【漫画 JIN-仁-】最終回13巻ネタバレ感想!無料で読めるの?

「JIN-仁-」はスーパージャンプにて連載されており、単行本全20巻・文庫版全13巻となっています。

漫画だけでなくドラマ化もされ、大ヒットした作品。

このページでは、「JIN-仁-」の最終回13巻ネタバレや読んだ感想などをまとめています!

そして結論を先に述べると、「JIN-仁-」の最終回13巻は無料で読むことができません。

ただし、書店や通販などで買うより600円もお得に読むことができます。

U-NEXTというサービスに無料会員登録すると600円分のポイントがもらえるので、このポイントを活用することで「JIN-仁-」の最終回13巻をお得に読めますよ。

※U-NEXTでは「JIN-仁-」の最終回13巻が646円で配信されています。

\31日間無料お試し期間あり/

U−NEXTで「JIN-仁-」を600円お得に読む

【漫画 JIN-仁-】最終回13巻あらすじ

「JIN-仁-」の最終回13巻のあらすじが下記の通りです。

〜「JIN-仁-」の最終回13巻のあらすじ〜

いよいよ江戸の街は戦乱に巻き込まれていき、仁友堂の行く末も雲行きが怪しくなってきます。

そして南方はどんどん体調が悪化し深刻化していきます。

南方は医療技術か乏しい江戸で一体どのように生き残っていくのでしょうか。

また咲との関係にも進展があり、南方の心は揺れ動きます。

南方の事を面白く思わない人々の策略も激化し、南方の周辺には不穏な動きが感じられます。

果たして南方は江戸の街を救い現代に戻る事ができるのでしょうか?

〜「JIN-仁-」の最終回13巻のあらすじここまで〜

続いて、「JIN-仁-」の最終回13巻のネタバレを見ていきます!

【漫画 JIN-仁-】最終回13巻ネタバレ

「JIN-仁-」の最終回13巻のネタバレが次の通りです。

〜「JIN-仁-」の最終回13巻のネタバレここから〜

ついに江戸は無血開城を遂げました。

それは勝と西郷が談判した成果でありましたが、その事をよく思わない幕臣は多く存在します。

戦はその後東北へと拡大していきます。

江戸の上野寛永寺では、彰義隊が陣取っており、その旗の元には3000名の兵士が集まっています。

そんな彰義隊に対して、新政府軍はいよいよ総攻撃を始めました。

これが世に言う上野戦争です。

1868年、明治元年となる5月15日街中でも砲台の発射音が響き渡っています。

上野から二里離れた芝新銭座慶應義塾に集まる人々もその気配に怯えていました。

35歳の福澤諭吉が塾生の前に座り、砲音はきこえるが、鉄砲玉はここまで飛んでこないので案ずるなと諭します。

全国から集まってきた塾生に対して、出身の藩によっては対立関係になっている事もあるだろうが、ここでは争う事なく書を読むことに没頭せよ。

天下騒乱の世となった今でも洋学を学び続け大日本の文明国として存続させようと訴えます。

その砲声は沖田が床に伏している千駄ヶ谷にも響いています。

沖田の所に南方と咲、恭太郎が集まっています。

恭太郎は戦況を語る中で彰義軍の劣勢となっている事、上野での敗北はほぼ決まっていると告げます。

沖田はそれを聞き決戦は会津になるか…と呟きます。

南方は気を取り直し、診察を進めます。

沖田に聴診器を当てたその時、あの頭痛が襲ってきました。

咲はその様子に動揺します。

南方の頭の中では坂本龍馬が荒波に揉まれる船の舵を取っています。

そして南方を激励し、もうすぐ彼岸につくがぜよと笑みを浮かべました。

心配する咲に対して南方は大丈夫だと返します。

沖田も先生は大切な人なので長生きして欲しいと弱々しく語ります。

南方は心中で自身を襲う頭痛の原因は脳腫瘍や脳卒中などの病変があるのではないか、そうだとすると龍馬が旅立った彼岸に自分も近く行くことになるだろう…と覚悟します。

この時代では脳の手術をする医療技術はありません。

そしてこれまで南方が行った医療技術の伝達や新薬の開発はその後世の中にどれだけの影響をもたらすのだろう。

自分はこの時代で死んでいきたい。

自分に残された時間はどれ程なのだろうかと思案を巡らせます。

雨が降る帰り道。

南方は咲に結婚を申し込みました。

突然の事に咲は目に涙を浮かべながら恭太郎に兄上、よろしゅうございますか?と問います。

恭太郎もふつつかな妹をお願いします。母もきっと喜びます。と深くお辞儀しました。

その姿を見た咲も涙を流しながらよろしくお願いします。と深く頭を下げました。

南方は嬉しさと照れが入り混じります。

浅草仁友堂に喜市が訪ねてきました。

そして仁友堂で働きたいとの申し出ています。

医者になりたくて必死に読み書き算盤を学び、これからも死ぬ気で勉強する。

先生に母を助けて貰った時から医者になるのが夢だったと訴えています。

南方は少し考え込みますが、喜市には長い将来がある事から弟子として受け入れる事を決めました。

すると砲声が止んでいる事に気がつきます。

戦の結着がつき、これから負傷者が多くなるかもしれないので医療体制を整えておこうとなります。

一方江戸城では大村益次郎、西郷吉之助、勝安房守が集まり徹底的に賊を排除すると闘志を燃やしていました。

上野戦争は慶応4年5月15日午後5時ごろに彰義隊の敗北で終戦を迎えます。

そして雨の降る夜、仁友堂には彰義隊の負傷者がやってきました。

玄関には吉田が激しい負傷を負って仲間に抱えられています。

他にも負傷している仲間が居る。助けてくれと訴えます。

南方は彰義隊を匿うリスクを覚悟し、彰義隊の治療を決意します。

そこに突然三隅が手伝いにやってきましたが、裏でひとりの人物を使いとして外部に出しました。

仁友堂では懸命な治療が行われる中、惜しくも吉田は恭太郎に仲間を頼むと言い遺して亡くなります。

その時、三隅の使いが西軍に仁友堂の事態を知らせ、西軍が駆けつけます。

恭太郎、南方の必死の説得にも西軍は折れる様子が無くこのまま治療が断念されるかと思われた時。

咲が静寛院宮様から授かった櫛を手に、ここにある皇室の紋と徳川の紋が共存しているように、ここでは平等な治療を行っていると話します。

その機転により、西軍が仁友堂に監視を付ける事を条件に治療を続ける事ができました。

こうして江戸には静かな日々が戻ってくるのでした。

そして南方は咲の母に結婚の許しを貰い、恭太郎からも感謝の意を受け取りました。

その後沖田が急変したとの知らせを受けて南方、咲、恭太郎の3人は急ぎ旅路に出ます。

しかし、途中幕臣と名乗る者達に襲われ、恭太郎は出発の際に三隅に持たされた銃で応戦します。

すると銃の暴発により恭太郎が負傷しました。

負傷してもなお必死の応戦を続け、敵は蹴散らしましたが、恭太郎はその後命を落とします。

咲も負傷し、実家で懸命な治療が行われます。

そこに沖田が亡くなった知らせが入り悲しみが広がります。

恭太郎の葬儀が終わり、咲も南方も体調が悪化するばかりです。

南方は激しい頭痛、吐き気、ついには視界にまで影響が出ています。

咲の病状も深刻になってきており南方はどこかにホスミシンがあるはずだと探し始めます。

ホスミシンを探しに三隅の策に乗せられて南方は命を落とす危機に遭遇します。

しかし間一髪のところで南方は現代に戻りました。

目覚めた所は病院です。

とっさにホスミシンをポケットに詰め込み、6年前に現代で逃げ出した患者は過去から来た自分自身だった事に気がつきます。

そしてあの時の階段に向かい過去に舞い戻りました。

そして過去に戻る事に成功しますが、それはほんのひと時でした。

次に目を覚ましたのは再び現代の病院です。

南方は意識を取り戻してからこの病院が仁友堂だと知ります。

パソコンで仁友堂の歴史をネットで調べてみると創設者は橘仁とあり、夫人の咲と共に映る写真がありました。

咲を救う事が出来たのだと南方は喜びを爆発させました。

南方は橘仁が自分だと確信し、仁友堂で医師としての生活を再開させます。

しかし現代で感じるのは孤独でした。

そして江戸の時代に戻りたいと切に願います。

南方が江戸で伝授した医療技術は少なからず現代医療にも影響をもたらしていました。

そして江戸で龍馬の血液と脳骨髄液を眼球に浴びた事で龍馬の記憶や人格がインプットされたのだろうと仮説を立てました。

そしてそんな自分を必要としてくれる人々を救いたいと思い、アジアアフリカの医療過疎地へ赴きます。

そこで総合診察を目指して医療活動を行います。

2010年准教授となった南方は仁友堂に戻っています。

仁友堂の歴史を調べ、協力してくれた人々に想いを馳せていると、南方の元に面会者が現れます。

パリ大学のGMドクターマリー・ルロンと名乗った女性は野風の生き写しでした。

お互いの経験を語り合う内に、ルロンの4代前のおばあさんが野風だと判明します。

そして南方は現代でも江戸の記憶を失う事なく咲との人生を噛み締めながら生きていくのでした。

〜「JIN-仁-」の最終回13巻のネタバレここまで〜

単行本全13巻にて完結となった「JIN-仁-」

完結したのは随分と前ですが、やっぱりいつ読んでも面白い漫画ですよね!

【漫画 JIN-仁-】最終回13巻感想

最終巻では亡くなる方が多くとても心が痛みました。

特に恭太郎の死は南方にも咲にも大きな心の傷を残しました。

しかし、現代に戻った南方にも咲と幸せに暮らした記憶が舞い戻った時には、本当に良かったと胸を撫で下ろしました。

もちろん江戸で行なっていた南方の行為は現代に少し役立っていたようで、野風の子孫との再会では南方の将来により光が差したように思います。

現代で感じていた孤独はルロンが払拭してくれることでしょう。

【漫画 JIN-仁-】最終回13巻を600円お得に読む方法

「JIN-仁-」の漫画は、単行本全13巻にて完結しました。

「JIN-仁-」の最終回13巻を無料で読むことはできないものの、書店や通販などで買うより600円もお得に読むことができます。

活用するサービスがU-NEXT。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

そしてこのポイントを利用すれば、「JIN-仁-」の最終回13巻を600円お得に読むことができます。

さらに31日間の無料お試し期間中は、U-NEXTで配信されている18万本以上の動画を無料視聴できます。

現在放送中の最新作や過去の名作まで、幅広い年代の作品を無料で楽しめるので、ぜひご活用ください!

※U-NEXTでは「JIN-仁-」の最終回13巻が646円で配信されています。

\31日間無料お試し期間あり/

U−NEXTで「JIN-仁-」を600円お得に読む

U-NEXTならドラマ「JIN-仁-」の動画を全話無料視聴できる

U-NEXTではドラマ「JIN-仁-」が全話見放題で配信されています。

  • JIN-仁-(2009年放送・全11話)
  • JIN-仁- 完結編(2011年放送・全11話)

第1期・完結編ともに見放題なので、お試し期間中でも全話無料で視聴できます。

\31日間無料お試し期間あり/

U−NEXTでJIN-仁-を全話無料で視聴する

U-NEXTの登録・解約手順

下記の+ボタンをタッチすると、手順が開きます。

U-NEXTの登録・解約手順

1.まずは下記の緑ボタンをタッチし、U-NEXTの登録ページを開きます。

U−NEXTで「JIN-仁-」をお得に読む

登録ページが表示されたら、今すぐ無料トライアルのボタンをタッチ。

個人情報の入力画面が表示されたら、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号
  • お住まいの地域

などをご入力ください。

「無料トライアルに申し込む」にチェックが入っていることを確認したら、決済方法を選択します。

選択できる決済方法は、

  • クレジットカード
  • キャリア決済

となっています。

最後に送信ボタンをタッチすれば、登録完了となります。

600円分のポイントが付与されているので、「JIN-仁-」の漫画をお得に読むことができますよ。

※31日以内に解約すれば、費用は一切かかりません。

U-NEXTの解約手続きはこちらのページで解説されています。

解約方法がわからない | U-NEXTヘルプセンター

【漫画 JIN-仁-】単行本を全巻半額で読む方法

DMM電子書籍で「JIN-仁-」を全巻半額で読む

DMM電子書籍は初回購入に限り、最大100冊まで半額になるクーポンをもらうことができます。

有効期限が設けられているものの、有効期限内にこのクーポンを活用すれば、「JIN-仁-」を全巻半額で揃えることができます。

通常価格で全巻揃えた時と、DMM電子書籍で全巻揃えた時の価格を比較してみましょう。

通常価格DMM電子書籍
646円×13巻=8398円全13巻合計=4199円

やっぱり全巻半額で揃えられるのは、非常にお得ですね。

DMM電子書籍の会員登録は無料ででき、月額費も無料。

なので「JIN-仁-」の購入以外に、お金は一切かかりません。

DMM電子書籍を活用すれば今すぐ、「JIN-仁-」の単行本を全巻揃えられますよ。

\最大100冊まで半額/

DMM電子書籍で「JIN-仁-」を読んでみる

【漫画 JIN-仁-】最終回13巻ネタバレ感想と無料で読む方法の調査結果まとめ

「JIN-仁-」の最終回13巻ネタバレや読んだ感想などをご紹介してきました。

単行本全13巻にて完結した「JIN-仁-」

U-NEXTを活用すれば、最終回13巻を600円お得に読むことができるので、ぜひお試しください!

\31日間無料お試し期間あり/

U−NEXTでJIN-仁-を600円お得に読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました