1人の贔屓では、飯田の成果をでっち上げることなど無理だったのです。

ということは若林の他に”腐っている社員”がいるワケで…。

次の日。

飯田は営業三課(通称:大奥)へ出社。

そこで待ち構えていたのは恰幅のいい女性社員。

見た目も派手です。

「アタシ、あんたみたいなタイプ大っキライ」

と飯田に先制パンチを喰らわせるのでした。

〜社内探偵5巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」5巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】6巻ネタバレ

漫画「社内探偵」6巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵6巻ネタバレここから〜

ありさのもとには男性社員の小菅が相談に来ています。

「社員ランクってどうすれば上がりますか?僕はこんなところでくすぶってる人間じゃない」

小菅はかなり自己評価が高く、上司に大して不満を抱いている様子。

向上心のある小菅をありさは評価し、新しいプロジェクトの主担当にするよう上司に提言しましょうか?と言いました。

小菅はキラキラした表情で食いつきます。

プロジェクトを成功させれば社員ランクも上がるから。

しかし…

新しいプロジェクトを指揮するのは、営業三課の一之江課長。

営業三課という単語が出た瞬間、小菅の表情と態度は急変。

今までの話をなかったことにし、大奥と関わるのは滅法ごめんだと言い去っていきました。

大抵の人が逃げ出すという営業三課、通称・大奥。

そんなところで飯田はやっていけるのか?と、ありさは心配します。

そのころ。

松原のもとに山下からメッセージが。

どうやら早速、営業三課で嫌がらせを受けいている様子。

松原・林・山下は社員食堂に集まり、大奥の詳細を話し合います。

大奥の情報を知っているのは、もちろん山下。

「部署長の正妻と愛人が同一部署にいるのでは?」

と推測する林ですが、山下いわく割と近いとのこと。

大奥というのは…

ここでありさがパソコンの画面を見ているシーンに変わります。

ありさは営業三課の予定表を見ています。

一之江課長・瑞江・船塚・大島は、13日のお昼から営業三課のランチの予定が入っています。

ただ飯田だけは別行動。1人でのランチのよう。

さらに他の4人は取引先との打ち合わせが入っているものの、飯田の仕事は”空調について”という内容。

明らかに仲間外れにされており、仕事も任されていません。

営業三課は万年、人手不足にも関わらずです。

営業三課では飯田が普段とは違う服装(パンツスタイル)で仕事をしています。

企画部にいた時はスカートが定番だったというのに。

どうやら一之江にチクチク言われたようで、服装を変えたようです。

オフィスにやってきた一之江は、

「今日は媚び媚びコーデじゃないのね」

と一言。

さらに印刷物を受け取るなり、営業ナメてるの!?と怒鳴り始めました。

その様子を覗き見しているありさと松原。

一之江が怒鳴った理由。

それは飯田のネイルでした。

先週から同じネイルを付けていたのに今、このタイミングでなぜか怒鳴られる。

しかも営業三課には飯田より派手なネイルをしている社員もいます。

その社員の方をじっと見つめる飯田。

一之江はひたすら怒鳴り続けます。

「私の顔に泥を塗るつもり?私はアンタみたいなタイプが嫌いだけど、仕方なくチームに入れてあげれるの」

違うタイプの人材が集まれば化学反応が起きて、大きな成果につながる可能性があると考えていたのです。

今いる営業三課の社員たちは、一之江のご機嫌取りしか能がないと言います。

一之江が言う通り、確かに営業三課の社員はご機嫌取り(イエスマン)でした。

「ランチ何にする?何でも良いわよ」

と一之江が呟くと、社員の1人がお魚の美味しいお店を提案。

しかし一之江がそれをさえぎり「お肉の気分」と言うと、その社員も手のひらを返し「そうですよね」と言います。

その言動を見ていた飯田はボソッと一言。

「ダッサ」

社員は恥ずかしそうな表情になるのでした。

飯田以外の社員がランチに出かけ、飯田は1人になりました。

そのタイミングを見計らい、飯田の前に登場するありさと松原。

ありさは単刀直入に尋ねました。

「社員ランクを上げるには課長以外の承認が必要ですよね。腐ってるのは誰ですか」

もちろん飯田は答える気などありません。

するとありさは交換条件として、一之江課長の弱点を教える、と提案しました。

しかし弱点なんてあるはずないと言う飯田。

というのも一之江は社長の正妻。

普通に考えれば弱点はなさそう。

それでもありさは、一之江に弱点はあると言います。

話が終わらないと判断した飯田は、話を無理やり終わらせランチに向かいました。

仕方なくありさと松原もランチへ。

営業三課(大奥)の厄介さや、飯田の若林課長に対する異常な好意を痛感しつつ、話題はありさの恋愛へ。

なんとありさは既婚者。

松原は思わずありさを質問攻めにするのでした。

会社の外を歩く飯田は、若林から言われた事が脳裏をよぎります。

「何かあったら守るから、しばらくがんばってくれ」

神妙な面持ちになる飯田、果たして若林とは”何で”結ばれているのか…。

ランチを終え人事部に戻ったありさ。

三屋に呼ばれ町上とともに会議室へ向かいます。

話の内容は企画一部の件、若林と飯田の関係について。

「若林さん1人の力では飯田さんのランクは上げられないはず」

と話すありさ。

ここで社内の人事制度を見直します。

飯田が昇格するまでの流れは、

  1. 飯田の「自己評価」
  2. 若林と飯田による「上長評価・面談」
  3. 世田と若林による「上長評価2」
  4. 高井・世田・若林による「人事部評価」
  5. 高井による「社内システム更新」

となっています。

そしてありさは、若林と飯田以外に誰かがこの一件に関わっていると言いました。

若林の他に飯田の昇格に関わったのは、

  • 世田
  • 高井

この2人。

するとありさは飯田が昇格したタイミングと、世田が企画一部と兼任になったタイミングを調べ直しました。

前任の部長が辞め世田が兼任となる間に、飯田が昇格したことが発覚。

つまり、人事でバタついていたスキに飯田を昇格させた、ということ。

そして部長評議が空席の中、上長評価2・人事部評価が行われたのです。

このことから疑わしき人物は「高井」と判明。

三屋は高井のことを信頼していました。

三屋の信頼を裏切り不正に加担した高井を、ありさは決して許しませんでした。

〜社内探偵6巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」6巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】7巻ネタバレ

漫画「社内探偵」7巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵7巻ネタバレここから〜

高井はありさや町上、三屋たちと同じ人事部に所属している男性社員。

普段は黙々と仕事をこなすタイプですが、無駄な仕事はあまり増やしたくない性格。

なので話を聞こうとしても「僕じゃなきゃダメなの?」と言ってきます。

それでもありさは高井に尋ねます。

この前、小菅から相談があった件について。

高井は小菅の相談内容を把握していました。

「小菅は自己評価が高すぎるから放っておくのが一番」

と言う高井。

ありさの話をできるだけ聞きたくない様子。

そこでありさは単刀直入に言います。

「何の成果も上げてなくても給料とランクを上げてしまえば、小菅さんもおとなしくなる」

と。

飯田の一件を表しているような言い方。

思わず町上もギョッとした表情になります。

しかし高井は表情を変えず、そんなことなどできないと言いました。

話を終え、自分のデスクの戻るありさ。

町上とチャットでやり取りし、高井は何か隠していそうという結論に至りました。

とはいえ高井は自らボロを出すようなタイプではありません。

高井本人から話を聞くのが難しいなら、高井のことをよく知っている人物から…

そう思ったありさは、とある食堂へ向かいました。

そこにいたのは若林。

ありさは若林と相席になり、高井のことを尋ねました。

若林は少しの間沈黙した後、

「俺はついにこの一線まで超えてしまうのか。飯田のこと絶対頼んだからな?」

と言い、何か重要なことをありさに話はじめるのでした。

ありさは目を見開き、若林の話を聞き入れます。

そしてランチを終え会社に戻ると、町上が声をかけてきました。

「今夜あいてる?」

ありさは「あいていない」と答え、町上の前を立ち去ろうとします。

しかし町上がスマホの画面を見せてきました。

「黒幕は絶対に高井さん!」

これにはありさも食いつきます。

そして明日、ありさは町上と一緒にご飯を食べることになりました。

一方…

営業三課の飯田は1人で会議室にいました。

続いて会議室にやってきたのは船橋。

船橋は会議室に入るやいなや、若林との不倫について尋ねます。

「不倫なんてしてるわけない。変な噂信じるのやめてください」

と、飯田は無表情で淡々と述べました。

すると一之江や他の取り巻き社員も登場。

ただこの日、一之江はどこか不機嫌な様子。

ドカッと椅子に座り、会議を始めました。

一之江はまず大島に、エマーバに対する返事を確認。

「先方に悠里な条件になっているので、初期費用の調整をしてもらえないかと返事をしています」

と答える大島。

一之江はふーんと言った後、続いて瑞江に質問。

ドランズから返事は来たのか?と。

しかし瑞江が見当違いの回答をしてしまい、一之江は激怒してしまいます。

「権限ないヤツを毎日せっついてどうするの!?何のためにあなたを会食に連れて行ったと思ってるの!?」

一之江の激怒ぶりに瑞江も怯みます。

さらに瑞江は、飯田との担当変更を命じられました。

有無を言わせない一之江の横暴ぶり。

そして不機嫌なまま会議室から出ていこうとします。

その時、飯田に向けてこう言い残しました。

「その色気のない服装は何のつもり!?もう少し女性らしさを考えなさい!」

一之江に続き、大島や瑞江たちも会議室を後にします。

瑞江も飯田に対し、岩淵(ドランズの担当)に色目を使うな、と言い残します。

一之江の後ろを歩く船橋は、飯田が飼い殺し状態にされると思っていたものの、そうではないことに疑問を持つのでした。

飯田はさっそく、ドランズの岩淵と面会。

瑞江も同席しています。

岩淵は若手の男性社員で爽やかな出で立ち。

飯田はもちろん岩淵に媚を売ります。

やや上目遣いで、

「色々教えていただけるとありがたいです」

と言った後、タブレットカバーに貼られているステッカーに注目。

岩淵はラジオパーソナリティ・神田竹之丞の大ファンのよう。

そこで飯田は、自分も神田竹之丞のラジオを聞いていると話題を振りました。

すると…

神田竹之丞の大ファンである岩淵はグイグイ引っかかり、飯田との会話が盛り上がっていきます。

瑞江は完全に取り残され、少し恥を感じているような表情。

そして会話の中で飯田は岩淵に、親睦会の開催を提案。

岩淵は飯田の提案を快諾。

同じ部署に神田竹之丞のファンがいるから、彼も連れてくるとのことでした。

打ち合わせ終了後。

飯田と瑞江は2人で会社に戻ります。

するとここで飯田が瑞江に思わぬ一言。

「岩淵さん多分、瑞江さんのこと好きですよ」

もちろんこれは飯田のでまかせ。

しかし瑞江は飯田の言葉を真に受けます。

そして飯田は瑞江を陥れるため、何かよからぬ事を企むのでした。

〜社内探偵7巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」7巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】8巻ネタバレ

漫画「社内探偵」8巻のネタバレが下記の通りです。

〜社内探偵8巻ネタバレここから〜

「今日は本当に楽しいな」

ありさは町上とディナー中で、町上はかなり楽しそうな表情。

少しでもありさと話す時間を伸ばそうとするもののありさは、高井のことを話さないなら帰ると言います、

町上は仕方なく本題を切り出しました。

町上いわく、高井の情報を教えてくれたのは”馬場とのこと。

馬場は以前、高井と2人で飲みに行ったのだそう。

そこで高井は馬場に、

「とんでもない事に加担してしまった。クビになってもおかしくない。なんで男は女に弱いんだろう「

と漏らしました。

そして馬場と高井が飲みに行った時期が、”あの一件”と同じ頃でした。

ありさは「ふーん」と呟き、町上と馬場が知り合いだったことに少し驚きます。

またこの前、定食屋で若林と同席した時に言われた事を思い出します。

「高井はこの件に関係ない」

矛盾点が生じているこの一件。

高井が黒幕だという町上、そして高井は関係ないと言う町上。

誰かが嘘をついている…!?

場面は変わり飯田・瑞江・岩淵たちの親睦会。

飯田と岩淵は、神田竹之丞のラジオの話題で盛り上がっています。

瑞江もこの日のために勉強してきて、必死に会話に喰らいつきます。

しかし…

付け焼き刃の勉強なので、当たり障りのない無難な会話しかできません。

それに対し飯田は一枚も二枚も上手。

「お気に入りの話は”テディベアローションまみれ”」

これには岩淵たち男性陣2人も大爆笑。

飯田は岩淵からの好感度をどんどん高めていきます。

「飯田さん面白いですね。お嬢様みたいだと思ってましたけど、今日はカジュアルですし

岩淵は飯田を褒めます。

さらに岩淵は飯田が”すっぴん”に近いと思っていたものの、実は飯田のメイクは超ガッツリ。

  • パウダー×眉マスカラ
  • まつエク(両目で100本)
  • CCクリーム+ルースパウダー
  • パウダーの下にクリームで仕込みチーク
  • ブランパー効果ありの色付きリップ

すっぴんだと嘘をついて話を進める飯田に、瑞江はイラッとします。

何とか挽回しようと料理や映画が好き、特にヒューマンドラマが好きなんですと言うのですが…

岩淵たちのリアクションはイマイチ。

瑞江の頑張りは空回り。

一方の飯田は絶好調。

岩淵たちが映画の話題で話している中へ入り込み、自分もその映画や音楽が好きだと言います。

すると飯田は瑞江に話題を振りました。

「瑞江さんみたいな料理上手の方が、岩淵さんにはお似合いかと…」

形式上の恋のキューピッドになろうとする飯田。

話を振られた瑞江は、アマトリチャーナとかビシソワーズが得意料理だと言います。

しかし案の定、岩淵たちのリアクションはイマイチ。

まるで興味を示しません。

ただその後、岩淵と一緒に来ていた男性社員が指摘。

「飯田さん、カバンからお弁当箱が見えてるけど、料理するの?」

飯田はわざとらしくお弁当箱をカバンの中にしまいます。

その様子を見ていた岩淵は、お弁当を作っている飯田を偉いと評価。

これには瑞江が黙っていられず、

「飯田さんってお弁当作る人だっけ?初めてじゃない?」

と茶々を入れました。

瑞江の言葉に表情を曇らせる岩淵たち。

飯田は”シメた”という表情。

「きんぴらごぼうとか筑前煮、切り干し大根みたいな地味なヤツしか作れない”茶色弁当”しか作れない」

と言い、さらに男性陣からの評価を爆上げ。

瑞江は完全に蚊帳の外にされるのでした。

親睦会が終わり、帰路につく飯田と瑞江。

瑞江は飯田に対する不満を爆発させます。

  • 協力するって言ったくせに
  • どれだけ岩淵さん達のこと調べ上げてるの
  • 弁当箱仕込んだり着替えてきたり

しまいには「汚い女ね」という暴言すら。

とはいえ飯田はびくともせず。

瑞江に対し「センスなさすぎ」と言い放つのでした。

瑞江と別れた後、飯田は歩きながら若林との思い出を振り返ります。

飯田は若林から、企画職たるもの”一流のエンタメ”に触れなければならない、と言われていました。

その中で映画「マッドマークス」や劇中で流れる音楽、そしてラジオを紹介されたのです。

「”テディベアローションまみれ”で笑わない男はいない」

笑顔でそう述べる若林を思い出すと、飯田も自然と笑みが溢れました。

次の日。

飯田は出社して挨拶をするものの、大島・瑞江たちはガン無視。

「大奥でそれなりにやっておかないと、若林が困る…」

と思いながらパソコンを見ていると、一之江が怒鳴り声をあげました。

「会議サボっていいご身分ね!」

会議のことなど知らされていなかった飯田。

どうやら瑞江の仕返しにより、飯田に連絡がなかったよう。

さらに飯田は一之江から、今週中にテレアポ1000件という無理難題を押し付けられます。

その後、飯田のパソコンに船橋からチャットが。

「朝来たら瑞江さんから”会議だ”って言われたよ。一応教えておいてあげる」

飯田は瑞江の方を見ると、瑞江も飯田の方を振り向きました。

そして瑞江は笑顔で、

「テレアポ1000件がんばってよ」

とエールを送りました。

この時飯田は、企画部にいた時のことを思い返します。

松原が仕事を手伝ってくれたことを…。

一方そのころ、ありさは三屋に相談事。

「不正を行ったのは高井さん、という情報を町上が仕入れてきた」

と言った後、

「高井は関係ない、とおっしゃる人もいます」

と言いました。

”高井”と呼び捨てであることに違和感を覚える三屋。

そして上への報告はもう少し待ち、自分からも町上に話を聞くと言うのでした。

しかし…

思わぬ出来事が…

ありさとの話を終えた三屋は次に、町上を呼び出しました。

三屋の右手にはチェック柄のノート。

「町上が異動…!?」

と驚くありさ。

〜社内探偵8巻ネタバレここまで〜

以上が漫画「社内探偵」8巻のネタバレです。

社内探偵のネタバレ目次に戻る

社内探偵を無料で読む方法をチェック

【漫画 社内探偵】9巻ネタバレ

※後日更新※

【漫画 社内探偵】10巻ネタバレ

※後日更新※

【漫画 社内探偵】最終回の結末予想

※後日更新※

【漫画 社内探偵】電子書籍を無料もしくは半額で読む方法

漫画「社内探偵」は様々な電子書籍サイトで配信されています。

そして下記3サイトを活用すれば、漫画「社内探偵」を無料もしくは半額で読むことができます。

サイト名
(無料期間)
特典特徴
まんが王国
(無料期間なし)
無料会員登録で半額クーポン社内探偵を先行配信
U-NEXT
(31日間無料)
無料会員登録で600ポイント社内探偵の配信がやや遅い
music.jp
(30日間無料)
無料会員登録で1600ポイントU-NEXTより社内探偵の配信が早い

まんが王国・U-NEXT・music.jpの詳細が次の通りです。

まんが王国で「社内探偵」の電子書籍を半額で読む

まんが王国は「社内探偵」の先行配信を行っている電子書籍サイトです。

都度課金コース・月額コースの2種類があるので、目的に応じてコースを選ぶことができます。

そして無料会員登録すれば、今すぐ使える半額クーポンが付与。

半額クーポンを活用すれば、漫画「社内探偵」を100円で読めますよ。

\無料会員登録で半額クーポン/

まんが王国で「社内探偵」を半額で読む

 

U-NEXTで「社内探偵」の電子書籍を無料で読む

U-NEXTは「社内探偵」の先行配信に対応しておらず、まんが王国に比べると「社内探偵」の配信が遅くなっています。

しかし無料会員登録で600ポイントもらえるので、「社内探偵」の電子書籍を2冊無料で読むことができます。

さらに31日間のお試し期間中は、配信されているドラマ・アニメ・映画も無料で視聴できますよ。

※社内探偵は一冊220円で配信されています。
(現在6巻まで配信中)

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで「社内探偵」を無料で読んでみる

 

music.jpで「社内探偵」の電子書籍を無料で読む

music.jpは無料会員登録すると、

  • 動画用ポイント→1000円分
  • 共通ポイント→600円分

合計1600円分のポイントが付与されます。

「社内探偵」の電子書籍は一冊220円で配信されているので、共通ポイント600円分を活用すれば、二冊無料で読めますよ。

\無料会員登録で600円分のポイント/

music.jpを使って「社内探偵」を無料で読んでみる

 

【漫画 社内探偵】最新刊8巻までの全巻ネタバレと最終回の結末予想まとめ

漫画「社内探偵」の最新刊8巻までの全巻ネタバレをご紹介してきました。

漫画「社内探偵」はまんが王国にて先行配信されています。

なので最新刊が発売されたらまんが王国を活用することで、すぐに「社内探偵」を読むことができます。

またU-NEXTやmusic.jpを活用すれば「社内探偵」の電子書籍を無料で読む事が可能。

目的に合わせてそれぞれの電子書籍サイトをご活用ください。

\無料会員登録で半額クーポン/

まんが王国で「社内探偵」を半額で読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました