【漫画 秘密の果実】最新話22話までの全話・全巻ネタバレまとめ

少年ジャンププラスにて配信中の漫画「秘密の果実」のネタバレをまとめました。

1巻〜最新話22話までの全話・全巻ネタバレをまとめているので、ぜひチェックしてください。

また秘密の果実の漫画は、U-NEXTというサービスを使えば600円お得に読むことができます。

無料会員登録で600円分のポイントがもらえるので、これを活用すればOK。

さらに31日間の無料お試し期間中は、アニメやドラマ、映画を無料視聴できるので、ぜひお楽しみください!

※秘密の果実の配信価格は627円です。

\31日間無料お試し期間あり/

U−NEXTで秘密の果実を読んでみる

【漫画 秘密の果実】1話〜最新話の全話・全巻ネタバレまとめ

下記の青文字をタッチすると、その話のネタバレをチェックできます。

1巻
1話2話3話4話5話
2巻
6話7話8話9話10話
11話12話
3巻
13話14話15話16話17話
18話19話
4巻
20話21話22話

【漫画 秘密の果実】1巻ネタバレ

※青文字になっている話数をタッチすると、その話までスクロールします。

1巻
1話2話3話4話5話

【漫画 秘密の果実】1話ネタバレ

〜秘密の果実1話のネタバレここから〜

峰花烔(みかず)村へと引っ越した、水島悟

トンネルを超えた先に村があるようですが、そのトンネルはいかにも幽霊がでそうな感じ。

ただ村に到着すると、感じのいいおじさんが出迎えてくれました。

「村の決まりだから、身分証を確認させてくれ!」

悟の父は言われるがまま身分証を提示し、その後はこれから住む家に向かいます。

家に到着すると、村民と思われる夫婦がお出迎えし、引越し作業を手伝ってくれるとのこと。

引越し作業中、1人の男がこう言いました。

「外から移住してくる人なんて初めてだ」

と。

悟の父親いわく、村長の奥さんが自分のファンのようで、特例によって移住を受け入れてくれたのだそう。

悟の父親は小説家。

次は、峰花烔(みかず)村を舞台にした小説を書こうとしていました。

そんな話をムスッとしながら聞いている悟。

悟は父親に背中を向け、母親の遺影を見つめています。

そして、みんなが休憩を取ろうとした時、1人で外に出ていきました。

周りは見渡す限り森。

電波も通じない。

案の定、悟は迷子になってしまいます。

するとどこかから、水の中を歩くパシャパシャという音が…。

音がする方へ向かうと、そこには洞窟の奥で水浴びをしていた女の子の姿が。

しかも裸。

予想もしなかった展開に慌てふためいた悟は、全速力でその場から逃げ去ります。

その後、なんとか家の裏に出ることができ、無事に帰宅。

「勝手に出歩きやがって!」

と怒る父親に対し、村民夫婦の女性は何か勘ぐるような表情で尋ねてきました。

「まさか山の中に入ったりしてないわよね?」

女性の表情に恐怖を感じた悟は、とっさに嘘をついてしまいます。

「入ってない」

と、

村民夫婦が帰った後、悟は父親に、

「山って入ったらダメなの?」

と確認。

すると、やはり山に入るのはダメな様子。

峰花烔(みかず)村の山奥には神様が住んでおり、掟により山に入ることは厳禁なのだそう。

「まさかあの子が…」

と思いながら、この日は眠りにつくのでした。

そして翌日。

今日から悟は、峰花烔(みかず)村の高校に通います。

一学年たった7人しかおらず、女子の割合が多いのが特徴的。

悟は桐山美影(きりやまみえい)の隣の席になりました。

美影が言うには、峰花烔(みかず)村の人口の2/3が女性とのこと。

さらに、村に伝わる神話について教えてくれました。

【桃王母の神話】

桃王母はその昔、山で道に迷っている男に出会い、恋に落ちた。

彼にも不老不死になってもらうため、桃の実を与えた。

この2人の子孫によって栄えたのが、峰花烔(みかず)村。

だから、この村の女性は若々しくて美しい。

引越し作業を手伝ってくれた女性は、見た目はまだ30代半ば〜後半くらいでしたが、なんと実年齢は68歳なんだとか。

まさかの事実に驚く悟。

その後、少し気になる出来事が。

悟は父親のことを一切話していないのに、

「高校の図書館にお父さんの本もあるかもね」

と、美影が言ったのです。

それだけではありません。

なんと、悟のお母さんが亡くなっていることも、クラスの全員が知っていたのです。

「なんでその事知ってるの?」

と尋ねると、クラスメイトたちは、

「村の新しい仲間のことなんだから、みんな知ってるよ。なんでも」

と言いました。

そんな時、担任の先生が悟を呼び出しました。

美術室で2人きりになると、先生は単刀直入に切り出します。

「昨日、山の中入った?」

ドキッとしつつも、悟はここでも、

「入ってないです」

と返答。

先生はそれ以上質問してこず、笑顔で悟を見送りました。

家に帰るまでの道のりは、村民から監視されるような感覚がありました。

しかも、スマホを山奥に落としてきたため、なんとかして取りにいかなければなりません。

そこで意を決し、パーカーのフードを被って再び山奥に向かうことに。

しかし山に入った途端、すぐ誰かに声をかけられました。

その声の主は、昨日の女性でした。

女性は悟のスマホを持っていたものの、

「警備が来るから、黙ってついてきて」

と言い、悟をどんどん山奥へ連れて行きます。

村民の警備をうまく回避しながら…。

そして、昨日の洞窟に到着。

ここで彼女が、

「私の名前は七海」

と言いました。

さらに悟は、七海に連れられ洞窟の奥へと進んでいきます。

すると洞窟の奥には、1本の桃の木がありました。

七海は桃王母の子孫。

「今の桃が紅く熟したら、私も次の桃を実らせなきゃならない。産まれる子は必ず女の子で、桃王母と同じように、相手の男に桃を与える」

と話します。

そして七海は、悟に桃を食べて欲しいと言いました。

悟は顔を赤くしながらも、

「よろしくお願いします!!」

と言いました。

これが七海の甘い罠であるとも知らずに…。

〜秘密の果実1話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実1話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】2話ネタバレ

〜秘密の果実2話のネタバレここから〜

七海の桃を食べると約束した悟。

その後、悟は七海からスマホを受け取り、2人で村へと戻っていきます。

道中、いたるところを村民が警備のため見回りをしていました。

「警備に見つかったらどうなるの?」

と尋ねる悟。

七海は真面目な表情で、

「消される」

と答えました。

冗談だと思いつつ、嘘をついているような様子もありません。

そして、無事に悟の家に到着。

ここで七海は悟に対し、こう言いました。

「私と会ったことは、絶対みんなに知られないように」

七海はすぐどこかへ向かって走り去りました。

悟も家に入り、父親と夕食をとることに。

夕食の時、話題は村の人口や女性の割合が多いことについての話題になりました。

通常、男女が産まれる割合は”男の方がやや高い”そうです。

ですが峰花烔(みかず)村は女の出生率が異様に高く、それに伴い村の平均寿命が底上げされているのでした。

「女の出生率が高いのも、神様の力なのかもな」

という父親の一言を聞き、悟は七海の言葉を思い出しました。

「今の桃が紅く熟したら、私も次の桃を実らせなきゃならない。産まれる子は必ず女の子で、桃王母と同じように、相手の男に桃を与える」

本当に神様の力なのでは…?と考えると、悟は思わず背筋をゾクッとさせ、寝室に向かっていくのでした。

布団で横になった悟は、さらに考え事。

「桃王母だけでなく相手の男も不老不死なら、今も生きてるんだよな?七海の先祖たちはどこにいるんだろう?」

と。

そんなことを考えているといつの間にか眠ってしまい、七海と身体を重ねている夢を見ました。

しかし、いいところで目が覚めてしまいました。

その後、悟は高校へ通学。

クラスメートは明るく出迎えてくれたものの、

「悟のことは村の全員、なんでも知ってるよ」

という言葉が尾を引いていました。

また、悟の歓迎会を兼ねて放課後、学校の海でパーティーをしようと誘われるものの、

「水着持ってないから遠慮する」

と断ります。

すると、美影の態度が一変。

これまで”悟”と呼んでいたのに、悟が誘いを断ると呼び方が”水嶋になったのです。

クラスメートたちの表情も浮かない様子。

そして放課後。

悟は美影に呼び出され、階段の踊り場で話をすることに。

美影は、悟がクラスメートを避けているように感じていました。

「そんなことはない」

と悟は言うものの、美影はこう言いました。

「村民は村長の許可がないと外に出られない。村の外がどうなっているのか全然分からない。だから、村の外から同い年の子が引っ越してくることは本当に嬉しかった」

と。

また、美影やクラスメートも、純粋に悟と仲良くなりたいだけとのこと。

美影の言葉を聞いた悟は、

「次誘われた時は絶対にいく。みんなにも言っといて」

と答えました。

この言葉を聞いた美影は嬉しそうな表情になり、手を振りながら走っていきました。

「じゃあね、悟!」

と言って。

その後、悟はカバンを取りに教室に戻りました。

しかしそこでは、先生に告白しているクラスメート・中根の姿が。

中根は先生に抱きつき、先生もそれに答えるようにキス。

「これじゃあカバンを取れない…」

と思った悟は、ひとまず図書館に行き時間を潰すことにします。

図書館に行くと、数少ないクラスメートの男子・入江がいました。

入江は最初こそ無愛想だったものの、悟が村のことを調べようとしていると、笑顔で近づいてきました。

「僕で良ければ村のことをなんでも教える」

と。

悟は自分で調べようとするものの、入江は続けて言いました。

「知りたいのは七海のこと?山の中で会ったんだろ?」

〜秘密の果実2話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実2話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】3話ネタバレ

〜秘密の果実3話のネタバレここから〜

水着姿で遊んでいる美影たち。

遅れて中根がやってきましたが、なんだか浮かない表情。

そんな中根に違和感を覚える美影。

その頃、高校の図書館では悟と入江が話しています。

「七海と会ったんだろ?山の中で」

入江からこう尋ねられた悟は、冷や汗をかきながら唾をごくんと飲み込みました。

その様子を見た入江は、悟が七海と会ったことを確信。

「七海のやつ、名前まで教えたのか」

と呟くと、先に図書館から出ていこうとします。

悟は入江を呼び止め、

「何で七海のことを知ってるんだ?」

と聞こうとしたものの、入江は答えようとせず。

しかし、図書館から出ていく時に、こう言い残しました。

「もう少し警戒しな。クラスメートがいなくなるのは心苦しいから」

と。

その後悟は峰花烔(みかず)村の歴史が記されている分厚い本を借り、帰路につきました。

その道中、村民から声をかけられます。

どうやら峰花烔(みかず)村では、4年に一度行われる大祭・蟠桃祭が行われる様子。

お店を営んでいる村民は、自分のお店の名前が書かれている旗を道に挿しているところでした。

そして悟は、スナックのママから、

「カバン持っててあげるから、うちの店の旗を挿してきてくれる?」

とお願いされました。

しかし、入江の言葉を思い出し、カバンを持ったまま旗を挿すことに。

「警戒しな」

という言葉が、ずっと頭に残っている悟。

手伝いを終えると、そそくさと帰宅。

すると家には、吉川夫妻の娘さんがいました。

回覧板を持ってきたついでに、家にあがった様子。

ただ、ちょうど帰ろうとしていたところでした。

「私そろそろ…。悟くんもお父さんに似て背が高いね」

と言われ、悟は思わず大きな声をあげてしまいました。

悟は父親のことが嫌いで、女たらしの父親に似ていると言われるのが心の底からイヤなのでした。

「またやってしまった…」

というような表情で、悟は家から出ていきました。

家を出た悟は、七海のことを思い出します。

夢で身体を重ねたこと、桃を悟に食べて欲しいと言われたこと。

ただ、七海のことを考えると、

「やっぱり自分も父親に似ているところがあるんじゃ…」

と思ってしまいます。

手を握りしめ、それを否定しようとしていると、山から何か光るものが…。

それは七海が手鏡で太陽光を反射させていたもの。

「呼ばれているのか…?」

と思った悟は、急いで山へ向かいました。

村民の警備を警戒しつつ、無事に七海のもとへ到着。

七海いわく、今日は警備の気配が感じず、絶好のチャンスとのこと。

しかし悟は、七海との約束をやっぱり断ろうと考えていました。

「あの…俺…」

と切り出そうとするものの、悟は七海に連れられ、あの桃の木のもとへ。

すると桃の木には、もう立派な果実が実っていました。

熟すまであと少しといったところ。

「私、あの日からずっと”早く”って思ってた。食べてくれるよね?」

七海はそう言うと、一歩ずつ悟に近づいてきます。

思わず後ずさりする悟。

その時、七海が足をつまずいてしまい、一気に2人の距離が近くなりました。

制服の胸元が緩んでおり、悟の汗がちょうど七海の胸に落ちます。

そして、悟の目をじっと見つめる七海。

「俺は父親とは違う…」

と思いつつ、悟は七海にされるがまま、唇を重ね合わせるのでした。

〜秘密の果実3話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実3話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】4話ネタバレ

〜秘密の果実4話のネタバレここから〜

唇が触れ合う直前のところで、七海を押しのけた悟。

その後、桃の果実が熟していないのに、なぜそんなに急ぐのか?理由を尋ねました。

とはいえ、それよりも先に七海の服を着替えさせるのが先。

悟は七海とは反対の方向を振り返り、着替えが済むのを待ちました。

その間、悟はこんなことを考えていました。

「巫女に監視されている七海は、どうやって相手の男を見つけるんだ?もしかしたら俺とは別に、もう決められた男がいるんじゃ?」

と。

ここで場面が切り替わります。

図書館から先に帰っていた入江。

父親が疲労で倒れたようですが、大事には至っていませんでした。

そして、巫女である茜にこう指示。

「今すぐ巫女を全員、山の警備に向かわせてくれ。祭までに何かあったら困るから」

この時、入江の頭の中には悟の顔が思い浮かんでいました。

茜は入江の指示を聞き入れたものの、

「そろそろ桃が熟す頃かと」

と言いました。

どうやら入江の家族は、桃王母と深い関わりがあるようす。

入江は次の儀式のための子供(男)をつくり、弟である樹は七海と子供をつくる役割があるのだとか。

さらに、茜に対してこう言いました。

「相手の女は茜が適当に決めてくれ。どうせ用済みになるんだから」

と。

入江のこの言葉に、驚きの表情を浮かべる茜…。

その後、茜と分かれた入江は、他の巫女と遭遇。

その巫女は、樹にご飯を運んでいるところでした。

樹は地下の牢屋のようなところに閉じ込められており、暗い部屋で1人何か絵を描いているようです。

ここで場面は再び、悟と七海のシーンへ。

着替えを終えた七海は、悟に謝罪。

少し気まずい空気が流れ、悟はこの空気を変えようと七海に質問。

「好きな食べ物はなに?お互いのことを全然知らないから、七海のことを知っていきたい」

その時、七海は巫女の警備が近付いていることを察知。

すぐに悟を連れて、この場から離れました。

そして、この前と同じように悟の家の裏に到着。

すると七海は、

「いちご」

と呟きました。

好きな食べ物ではないけど、食べてみたい食べ物がいちごとのこと。

その後、振り返り山へ戻ろうとする七海。

しかし、七海の手を取り、悟は言いました。

「次はいつ会えますか?」

七海が言うには、次に会えるチャンスは祭の日だそうです。

祭の日は巫女も仕事があるから、山の警備が手薄になるのだとか。

そして悟は、祭の日に再び会うことを約束するのでした。

家に入ると、父親が仁王立ちでお出迎え。

悟は父親の静止を無視し、風呂場へと早足で向かっていきます。

悟の態度に溜め息をつく父親ですが、吉川夫妻の娘さんがこう言っていたことを思い出しました。

「悟くん、何か話してきませんでした?村に関すること…」

父親は、悟が何か隠し事をしていると勘付きます。

その頃。

七海は山奥にあるボロ小屋にいました。

そこにいたのは七海の母親。

「私、少し焦っちゃったみたい。でも大丈夫。私で終わらせるから」

布団で眠ったままの母親に寄り添い、七海はそう言うのでした。

〜秘密の果実4話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実4話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】5話ネタバレ

〜秘密の果実5話のネタバレここから〜

もうすぐ蟠桃祭が行われる日。

悟は七海に会いに行く約束をしていましたが、美影から半ば強引に祭に連れて行かれることに。

「次誘われたら絶対行くて言ったもんね?」

悟は美影にこう言っていたからです。

しかし、教室から1人先に出ていく入江。

入江の家族は神社を運営しており、蟠桃祭の主催でもありました。

つまり、入江は蟠桃祭の手伝いがあるということ。

  • 山の警備を行っているのは巫女
  • そして入江は神社(神主)の息子

ただ、クラスメートは入江のことを詳しく知らない様子。

「自分(悟)のことは何でも知ってるのに、入江のことを知らないなんて…」

違和感を覚える悟。

この日、悟は美影と一緒に帰ることに。

美影は悟が祭に参加してくれることが楽しみなよう。

「前回の祭の時は恥ずかしくて浴衣を着なかった。でも今年は着てみようかな…。そしたら悟、褒めてね」

いきなりのことに焦る悟でした。

そして夜。

悟は寝転びながら、蟠桃祭のスケジュールを確認しています。

  • 16時30分:受付開始
  • 17時:開会宣言
  • 17時30分:こども神輿
  • 18時30分:太鼓演舞
  • 19時30分:峰花烔村音頭
  • 20時30分:大花火
  • 21時:閉会

悟の計画では、花火が始まる前に七海のところへいき、花火が終わるまでに戻ってくる予定。

その頃、悟の父親は部屋にこもってカタカタとパソコンをいじっていました。

パソコンの下には、こんな見出しの新聞が…。

【フリーライターの男性、行方不明】

そしていよいよ祭当日。

悟の父親は悟を1人残し、

「俺もう出るから」

と言って家を出ていきました。

美影は悟から褒めてもらうため、母親から浴衣を着付けてもらうところ。

入江は部屋で、幼いころの出来事を思い出していました。

それはまだ、弟である樹が生まれて間もない頃。

入江の両親は、樹を生贄に差し出す話をしています。

「七海家(神の子)と子供を作った後、自身が生贄になる。

それが樹の役目。

長子の一成は、次の儀式となる男児をと自分と同じ役目を担う子を用意する役目。

この因習が始まった頃からの我が家の定め」

入江の父親も入江と同じく、村の外から嫁を選んでいました。

その事を知った奥さんはショックを受けましたが、入江の父親は、さらに続けて言いました。

「逃さないよ。村の秘密が外に露見したら困るからな」

その後、奥さんは村からの逃走を試みたものの、門番に見つかってしまい失敗に終わりました。

そして精神が壊れて、赤ちゃんの人形をあやす日々が続くのでした。

時間は16時45分ころ。

もうそろそろ祭が始まります。

入江家では巫女たちがバタバタと準備をしている最中。

入江は茜を呼び止め、

「頭が痛いから薬をくれ」

と言いました。

薬を飲みベッドで横になる入江。

茜も隣で看病をしてくれています。

とはいえ、巫女である茜は祭の準備や警備があります。

しかし入江は、

「茜はここにいて欲しい」

と呼び止めました。

さらに手を取り引っ張ると、ベッドに押し倒し深いキス。

そして、茜の服を脱がせ下着を外すと…

ポケットの中に隠し持っていた注射器を使い、睡眠薬を茜の背中に打ち込むのでした。

茜が眠ったスキに、ネックレスとして付けていたカギを取り、部屋を出ていく入江。

入江が向かった先は地下。

そこには入江の弟・樹が幽閉されていました。

「逃してやるよ、この村から」

母親が逃走を試みたあの日、実は樹を連れて逃げていたのです。

入江は精神が崩壊した母親を救うためもう一度、樹と峰花烔村から逃げてもらおうと計画していました。

とはいえ、2人で逃げてもらうには時間が必要。

そこで悟を利用しようと考えました。

悟は七海に会うため、祭の最中に山奥に向かうはず。

そして山の秘密を知った人間は消される。

「悟には時間稼ぎのために消えてもらおう」

〜秘密の果実5話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実5話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】2巻ネタバレ

※青文字になっている話数をタッチすると、その話のネタバレにスクロールします。

2巻
6話7話8話9話10話
11話12話

【漫画 秘密の果実】6話ネタバレ

〜秘密の果実6話のネタバレここから〜

村の門番の男2人は、入江からもらった酒を飲もうとしています。

門番は祭に参加できないため、入江が差し入れを渡した様子。

ただこのお酒には、入江が何か仕掛けを施していて…。

そして場面は切り替わり、蟠桃祭本番。

クラスメートの女子たちはみんな、浴衣姿で登場。

普段とは異なる装いに、男子たちもテンションが上がります。

遅れてやってきた美影。

慣れないためか、とても歩きづらそう。

「大丈夫?」

と手を差し出す悟。

すると、美影は足を躓かせ、その拍子に悟にもたれかかる形に…。

女子たちは微笑ましい表情で2人の様子を眺めます。

「ありがと…。どうかな…?」

と悟に尋ねる美影。

しかし悟は恥ずかしがって、

「変わった髪型してるな」

と答えてしまうのでした。

場面は切り替わり、入江の家へ。

地下の部屋から樹を連れ出した入江は、母親がいる部屋へ案内。

そして樹に、母親を連れて村から逃げるよう指示。

村の外に出れば人がいるだろうし、記憶障害の親子として保護してもらえ、と。

さらに、メモ書きとお金と道具が隠してある場所を伝え、入江は祭の会場へ向かいます。

「母さんを頼んだぞ」

と言い残し、樹の肩をポンと叩いて…。

残された樹は部屋の扉を開け、母親と対面。

母親は今でも、赤ちゃんの人形を一生懸命あやしているのでした。

祭の会場には、大勢の村民が集まっています。

悟は七海に会うため、スキを見計らって祭を抜け出す必要があるものの、この人数でスキなどあるのか?という状態。

村人全員が悟を監視しているようにも見えます。

また、クラスメートの女子・中根も誰かを探しているようでした。

とはいえ、祭はスケジュール通りに進められていきます。

各々が催し物を楽しみ、思い出を作っていきます。

ただ、悟から褒めてもらえていない美影は、テンションが少しずつ下がっている様子。

そんなことなど知らず、七海と会うことを考えている悟。

「いちごを食べさせてあげたい」

と考えており、飴無しのいちごを屋台でもらっています。

そして祭の音頭がスタート。

スマホを見てそわそわしている悟に、美影が声をかけてきました。

美影の浴衣は首元がゆるくなっており、せっかくの着付けが台無しに。

「何よ…また変だって言うの?せっかく着てきたのに…」

美影の言葉を聞いて、悟は弁明しようとしました。

すくに入江が登場。

入江の登場にクラスメートたちもビックリしています。

そして入江は、クラスメートを自分の家に案内。

「うちの敷地内だから、花火がきれいに見えるよ」

と。

その後、入江は悟に耳打ち。

「七海に会いに行くんだろ?協力するよ」

花火が始まると、悟はお腹が痛いフリをして、入江がトイレに案内します。

もちろんトイレに案内するはずもなく、山奥の洞窟へと続く階段へ案内しました。

悟も最初は入江を疑ったものの、

「早く行かないと祭が終わるよ」

とそそのかされ、足早に階段を登っていくのでした。

悟が階段を登るのを見送り、

「さようなら、水嶋くん」

と呟く入江…。

その後、入江は警備の人に電話をし、悟が山に入ったことを報告しました。

〜秘密の果実6話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実6話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】7話ネタバレ

〜秘密の果実7話のネタバレここから〜

桃の木に額を当てて、考え込んでいる七海。

「七海のことを知りたい」

と言ってくれた悟のこと、そして、

「私で終わらせる」

と母親に告げた自分のこと。

そして、膝を抱えてうずくまった時、誰かが山に入ってきたことを察知しました。

場面は切り替わり祭の会場へ。

クラスメートたちは、悟がお腹を抱えてトイレに向かったことを心配していました。

そんな時、後藤の足元に虫が…。

ビックリした後藤はその場から飛び上がり、思わずクラスメートの男子に抱きついてしまうのでした。

その様子を見て、何か思うことがある様子の中根。

一方、悟をトイレに案内した入江は、誰かに電話をしています。

「誰かが山に入っていった」

と伝えると、電話の相手はすぐに動ける人間を山に派遣。

さらに入江は続けて、

「父さんと村長にも連絡を」

と言いました。

これで入江の計画通りに事が進む…。

しかし入江は、部屋で赤ちゃんの人形を抱えながら花火を見ている母親を発見。

「まさか…」

と思い地下に向かうと、樹の靴と渡したメモ書きを発見。

しかも台所も荒らされた形跡がありました。

「あいつ、自分1人で逃げたんじゃ…」

と思い樹が幽閉された部屋に向かうと、そこには1枚の絵がありました。

ここで場面は切り替わり、七海のところに向かっている悟のシーンへ。

急ぎ足で洞窟を駆け抜け、桃の木ノ下へ。

するとそこには、誰かが七海に上乗りになり、ドスドスと何かを突き刺していました。

そして入江が手にした絵のシーンが挿入。

樹の絵は、女性の胸から血しぶきが溢れており、その周りには”コロス”という文字が大量に書かれているものでした。

また、七海に上乗りになり、ナイフを突き刺していた人物は樹。

樹の顔は、七海の返り血で赤く染まっているのでした。

〜秘密の果実7話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実7話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】8話ネタバレ

〜秘密の果実8話のネタバレここから〜

樹の手を止め、何とか七海から引き離そうとする悟。

樹も必死に抵抗しますが、悟はそれよりも七海のことが無念でなりません。

すると、七海の手がピクッと動きました。

さらに何事もなく立ち上がったのです。

「なんで…!?」

と驚きながら呟く樹。

七海は、

「それじゃ死ねない。死なせてくれない」

と言いながら制服をまくり、胸元や腹部の刺し傷をあらわにしました。

みるみるうちにふさがっていく、七海の刺し傷。

「不老不死の桃の実の力なのか…」

と悟が考えていると、樹が喚きました。

「お前のせいで俺はずっと…」

と。

その後も樹は七海にナイフを向けますが、悟が必死に静止します。

このタイミングで入江もやってきました。

入江は一目散に樹のもとに駆けつけ、上着を掴み言いました。

「勝手なことしやがって。今日が最後のチャンスだったのに」

状況が飲み込めない悟。

そんな悟に対し七海は、

「その子が私の相手」

と言いました。

その後も入江と樹は言い合いを続けます。

「お前なんかどうなったって言い!」

と言う入江。

「そんなの知らない。母さんのためとか関係ない!」

と言う樹。

とはいえ、入江の方が歳上ということもあり、先に落ち着きを取り戻します。

そしてこの場を離れようとするのですが、樹が先に1人で走ってどこかに行ってしまいました。

樹を追いかけるようにして、七海と悟も桃の木から去ります。

帰りの道中で、悟は七海家と入江家の関係を尋ねました。

「私の相手は彼ら一族の人間でないといけない。桃王母が恋をした相手が入江家の人間だったから」

そう答える七海。

しかし入江家の先祖は桃王母を裏切る行為をしていたのです。

彼の裏切りに憤りを覚えた桃王母は、復習として彼を食い殺しました、

以降、七海家と入江家には深い関係が結ばれることに。

「七海家の子孫は、生まれた男の子を食い殺す」

それが七海の役目。

そんな話をしていると、いつものように悟の家の裏に到着しました。

七海は足早に戻っていこうとしましたが、悟は呼び止めます。

「何であの時、俺に…」

と尋ねる悟に対し、七海は言いました。

「入江家の人間じゃなければ誰でもよかった。悟のことを利用しただけ」

と。

そして、私のことは忘れてと言いながら、山奥へと戻っていくのでした。

〜秘密の果実8話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実8話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】9話ネタバレ

〜秘密の果実9話のネタバレここから〜

睡眠薬を打たれ眠っていた茜が目を覚ますと、胸につけていた鍵が無くなっていることに気付きます。

ちょうどその頃、祭のフィナーレである花火大会も終わり。

村民は最後の花火が上がる時、目を閉じ両手で何か祈るような形を作っていました。

クラスメートたちも、入江が案内してくれた場所から帰ろうとしています。

ただ、まだ悟と入江が戻ってきていません。

美影が探しに行こうとするものの、

「巫女に怒られるよ!入江も一緒にいるんだから大丈夫でしょ」

と静止され、行くのを止めました。

そんな中、中根が1人で先に動き出しました。

「かんざしを落としたから探しに行く」

と。

そして、中根が向かったのは、担任の先生のところ。

髪の毛を直し先生の前に立つと、耳元で何か告げ口。

先生は表情が一変し、目付きが鋭くなるのでした。

場面は切り替わり、村民が侵入者(悟)を探そうとしているシーンに。

未だに侵入者の情報が入ってこず、苛立っている村民たち。

「村の外に人間を移住させたのがまずかったのでは?」

と声も上がっています。

どうやら、村長の奥さんの存在も、水嶋家の移住に一役かっていた様子。

というのも村長の奥さんは、小説家である悟の父親のファン。

さらに、悟の父親が直接、村役場に電話で相談をしたのだそうです。

しかも村役場の電話番号が非公開。

つまり、悟の父親は自力で電話番号を突き止めたということ。

とはいえ、村の秘密を暴くつもりなら、村民たちに消されてしまいます。

しかし、確証がなければ消すことはできません。

そこで村民の1人が提案をします。

「これから水嶋家に行く。祭が終わっているのに家に人がいなければ、山の侵入者は悟ということになる」

と。

ここで場面は切り替わり、悟と七海のシーンに。

悟のことを送り届けた七海は、再び山奥に戻ろうとします。

ですが悟は、後ろから七海を抱き寄せ言いました。

「俺がなんとかする。宿命は俺が変えてみせる」

しかしそんな時、2人の目には悟の家に向かう村民の姿が入ってきました。

家の呼び鈴がなり、対応する悟の父親。

悟も急いで家へ向かっていますが、このままじゃ間に合わなそう。

七海は悟が走り去っていくのを見届けると、クスッと不気味な笑みを浮かべました。

悟の父親は、悟がいないことを誤魔化そうと、

「体調が悪くて寝ている。今日は引き取ってくれ」

と言いました。

しかし村民は父親の言葉を無視し、勝手に家に上がり込みます。

そして部屋のふすまを開けると…

〜秘密の果実9話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実9話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】10話ネタバレ

〜秘密の果実10話のネタバレここから〜

村民が開けたふすまは、居間のものでした。

当然そこに悟はいるはずもなく。

そして、巫女が悟の部屋のふすまを開けると、布団で横になっている悟の姿が。

「まさか本当にいるとは…」

という表情になる村民たち。

とはいえ、悟のアリバイが立証されたたため、存在を消すことはできません。

結果、村民たちは何もせず、水嶋家から引き上げていきました。

ただ帰りの道中、村民の1人・仲村は”ある事”に気付きます。

「水嶋家には裏口があったな。あの裏口は山に繋がっている」

と。

ただ、この短時間で山から戻ってくることは、山を熟知していないと不可能とし、そのまま引き上げていくのでした。

間一髪のところで家に戻ることができ、事なきを得た悟。

ですが、父親から事の詳細の説明を求められました。

悟は血で赤く染まったTシャツ姿のまま、父親にこれまでの出来事を説明します。

  • 山奥の泉で七海と出会ったこと
  • 峰花炯村の女性が長生きなのは七海家のおかげ
  • 因習によって入江家が生贄を差し出している

などなど。

そして悟は、因習を辞めさせたいと考えていました。

「バレたらたたじゃ済まない」

と呟きながらも、父親は悟に過去の新聞を見せました。

それは、

【フリーライター行方不明】

という見出しの、あの新聞。

新聞によると、行方不明になったフリーライターの男性は、ゲスいことでも何でも記事にすることで有名なライターだったとのこと。

父親が調べたところ、この男性が行方不明になったのは4年前。

そして、峰花炯村と関係があると考えていました。

その理由は、水嶋家が峰花炯村に引っ越してきた翌日のこと。

村民たちと談笑した後、悟の父親は、彼らがこんな話をしているのを耳にしました。

「あの男、あいつの関係者だったりしねぇのかな」

あいつとは、行方不明になったフリーライターの男性のこと。

つまり、このフリーライターの男性は、峰花炯村のことを追いかけたことで行方不明になったのです。

悟がこんなことにならないよう、父親は警告しました。

すると、悟は父親に尋ねました。

「何でこんな村に引っ越そうとしたんだ?」

と。

父親はポケットから1枚の写真を取り出し、悟に見せます。

その写真は母親がまだ学生だった時のもの。

後ろの掲示板には、峰花炯村 掲示板という文字が。

父親いわく、母親は弟と2人で幼い頃から施設で育ち、故郷も思い出もないと話していたそうです。

父親も独自に調べ続けたものの、峰花炯村の情報は一切出てこず。

そこで、実際に村に行くのが手っ取り早いと考え、峰花炯村への引っ越しを考えたのです。

父親の身勝手な行動に腹を立てる悟。

ですが、七海を救いたい、七海の運命を変えたいという覚悟は揺らぎません。

「親父にも協力して欲しい」

悟は親権な眼差しで父親に言いました。

そして、父親もすんなり了承。

ただ今後は、行動に細心の注意を払う必要があります。

そのため、しばらくは山に行くのを控え、七海にも会わない方がいいと。

そこで悟は、高校の図書館から借りてきた本を読み、自力で峰花炯村のことを調べることに…。

一方その頃。

入江家はトラブルが起きていました。

樹がいなくなっており、茜も警備を怠っており。

フラフラの足取りで入江家の父親の前に立つと、

「樹に情が移ってしまい、逃してしまった」

と嘘の報告をしました。

入江が止めに入ろうとするものの、茜がそれを静止するのでした。

よく朝。

悟は本を読み漁ったせいもあり、なんだかぼーっとした目覚め。

ただ、役立ちそうな情報はあまり得られませんでした。

そんな時、家の裏からドサッという物音が。

裏口を開けて外を見てみると、そこには樹の姿があるのでした。

〜秘密の果実10話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実10話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】11話ネタバレ

〜秘密の果実11話のネタバレここから〜

父親が寝ている中、悟は樹を家に上げました。

身なりはボロボロ、お腹もグゥグゥ鳴っています。

そこで悟は樹にシャワーを貸し、さらにご飯も与えました。

樹は警戒していますが、悟は七海との経緯をいったん横に置き、

「二度とあんなことするなよ」

と釘を差しました。

その後、悟は学校に向かおうとします。

ですが樹はまだ食べ足りないようで、おかわりを求めてきました。

仕方なくお菓子を渡し、

「俺が戻ってくるまでここから出るなよ」

と言い、樹を押入れに入れました。

朝からてんやわんやし、ようやく学校に登校。

花火の途中で抜け出し、最後まで結局クラスメートと合流しなかったので、みんなから心配されます。

そんな中、悟は入江の姿を見つけると、クラスメートの輪を抜け入江のもとに向かいます。

「話がある」

と言い、2人でトイレへ。

そこで悟は入江に言いました。

  • 七海家と入江家の関係
  • 七海を因習から解放したい
  • 入江の協力が欲しい

ということ。

ただ入江は、悟の話に否定的。

「因習を終わらせられるなら、とっくにしている。それが出来ないから何百年もこの因習が続いているんだ」

そう言い残すと、入江は先にトイレを去っていきました。

そして授業中。

みんな平然と授業を受けていますが、中根の視線は入江と悟に向いている様子。

授業が終わると、中根はみんなにキーホルダーを配りました。

「祭でおじさんが売ってたんだけど、余っちゃったから」

中根が配った色と相手は、

  • 美影→黄色
  • 後藤→ピンク
  • 辻→オレンジ
  • 田中→茶色
  • 杉尾→緑
  • 悟→黒

です。

入江の分は後藤に渡し、

「後藤ちゃんが渡しておいて」

と告げました。

その後、悟も含めクラスメートみんなでカバンにキーホルダーを付けることに。

中根は横目で、悟がキーホルダーを付ける様子を見ていました。

放課後。

悟は入江に声をかけ、自分の家に来るよう誘いました。

そして悟の家に行くと、押入れの中にちゃんと樹がいました。

ですが入江は、樹を連れて帰ろうとせず、

「悟の家で保護しておいてくれ」

と言いました。

そんな時、入江の携帯に父親から電話。

入江は電話に出なかったものの、

「樹が逃げたことを父さんは村長に隠している。バレたら糾弾されるから」

と悟に説明。

さらに、樹がこのまま見つからなかったら、樹の代わりに自分が生贄に差し出されるとのこと。

ただ、悟に協力的な姿勢を見せました。

「生きているうちは協力する」

と言い、入江は帰っていくのでした。

一方その頃。

学校のとある部屋では、担任の先生がイヤホンで悟と入江のやり取りを盗聴していました。

そう…

中根が配ったあのキーホルダーには、盗聴器が仕込まれていたのです。

〜秘密の果実11話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実11話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】12話ネタバレ

〜秘密の果実12話のネタバレここから〜

担任の先生は中根に「悟の監視」を依頼していました。

「おかしなところがあったら、すぐに教えて欲しい」

と。

中根は疑問を抱いたものの、先生から、

「中根さんにしか頼めない」

と言われ、顔を赤くしながら依頼を承諾。

それから中根は先生に言われた通り、毎日悟のことを監視しました。

ただ、やっぱり理由が気になるところ。

悟も警戒心を持ち始めていたため、中根は、

「悟と先生が何か話をしたのでは?」

と思っていました。

教室でそのことを打ち明けた中根は、先生に抱きつき好意があることを伝えました。

中根の告白に、先生はこう答えます。

「嬉しいけど、大切な人だからこそ話せないことってあるでしょ?だからこのまま、何も聞かずに協力してくれないかな?」

そして先生は中根に深いキスをして…。

これがキッカケで中根は、ボイスレコーダー入りのキーホルダーを悟に渡したのです。

場面は切り替わり悟の家へ。

悟の父親が帰宅し、悟は樹が家にやってきた経緯を説明。

話し合いの結果、樹の隠れ場所は、悟の部屋の押し入れになりました。

樹もそのことに承諾。

「狭いところでずっと1人だったから慣れてる」

と言って。

とはいえ、まだ12歳の男の子。

いざ押し入れの扉を閉めようとすると、どこか寂しそうな表情に。

そこで悟は、

「こっちで寝る?」

と声をかけ、布団を横に並べて一緒に寝ることにしました。

樹は一気に表情が明るくなり、悟とまるで本当の兄弟のように過ごします。

翌朝。

悟が教室に入ると、入江から声をかけられました。

「本の続きが読みたいから、後で家に行っていい?」

と。

そして放課後。

約束通り入江が悟の家にやってきました。

話の内容は、村の因習について、

入江いわく、クラスのみんなは村の因習について何も知らないとのこと。

また、村民の共通認識として、

  • 山の中に神が住んでいる
  • 山の中には入っていけない
  • 儀式によって長寿が成り立っていること

というものがありました。

話を聞いた悟は、

「桃の木をなくすことができれば…」

と考えるものの、入江が、

「それはできない」

と即答。

桃の木をなくすことができるなら、とっくにやっているはず。

ですが、それができなかったから、今でも因習が成り立っているのです。

するといきなり、樹が声を発しました。

「今回の桃は熟すのがすごく早いって!」

その後、悟が入江に質問します。

「なんで樹を逃したのか?」

入江は隠すことなく、樹を逃した理由を話します。

  • 母は事情を聞かされず村に連れてこられた
  • 入江家は絶対に男の子を産まなければならない
  • 事情を知った母親は心が壊れた
  • 樹と母親が一緒に逃げれば、心が戻ると思った

という理由でした。

入江の話を聞いた悟は、自分の母親が峰花炯村の出身であることを告白しました。

それを聞いた瞬間、入江の表情が青ざめました。

今度は入江が悟に質問をすると、悟の母親の旧姓は「木村」であることが発覚。

そして、クラスの担任の名前も「木村」だったのです…!

〜秘密の果実12話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実12話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】3巻ネタバレ

※青文字になっている話数をタッチすると、その話のネタバレにスクロールします。

3巻
13話14話15話16話17話
18話19話

【漫画 秘密の果実】13話ネタバレ

〜秘密の果実13話のネタバレここから〜

ある女性との事を終えて、服を着始める木村先生。

木村先生の背中には、子供の頃に受けた虐待の傷が残っています。

しかもその傷は、

「村を出ていった裏切り者のお姉さんのせい」

で、村人たちから付けられた傷のよう。

場面は切り替わり、悟の家へ。

食事をしながら悟は父親から、母親が亡くなった原因を聞いています。

母親や事故で亡くなったと言われていますが、果たして本当に事故なのか…?

そして夜。

悟と樹は一緒の部屋で寝ています。

樹がぐっすり眠る中、悟は七海を救う方法を考えていました、

ただ一つの疑問も。

「桃を食べたら不老不死になるはずなのに、なぜ相手の男は食べられて死んでしまうのか?」

と。

悟は桃の木を直接調べたいと思うものの、今は行けないと考え、行動することを自重しました。

場面は入江のシーンへ。

入江は監視の目をかいくぐり、幽閉されている茜のもとへ辿り着きました。

入江は茜に謝罪し、さらに、

「あの時言ったこと(好きと言ったこと)は、騙すための嘘じゃないから」

と言い、さらに奥に進んでいきます。

入江が向かったのは、地下にある資料室。

資料室には大量のファイルがあり、入江はその中から「脱走者リスト」というファイルを手に取りました。

パラパラとページをめくると、「☓済」と書かれている1枚のページを発見。

日付は4年前。

そのページには悟の母親「木村 多恵子」が消された事実が記されていたのです。

しかも実行犯は…

〜秘密の果実13話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実13話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】14話ネタバレ

〜秘密の果実14話のネタバレここから〜

幼少期の木村先生(本名:木村隆二)の回想から、物語は始まります。

隆二は絵を書くことが好きで、書いた絵は姉が良く褒めてくれました。

しかし母親は、隆二が書いた絵を足でどかしています。

母親の行動を見て、冷たい表情になる姉。

そして隆二は、そんな姉の冷たい表情が嫌いでした。

隆二が好きなのは、姉の笑顔。

「笑ってる姉さんが好き。姉さんがこの村で笑えないなら、村から出たとしても恨んだりしない」

しかし姉・多恵子が逃げたことは、村で大問題に。

隆二の家には石が投げられ、割れたガラスの向こうから村民の鋭い視線が飛んできます。

隆二はその視線に恐怖を覚えます。

「姉さんが幸せに過ごしているなら、僕はどんな仕打ちでも耐えられる」

それから月日は流れ、隆二は高校教師になりました。

ある日。

隆二が図書館に入ると、見知らぬ男が本を物色していました。

村民ではない様子。

男を捕まえることは出来なかったものの、隆二は男のカバンを奪い取ることに成功。

カバンにはメモ帳が入っており、メモ帳には姉の名前が書かれていました。

  • 木村多恵子は結婚して「水嶋」という名字になっている。
  • 警察は事故死扱いしたものの、本当は自殺なのでは?
  • 多恵子が自殺した原因は、水嶋の女癖の悪さなのでは?

ということが書かれています。

メモ書きを目にした隆二は、水嶋豊という人物が姉・多恵子を奪ったと思い、復讐心を抱くことに。

「こいつ(水嶋豊)が、この村が、僕の姉さんを奪った」

後日。

隆二は一本の電話を取りました。

電話の相手はなんと、水嶋豊。

多恵子を奪った相手です。

豊はミステリー小説を書いている、と自己紹介をしました。

そして豊は、村に移住したい旨を隆二に伝えたのです。

「こんな偶然があるとは。絶対にこの村に呼び寄せ、僕の手で…」

〜秘密の果実14話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実14話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】15話ネタバレ

〜秘密の果実15話のネタバレここから〜

木村先生に呼び出される悟。

どうやら放課後に話があるようです。

その様子を見ていた入江は、図書室で待ってるから、と伝えました。

迎えた放課後。

悟が木村先生のところに向かおうとすると、美影が声をかけてきました。

「急に入江と仲良くなったよね。あいつとは関わらない方がいいよ」

意味深な言葉を述べる美影。

急いでいる悟は意味が気になりながらも、足早に木村先生のもとへ向かいました。

1人残された美影は、こう呟くのでした。

「村の秘密の関わる人間に近づきすぎたら危ないよ」

木村先生が待つ美術準備室に到着した悟。

しかし入った瞬間後ろから殴られ、口をガムテープで塞がれてしまいました。

手足も縛られ身動きが取れなくなった悟に対し、木村先生は淡々と話し始めました。

  • 悟と父親(豊)がそっくり
  • 今夜、村長たちが水島家を調べに行く
  • お父さんと入江、樹(入江の弟)も殺そうか

という内容でした。

悟への疑いが晴れていないということで今夜、村長たちが悟の家を調べに行くよう。

となると、樹をかくまっていることがバレてしまいます。

さらに木村先生は中根を使って盗聴器を仕掛けたことや、見張りをつけていたことなども告白。

そして悟の父親・豊や入江、樹たちを殺してやろうと考えていたのです。

「ことが全部終わったら、君の掟破りの罪は僕が被ってあげるから」

そう言って木村先生は美術準備室から出ていこうとするのですが…

扉を開けると、何者かがそこに立っているのでした。

〜秘密の果実15話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実15話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】16話ネタバレ

〜秘密の果実16話のネタバレここから〜

美術準備室の外にいたのは、入江でした。

入江は携帯電話を右手に持っていたものの、盗み聞きはしていないと弁明。

「さっきまで図書室にいたけど、居づらくなったから…」

とのこと。

そして美術室の前で悟を待っていたら、中からすごい物音がした、と話しました。

入江が携帯電話を持っていた理由は、なにかあったらすぐ父親に電話をするため。

木村先生は何も言いません。

入江はそのまま美術準備室に入り、悟の口に貼られていたガムテープを取りました。

すると突然、悟が大きな声で尋ねます。

「なぜそんなに父親のことを憎むのか?」

と。

木村先生は話しました。

悟の父親・豊の女癖の悪さや、それが理由で姉が自殺したこと。

さらに木村先生は、姉が自殺した事件の真相が書かれている手帳を出しました。

その手帳は4年前、村に忍び込んだ男が豊のことを調べていた時に使っていたもの。

しかし入江が口を割りました。

「悟の母親は事故死でも自殺でもない」

そして1枚の紙を木村先生に渡しました。

その紙には母親の顔写真と名前、そして名前の上に「☓済」と書かれていました。

入江いわく悟の母親(木村先生の姉)は、事故に見せかけて消されたとのこと。

村の外の拠点に物資の仕入れに行った人物が偶然、母親を見つけて。

つまり殺人ということ。

しかもこの時、仕入れに行った人物が…

なんと美影の祖父。

〜秘密の果実16話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実16話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】17話ネタバレ

〜秘密の果実17話のネタバレここから〜

「姉さん(多恵子)を手に掛けたのは、美影の祖父」

と木村先生が話している頃。

美影の祖父はこれから会合に向かうところでした。

会合の議題は、水嶋の件を決着するためのもの。

美影は一瞬驚いた表情になりつつ、すぐさま笑顔で祖父を見送りました。

ここから美影の回想がはじまります。

村役場から出てきた美影は、聡兄ちゃんと遭遇。

聡は娘・えみちゃんを抱えています。

奥さんの律子は家で休んでいるとのこと。

しかし美影は、聡を律子に取られたと思っており、にこやかな笑顔の裏に黒い影が見え隠れしています。

後日。

美影のもとに祖父から報告が入りました。

水嶋悟は山に入った”かも”しれない、と。

あくまでも可能性があるだけですが、美影は祖父から悟の監視を頼まれました。

悟が山に入ったという確証を得るために。

その翌日。

この日、悟が転校生として美影の教室にやってきました。

すると想像以上の好青年ぶりに美影はビックリ!

”男”って感じがする、背も高いし運動神経も良さそう。

けど…

顔も声も体型も全部、聡に似てる。

聡と悟が重なって見えた美影は、一瞬にして悟に一目惚れ。

悟が山に入ったなんて信じられない、何かの間違いだと思うようになりました。

しかし…

自己紹介をした時、村のみんなも悟のこと知ってるよと言ってしまい、悟はギョッとした表情に。

そして1人で先に帰っていくのでした。

「私たちが知ってたら何かまずいことでもあるの?」

と感じた美影。

クラスメートたちも、悟が警戒心を抱いていることに気付いていました。

しかし、山に誰かが入ったことを知っているのは、クラスで美影と入江だけ。

その後。

美影は悟と仲良くしたい一心で、必死に悟に話しかけました。

そのおかげで何とか、名前を呼んでもらうことができました。

ただ美影は、悟が山に入っていないという確証を欲しがるのでした。

とはいえ、悟が山に入ったというのは事実。

そして祭りの日、悟が山から脱出する様子をクラスメートたちと見てしまうことに…。

しかもこの日以降、悟と入江が仲良くなったことに、美影は不安を覚えました。

「もしかさいて悟は入江に山に入ったことを気付かれていないか探るため、入江は悟が山に入った証拠を掴むため、探り合いで仲良くしている?」

と推測。

このことを危険を判断した美影は、悟と入江の距離を離そうとしました。

入江とは関わらない方がいい、と言って。

また美影は、悟が消されることを何としても防ごうとします。

「村の掟を破るのは許せないけど、好きだから。私が守らなきゃ。」

そう決意した美影は、祖父にごめんと言うのでした。

場面は変わり美術室。

木村先生は悟の縄を解き、解放しました。

村への復讐もしないと言います。

その代わり悟も、今日聞いたことは絶対誰にも言わないと約束。

「このことを村長が知ったら、先生がこの村で生きていけなくなる。そんなの母さんは望まない」

その後、悟は入江からケータイを受け取ろうとします。

するとこのタイミングで木村先生はレコーダーのスイッチを入れ、

「水嶋くんこそ大丈夫なの?」

と尋ねました。

悟の回答はこうです。

「美影の祖父を殺したいと思わないわけじゃないけど、殺したら美影が同じ思いをする。復讐したところで母さんは帰ってこない」

そう言って悟は美術室を出ていくのでした。

〜秘密の果実17話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実17話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】18話ネタバレ

〜秘密の果実18話のネタバレここから〜

美術室を後にした悟と入江は、全速力で帰宅しています。

「村長たちが今日家に来るんなら、樹のこと何とかしないと…」

ただ、母親のことは父親に話さないと決めていました。

そして玄関の扉を開けると…

父親と包丁を持った樹が出迎えました。

どうやら村長たちは、まだ来ていない様子。

しかし悟は樹に言いました。

「危ないから包丁は使うな」

と。

ただ父親に今日の夜…と話しかけると、父親は「えっ!?」と大声を出しました。

すると樹は驚いた拍子に包丁で指を切ってしまいました。

入江は絆創膏を貼ろうとするものの、樹はそれを拒否。

その後、悟が絆創膏を探しに行きます。

悟が絆創膏を探している間、父親と入江は今夜の件について話し合い。

「村長たちが来たら僕がアリバイを説明します」

と提案する入江。

樹はじっと自分の手を見つめており、何か変化に気付いた様子。

そして悟が戻ってくると、こう言いました。

「もう平気」

なんと、樹の切り傷は自然と塞がったのです。

唖然とする悟。

すると次の瞬間。

玄関のチャイムが鳴りました。

家にやって来たのは村長ではなく美影。

美影は話があると言い悟を連れ出しました。

悟の父親はバタバタと居間まで走り、可愛い子(美影)が悟に話があると言って出ていったと報告。

「なんでアイツが…?」

と入江は考えました。

その頃。

2人きりになった悟と美影。

美影は率直に悟に問いかけました。

「祭の日に山に入ったのって悟なの?」

悟は正直に言うことができません。

しかし美影は続けて言いました。

「もし悟が犯人なら証拠になりそうなものは今のうちに片付けて欲しい。もし悟が犯人なら、このままだと危ない」

と。

それを聞いた悟は、ありがとうと言いました。

そして自分が山に入ったことを正直に告白。

さらに神様(七海)に会ったことも伝えました。

「山で道に迷った男と恋に落ちた。やっぱりこれって…また取られちゃうの?」

と考えた美影は悟に”好きだ”と想いを伝えます。

いきなりの告白に焦る悟ですが、自分が好きなのは七海だと言いました。

堂々と想いを話す悟を見て、美影は悟への想いを諦めます。

しかしこんなことを聞きました。

「美人なの?でも神様って血が青かったりするんじゃない?」

美人だけど血は普通に赤…と呟くと、以前の出来事を思い返しました。

七海の身体の傷がみるみるうちに治ったこど、樹の指も同じように治ったこと。

もしかしたら樹は、口の中に入った返り血を飲んだんじゃ?と悟は推測。

「不老不死の力。つまり神様の力の源は血」

そう推測した悟はもしかしたら、七海の血なら”あの桃の木”を倒せるのではないか?と考えるのでした。

〜秘密の果実18話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実18話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】19話ネタバレ

〜秘密の果実19話のネタバレここから〜

「樹の傷が治ったのは、七海の返り血を浴びた時にその血が口の中に入ったから。不老不死の力が神様の血にあって、血の力の方が桃が持つ力より強いなら…」

七海なら桃の木を…と考える悟。

一方の七海は、布団で眠っている母親に話しかけています。

大事にしてた服をボロボロにしてしまった、大切な人からもらった大事な服。

その服には”木村多恵子”という名前が書かれていました。

そして胸をぎゅっと握り、悟に会いたいと呟くのですが…

次の瞬間、1人の女性が七海の耳元で囁きました。

「誰それ?あなたの相手は決まっているでしょ?」

すると七海の周りが闇に包まれ、その女性の過去の記憶が映し出されます。

その女性はある日、1人の男性と出会いました。

男性は女性を1人にしないよう、ずっと側にいると約束。

後日。

女性は男性に桃の果実を渡しました。

「この桃は私の力で育ったもの、食べれば身体が老いなくなる」

と言って。

本当にいいの?と尋ねる男性に対し女性は、いいのと一言。

そして2人の間には可愛い女の子が生まれました。

しかし…

男性は女性ではなく娘を優先して可愛がるようになりました。

このことに不満を持った女性。

「あの子が私のあの人を奪った」

と言います。

そして女性は自分以外に取られないよう、男性を自分の身体の一部にしてしまったのです。

これでずっと一緒、私だけのあの人。

しかし罰は与えなければならないと思っていました。

「自分だって罰を受けた。人間に桃を与えたばかりか殺めてしまったという二つの罪。力を無くし体はあの木と同化した」

「あの子にも、あの子の子供も、その子供も延々に何度だって同じ罪を与え続ける」

と話す女性。

そして七海の目を舐めると、こう言い残して消えていきました。

「あなたの血、濃くてよかった。この瞬間から出てこられてよかった」

この瞬間とは、熟したということ。

言葉を聞いた七海はその場を立ち上がり、どこかへと向かうのでした。

場面は変わり悟の家。

悟は家を出ようとしています。

するといきなり大きな地響きが発生。

地響きから何かを察知した入江は悟に、行けと言いました。

「今のは山からの合図。あの桃が熟したんだ!」

入江は自分は山の警備を何とかすると言い、悟の背中を後押し。

美影も祖父の説得を試みるといい、悟をフォローすることに、

そして悟は裏庭から山へと登っていきます。

その様子を監視している村人がいましたが、木村先生が村人の首を締め失神させます。

「甥っ子の邪魔はさせませんよ。あとは村長たちを待つのみ。がんばってよ悟くん」

〜秘密の果実19話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実19話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】4巻ネタバレ

※青文字になっている話数をタッチすると、その話のネタバレにスクロールします。

4巻
20話21話

【漫画 秘密の果実】20話ネタバレ

〜秘密の果実20話のネタバレここから〜

村人の1人の携帯に、吉川のおばちゃんから電話が。

しかし折り返しても繋がりません。

「桃の合図があった。水嶋の件は早いとこ終わらせるぞ」

と言われ、歩いていきます。

その頃。

悟は七海のところへ全力疾走。

七海から”こっち”と呼ばれているような感覚があり、迷わず泉へ向かうことができました。

そして手に斧を持ち、七海のもとへ一歩ずつ近づきます。

しかし七海の様子がどこかおかしい…。

「木を倒す方法を見つけた!七海さんの血…」

と説明しようとすると、七海がおもむろに悟の首へ手を伸ばしてきました。

「させない。お前邪魔」

と言い、女子とは思えない力強さで悟の首を締めます。

呼吸困難に陥り、意識が薄れていく悟。

目の前が真っ暗になり、七海の両手だけが見えている状態。

「この夢、前にも見た…」

暗闇の中に少しずつ浮かび上がる七海の表情。

するろ七海の目からは涙が溢れていました。

表情も切なそう。

悟は意識を取り戻し、七海の肩へ手を伸ばし言いました。

「泣かないで。大丈夫だから」

七海は始めこそ気持ち悪いと言ったものの、初めて悟に抱きしめられた時のことを思い出し、我に返りました。

「悟くん…」

と。

名前を呼ばれた悟も、七海が我に返ったことに気づきます。

しかし次の瞬間。

七海は大声で「早く!私が私じゃなくなる前に、方法を教えて」と言いました。

そして悟は桃の木を倒す方法を説明。

ただこの方法だと、七海自身も傷付いてしまいます。

すると七海は悟から斧を受け取り、自らの首を切りつけました。

首から吹き出るおびただしい量の血。

斧にもびっしり七海の血がついています。

「お願い、終わらせて」

そう言って七海は、血のついた斧を悟に渡すのでした。

〜秘密の果実20話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実20話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】21話ネタバレ

〜秘密の果実21話のネタバレここから〜

「お願い、終わらせて」

七海は斧で自ら首を切り、血のついた斧を悟に手渡します。

その頃。

木村先生は道中で村長たちを待っていました。

村長たちが悟の家で物騒なことを起こさぬよう、止めるために。

「なぜ分かった?」と尋ねる村長。

「寝室ベッドしたのコンセント」と答える木村先生。

村長は何か考えるように無言になりました。

場面は変わり入江と美影のシーン。

先に口を開いたのは美影。

「因習のことを1人で抱え込んでいたのはなんで?」

と尋ねました。

しかし入江は言えるわけがないと言います。

自分の考え方は村では異端、純粋に生きてきたヤツらに言ったところで…と。

入江の言葉に美影は反論。

「私たちのことバカだと思ってるでしょ?純粋に生きてきた私だっておかしいって思ってる」

と。

村長や祖父など年寄りが長生きするために誰かが犠牲になるなら、そんなの全然幸せとは思えないと言います。

しかし…

美影がこのような考え方に至ったのは悟の影響だと、入江は断言。

ただ入江も美影と同じく、悟の影響で因習をどうにかしたいと思うようになりました。

そんな話をしていると家に美影の祖父がやってきました。

さらに山からは大きな地響きが。

村の人々は不安そうな表情で山を見つめます。

一方そのころ。

悟は七海から受け取った斧で、必死に木を倒そうとしていました。

木が傷つくにつれ、七海の傷も遅くなっています。

そんな中、七海は自身の中にいる長髪の女性に質問。

「娘が彼を奪っていったって言っていたけど、本当にそうだった?」

「その時の娘の顔は覚えてる?」

「本当に父親を誘惑するような顔をしていた?」

彼女は覚えていないと言います。

その後、七海は淡々と語り続けました。

「奪ったのではなくて奪われた。あなたに抱きしめて、救って欲しかった。お母さんに」

この言葉を聞いた女性は怒鳴り声をあげ、あの人と一緒にさえいられれば、母親になんてなりたくなかった…と言いました。

しかし次の瞬間。

笑顔の赤ちゃんが女性の手をつかむと、女性もつられて笑顔に。

そして幸せそうな表情で消えていくのでした。

首の傷がふさがった七海は悟のもとへ向かいます。

「私はもう大丈夫。だから終わらせよう、一緒に」

悟と七海は2人で木を倒すのでした。

〜秘密の果実21話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実21話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

【漫画 秘密の果実】22話ネタバレ

〜秘密の果実22話のネタバレここから〜

桃の木を完全に切り倒した悟と七海。

七海の目からは涙がこぼれます。

すると次の瞬間。

桃の木から無数の根が伸び、周囲の壁に絡みつきました。

次第に崩れていく壁面。

「逃げよう!」

悟は七海の手を取り逃げようとしますが、洞窟は今にも崩れ落ちそうで、中に入ることができません。

一方そのころ。

地震の衝撃で倒れていた入江と美影。

桃の木を倒す影響により、大きな地震が発生したよう。

地震がおさまり立ち上がる2人。

家の中からは豊と樹が出てきました。

そんな中、入江は母親の安否が気になります。

「母さん…。桐山と弟のことお願いします!」

そう言い残し入江は家に向かって走り出しました。

樹も入江を追いかけるのでした。

家に到着すると巫女たちが外に避難している最中。

茜の姿もあります。

「茜!よかった無事で…。母さんは?」

と問いかけると茜は、あちらにいると告げました。

母親の姿を見つけた入江は自分ではなく、樹に行ってこいと言いました。

樹は入江に言われるがまま母親のもとへ行き、話をします。

しかしその後。

「かずくん」

母親は入江の名前を呼び、顔を撫でながら謝罪の気持ちを伝えるのでした。

すると茂みからボロボロになった悟が現れます。

七海の存在を尋ねる入江に対し悟は、

「大丈夫。絶対」

と呟きました。

時は少しさかのぼります。

洞窟に駆け込もうとした悟と七海でしたが、落下してきた岩により分断されました。

その後も落下してくる瓦礫。

「行って、悟くん。悟くんに会えてよかった」

七海は笑顔で言いました。

悟は七海に言われた通り、1人で洞窟を走り抜けていきます。

七海の血があれば死ぬことはない、と信じて。

ただ、七海は落下してきた瓦礫の下敷きに…。

一方、樹の額には傷ができています。

しかし今までのように治りません。

そして村人たちは山を見上げ呆然としているのでした。

〜秘密の果実22話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実22話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

 

【漫画 秘密の果実】最終回23話ネタバレ

〜秘密の果実 最終回23話のネタバレここから〜

※配信後更新

〜秘密の果実 最終回23話のネタバレここまで〜

以上が秘密の果実 最終回23話のネタバレです。

ネタバレ目次に戻る

秘密の果実の漫画をお得に読む方法をチェックする

 

【漫画】秘密の果実の漫画をお得に読む方法

U-NEXTというサービスを活用すれば、秘密の果実を600円お得に読むことができます。

U-NEXTで秘密の果実をお得に読む

U-NEXTは動画や電子書籍の配信サイトで、業界トップクラスの規模を誇ります。

そして、無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

このポイントを使えば、秘密の果実を600円お得に読むことができますよ!

※秘密の果実の配信価格は627円です。

\31日間無料お試し期間あり/

U−NEXTで秘密の果実を読んでみる

上述しているように、U-NEXTには31日間のお試し期間があります。

無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらに31日間の無料お試し期間があるのは魅力的ですよね。

31日以内に解約すれば費用は一切かかりません。

完全無料で18万本以上の動画を楽しむことができます。

なので安心してU-NEXTをご活用ください。

【漫画 秘密の果実】1話〜最新話の全話・全巻ネタバレまとめ

下記の青文字をタッチすると、その話のネタバレをチェックできます。

1巻
1話2話3話4話5話
2巻
6話7話8話9話10話
11話12話
3巻
13話14話15話16話17話
18話19話
4巻
20話21話

コメント

タイトルとURLをコピーしました