【漫画】魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のネタバレ感想まとめ

2018年10月10日に発売された、魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻(最終回)

会長選挙編は、中条が生徒会長になるまでのストーリーが描かれています。

ここでは、会長選挙編1巻(最終回)のあらすじとネタバレ、読んだ感想などをご紹介していきます!

ちなみに…

魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻は、U−NEXTというサービスを使えば、普通に買うよりお得に読むことができます。

無料会員登録するだけで、600円分のポイントがもらえるので(*^^*)

しかも、アニメ版・劇場版の魔法科高校の劣等生も、フルで無料視聴できますよ♪

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで会長選挙編をお得に読む

【漫画】魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のあらすじ

以下、魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のあらすじです。

〜魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のあらすじここから〜

本作品はアニメ「魔法科高校の劣等生」で省かれていた部分を描かれています。

魔法科高校の劣等生の主人公である司波達也・深雪の第一高校入学時、生徒会長を務めていたのは七草先輩です。

ところがアニメ後半の横浜騒乱編になると、生徒会長は生徒会書記だった中条先輩。

深雪は副会長に選ばれていました。

副会長だった服部先輩は部活連会頭に就任。

千代田先輩に至っては風紀委員ですらなかったのに、風紀委員長に。

なんだこの人選は?と不思議に感じた方も多いのではないでしょうか。

この人選で唯一納得出来るのは深雪ぐらいでしょうから。

深雪は一年生主席にして総代を務めましたし、生徒会書記を務めていたという実績もあります。

九校戦では一年生なのに新人戦ではなくニ・三年生も出場する本戦へ出場して優勝を果たすという偉業を成し遂げました。

能力的な問題もありません。

しかし中条先輩は生徒会書記を務めていたとはいえ、あの頼りなさを考えると生徒会長に向いているとは思えません。

千代田先輩に至っては風紀委員ですらなかった部外者なのに・・。

アニメ・魔法科高校の劣等生を観ていただけでは???な部分をご紹介しておりますので、存分にお楽しみください。

〜魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のあらすじここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のあらすじです。

続いて、魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のネタバレを見ていきます。

【漫画】魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のネタバレここから〜

九校戦や夏休みも終わり、新学期へと入ります。

ここで七草先輩の悩みの種となったのが、生徒会長選挙。

そう、これまで生徒会長を務めていた七草先輩もとうとうその役目を終える時が来ました。

直前の生徒会役員が生徒会長選挙に立候補する・・というのが慣わしなんですが、中条先輩は自分に生徒会長は無理です!と大きく拒絶。

となると副会長の服部先輩が有力候補となるものの、七草先輩と服部先輩では主義が違いすぎます。

七草先輩は二科生への差別を無くしたいと考え、実際そういった行動(ニ科生である達也の抜擢等)や言論もしてきています。

片や服部先輩は一科生として強いプライドを持っており、事実ニ科生である達也の風紀委員就任では大反対をして達也と模擬戦まで行った程。

どうせなら自分と考えの似通った人物に後を任せたい・・と考える七草先輩としては苦悩せざるを得ないという状況になってました。

悩む七草先輩を尻目に風紀委員会本部へと向かう達也。

入室すると、本部には珍しく大勢の風紀委員が詰めてました。

しかし風紀委員一堂に緊張感は見られない。

不思議に感じる達也に事情説明をしてくれたのが渡辺先輩です。

前期末づけで辞任した風紀委員の補充が本日加入し、しかもそれが女性だからというものでした。

確かに風紀委員会内で女性なのは渡辺先輩だけですし、興味も沸くんでしょう。

そして現れたのが、千代田先輩でした。

渡辺先輩は風紀委員長の後釜に千代田先輩をしたいらしく、捻じ込んできたんです。

達也は渡辺先輩から千代田先輩の指導を頼まれ、達也は千代田先輩を連れて校内の見回りを開始しました。

校内を回ってる間、桐原先輩から「服部のヤツは部活連で次の会頭に推されてんだよ」と服部先輩が会長選挙に出ない事を教えられました。

中条先輩は生徒会長になる事を拒絶。

服部先輩は部活連の会頭になるので、生徒会長への立候補は無い。
そんな状況で「達也が生徒会長へ立候補する」という噂が流れます。

美月が小野先生から聞かれたと知り、達也は小野先生に問いただします。

すると職員室の間はで、この噂が結構信じられてるんだとか。

生徒達には非公開でも教員は知ってますからね。

達也が反魔法組織ブランシュを壊滅に追い込んだ事を。

教職員は達也を高く評価しており、それもアリか・・と信じる人も多いと小野先生から聞き出しました。

すると達也は七草先輩から呼び出され、お願いをされます。

七草先輩からお願いとは、深雪に生徒会長選挙への出馬でした。

まだ人間的に未熟だから無理と達也はそのお願いをバッサリ切り捨てるも、七草先輩はしつこくお願いをしてきます。

まあ他に適任がいませんからね。

そこで達也は中条先輩を説得してみましょうと持ち掛け、七草先輩を納得させました。

七草先輩達でも説得出来なかった中条先輩でしたが、達也の奥の手であっさりと陥落。

中条先輩が天才魔工技師・トーラスシルバーの超大ファンという点を利用したんです。

中条先輩はご存知ありませんが、トーラスシルバーの主体は達也。
トーラスシルバー関係のグッズを入手するのも容易です。

そこでもうすぐ発売となる飛行魔法特化型CAD、しかもシリアルナンバーの刻まれていない非売品を生徒会長就任のお祝いにも・・と持ちかけました。

トーラスシルバー大好きな中条先輩がこの誘惑に耐えられるわけもなく、あっさりと生徒会長に立候補する事を決めました。

こうして生徒会長立候補者の問題は解決しましたが、生徒総会での問題は残っています。

”生徒会役員一科生限定廃止案”に反発する者が七草先輩に危害を加えるかもしれないという問題が。

校内はともかく下校中は危ないのではないか?と渡辺先輩は心配し、達也にボディーガードを頼みます。

ただこれが七草先輩の足を引っ張る事となります。

反対派から「次の生徒会長候補には傍で囲っておきたいニ科生がいるのでは?」と。

そう、先日七草先輩と一緒に下校していた達也がそうではないか?と言及してきたんです。

会場は騒然とするも、深雪がキレてその場を治めるんですけどね。

一応これで会場は平静を取り戻し、生徒会長には中条先輩が無事就任となって大団円を迎えます。

〜魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のネタバレここまで〜

 

以上が魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻のネタバレです。

【漫画】魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻を無料で読む方法は?

結論から述べると、魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻を無料で読めるサービスはありません。

ただ、普通に買うより600円もお得に読めるサービスがあります。

そのサービスがU−NEXTです。

U−NEXTは、無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

このポイントを使えば、600円分お得に会長選挙編1巻を読むことができますよ(^^)

さらに、アニメ版・劇場版(星を呼ぶ少女)も配信中!

しかも、どちらも見放題作品なので、31日間のお試し期間中でも、全話無料でフル視聴できます。

お試し期間中に解約すれば費用は一切かからないので、ぜひ一度試してみてください( ´ ▽ ` )ノ

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで会長選挙編1巻を600円分お得に読んでみる

【漫画】魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻の感想

満足度の高い内容でしたね。

アニメでは中条先輩がいきなり生徒会長になってますし、謎だった部分が今回で補填されてましたし。

それはさておき、達也が生徒会長に立候補するという噂には笑えましたね。

でもただの笑い話に終わらないのが面白かった。

確かに学校の先生からすると達也って凄いですよね。

学校へテロ攻撃まで仕掛けてくる組織を一高校生が壊滅に追い込んだんですから。

そんな偉業、学校の先生達を全員寄せ集めても無理でしょうから。

そして二科生からの達也への評価は相当高いと思います。

ニ科生ながらも筆記テストではニ位以下(一科生を含む)を大きく引き離してダントツの首位。

しかもニ科生ながらも九校戦へエンジニアとして参加。

挙句モノリスコードでは選手として出場し、十師族の一条に勝利して優勝までしてましたから。

そんな偉業、一科生でも不可能です。

ニ科生からすれば達也って相当なカリスマでしょうし、大半が達也に投票するのは間違いないでしょう。

また七草先輩の提案する「生徒会役員一科生限定廃止案」が通れば、二科生の達也が生徒会長に就任出来るようになるわけですし。

そして他の生徒会長立候補者がいないという状況。

まあネタで終わってしまいましたけど、ありえる話なだけに面白かったです。

【漫画】魔法科高校の劣等生 会長選挙編1巻に向けての展望と考察

今回は生徒会長のみの決定でしたが、ここから大体想像はつきますよね。

生徒会長には中条先輩が就任したものの、選挙結果が一位だった深雪が副会長になるのは間違いないでしょう(立候補していない深雪への投票が一位でした)。

会場内を鎮める為に放った深雪の怒気により、深雪はスノークイーンや女王様と崇められるようにもなりましたし。

風紀委員長も千代田先輩に確定でしょう。

何せ風紀委員長である渡辺先輩が千代田先輩を風紀委員に迎え入れ、その後釜的な感じとしたわけですし。

服部先輩も尊敬する十文字先輩から次の部活連会頭を務めてくれ!と言われたら断れるわけはないでしょうしね。

ただ他の生徒会メンバーがどうなるか・・は予想つきませんね。

生徒会会計は三年生の市原先輩が務めていましたから、完全に空いてきます。

生徒会書記も二名いたとはいえ、中条先輩は生徒会長、深雪は副会長ですから書記も空いてきます。

現二年生で服部先輩と中条先輩に続く成績優秀者の千代田先輩は風紀委員長ですし、後釜が見つからないんですよね。

一応生徒会長は決まったとはいえ、生徒会メンバーの人選には骨が折れそうだな~と感じます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました