【漫画 終末のハーレム】第一部最終回12巻85話までの全話・全巻ネタバレまとめ

「終末のハーレム」第1巻1話〜最終回12巻85話までの全巻・全話ネタバレをまとめました。

「終末のハーレム」は少年ジャンプ+にて配信されており、全12巻・85話をもって最終回完結を迎えました。

さらにアニメ化も決定しています。

アニメが放送される前に、改めて「終末のハーレム」の内容をおさらいしておきましょう!

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで終末のハーレムをお得に読んでみる

【漫画 終末のハーレム】第一部最終回12巻85話までの全話・全巻ネタバレまとめ

下記の青文字をタッチすると、その巻や話のネタバレを詳しくチェックできます。

1巻
1話2話3話4話
5話6話
2巻
7話8話9話10話
11話12話13話14話
3巻
15話16話17話18話
19話20話21話
4巻
22話23話24話25話
26話27話28話
5巻
29話30話31話32話
33話34話
6巻
35話36話37話38話
39話40話41話
7巻
42話43話44話45話
46話47話48話
8巻
49話50話51話52話
53話54話55話
9巻
56話57話58話59話
60話61話62話
10巻
63話64話65話66話
67話68話69話
11巻
70話71話72話73話
74話75話76話77話
12巻
78話79話80話81話
82話83話84話85話

 

【漫画 終末のハーレム】1巻ネタバレ

1巻
1話2話3話4話
5話6話

【漫画 終末のハーレム】1巻-1話ネタバレ

これまで人類は資源を奪い合い戦争を繰り返してきました。

21世紀半ば、世界は人類の存亡を賭け再び争いの真っ只中にいました。

その奪い合う資源とは…。

西暦2040年東京。

科学技術の発展と新エネルギーの発見は人類を労働から解放、誰もが豊かさを享受していました。

水原怜人は国立先端医科大学に通う学生。

兄・龍、妹・まひると3人で暮らしていました。

怜人は『細胞硬化症』に罹患、致死性の難病で治療法はありませんでした。

新都心第三病院の医師・高木と相談し、製薬会社のAIが特効薬を開発するまでの4〜5年の間、怜人はコールドスリープすることを決意します。

同じ大学に通い幼い頃から好きだった橘絵理沙に、コールドスリープを前に怜人は校内で告白します。

ところが、絵理沙が先輩・前田から告白されているのを知っていた怜人は、前田を勧めるのです。

致死性のある細胞硬化症に罹患し待っていて欲しいとは怜人には言えず、そんな怜人に失望した絵理沙は泣きながらその場を走り去りました。

絵理沙とケンカ別れのようになりましたが、帰宅した怜人は龍とまひるに告白したことを報告、龍は怜人を気遣うのでした。

コールドスリープ当日。

龍、まひる、駆けつけてくれた絵理沙と、怜人は別れを惜しみます。

そして、怜人は身に付けていたペンダントを絵理沙に預け、3人に見送られコールドスリープに入るのでした。

5年後。

細胞硬化症は根治。

怜人は目覚めます。

担当医師だった高木の姿はなく女性医師が診察、予後も順調で、怜人は家族と会うため帰宅を希望します。

仰々しいリムジンタイプのセダンに乗り込む怜人、警護の女性が2人もついていました。

帰宅の道すがら、怜人は絵理沙に似た専属担当官・周防美来から、この4年の出来事の説明を受けます。

感染後3日で死に至るMK(Male Killer)ウイルス、通称『男殺しウイルス』が感染拡大(パンデミック)。

最上級のAIをもってしても未だワクチンは開発されず、地球上の99.9%の男性が死滅しました。

世界の人口は半減、生産システムを始め様々な科学技術を維持するのが困難な状況にあったのです。

因果関係は不明でしたが、活動可能な男性は細胞硬化症を治療した者のみ。

世界に怜人を含め5人しかおらず、そして怜人たちの使命は世界の女性と子作りすることだったのです。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】1巻-2話ネタバレ

2040年、世界は未知のウイルスに襲われます。

そのウイルスの名前は〝MKウイルス〟。

ウイルスに感染した男性は死に至るという病気でした。

圧倒的な感染力を持つMKウイルスは3ヶ月で世界に広がり、次々に死んでいく男性たち。

残った男性をコールドスリープにし、人類はウイルスについて研究を始めます。

希望が出てきたのは、ウイルス発生以前から〝細胞硬化症〟によりコールドスリープをしてた男性から、MKウイルスの抗体が発見された時でした。

同じく細胞硬化症でコールドスリープから目覚めた水原怜人は、以上の説明を担当者の周防は話し終えます。

ウイルスへの抗体を持っている細胞硬化症の患者である怜人を、人類の希望のだと表現する周防。

女性のみの世界になった今、出生率は0%。

つまり、怜人が子孫を残すことが人類の発展に繋がるのです。

周防は裸の女性が写る写真を見せ、その誰かと子作りをしてもらうと言い始めました。

怜人は突然のことに驚き、子作りを断ります。

その時。

部屋に入ってきたのは水原まひる。

怜人の妹です。

生き残っていたまひるは、怜人をある場所へと連れて行きました。

そこには、2人の兄である水原龍が眠っています。

治療法が確立するまでコールドスリープとなっている龍。

両親がいない自分を育ててくれた龍を助けると、怜人は誓うのでした。

龍の元を離れ、まひるに質問をする怜人。

コールドスリープ以前に愛していた、絵里沙について尋ねます。

まひるから返ってきた答えは、絵理沙は行方不明というこよ。

動揺した怜人は絵理沙に電話をかけますが、繋がることはありません。

その様子を、周防は冷ややかな表情で見つめるのでした。

そんな周防は怜人の元から離れ、ある部屋に移動します。

大きなスクリーンに映し出された女性に、怜人について報告する周防。

女性は周防に、怜人が〝メイティング〟したのか尋ねます。

メイティングとは子作りのこと。

断られてしまったと報告した周防を、女は厳しく注意するのでした。

周防の役割は、怜人に子作りをさせることだったのです。

その夜。

部屋で横になり、絵理沙のことを考える怜人。

すると、そこに周防がやって来ます。

突然服を脱ぎ、裸でキスを迫る周防。

されるがままに、怜人は唇を重ねました。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】1巻-3話ネタバレ

「怜人様をお慰めするために……」

と彼のベッドに全裸で上がってきて誘惑してくる周防美来。

彼女はそのまま怜人に口づけすると、さらに「子種をください」とおねだりしてきました!

が、怜人はそこで幼馴染・橘絵理沙の事を思い出して、美来を引きはがします。

美来は怜人に嫌われているのかと気にしますが、それに怜人は「世界がこんな状態なのに、そういう気分にはなれない」と説明して、美来に部屋を出ていってもらうのでした。

美来が下着を着直して廊下に出ていくと、そこには火野という人物の担当官だという女性が。

彼女は美来に憐れみと嘲笑を見せ、「私が口を利いて火野様に種付けしてもらったら」と美来に提案してきます。

しかし美来は彼女に冷たい視線を返しながら、その申し出を拒否するのでした。

一方、怜人はコールドスリープ前に絵理沙へ預けたペンダントの事を思い出していました。

そしてスマホで何か調べ始めると、「やっぱり!」と言って目を輝かせます。

翌日。

怜人がどこかへ出かけようと準備をしていると、彼の部屋に再び美来が。

彼女に「特別な場所」と案内されて入った部屋には、壁の一面に大きなガラスが張ってありました。

そのすぐ傍にあるスイッチを美来が押すと……

なんと壁の向こうでお風呂に入っている女性達の姿が!

実は隣の大浴場の様子を覗けるマジックミラーになっていたのです!

そこには美しくスタイルも良い裸の女性が何人もいて、怜人は思わず顔を赤くしてしまいました。

そんな怜人に美来は「この方々はあなたと子作りする意思を持っているのです」と説明。

しかもこれで全員ではなく、施設内には同じ意思を持つ女性達がまだまだ沢山いるといいます。

「この世界には男性5人に対し、女性は50億人もいるのですから」

怜人が望むのならば何人でも、一万人でも選んで子作りが出来るのだと説明してくる美来に、

「こんなの間違ってる!」

と叫ぶ怜人。

さらに美来がこの子作りを「メイティング」と称した事に対しても、

「俺は種馬じゃない!」

と怒りをあらわにしました。

そんな怜人に対して美来は、怜人が子供を作る事は人類全体のためになるのだとも説明。

美来達は何も淫らな事ばかり考えているわけではなく、MKウイルスへの抵抗力を持った赤ん坊をどんどん作り、人類を存続させようとしているのです。

免疫を持つ者が増えれば増えるほどワクチン開発の成功率も上がっていきます。

そんな話を聞かされた怜人は落ち着きを取り戻し、美来に

「1ヶ月だけ待ってほしい」

と頼みました。

「会いたい人がいるんです。今は行方が分からないけれど、子作りするならその人とがいい」

そう訴える怜人でしたが、美来達としてもあまり悠長に構えている時間はありません。

結果、

「その1ヶ月の間に様々な女性を怜人の部屋に泊まらせる」

という折衷案が採択されます。

はたして怜人は絵理沙に操を立てて、他の女性からの誘惑を拒否し続けられるのでしょうか……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】1巻-4話ネタバレ

ナンバー1・火野恭司は涼しい部屋で美女2人を侍らし、超美人でお気に入りの女優・北山玲奈が出演する映画を観ていました。

すると、恭司の専属担当官・石動寧々子がメイティング(種付け)の時間を知らせに現れます。

怜人とは対照的に、恭司は心からMK(Male Killer)ウイルス後の世界を愉しんでいたのです。

そして、今日のメイティング相手は玲奈でした。

一方。

水原怜人は、専属担当官・周防美来と妹・まひるの3人で食事を摂っていました。

怜人が居る施設には、多くの料理人がおり、フレンチ、イタリアン、中華に和食、ありとあらゆるジャンルの超一流の職人を揃えていました。

一般人の食事は機械が作っていましたが、MKウイルスに抵抗力を持つ怜人たちは特別扱い、手作りが良いという恭司の希望だったのです。

未来は食欲旺盛で、食べる割には痩せていてスタイルが良く、まひるは未来を羨みます。

そんな話をしていて、怜人が思わず未来の大きな胸に目が行くと、まひるに頬をつままれます。

そして、怒ったまひるは食堂を後にし部屋へ戻るのでした。

今日から怜人に安全確保のためのボディーガード1人と、健康管理のためのナース1人がつくことになりました。

当然のことながら、その2人ともベッドを共にしなければならなかったのです。

食事を終えた怜人が廊下を歩いていると、恭司と寧々子に出くわします。

一昨日はモデル、昨日はアイドル、そして今日は女優とメイティング。

このムチャクチャな世界を楽園と愉しむ恭司から、現実を享受するよう怜人は助言を受けたのでした。

部屋に戻った怜人はシャワーを浴びながら、幼馴染・橘絵理沙を思い浮かべていました。

絵理沙と会えればどんなに楽しいか、早く捜さないと、そう考えていた矢先、突然バスルームの明かりが消え暗くなります。

そして、再び明かりが点くと、ウィスキーボトルを片手に全裸の巨乳の女性が目の前に現われたのです。

怜人が逃げようとすると、その女性は扉の取っ手を拳一振りで破壊。

そして怜人を抱きしめるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】1巻-5話ネタバレ

私室のシャワールームで体を洗っていたところ、謎の美女に押しかけられてお互い裸のまま抱き合う形になってしまった怜人!

その美女は「竜造寺朱音」と名乗り、持ち込んだウイスキーの蓋を開けると一人で飲み始めてしまいます。

お酒の一部は口からこぼれ、朱音の大きな胸とその谷間に滴り降りていき……。

さらに朱音はお酒を含んだ口で怜人に無理やりキスまで!

そしてボディーソープを手に取って、自分の体を使いながら怜人の下半身を洗い始めるのですが……

そこで怜人がダウン。

アルコールであっさり意識を失ってしまった彼は、そのままベッドに運ばれるのでした。

目が覚めると、朱音はベッドではなくソファーの方で熟睡。

そんな彼女を見て

「ベッドまで運んでくれたのか」

と感謝する怜人でした。

しかしベッドには朱音ではなく別の女の子が潜り込んでいました。

可愛らしいパジャマに身を包み、小さなクマのぬいぐるみを抱きながら怜人に添い寝していたのは、「」という名の女の子。

2人が自己紹介をしていると朱音も起き出して、結局その晩は3人で一つのベッドに川の字になって寝る事になるのでした。

翌朝。

緊張からろくに眠れずグッタリした様子の怜人は、2人と美来に連れられて「動物研究所」を見学。

その目的は絵理沙の捜索で、彼女が以前に勤めていたこの研究所に手がかりがあるのではと怜人は期待したのです。

美来に

「その幼馴染がまだ生きているという保証は?」

と訊かれた怜人は、彼女に自分のスマホを見せます。

絵理沙に贈ったペンダントは、元々は怜人が兄からお守り代わりとしてもらったもの。

それには発信機がついていて、ある程度の位置情報が分かる仕組みになっていたのです。

とはいえ安物なので「二本ではなく海外にいるのかもしれない」という程度しか分かっていませんでした。

それでも「電波を受信できているのなら生きている筈」と信じる怜人を、何も言わず黙って見つめる美来。

その時、研究所内に大きな警報が鳴り響きます!

驚く怜人達の前に現れたのは、一匹の巨大な熊で……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】1巻-6話ネタバレ

いきなり現れた熊は、まず一番小さな翠に襲い掛かりました!

それに気付いた怜人は咄嗟に翠に覆いかぶさり、熊の攻撃を代わりに受けて負傷してしまいます。

が、そこで今度は翠の方が怜人を下がらせ、1人で熊に立ち向かっていきました。

怜人は当然慌てますが、翠は落ち着いた様子で熊の背後回り込むと、その首筋に手刀を叩きこんであっさりとKO。

実は怜人のボディーガードとして配置されたのは翠の方で、逆に朱音が怜人の健康状態を管理するナースだったのです。

朱音は熊の爪で引っかかれた怜人の左腕に手際よく応急処置を施して、一同は研究所の奥へ。

そして橘絵理沙が使っていた研究室を案内してもらうのですが、当然ながらそこに彼女の姿はありません。

さらに研究室の床には無数の書類やディスクが散らばっているという状態でした。

絵理沙は数年前にいきなり行方不明になり、その後で何者かが研究室に忍び込んで研究データを盗んでいったそうです。

絵理沙が行方をくらませた理由も、侵入者が何を欲しがっていたのかも、全てが未だに分からないまま。

ただ、絵理沙はここで「MKウイルス」について研究していたことが判明。

ウイルス研究は主にAIが進めてくれていますが、それだけではなく生身の女性研究者達の中にも協力者はたくさんいたそうです。

そんな話を聞きながら、怜人は床に落ちていた一枚の写真と、小さな犬のぬいぐるみを見つけました。

絵理沙が医者を目指したきっかけは、飼っていた「ジロ」という子犬が珍しい病気にかかってしまったからです。

マイナーな病気は研究して薬を作っても儲からないため、ジロを治す薬も存在していませんでした。

「なら私が医者になってジロを治す」

と幼い絵理沙は決意し、それを聞いた怜人も同じく医者になると決めたのでした。

そんな過去を思い出した怜人は、美来に

「コールドスリープ中の男性は何人いるんですか?」

と質問。

美来の把握する限りでは、全世界に100万~500万人の男性がコールドスリープで眠っているそうです。

それを聞いた怜人は、

「自分1人がメイティングを頑張ったところでたかが知れている。世界を元に戻すには世界中の男性を起こさないといけない」

と話します。

そして

「そのためにMKウイルスの特効薬を作る」

と宣言するのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻ネタバレ

2巻
7話8話9話10話
11話12話13話14話

【漫画 終末のハーレム】2巻-7話ネタバレ

女性による国際連盟UW(United Women)日本支部。

国務長官(外交)を中心に

  • 技術長官(科学技術研究・保全)
  • 民生長官(食料計画・人民管理)
  • 総務長官(広報・その他)
  • 司法長官(司法・警察)

が会議を開いていました。

ナンバー1・火野恭司が3人の女性を同時にメイティング(種付け)する様子が、投影されていました。

ナンバー2・水原怜人がMK(Male Killer)ウイルスの特効薬を開発すると言い出し、技術長官たちは医学生如きと反発。

しかし恭司がメイティングに盛んなことから国務長官は特に問題視しませんでした。

日本支部は怜人たちのことを本部に秘密にしていましたが、気づかれる恐れがあり先手を打つべく、国務長官はナンバー3の解凍を指示します。

その頃。

怜人は自室で橘絵理沙の研究室から持ち帰った資料に目を通していました。

絵理沙は抗ウイルス薬ではなくワクチンの研究開発をしていましたが、情報量が少なく怜人は行き詰まります。

トイレに入った怜人を看護師・龍造寺朱音が襲い、怜人はメイティングを拒否し部屋を出ました。

中庭に出た怜人は、ベンチに座りひとりパンを頬張る専属担当官・周防美来を見かけ、そして隣りに座ると美来を散歩に誘います。

美来から絵理沙を捜させていると聞き、怜人はMKウイルスの特効薬の研究に専念すると答えます。

そんな怜人に美来は動物研究所で怪我を負わせてしまった失態を謝罪。

メイティングもせず特効薬の研究を始め協力までしてくれる美来に怜人は逆に恐縮するのでした。

美来に優しいと言われ、怜人は照れ隠しに美来のことを尋ねます。

美来は2年前からUW日本支部で働いていましたが、出身などプライベートな話は禁止されていて答えませんでした。

怜人と別れた美来は、シャワーを浴び脱衣所の鏡の前に立つと、自身の顔をまじまじと見つめます。

怜人に似ていると言われた絵理沙の映像を投影し、顔を見比べると脱衣所を後にするのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻-8話ネタバレ

お風呂で三人の美女とイチャイチャしている恭司。

しかし、日毎に別の女性と同じことをしていたのでマンネリ感を彼は抱いていました。

そこで、彼の右側にいた女性が突然ディープキスをしますが、右側にいた女性はその様子を見て赤面していました。

恭司はここで三人とさらにイチャイチャしだしました。

一方、恭司の様子をモニターで見ていた寧々子は自慰をしていました。

その後も、お風呂で恭司と女性たちとの絡みは続きます。

胸を揉まれ興奮する女性。

さらに下着から溢れんばかりの巨乳を恭司に擦り付け、彼を気持ち良くさせようとします。

そして、女性たちはいやらしい格好をしたのち、風呂場には気持ち良さそうな声が響き渡りました。

一方、怜人がいる部屋に翠がコーヒーをを持ってきます。

何かを調べながら研究施設が必要だと考ええつつ、コーヒーを飲みながらまるひのことを気にしていました。

その頃、まひるは難民ホームにいて、子供たちにお菓子を配っていました。

難民ホームの職員と話していると、伊藤が絡んできました。

伊藤に対して文句を言うと、彼女は酒を飲んでいたグラスを彼女に投げつけてきました。

投げつけて割れてグラスを掃除するまひると彼女は男性が生きているという話になりますが、兄の怜人が生きているので気まずそうな反応をします。

朝になり、怜人を心配してまひるがやってきます。

そして、彼女は突然怜人の頬にキスをしてしまいます。

その後、まひるが箱から絵理沙が持っていた犬のぬいぐるみを見つけます。

これは絵理沙の研究室で見つけたものですが、背中のチャックが開いており中からスマートリングが出てきました。

そのスマートリングを持って、怜人はトイレの中に入ります。

監視カメラがないか確認して問題無いと判断した彼はスマートリングを起動させます。

起動させると映像が出てきて、そこには絵理沙の姿がありました。

彼女はMKウイルスの研究で恐ろしい事実にたどり着いたそうです。

それはウイルスは人為的なものだと言うことでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻-9話ネタバレ

絵理沙がぬいぐるみの中に隠していたスマートリング。

そこには疾走前の絵理沙が残した記録映像が収められていました。

映像の中の絵理沙は「MKウイルスは人工的なものだった」と告白。

さらにこの世界は嘘に溢れてい手練れも信用できないと言い、最後に「怜人に会いたい!」と訴えると映像は消えてしまいました。

そこに担当官の美来が現れ、午後からUW日本支部に向かうのでそれまでしっかり休んでおくようにと忠告が。

怜人はその話を聞きつつも、スマートリングの秘密映像については美来にも妹のまひるにも伏せておく事にしました。

そして午後。

朱音や翠とも合流して車で日本支部へと移動する怜人。

車窓から見える景色はいたって平和で豊か……先日の難民地区とは大違いで、怜人はその落差に驚きます。

街に住んでいるのは主にUWの職員と、コールドスリープ中の男性を家族に持つ者達だと美来が説明。

限られた資源はそうした者達へ優先的に回されているそうです。

また難民地区が廃墟化している理由については、ウイルス蔓延時に絶望した男達が暴れ回った事がきっかけでした。

彼らは暴動を起こした後にMKウイルスで死亡……その大量の遺体は更なるウイルス

蔓延を防ぐためにまとめて焼却され、そうした地域には人が寄り付かなくなり廃墟化していったのです。

そんな話を聞きながらUW日本支部に到着した怜人は、そこにある「技術長官室」へと案内されます。

長官室の前まで来ると屈強そうな女性が現れ、「長官の指示で、入室できるのは水原怜人だけだ」と言われる一同。

美来や翠は渋々とそれに従ってロビーで待機する事になりましたが、怜人は入室した途端に背後からスタンガンを当てられて気絶。

暫くして意識を取り戻すと、彼は椅子に座らされ手足を拘束された状態になっていました。

そんな怜人の前に現れたのは、気を失う直前に長官室で見た謎の美女。

そして全裸に首輪という姿で怜人に迫ってくる四人の女性達。

美女――UW日本支部の技術長官は、怜人を強引にメイティングさせるための罠を仕掛けていたのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻-10話ネタバレ

椅子に拘束されて身動きできない怜人に迫る四人の女性。

彼女達はいずれも全裸に首輪という倒錯的な格好をしている上に、ハァハァと息を荒らげながら怜人ににじり寄ってきます。

それを傍で見ている技術長官によると、四人は彼女お手製のクスリを打たれて発情状態になっているようでした。

女性達は怜人の上着を脱がせて上半身裸にさせると、その肌に舌を這わせたりキスを繰り返したりして怜人を興奮させていきます。

そしていよいよ怜人の上にまたがってメイティングを……

となったその時、技術長官が女性を足蹴に。

長官はその前に、女性達に打ったものと同じ注射を怜人に使い、彼も堕としてしまおうと考えていたのです。

が、そんなやり取りをしている間に怜人のボディーガードである翠が登場。

国務長官らの許可でここに通された彼女は技術長官の腕をガシッと掴み、注射を力尽くで止めるのでした。

さらに美来や朱音も駆け付けて怜人を救出。

国務長官に叱責された技術長官は、ふてくされた様子で姿を消してしまうのでした。

怜人達は場所を変え、今度はきちんとした応接室で国務長官の「鬼原」達と顔合わせをやり直します。

鬼原はまず技術長官の暴走を謝罪。

技術長官はあれでも研究者としては優秀なので、非常識なところがあっても放逐できないようです。

そんな話の後、鬼原は怜人に対してメイティングとはまた違う「ある事」を頼んできました。

怜人が危険にさらされるのを心配した美来は反対しますが、鬼原は「そのためのボディーガードだ」と言って却下。

そして肝心の怜人はというと、その依頼を引き受ける代わりに自分からも幾つかの条件を提示します。

取引を持ち掛けてきた怜人にニヤリと笑う鬼原。

一方その頃、怜人の妹・まひるは難民ホームで子供達を相手をしていました。

そこに突如、UW日本支部からの緊急放送が流れます。

世界同時放送だというそれには映し出されたのは……水原怜人!

UW日本支部は彼の存在を世界中に公にしていって……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻-11話ネタバレ

難民センターにいたまひるは、モニターの画面に怜人が現れた事に驚きます。

同じくその映像を見ていたセンターのおばさんと伊藤も、信じられないと言う表情をしていました。

そして、突然まひるは外に飛び出して行きました。

怜人は自分が数日前にコールドスリープから目を覚まし、なぜかわからないもののMKウイルスに対する抵抗力を持っていることを、視聴者に伝えました。

さらに、M Kウイルスの特効薬を作るための協力を求めました。

怜人のスピーチを街中のモニターで見ていたフードを羽織った女性は、彼のお辞儀姿をいてすぐにどこかに去ろうとしました。

スピーチが終わり、国務長官室で話す怜人と鬼原。

スピーチを行ったことにより、担当官と警護の動向を条件に、MKウイルスの研究使う許可を、怜人は得ることができました。

一方、鬼原からの条件として提示されていた他の男性の存在を公言しないことを、彼は誓いました。

その後、車の中で怜人はモニター越しの真昼とか会話をしました。

放送を見て怜人がコールドスリープからしていると友人に話していたので、まひるは隠してたことがバレて苛立っていました。

続いて周防に謝罪すうる怜人。

世界中に怜人のことを知らしめたのは、自分がこの世界を見るために必要な行動でしたが、他にも考えたあると言うことを周防にはお見通しでした。

それは絵理沙を探すことで、図星だったので怜人は驚いてしまいます。

そして、窓越しに街を眺めながら、鬼原たちが何を考えているのかや

MKウイルスを作った張本人を突き止めようと心に決めていました。

一方、鬼原たちは会議室にいました。

そこでは恭司の成果や残りの三人の男性について話をしていました。

そして、3人目の男性の担当官である神谷花蓮の希望で、メイティング環境を変えると言う話題になりました。

その後、花蓮は会議室にいた女性のうち一人とモニター越しで話をしていますが、そこで花蓮は上半身裸の姿でメンディングを成功させることを宣言するのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻-12話ネタバレ

時は少し戻り2040年。

AIの発達で人々は無理に働かずとも問題なくなった時代では、学校の数も大きく減少していました。

それでも一部の高校や大学は残されており、そこでは国を動かすエリートの育成が行われていたのですが…。

残っていたのは教育システムだけではありません。

イジメという悪しき風習もまた2040年まで存在していたのです。

その標的となっていた一人の少年が、3年生の「土井翔太」。

彼は学校のトイレの奥で不良達に取り囲まれながら、下半身裸にされて辱められていました。

彼へのイジメは周囲も知っているようですが、そのほとんどが見て見ぬフリをしたり、どうでもいいと関心を持たなかったり。

イジメのきっかけは、他の男子がイジメに遭っているところに翔太が助け舟を出したから。

それが気に喰わなかったイジメっ子が今度は翔太をイジメるようになったのです。

そんな顛末を振り返って「バカみたいだ」と自嘲する翔太。

彼にとって癒しとなるとは、美人で優しい音楽教師「羽生柚希」にピアノの練習を見てもらう時間。

翔太は柚希に「僕は鈍くさくて白髪頭だから『ドジイ』ってあだ名をつけられてる」と愚痴をこぼすと、柚希は少し困った後、真剣な顔をしてそれを否定してきます。

「土井君は賢くて強い子だよ」

そんな柚希の言葉に赤くなる翔太でしたが、彼の胸にズキッと痛みが走りました。

最近、イジメでやられた傷とは別に体に痛みが走るようになったという翔太。

それを聞いた柚希は心配して、熱でもあるのではないかと自分のおでこ

を翔太にくっつけようとしてきます。

おでこと一緒に間近に迫る、柚希の唇……。

しかし柚希は、翔太が少し熱っぽいのを確認すると体を離し、今日のピアノ練習をそこで終了。

彼にすぐ病院で診てもらうように勧めます。

そして言われたとおりに病院で診察を受けた翔太に言い渡されたのは、

「細胞硬化症にかかっている」という予想外の言葉でした。

彼もまた、水原怜人や火野恭司と同じ病に侵されていたのです!

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻-13話ネタバレ

柚希先生の口からクラスメート達に、「土井君は休学と長期入院をする事になりました」と説明してもらう翔太。

細胞硬化症に侵されていると発覚した彼は、その治療のために数年間コールドスリープしなければならないのです。

柚希に促されてお別れの挨拶を促される翔太でしたが、クラスメートはそんな彼に対してほとんど関心がありません。

みんな好き勝手にお喋りし、「星野汐音」という美少女に至っては仕事の連絡が入ったと言ってそのまま教室を出ていきます。

それがきっかけとなって他の生徒達も帰宅や部活に動き始め、翔太の挨拶など誰も聞こうとしませんでした。

柚希もそれを止められず、申し訳なさそうに翔太に謝ってくるのですが、翔太は俯いたまま柚希にだけお礼を言って立ち去ります。

その帰宅途中、自分をイジメていたグループの男女が校庭の片隅で制服のまま行為をしているのを目撃。

翔太が驚いて思わず足を止めてしまっていると、事を済ませてスッキリした2人が翔太の存在に気付いて逆ギレしてきました。

2人に思い切り蹴り上げられ、更に「童貞のまま死ぬなんて可哀そうに」と唾まで吐かれてしまう翔太。

彼は立ち去る二人の後姿を見ながら「こいつ等こそ死ねばいいのに!」と心の中で叫びます。

その一方で、「5年もコールドスリープするのだから、もう会う事もないだろう」と自分を慰めました。

そうして夜に1人で泣いている翔太の所に、妹のマユから着信が。

彼の妹もまた病気で入院生活を強いられている身でした。

2人の両親は離婚していて、翔太の面倒は父が、マユの面倒は母が見ている模様です。

それでも兄妹2人の仲は良く、最後にマユと「コールドスリープが終わったらマユは俺より年上になってるな」と冗談を言って笑い合う事が出来た翔太。

そして後日、家族も誰も様子を見に来てくれないまま1人でコールドスリープの時を迎えた彼なのですが……。

「おめでとーございます!」

翔太が意識を失い、次に目を覚ました時、彼の前にはやたら明るい調子でクラッカーを打ち鳴らす謎の美少女が佇んでいました!

状況に混乱する翔太に対してその美少女は「担当官のカレンです!」と名乗り、そして彼に「高校生活をやり直してみませんか?」と言ってくるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】2巻-14話ネタバレ

場面は女子更衣室。

女子生徒が着替えながら話をしています。

彼女たちの話題は、明日何かが来るということでもちきりでした。

一方、コールドスリープから目覚めた翔太は、担当係のカレンとともに歩いています。

翔太が案内されたのは、これから生活する部屋。

そこは寮の一室でした。

怜人と同じように細胞硬化症にかかりコールドスリープから目覚めた翔太は、これからその部屋で生活することになります。

家族のことを尋ねる翔太ですが、学校と寮の中だけで生活するよう制限をつけるカレン。

その間のお世話をすると約束します。

戸惑っている翔太をカレンが連れて行ったのは、これから翔太が入るクラスです。

教室に入ると、そこにいるのは女子生徒のみ。

過去には学校でイジメにあい、内気だった翔太は小さな声で自己紹介をするのでした。

その後、普通に授業を受け始める翔太ですが、周囲の女子を見て顔を赤らめてしまいます。

そんな翔太に、授業後に用事があると話すカレン。

カレンが連れて行った先にいたのは翔太の元担任である、柚希先生でした、

コールドスリープに入る前、学校でイジメられていた翔太。

その時に優しくしてくれた柚希先生のことを、翔太は想い続けていたのです。

翔太を見て駆け寄ってくる柚希先生。

喜びのあまり、翔太を抱きしめました。

その状況に、またしても顔を赤らめる翔太。

細胞硬化症の件でも翔太を励ましていた柚希先生は、無事だった翔太を見て心から喜んでいます。

2人の様子を見て、話し始めるのはカレン。

無事に生還した翔太に、ご褒美をあげるべきだと言い始めたのです。

カレンの言葉を聞き、ドキリと反応する柚希先生。

しばらくして、翔太にご褒美をあげると頷きます。

それを見たカレンは、用事があると部屋を後にしました。

残されたのは翔太と柚希先生の2人。

残されて気まずい雰囲気となりますが、柚希先生は翔太の手を握りしめ尋ねてきました。

「今晩時間ある?話したいことがある」

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】3巻ネタバレ

3巻
15話16話17話18話
19話20話21話

【漫画 終末のハーレム】3巻-15話ネタバレ

柚希先生との話を終え、授業に戻った翔太。

先生には今晩話したいことがあると言われていました。

そんな翔太が受けている授業は体育。

運動が苦手な翔太は脇で見学をしています。

見学をしながら柚希先生について考えていると、背後から担当者であるカレンが話しかけてきます。

柚希先生でエッチな妄想をしていたため、焦る翔太。

カレンは翔太の隣に座り、好みのクラスメイトがいたかを尋ねてきます。

そんなことを考えていなかった翔太が口ごもると、カレンはクラスメイトを紹介し始めました。

まず最初に挙がったのは柊春歌。

クラスでは翔太の前に座っている女の子で、胸はBカップ。

小ぶりだが良い形の胸だとカレンは説明します。

2人目は一条奈都。

凄いお金持ちのお嬢様で、クラスでは翔太の隣に座っています。

胸はEカップと巨乳だそうです。

3人目は運動神経抜群でバレー部のエースである東堂晶。

胸はGカップとさらに巨乳だとカレンは説明しました。

最後に紹介されたのは黒田・レイン・ちふゆ。

飛び級でクラスに入った天才少女のため幼いちふゆは、運動が全くできません。

クラスメイトの紹介をされ、みんな良い人そうで良かったと話す翔太。

過去にイジメられていたトラウマを、まだ引きずっているようです。

男性がほとんど滅びた人類に喧嘩をしている暇はないと言うカレンは、

翔太にもっとみんなと仲良くするよう耳打ちするのでした。

授業を終え、翔太はある場所へと向かいます。

それは柚希先生の部屋。

ノックをして、返事があったので中に入る翔太。

部屋に入ると、柚希先生は薄い部屋着に着替え、頭をタオルで拭いています。

さっきまでお風呂には行っていたと話す柚希先生。

その姿を見た翔太は、顔を赤らめます。

部屋の甘い香りを嗅ぎながら、翔太は柚希先生とベットに座りました。

まず口を開いた柚希先生は、クラスについて尋ねます。

問われているにも関わらず、興奮しすぎて何も答えられない翔太。

答えない翔太に対し、柚希先生はこの5年間あったことを話し始めます。

その内容も、翔太の頭には全く入っていません。

その時、突然柚希先生は自分のことをどう思うか尋ねてきます。

5年がたち、おばさんになったと話すと、翔太はそんなことはないとすぐに否定しました。

その言葉に安心したのか、電気を消す柚希先生。

病気に勝ったご褒美と言い翔太にキスをしてきたのです。

キスをされてからの翔太は、されるがまま。

まずは体中を舐められ、感じ始める翔太。

そのまま挿入し、翔太は柚希先生とエッチをしたのです。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】3巻-16話ネタバレ

憧れの柚希先生と熱い一夜を過ごした翌日。

翔太は教室に登校してもどこかぼんやりとしていました。

思い出すのはやはり柚希との初体験。

彼女が「病気に勝ったご褒美」と言っていた事から、「きっと一度きりなんだろうな」と少し自嘲気味に笑う翔太。

そんな彼に、すぐ隣の席に座る女の子「一条奈都」がクスリとほほ笑みながら話しかけてきます。

今なにを考えていたのかと訊ねられた翔太は、素直に話すのが恥ずかしく、好きな音楽アイドルユニットの名前を出して誤魔化します。

が、奈都はそれにも食いついてくるばかりか、翔太の手元を覗き込む流れで自分の胸を翔太の肩にグイグイと押し付けてきました。

さらに前に席に座る女子「柊春歌」もアイドルトークに入ってきて盛り上がります。

その後、放課後に後者をブラブラしていた翔太は、体育館で女子バレーボール部が練習しているのを発見。

体育館の出入り口にぼんやりと佇みながら、バレー部員の中でも一際目立つ「東堂昌」という女の子の大きな胸に釘付けになってしまいます。

そんな彼の前で晶に勝負を挑んでいったのが、彼女とは対照的に小柄な女の子「ちふゆ」。

翔太も二人のどちらが勝つのか興味がありましたが…

その一球目でちふゆの取り損ねたボールが翔太に直撃!

晶はそれを見て大慌てすると、「土井さんに何かあったら、どんな償いもしますから……」と半泣きになりながら頭を下げるのでした。

ボールが当たった額の傷を簡単に治療した後、翔太はなじみ深い音楽室で一人ピアノを触って、またぼんやりと過ごします。

そこへ柚希が現れると、気まずそうにモジモジとしながら「昨夜は遅くに押しかけてごめんなさい」と謝ってきました。

彼女は翔太の額の傷に気が付くと、「居たくなくなるおまじない」と言っておでこにキス。

そして「昨夜は嫌じゃなかった?」という彼女からの質問に翔太が「嬉しかった」と答えると、柚希はそのまま二人きりの音楽室で自分の服を少しずつはだけていき……。

「先生の体にも痛いところがあるから……おまじない、してくれない?」

そう言いながら半裸になって誘惑してくる柚希に、翔太は抗うことなく指や舌を伸ばしていき、人生二度目のメイティングに。

一方その頃、翔太の担当官である神谷花蓮はUW日本支部の幹部と通信中。

幹部は「学園を用意するなど手をかけすぎなのでは?」と疑問をぶつけてきますが、花蓮は「翔太に自信をつけるために絶対必要」と説明。

実は翔太や学園に集められた女の子達は、この世界で生きている男性は翔太ただ一人だけだと思い込まされているようで……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】3巻-17話ネタバレ

柚希先生と初体験を終えた翔太。

翌日では音楽室で迫られ、再び体を重ねます。

そこから翔太の日常は変わっていきました。

柚希先生に夢中になった翔太は今、学校のトイレで柚希先生に”下”を咥えられています。

別の日には空き教室で柚希先生に挿入し、腰を振る翔太。

学校が終わり夜になると、またしても柚希先生の部屋に行って行為に及ぶのです。

今日は休日。

翔太は柚希先生のキスによって目を覚ましました。

休日だから2人でゆっくりしたい。

寝起きの翔太に柚希先生はそう言います。

コーヒーを入れるとその場を離れた柚希先生を見て、この1週間を振り返る翔太。

この1週間、翔太は柚希先生と毎日行為をしてきました。

柚希先生の背中を見つめる翔太は愛しさのあまり、背後から抱きしめます。

ずっとこんな時間が続いて欲しい。

そう話す翔太に、キスをする柚希先生。

2人は再び体を交わらせました。

休日が終わり、翔太は授業を受けています。

体育の時間になり、水着に着替えプールに集まる女子たち。

そこに翔太が現れました。

過去にイジメられていた翔太の身体には、無数の傷が残っています。

水着になることを拒否する翔太を無理矢理引きずってきたのはカレン。

仕方なく授業に参加する翔太の前に現れたのは、クラスメイトの東堂晶です。

先日、ちふゆに勝負を申し込まれたバレー部のエースである晶は、誤って翔太にボールをぶつけてしまったのです。

そのことについて謝る晶。

気にしていないと返す翔太に、晶が何かをお願いしようとした瞬間。

晶の背後から、ちふゆが近づき晶の水着を脱がせたのです!

Gカップの巨乳が露わになり、驚く翔太。

怒った晶は、ちふゆをプールに投げ込むのでした。

水泳のタイムで1位になったら何かをお願い使用と思っていた晶。

しかし、1位だったのは一条奈都という別の生徒です。

その事実を知った晶は、仕方なく翔太から離れていくのでした。

授業を終え、自室に戻った翔太は柚希先生とテレビ電話をしています。

今日は忙しくて会えないと話す柚希先生。

仕方がないと了承し、翔太が電話を切ると、部屋のドアを誰かがノックします。

ドアを開けて現れたのは水泳の授業で1位だった一条奈都!?

そこでカレンから電話があり、今日から1週間、奈都が同じ部屋で生活することを伝えるのでした!!

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】3巻-18話ネタバレ

朝になり、自分の部屋で目覚める翔太。

横を見ると、クラスメイトの一奈都が寝ています。

昨晩、突然部屋に訪ねてきた奈都は、1週間翔太の部屋で過ごすことになったのです。

これから、1週間ごとにクラスメイトが翔太の部屋に来る。

カレンからそう伝えられていました。

寝起きで会ったクラスメイトを見て、顔を赤くする翔太。

顔を洗い、着替えるため奈都に見ないでほしいと伝えます。

着替え終え、学校に向かおうとする翔太ですが、奈都は未だにパジャマのまま。

準備をするように伝えると、奈都は衝撃の発言をします。

超がつくほどお嬢様の家庭に育った奈都は、自分で着替えることができないと言うのです。

いつもお手伝いさんに着替えさせてもらっており、寮でも同部屋の同級生に着替えさせてもらっていた奈都。

仕方ないと、翔太は奈都の着替えを手伝い始めました。

服を着せ、ズボンをはかせる際にお尻を凝視する翔太。

自分には柚希先生がいると理性を保ちます。

その時、奈都のお知りに傷があることに気付いた翔太ですが、何も言わず、服を着させるのでした。

学校に行き、翔太は食堂で昼食を取っています。

目の前にいるカレンと話す翔太の話題は、奈都について。

今朝の着替えの件をカレンに話すと、一条家は歴史ある古い家で、普通とは違うと言う回答が返ってきます。

クラスメイトにも確認すると、本当に奈都は友達に着替えを頼んでいたようで、翔太は共同生活に不安を感じるのでした。

学校を終え、自分の部屋へと帰った翔太。

今日も柚希先生にテレビ電話をかけています。

柚希先生にも奈都の話をすると、帰ってきたのは一条さんらしいという答え。

嫉妬を期待していた翔太に、柚希先生は助けてあげるよう話してきたのです。

我慢できず先生に会いたいと口にする翔太ですが、柚希先生は女の子の日だと断るのでした。

その夜、翔太は眠れずにいます。

隣にいる奈都を意識して。

すると、奈都が一緒に寝てもいいかと尋ねてきました。

これも家庭の事情だと感じ、了承する翔太。

2人で布団に入ると、奈都は自分のことを話し始めます。

かつて、20歳も年上の男性と政略結婚を強いられていた奈都。

しかし、MKウイルスによってその結婚はなくなります。

そして今、好きな人といられると奈都は話し翔太に告白したのです!

見つめ合い、思わずキスをする翔太。

そのまま奈都の服を脱がせていきます。

最後には、奈都に挿れてほしいと頼まれ、翔太は腰を振り続けるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】3巻-19話ネタバレ

朝、自室で目覚める翔太。

隣には裸の一条奈都がいます。

挨拶を交わし、水を飲む翔太は昨日のことを思い出します。

奈都との激しい一夜を。

我に戻り、飲んでいる水を奈都に渡す翔太。

受け取ろうとした奈都ですが、渡されたペットボトルから手を引きました。

そして飲ませて下さい、とお願いする奈都。

一瞬ドキッとする翔太ですが、水を口に含んで奈都にキスをします。

口移しで水を飲ませ、寄り添う2人。

1週間後の部屋替えが寂しいと奈都はこぼします。

その日、学校に行った翔太は柚希先生のもとを訪れていました。

音楽室にいる柚希先生を見て、寂しかったと漏らす翔太。

同じ気持ちだと話す柚希先生ですが、奈都のことを尋ねてきます。

少し考えた翔太は柚希先生に謝罪しました。

全てを知っている柚希先生は、翔太の行為を仕方ないと言います。

翔太はみんなのもの。

そう話す柚希先生の言葉に、翔太は疑問を持ちます。

疑問をぶつける翔太に、詳しいことはカレンに聞いて、と涙を浮かべる柚希先生。

そのまま涙を拭って、その場を後にしました。

音楽室を出た翔太はカレンを屋上に呼び出し、自分の憶測を話し始めます。

MKウイルスに汚染されたこの世界で、自分は天然記念物のようなもの。

そこから翔太が導き出した答えは、この学校自体が何かの実験施設だということです。

翔太のお気に入りの女の子を学校に集め、MKウイルスに対抗するデータを取っているのではないか?

そう考え、柚希先生と奈都が可哀想だと翔太は話します。

翔太の話を聞き、このタイミングで打ち明けると話すカレン。

翔太を教室へ連れて行き、授業を中断させました。

事実を打ち明けるカレンは、翔太の想像通り学校は全て翔太のために用意されたものだと言ったのです。

それは、翔太をメイティングさせるため。

メイティングとはSEXのことで、翔太の遺伝子を残す行為です。

この学校は事前に翔太のことを気に入った女性を集め、翔太の子どもがほしいと思っている女性ばかりと話すカレン。

その証拠を見せると言い、教室で全員服を脱ぐよう指示しました。

カレンの言葉を聞いたクラスメイトは、全員その場で服を脱いだのです。

その状況に顔を赤くし、動揺する翔太。

翔太の感情を気にせず、カレンはどの女の子を選ぶか尋ねてきます。

一方、日本政府では怜人の話題が出ています。

火野と翔太は順調にメイティングをしていますが、怜人はまだ何もしていません。

それを問題視した政府の役人は、怜人の担当から周防美来を外すと言い始めたのです。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】3巻-20話ネタバレ

いつかのように、椅子に縛り付けられた状態で目を覚ます水原怜人。

そんな彼の前には、やはりあの時のように全裸の美女が這いつくばっていたのですが…。

それはなんと周防美来と竜造寺朱音でした!

「怜人様……メイティングしましょう……?」

そう誘惑しながらすり寄ってくる美来達に、身動きのできない怜人は成す術もなく。

…というエッチな夢を見て夜中に目を覚ます怜人。

彼の両脇には朱音と翠が、怜人にピッタリと抱きつく形で寝ていました。

現在の怜人の生活は、世界に向けて宣言した通りMKウイルスのワクチン開発を続ける傍ら、UW日本支部のテレビ取材に応じるという忙しいものに。

国民――つまり女性達の怜人に対する関心は高く、彼の私生活やプロフィールを紹介する番組は視聴率94%という驚異的な数字を叩き出していました。

また怜人が暮らす施設の近くには、怜人の姿を一目見ようと集まった女性達が毎日押しかけるように。

さらにメイティング希望者まで殺到。

怜人は自分の持つ影響力を改めて実感し、ワクチン開発により力を入れていきます。

しかし、彼なりに研究を進めてみた結果、このウイルスはそう簡単に克服できない事がどんどん分かってきました。

そもそも世界中のAIを使って研究中であったにもかかわらず、未だに具体的な成果は何もあげられていないのです。

「せめてMKウイルスそのものの情報がもっと沢山あれば……」と嘆く怜人。

そんな彼の前に、半裸に白衣というだらしない格好で廊下を歩く女性が登場。

女性は、目の前にいるのが怜人――今や珍しい男性であるのに気づくと、悲鳴を上げながら逃げてしまいました。

その一部始終を物陰から見ていた別の女性は、「水原怜人が女性研究者に襲い掛かった」と勘違いして、彼を「醜悪な男」と軽蔑します。

女性が早々と立ち去ってしまったため、怜人はその誤解を解く暇がありませんでした。

そんな怜人のところに美来から「担当官を交代する」という驚きの報せが!

慌てて長官達に事の経緯を問い質しに向かった怜人は、そこで美来に代わる新しい担当官を紹介されてしまいます。

その二人は…

あの白衣の女性研究者と、そして怜人に侮蔑の眼差しを送ってきた女性でした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】3巻-21話ネタバレ

怜人の新しい専属担当官として紹介されたのは「黒田マリア」、そして「片桐麗亜」という二人の美女でした。

マリアはこれまで技術長官の下で働いていた研究者。

麗亜は撫民官として市民と交流し、この世界の実情をよく知る人物。

メイティングではなくワクチン開発で世界に貢献しようとする怜人に合わせた人員配置だと、長官らは怜人に説明します。

初代担当官だった美来はその任務を解かれ、今後はメイティング候補者として怜人の傍にいる事になりました。

麗亜は怜人に「貴方がメイティングを拒否したせいで美来は処分を受けたのよ」ときつく睨み付けます。

怜人もそれを申し訳なく思うものの、だからといって橘絵理沙ではない女性とメイティングする気にもなれず、この決定を受け入れるしかありません。

そんな風に怜人に対しては冷たい麗亜でしたが、美来と二人きりになると一転して柔らかい笑顔を浮かべます。

しかし美来の事を心配しながら、同時に怜人を「くだらない男」と侮蔑する麗亜。

対して、美来は「彼はそんな人ではありません」と冷たく返してくるのでした。

その頃。

怜人は施設の中庭で火野恭司とバッタリ鉢合わせ。

既に大勢の女性とメイティングしている火野ですが、その女性達の中の何人かに妊娠が確認されていました。

もしも男の子が生まれれば今の世界に希望をもたらす事にもなりますが、まだ性別は分かっていないそうです。

火野と別れた後、怜人は担当官の二人や朱音に翠、そして美来も連れて施設の外へ。

行き先は「慶門市」という温泉地ですが、目的は湯治ではなくMKウイルスの研究です。

マリア曰く、そこにはウイルス研究における重要人物が存在しているとの事。

そんな話を聞いて興奮した怜人は思わずマリアに詰め寄ってしまい、彼女が飲んでいた飲み物をこぼしてしまいました。

着替えのためにトイレに向かったマリアを、少し遅れて追いかける怜人。

そして着替え中の彼女と扉越しに会話しながら、MKウイルスについて分かっている事を確認し合います。

怜人はそこで「MKウイルスが人工的なものである可能性はありますか?」と質問。

するとマリアは「面白い事を言うね」と笑いながら、扉を開けて怜人の方に近寄ってきます。

そして「これから向かう慶門市は、MKウイルスの最初の犠牲者が出た街なんだ」と教えてくるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】4巻ネタバレ

4巻
22話23話24話25話
26話27話28話

【漫画 終末のハーレム】4巻-22話ネタバレ

MKウイルス研究のために慶門市へとやってきた怜人達ですが、まず最初に入った施設は温泉旅館。

女性陣の何人かは食事や温泉、さらには卓球などを楽しもうとはしゃいでいました。

それを「遊びで来てるんじゃないわよ」と麗亜が怒るものの、結局まずは皆で温泉に浸かろうという話に。

女性陣は露天風呂へ、そして唯一の男性である重要人物でもある怜人は備え付けの部屋風呂へと別れた一行。

怜人はそれでも壁面のホログラムによって露天風呂気分を味わえて良い気分だったのですが…

そこに何故か女性陣が連れ立って乱入。

朱音に翠は勿論の事、美来やマリア、さらには麗亜までもが裸で湯船に入ってきます。

驚いて風呂から上がろうとする怜人でしたが、それを朱音が引き留めて「皆の背中を流してよ」とおねだり。

怜人はうろたえるものの、日頃ずっと世話になりっぱなしの彼女達にお返しをしなくてはいけないとは思っていたため、渋々と了承。

そして翠、マリア、美来と順番にその背中を流していきます。

麗亜は混浴までは付き合ったもののそれ以上は断固として拒否したため、最後は朱音に。

彼女は他の女性達と違って怜人に「こっちももっと洗ってよ」とあれこれ要求してきて、浴場は一気に怪しい雰囲気に。

怜人はそれに耐えきれなくなって、今度こそ逃げ出してしまうのでした。

その後、一行は慶門市中央病院に入院しチエル「谷口」という老婆を訪ねます。

谷口は、日本で最初にMKウイルスに感染して亡くなった男性の妻でした。

怜人達は彼女から当時の事を少しでも聞き出そうとやってきたのですが、谷口はそれに非協力的で何も教えてくれません。

彼女は夫の死後に、その体を病理解剖で切り刻まれたのをよく思っていなかったのです。

ひとまず谷口の病室を後にし、日を改めてまた話を聞きに来る事にした怜人達。

谷口の夫は当時かなり高齢で、医者嫌いな上にテクノロジー嫌いでもあったため、行動履歴も何もほとんど残っていませんでした。

彼がウイルス感染前にどこで何をしていたのかを知るには、やはり谷口の協力が必要不可欠。

いったいどうやって彼女の信用を得ていこうかと、怜人達は思案します。

その頃。

彼らが去った病室では谷口が誰かと通信中。

その相手はなんと怜人が探し求める幼馴染、橘絵理沙でした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】4巻-23話ネタバレ

谷口という老婆から夫の――国内MKウイルス感染者第一号の行動履歴を教えてもらおうと、彼女の入院する病室に通って交渉を続ける怜人。

しかし谷口は「ワクチン開発なんかしないで子作りだけしてればいいだろう」と彼を突き放します。

それに怜人の担当官である麗亜が「彼はメイティングをしません」とこれまでの事を説明。

すると谷口は、怜人に健康診断をするよう促してきました。

「全ての項目で私よりも良い数値を叩き出したら、夫の事を離してやってもいい」

そんな挑戦を吹っ掛けられて、そこにどんな意味があるのか図りかねつつも健康診断に臨む事を決めた怜人。

普段から貴重なナンバーズの一人としてメディカルチェックを受けて「問題なし」とされている彼。

なので、高齢者の谷口以下の数値が出る可能性はほとんどありません。

ところが、その健康診断は谷口の策略によってエッチな仕掛けが満載のものになっていました。

視力検査では女医の裸の胸にあるマークを読み取らされたり。

心電図検査ではオイルマッサージのようないやらしい手つきで体を撫でまわされたり。

そんな風に美人の医師や看護師から、あらゆる手段でエッチな診察をされてしまった怜人の数値は、正常値とは程遠いおかしなものばかりに。

結果、健康診断の結果で谷口を上回るという作戦は失敗に終わってしまいました。

谷口からは改めて「素直にメイティングしたらいいだろうに」と言われる怜人でしたが、ここで彼も「好きな人がいるんです」と自分の気持ちを正直に告白。

だから他の女性とメイティングはできないし、その分は研究に打ち込む事でチャラにしてみせると笑う怜人。

そんな彼の言葉を聞いて、谷口は生前の夫が「自分が好きなのは婆さんだけだよ」と言っていたのを思い出すのでした。

その夜。

色々あって疲れた怜人が翠に頼んでこっそり露天風呂を使わせてもらっていると、そこにたまたま宿泊日が重なった学生旅行客が。

UWとは無関係の女性と混浴するわけにもいかないので、怜人は近くに建っていたサウナに一時退避。

ですが、そのサウナの方に今度は浴衣を着た金髪女性が入ってきてしまいます。

女性は「Oh!」と軽く驚いた様子を見せますが、すぐに相手が今話題の水原怜人だと分かると、そのままサウナに留まって我慢比べを挑んできました。

「怜人が先にサウナから出たら叫んで人を呼ぶ、怜人が勝ったならここにいる事は黙っていてあげる」

そんな勝負を持ち掛けられてしまい、否応なくその金髪女性とサウナで過ごす事になる怜人。

「こうなった以上は負けるものか……!」と気合を入れる怜人でしたが、サウナなので女性は当然その浴衣を脱いで裸になっていくわけで…?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】4巻-24話ネタバレ

MKウイルスの調査のため、温泉に泊まり込んでいる怜人たち。

温泉に浸かっていると、観光できている旅行客が入ってきます。

見つかるとまずいと思い、怜人はサウナに隠れました。

そこに現れたのは謎の金髪美女!!

彼女はアメリカからの留学生でクロエと名乗ります。

サウナで我慢比べをしようと言うクロエは、断ると騒ぐと言い怜人を脅してきます。

我慢比べを了承した怜人に、行為をするかと言い始めたクロエは、来ていた浴衣から胸を出しました。

当然そんな行為などしない怜人。

完全に上半身を露わにしたクロエは、サウナも女も我慢しない方がいいと話します。

時間は流れ、30分後。

2人はまだサウナに入っていますが、息が上がって互いにきつそうです。

遂にクロエは倒れてしまいました。

倒れたクロエを背負ってサウナを出る怜人。

浴槽には、既に誰もいません。

更衣室に出た怜人は水を飲んで水分を補給します。

倒れているクロエにも水を飲ませようとペットボトルを近づけますが。

ぐったりしているクロエは、口移しで飲ませてくれと頼み始めます。

その頼みが聞けなければ、大声を出す。

そうクロエに言われ、怜人は渋々水を口に含みました。

キスをして、クロエの口に水を流し込む怜人。

その瞬間、翠が片桐と朱音を連れて更衣室に入ってきたのです。

謎の女性とのキスシーンを見て、呆れる片桐。

翠はショックでその場から離れて行ってしまいました。

残された怜人の背後で、ゆっくりクロエは立ち上がります。

実は演技をしており、弱いフリをして怜人とのキスを企んでいたクロエ。

次は最後までしようと言い残して更衣室から出て行きます。

翌日。

怜人はまたしても谷口の病室を訪れていました。

谷口から旦那さんの情報を聞き出そうとする怜人ですが、頑固な谷口は話しません。

その日は、怜人にパンを買ってくるよう命令し、パシリに使うのでした。

怜人と片桐がパンを買いに行くと、谷口は美来を部屋へと呼び入れます。

そこで美来に尋ねたのは橘理沙について。

そして、理沙の幼馴染みである怜人がどんな人間であるか尋ねてきたのです。

問われた美来は、今までの怜人について話し始めます。

こんな状況にも関わらず、誰とも行為をせず純愛を貫いている怜人。

欲望に流されず世界を救おうとしている怜人を尊敬している美来は、怜人なら世界を救えるかもと漏らします。

美来の話を聞き、少し考える谷口。

帰ってきた怜人に、谷口は愛する人のことを尋ねます。

好きなのは1人だけと答えた怜人に谷口は、明日来るように話しました。

遂に、旦那のことを話す気になったのです。

その夜。

谷口は病室でテレビ電話をしています。

その相手は理沙!!!?

そこで怜人がいっぱい女を連れていた、と谷口は伝えます。

返ってきた答えは、何があっても私が好きなのは怜人だけ。

その言葉を聞いた谷口は、似たもの同士だと笑うのでした。

そのまま眠りについた谷口ですが、深夜に誰かが入ってきます。

そして谷口に近づき点滴に何かを注射し始めたのです!!

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】4巻-25話ネタバレ

最初のMKウイルス感染者である谷口の旦那。

その話を聞かせてもらうと約束したため、怜人は谷口を訪ねます。

しかし谷口は呼吸器をつけて、昏睡状態に陥っていました。

昨日まで元気だった谷口がなぜ…。

怜人はその姿を見て疑問を抱きます。

そんな怜人に話しかけてきた看護師は、谷口からの預かり物を渡してきました。

深夜に容態が急変した谷口は、意識があるうちに看護師にあるモノを渡していたのです。

それは、旦那と谷口が笑顔で写っている写真。

苦しみながらもその写真を怜人に渡して欲しいと言っていたことを知り、怜人は写真を大事そうに受け取るのでした。

思い悩む怜人とは違い、No1の火野はハーレム生活を謳歌しています。

細胞硬化症のコールドスリープから目覚めた最初の男であることから、No1と呼ばれている火野。

今はホテルの一室で、女性3人とイチャついています。

アイドルや憧れの先輩と行為三昧の火野は、今日も3人と子作りに励み始めました。

しかし、そんな日々も彼の中では当たり前になってきています。

行為をしながらも、もっと刺激が欲しいと考えるのでした。

谷口から情報をもらえなくなった怜人は、近隣の調査に出かけています。

初めてMKウイルスの患者が出た病院を訪ね、調査を始める怜人。

今日のお付きは、マリアと翠です。

病院の中を調べている内に、窓からの景色を見てみると…

そこには多くの難民が彷徨っています。

その様子を見て、政府の長官たちに不信感を強める怜人。

一方のマリアは、長官たちもウイルスの対策に必死だと擁護するのでした。

調査をする3人とは別に、片桐は旅館に戻って温泉に浸かっています。

そこに現れたのは朱音。

片桐の隣に入り、雑談をし始めました。

朱音をよく思っていない片桐が不機嫌な態度を取ると、朱音は本題を話し始めます。

それは、谷口の容態について。

谷口がつけている生命維持装置の記録を見た朱音は、そこに異常を感じていました。

その話を聞き、黙ってしまう片桐。

それが事実なら大変だと言い残し、湯船から上がろうとします。

そんな片桐の腕を掴み、朱音は本心を口にしました。

谷口が容態を崩していた夜、何をしていた…?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】4巻-26話ネタバレ

露天風呂で麗亜と二人きりになった朱音は、「谷口さんに毒を持ったのはアンタ?」と問い詰めます。

麗亜はそれには答えず、逆に朱音と鬼原長官の関係について訊き返しました。

すると朱音は顔色を変えて麗亜を睨みつけると、「黙れ」と言って彼女の言葉を遮ります。

同性愛者の麗亜は、朱音に壁ドンされた形になってしまって赤面し、そこで会話は終わってしまいました。

その後。

麗亜は怜人達と共に車で慶門市をさらに移動。

谷口の容態が急変したために肝心な情報は何も得られず。

結局あの病院から持ち帰れたのは彼女に託された谷口夫婦の写真立てくらい。

「なぜ写真立てを俺に……?」と怜人は不思議がりますが、麗亜がその写真立てをチェックしても特にこれといった異常は見つかりません。

怜人達を乗せた車は、「土井翔太」の通う「慶門市立西高等学校」の前を通過。

マリアはその校舎を窓から眺めながら、「私の妹もここに通ってる」と怜人に教えます。

残念ながら立ち寄る時間がないので素通りしてしまう怜人達でした。

が、その車を翔太の担当官・神谷花蓮は面白そうに見つめていました。

そして花蓮の背後からは、大きなカバンに荷物を詰めて校門から出てくる柚希先生の姿が。

一方。

「火野恭司」は仮設住宅が立ち並ぶエリアを車で徐行してもらいながら、窓から見える女性達を眺めてメイティング候補としてピックアップする作業に出ていました。

これは担当官である寧々子のアイデアで、火野も好みの女の子を大勢選べることからご機嫌に。

しかし火野が選んだ子の一人が、なんと怜人の妹・水原まひるである事に寧々子は気づいてしまい…?

そして怜人は、移動中に一人でトイレへ行かせて貰った際、谷口から貰った写真立てと、絵理沙の残したスマートリングが連動しているのを確認!

写真立てからスマートリングに送信されてきた情報は「MKウイルスの作成法」というとんでもないシロモノでした!

これを詳しく調べればワクチン開発に大きく役立つと喜ぶ一方で、「周囲の誰が敵であるのか分からない」としてデータの存在は伏せ、慎重に動く事を決める怜人。

そうしてナンバーズ各自にそれぞれ進展が見られる中、UW日本支部の技術長官にもまた新たな動きが。

水原怜人の存在を全世界に公開した瞬間から、UW日本支部には各国からの問い合わせや怜人への面会要求が殺到していました。

日本で活動可能な男性は全部で5人。

その内、既にメイティングを始めているのは火野と翔太の二人だけ。

ですが技術長官は「水原怜人もすぐに加わることになる」と言って笑みを浮かべるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】4巻-27話ネタバレ

寮の部屋で横になっている翔太。

隣には一緒の部屋で生活している奈都が寝ています。

天井を眺める翔太は、昼間教室であったことを思い出していました。

この学校は全て翔太のために用意されたもの。

真実を知り、困惑しているのです。

翔太が悩んでいると、隣で眠っていた奈都がすり寄ってきました。

1週間ごとに相部屋を交代するルールになっており、今日はその最終日です。

もうすぐ離れてしまうと、寂しさのあまりキスをする奈都。

最初は舌を絡ませていた翔太ですが奈都を離し、今日は気分ではないと行為を拒否します。

時間が流れ奈都が眠りについた深夜、翔太は寮の外へ抜け出していました。

周りを見渡しながら門へと向かって行くと突然、カレンが現れます。

敷地外への外出は禁止だと、威圧的な笑顔で話すカレン。

翔太の背中を押し、再び寮に連れ戻すのでした。

夜は明け翌日。

昨日で翔太の相部屋である奈都が期間を終えたため、新しい相部屋の女子を選びます。

今回はクジで決めることになり、気合いを入れる女子たち。

ちふゆと春歌がクジを引きますが、結果はハズレ。

その時、クジを引いた女子が大きな声を上げました。

翔太が顔を上げると、明らかに遊んでいそうなギャルが当たりを引いているのです。

かつてイジメられていた翔太の最も嫌いなタイプの女子。

相部屋の相手に、翔太の気持ちは沈みます。

そんな翔太の予想は的中し、その女子は休み時間に翔太の元を訪れました。

トイレをしている翔太に近づき、そこで迫ってくるギャル。

イジメのことを思い出した翔太は、その場から逃げていきます。

翔太が逃げ込んだのは、イジメにあっていた時によく使っていた部屋。

翔太が嫌なことを思い出していると、そこに春歌が現れます。

座って話を始める2人。

プールで翔太の傷を見ていた春歌は、過去のイジメについて尋ねてきます。

そのことを翔太が打ち明けると、春歌は上着を脱ぎ始めました。

春歌の肌には無数の傷。

実は前の学校でイジメられていた春歌。

翔太の気持ちが分かると話し、翔太を安心させます。

傷が見たいと春歌に言われ、服を脱ぎ始める翔太。

互いの傷を舐め始めた2人は、ソファの上で行為をするのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】4巻-28話ネタバレ

学校の教室で行為をした翔太と春歌。

その日の夜、翔太は自分の部屋へと春歌を連れて行きます。

翔太の部屋は1週間ごとに女子生徒が交代で住むことになっており、今日からはギャルが来ることになっていました。

今週は自分が選ばれなかったため、扉の前で立ち止まる春歌。

それを見た翔太は、大丈夫と言って自分の部屋へ招き入れます。

部屋に入ると、そこにいたのはクラスのギャル。

ギャルは柳律香という名前を名乗り、翔太に相手にされていないと涙を流します。

2人を見て、もう行為していると律香は尋ね、図星の2人は黙ってしまいました。

それなら自分とも行為をして欲しいと下着を脱ぎ始める律香。

律香の態度を見た春歌と言い合いになり、気まずくなった翔太は部屋を飛び出してしまいます。

1人で庭を歩きながら、翔太は柚希先生に会いたいと思い始めました。

電話をかけるも繋がらず。

翔太が座り込んでいると、そこにランニングをしている晶が現れます。

ランニングをやめて隣に座った晶は、律香るとの相部屋について尋ねてきました。

歯切れの悪い答えを返す翔太を見て、今度はおでこの傷について尋ねる晶。

以前、晶の打ったスパイクが翔太に当たったことがあったのです。

怪我の具合を問われた翔太は、意地悪く傷が痛むと返します。

必死に謝りながら何でもすると話す晶。

その言葉を受け、翔太はTシャツをめくるよう命令しました。

冗談で言ったつもりの翔太ですが、晶は恥ずかしそうにシャツをめくり上げます。

ノーブラのため、露わになるGカップ!!

巨乳を見た翔太は、思わず晶の胸を触ります。

しかし我に返った翔太。

自分のしていることに罪悪感を覚え、その場を後にするのでした。

翌日。

翔太は体育館に向かっています。

そこには、部活の後片付けをする晶がの姿。

晶に近づき、翔太は昨晩のことを謝りました。

謝罪を聞き入れた晶は、埋め合わせに翔太に片付けの手伝いをお願いします。

片付けをするため、翔太が体育倉庫に入った瞬間、晶は鍵を閉め、翔太を押し倒したのです。

翔太に覆い被さり、キスをする晶。

我慢できずに服を脱ぎ、翔太の体を舐め回します。

そのまま翔太のモノにもしゃぶりつき騎乗位で翔太のモノを自分に挿入するのでした。

声を上げ、倉庫の中で交わる2人。

扉の外には、奈都が立っています。

奈都はもの凄い形相で、親指を噛むのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】5巻ネタバレ

5巻
29話30話31話32話
33話34話

【漫画 終末のハーレム】5巻-29話ネタバレ

体育館の倉庫で晶に襲われた翔太。

押し倒され、騎乗位で挿入されてのです。

興奮を抑えきれず行為に及んだ晶ですが、行為が終わった後は謝り始めました。

ひたすら謝る晶ですが、翔太は嫌な気持ちになっていません。

その後、翔太はカレンにあることを伝えます。

どうしても、律香との相部屋が嫌だった翔太。

願いは聞き入れられ、その日は久々に1人で眠りにつくのでした。

翌日。

カレンは新しい提案を始めます。

それは、毎日交代で翔太のお世話係を決めること。

まず最初に選ばれたのは、相部屋を解消された律香です。

無理矢理引き離したお詫びに翔太の当番を律香に任せたカレン。

翔太の当番になった女子は、翔太からキスのご褒美があると言い出します。

顔を赤くした翔太が戸惑っていると、クラス全員に視線をそらすようカレンは命じます。

誰も見ていないため、律香は翔太に迫り、翔太も渋々キスを受け入れるのでした。

舌を絡ませるキスをしたことで、抑えの効かなくなった律香。

そんな律香から逃げるように、翔太はトイレに立ちます。

しかし躓いて転んでしまう翔太。

手を少しすりむいただけでしたが、カレンを保健室へ連れて行くのでした。

保健室で手当をしてもらう翔太は、先生から全身スキャンまでされます。

人類の希望だと翔太のことを話し、ベットで全身に異常が無いかを調べる先生。

スキャンが終わると、翔太はあることに気がつきました。

保健室のベットが、やたら大きい,,,。

そう感じた翔太の前に、再びカレンが現れます。

カレンが連れてきたのは、翔太と関係を持っている3人の女子生徒。

奈都、春歌、晶の3人です。

3人に翔太の面倒を見るよう伝え、カレンはその場から去って行きます。

残された春歌は翔太の傷を治すため、翔太の身体を舐め始めました。

その様子を見て、奈都と晶も加わります。

3人に全身を舐められ、奈都と晶と同時に舌を絡ませる翔太。

我慢できなくなった女子たちは、ジャンケンで入れてもらう順番を決め始めました。

最初は奈都。

騎乗位で奈都に乗られ、両乳首を晶と春歌に舐められ…。

激しい4Pが繰り広げられるのでした。

その様子をカメラで見つめているカレン。

彼女は、次なる作戦を考えています。

その作戦の肝である女性、星野をカレンは呼び寄せるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】5巻-30話ネタバレ

授業をサボり、保健室のベッドで昼間から春歌・奈都・晶の3人とメイティングしてしまった翔太。

ベッドには裸に靴下だけという格好の女子3人がグッタリと横になっていました。

放課後までメイティングしていたのを後ろめたく感じつつ、翔太はその場を後にして化学室へ。

そこでは天才少女のちふゆが何やら怪しげな薬を調合中。

ちふゆは翔太に気付くと、どうしてメイティングや相部屋のパートナーに選んでもらえないのかと不満を訴えてきました。

しかし翔太は彼女に微笑んでおでこにキスをしながらも、「続きはもっと大きくなってからね」と言って彼女からの誘いをかわします。

そんな彼に担当官の神谷花蓮から、「柚希先生が家庭の事情で転任した」という驚きの報せが!

柚希は既に慶門市から出て行ってしまい、おそらく1~2年は会えないだろうと告げてくる花蓮。

それに翔太は「僕の好きな人は傍に置いてくれるはずだろう!」と怒りをあらわにして花蓮に詰め寄りましたが、彼女は「また会えますよ」と笑うだけでした。

ショックを受けて、その日は誰も部屋に呼ばず一人で眠ってしまった翔太。

しかし翌日に教室へ向かうと、花蓮から日替わり当番とそれを選ぶキスの催促をされます。

結局は花蓮が主導権を握っていて、自分はそれに従うしかないのだと改めて実感した翔太は、促されるままに隣の席の女子にキス。

その女の事は夜も一緒に過ごし、晶に続いて5人目のメイティング相手となりました。

周囲には可愛い子ばかりが配置され、誰とメイティングしても良いという異常な環境に、自分の感覚も少しずつおかしくなっていくのを感じ始める翔太。

ですが、そこに以前の――5年前の翔太を知る人物が転校生として現れます。

その人物は「星野汐音」

5年前に翔太がイジメられていた頃のクラスメートです。

汐音はイジメに直接加担していなかったものの、翔太がイジメられている光景に出くわしても気まずそうにするでもなく、どうでもいいものとして完全に無視するタイプの人物。

昼休みに翔太が屋上でイジメっ子達にボコボコにされているところに現れても、翔太達を気にせずそのまま屋上で友達とランチし始めた事もありました。

そんな事を、当時と同じように屋上に座り込んでぼんやりと思い出す現在の翔太。

すると汐音もまた屋上に現れて、「久しぶりだね」と挨拶をしてきました。

しかし当時と比べて汐音の態度はしおらしくなっていて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】5巻-31話ネタバレ

5年前。

タレントを目指して芸能事務所に所属していたクラスメート・星野汐音。

当時も男子からの人気は高かった彼女ですが、芸能活動を見据えて彼氏を作らずにいるのだとみんなに噂されていました。

そんな彼女が5年後の今になって翔太の前に現れた理由は「タレントになるため翔太の後押しが欲しかったから」でした。

汐音も翔太と当時それほど親しくなかったという自覚はありましたが、自分の夢のために必死になって翔太に縋りついてきます。

それに翔太は戸惑いながら、汐音がこの学園についてきちんと説明を受けているのを確認した後、「じゃあ裸になってみてよ」といきなり要求。

汐音がそれに「冗談でしょ……?」と引いてみせると、翔太もそれ以上は求めずにあっさりと話を終わらせます。

そして「今さらそんな話をされても都合が良すぎる」と言って屋上から立ち去るのでした。

遅れて校舎に戻った汐音は、廊下で立ち話をしていた春歌と奈都を見つけると、「土井君のこと教えてくれない?」と笑顔で話しかけます。

しかし奈都は「二十歳を超えてる貴女が同級生だなんて認められない」と言って相手にしません。

そこに通りがかった晶も「私達は全員ライバルであると同時に、一緒に過ごしてきた友達でもあるけれど、貴女は違う」と言って汐音を斬り捨てました。

その後。

孤立してしまい教室の自分の席でポツンと寂しげに座る汐音。

そんな彼女を見ながら翔太は花蓮に「君が呼んだんでしょ?」と説明を求めます。

花蓮曰く、芸能人需要が激減した今の時代に、23歳という年齢で新人がアイドルや女優としてデビューするのはとても難しくなっているそうです。

しかし翔太がメイティングして「お手付き」となれば、UWの方もそれに忖度して汐音に仕事を回してくれるかもしれないらしく…。

翔太は「そんな話を聞かされても……仕事のために嫌々やってくる人が相手じゃこっちも気分が悪いよ」とぼやきます。

それを聞いた花蓮は、「それなら彼女の本気度を試しましょう!」と提案。

彼女に言われて、汐音は制服のスカートを脱いだまま廊下を歩かされるという試練を与えられてしまいました!

恥ずかしそうに前を隠しながら歩く汐音でしたが、それでも夢を叶えるために屈辱に耐えてみせます。

が、花蓮は「じゃあ明日は上も脱いでもらいますね」と容赦しません。

汐音も翔太の担当官である花蓮には逆らえず、翌日、本当に制服を着ず下着姿で学校生活を送る事になった汐音。

これも花蓮の計らいなのか、彼女が座ったのは翔太の隣――つまり日替わり当番が座る席でした。

登校してきた翔太はその状況を見てびっくりしていましたが、汐音が屈辱に耐えかねて翔太に詰め寄ってくると、日替わり当番に対するノルマであるキスをして強引に口を塞ぎます。

そして昼休みになると汐音を屋上に呼び出し、「君を抱く代わりにUWから仕事が来るよう口添えする」と説明。

それを聞いた汐音は安心したように顔をほころばせると、彼女の方からも「じゃあ寮に戻ってから――」と言って翔太とのメイティングを了承します。

ところが。

そこへ翔太に呼び出された他の女子達がぞろぞろと現れます。

そして翔太は「じゃあ今から始めようか」と言って汐音の身体に手を伸ばすのですが、汐音は「せめてどこかの部屋で……」と引き気味に。

しかし翔太は「ここでしたいんだよ」と言って聞きません。

それは5年前。

翔太がこの屋上でイジメられているのを見ながらも「ここで食べたい」と言ってそのままランチをとった汐音への仕返しでした。

自分でもそれを思い出した汐音は絶句してしまいますが、翔太の「仕事が欲しいんじゃないの?」という言葉で覚悟を決めると、その場で下着を脱いで全裸に!

まだ経験がなかった汐音は顔を真っ赤にして震えながら両手で身体を隠しましたが、翔太はその手を引きはがしていくと、他の女子達が見ているまで彼女を辱めていきます。

そして恥ずかしさと嫌悪から泣いている汐音を屋上の柵に掴まらせると、それを後ろから貫いて彼女の最初の男となるのでした。

その夜。

花蓮はUW日本支部に状況を報告。

翔太はこれで6人とメイティングした事になり、その1人目である柚希については「順調」と報告を受ける花蓮。

UWは「メイティングに成功した女性はどんどんこちらに送りなさい」と指示を出してきます。

一方、ナンバー2と呼ばれる水原怜人の方は相変わらずの状況が続いているようで……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】5巻-32話ネタバレ

どこかの寝室で激しく舌を絡ませ合う二人の女性。

二人は共に同性愛者のようですが、片方の女性はその行為を嫌がっていました。

そこに麗亜が現れて、無理やり襲っている方の女性をスタンガンで攻撃!

助けてもらった方の女性は「お姉さま!」と嬉しそうに言いながら麗亜に抱き着いて、今度は自分からキスをしていきます。

麗亜はそれを平然と受け止めると、キスの後で女性に「手伝ってほしい事があるの」とお願いします。

その頃。

怜人は極秘入手したMKウイルス作成法の論文データに破損があるのを確認。

完全なデータがなければウイルスを再現できず、そこからワクチンを作り出す事も出来ません。

ふとマリアに「どうしてウイルス研究は進んでないの?」と訊ねると、彼女は「日本では食糧生産の研究にリソースが割かれている」と釈明。

本当はマリアだけでなく他の研究者達もウイルス研究を進めたいのですが、UWの方針でそれがなかなかできないようです。

また専門家や特に優秀な研究者はアメリカにあるUW本部に吸い上げられてしまうとの話も。

そこへ、火野恭司の担当官である寧々子が登場。

「水原まひると火野恭司のメイティングを許可してもらえるでしょうか?」というとんでもない話が。

話を聞かされた怜人は「妹はまだ16歳ですし……」と否定的。

当のまひるも「絶対にイヤ!」と猛反対。

しかし火野が怜人に「一目惚れなんだ!せめて会ってお茶するチャンスをくれ!」と泣いて縋りつき、それをセッティングをする事になってしまいました。

同じ頃。

UW日本支部は長官らが集まって、今後の方針について話し合いを進めます。

土井翔太に続く4人目、そして5人目の男性のコールドスリープ解除作業は少しずつ進んでいる模様。

一方で水原怜人の出演するテレビ番組の視聴率がやや落ちていたり、難民地区で暴動寸前のトラブルが起きていたりと懸念要素も報告に上がります。

それらを踏まえ、長官らは「水原怜人に難民地区の物資配給を手伝わせてみる」という作戦を計画。

その会議には怜人の担当官の麗亜も同席していましたが、もう一人の担当官であるマリアと看護師の朱音は、怜人のシャワールームに乱入中!

驚く怜人でしたが、朱音は真剣な顔で怜人の唇を塞ぐと、「もしかしてMKウイルスの情報を掴んだんじゃないの?」と質問してきました。

「シャワールームなら監視も盗聴もないから」と言ってくるマリアですが、それに対する怜人の答えは……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】5巻-33話ネタバレ

「UWの見てない所で勝手にウイルス研究したら殺される」と怜人に忠告してくる朱音。

実際、ここ数年でウイルス研究者が次々に行方不明になっているらしく、怜人もその話を聞きながら「だから絵理沙は……」と納得してしまいます。

マリアの方は二人ほどUWに懐疑的ではないようでしたが、朱音はUW日本支部のトップにいる鬼原国務長官の実の娘という事もあり、身内に対して厳しい目を向けているようです。

そんな話をしていると、シャワールームに会議から戻ってきた麗亜が顔を出しました。

朱音達と違って服は着たまま、「いったい何してるの?」と不機嫌そうに訊いてくる麗亜。

それに朱音が「怜人の健康チェックついでにメイティングしたかったんだけど」と誤魔化すと、麗亜は茜を睨み付けてその場を後にします。

麗亜が去った後、朱音は「彼女が谷口さんに毒を盛った可能性がある」と怜人に教えるのでした。

その麗亜はというと。

私室で髪を梳かしている美来の所に現れて、彼女を後ろから抱きしめながら恍惚とした顔を見せていました。

「私の気持ちは知っているでしょう?」と美来の耳元に囁きかける麗亜。

彼女は養成所に居た頃から美来に好意を抱いていたようです。

が、美来の方はそんな告白をされても喜んだりはせず、「私はあなたの恋人ではありません」とバッサリ。

翌日。

怜人は麗亜の目を盗んで、朱音達が難民地区にこっそり作った隠れ家を訪れます。

UWから禁止されている外部ネットワークへの接続もできるというそこで、調べものをする朱音やマリア達を置いて、まずは麗亜に命じられた食糧配給の手伝いに戻る怜人。

難民地区の女性達の大半は怜人の登場に好意的で浮かれていましたが、一部の女性は「男を使って私達の御機嫌取りか」と逆に苛立ってしまいます。

その中の一人は「いっそ街を出て他の場所で暮らさない?」と提案する者もいましたが、それ以上に危険な存在が配給所のすぐ傍に。

なんと近くの建物の窓から、怜人に向けて大きなライフル銃を構えている何者かの姿があって…!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】5巻-34話ネタバレ

難民地区の女性達への食糧配給を手伝う怜人。

そんな彼を近くの建物からライフルで狙う謎のスナイパー。

ですが、その更に背後から現れた別の女性に撃たれて、その命を落としてしまいます。

スナイパーを仕留めたのは、麗亜が先日お願いをした同性愛者の女性でした。

麗亜は彼女の他にも「仲のいい子たち」を各所に配置し、怜人の周辺を警護していたのです。

スナイパーは顔をスキャンしてもUWのデータベースに該当者が見つかりませんでした。

が、麗亜は「誰の差し金化は分かってる」と一言。

そんな麗亜に女性は「水原怜人の事を好きになったのですか?」と訊くと、麗亜はそれには「嫌いよ」と答えます。

しかし「水原怜人が死ぬと悲しむ人がいるから」と言って、美来の方を見やるのでした。

配給任務が無事に終わると、今度は妹のまひると火野のお茶会に同席する怜人。

火野は真昼に好かれようとあれこれ話題を振りますが、最初から乗り気ではないまひるはそっけない返事しかしません。

そして早々と席を立ってしまいました。

まひるにフられたショックから、その日の夜はいつにもましてメイティングに熱が入る火野。

それに女性達も興奮しますが、一方で火野の心が自分達に向いていないと思ったのか心配そうな顔をするのでした。

難民地区の隠れ家で秘かに情報収集を続けていたマリア達。

合流した怜人と一緒に行方不明の研究者たちの所在を調査。

マリアの学生時代の友達にも失踪者がいたらしいので、試しに隠れ家の地下ネットを使って検索してみる事になりました。

すると渡米したはずの彼女が何故か「慶門市中央区第三病院」という所に入院しているという記録が。

それは先日、怜人達も見に行ったばかりの廃病院でした。

さらに調査を進めていくと、アメリカに呼ばれていった女性研究者達の全員が記録上その病院に入院しており、その後に消息を絶っていると判明!

その事実を受けて怜人は、「もしかしてMKウイルスが作られたのはその病院なのかも?」と推論を立てるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】6巻ネタバレ

6巻
35話36話37話38話
39話40話41話

【漫画 終末のハーレム】6巻-35話ネタバレ

深夜。

MKウイルス誕生の地と疑われる廃病院に忍び込む怜人達。

ここにいるメンバーは怜人、翠、朱音、マリアの4人だけ。

麗亜と美来は同行していません。

UWの告げた表向きの外出目的は「谷口のお見舞い」

その申請に対して一応の両省は貰っていますが、実際どう思われているかは不明です。

追跡されている可能性もありましたが、朱音が言うように「人類存亡の秘密があるかもしれない」として調査を決行する四人。

一方その頃。

UW日本支部の長官達は空港に出向いていました。

アメリカのUW世界本部からやってくるマンスフィールドという女性を出迎えるためでしたが、飛行機から降りてきた黒人女性はマンスフィールドではなく、その補佐官。

肝心のマンスフィールドは別の場所――日本の最重要地にいると補佐官は語り、鬼原はそれを聞いて焦った顔を見せました。

怜人達の方はというと、壁に空いた穴から入れる通気口を通って、病院の地下に建設されていた謎の施設を発見!

そこにはUW日本支部の技術長官の姿もありました。

マリアはかつての上司だった技術長官に、「私の友人達はここにいるんですか? ここでMKウイルスが作られたんですか?」と質問していきます。

が、長官はそれに答えてはくれませんでした。

代わりに長官の部下達が怜人達に向けて銃のようなものを構えてきて、絶体絶命のピンチに陥る一行!

そして研究所内に無数の銃声が鳴り響くのですが、その音が止んだ後、血を流して倒れたのは長官達の方でした。

そこに現れたのは迷彩服を着たアメリカの女性軍人達。

彼女達が技術長官達を銃で制圧したのです。

さらに、その軍人達の後ろから、以前に温泉のサウナで我慢比べをした金髪の女性――クロエも登場。

怜人がそれに驚いていると、クロエは彼の前で恭しく身を追って挨拶してきます。

「UW世界本部から来た、クロエ・マンスフィールドと申します」

その姓はUW世界本部の中でもかなりの力を持つ者と全く同じで……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】6巻-36話ネタバレ

自分を「UW世界本部の平和維持活動局・局長」だと自己紹介してくるクロエ・マンスフィールド。

彼女は先日の怜人の世界宣言を受けてから、留学生と偽って日本に潜入し、怜人やUW日本支部について様々な調査をしていたといいます。

その調査対象の内の一人、技術長官のところに朱音が慌てて走り寄って脈を測ったものの、彼女は既に先ほどの銃撃によって事切れていました。

怜人はそれにショックを受けますが、クロエは「仕方のないことです」というあっさりした一言で片づけてしまいます。

その時。

研究所のどこかからドオン!という大きな爆発音が。

施設のどこかに爆弾が仕掛けられていたらしく、クロエは「今からでは解除も間に合わない」として怜人達も連れて脱出を図ります。

「いったい誰が!?」と気にする怜人と、ここに入院している可能性のある友人を心配するマリア。

しかし残って何ができるわけでもなく、クロエに促されるまま同じヘリコプターに乗って病院から脱出するしかありませんでした。

一方その頃。

UW日本支部ではクロエの部下であるポープ補佐官が、鬼原長官らに対して「水原怜人の他にも活動可能な男性がいるのでは?」と質問。

それに鬼原達は「仕方がない」としてポープを拘束するよう部下に命じるのですが、その部下達は逆にポープの命令で鬼原達の方に銃を向けてきました。

唯一その拘束を逃れたのは総務長官の首藤だけで、彼女は以前からUW日本支部の動きを世界本部に教えていた内通者だと判明。

彼女から情報を得ていたポープは、鬼原達を「MKウイルスの製造と拡散」「世界本部に対する命令無視と情報隠匿」「市民からの搾取」など数々の悪事を罪状として、長官3名を拘束するのでした。

そして、爆発する病院をヘリで上空から見下ろす怜人にも、クロエが「どうしてここが爆破されたのか、賢い貴方なら既に分かっているでしょう?」と問いかけてきます。

彼女は「あの病院でMKウイルスが作られていたと考えるのが妥当」と説明し、その証拠隠滅のために爆破されたのだと語ります。

怜人もその仮説を否定はできませんでした。

クロエはさらに、MKウイルスの影響で世界はガタガタになり、各地でテロが頻発している事を怜人に伝えます。

また怜人の存在を日本支部が明らかにし、それを独占していると分かった事でテロの動きはさらに加速してしまっているという事も。

そして、怜人が探している幼馴染・橘絵理沙はそのテロ集団に所属しているとも語るクロエ。

そんな驚愕の事実に呆然とする怜人。

それだけでなく、マリアの妹が通う「慶門市立西高等学校」からも大きな爆発が起き、今度はマリアがその顔を青ざめさせていきます。

クロエの部下から入った情報によると、そこに通うナンバーズ――土井翔太がテロリストに拉致されてしまったらしく…?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】6巻-37話ネタバレ

話は同時多発テロの少し前に遡り。

その日学校では、翔太が女子更衣室に入れられています。

男子更衣室を取り壊したとカレンに言われ、仕方なく女子更衣室に入った翔太。

翔太の着替えを手伝おうと、奈都と春歌は翔太に触れ始めました。

周囲に見られている状況で、恥ずかしくなった翔太は部屋を飛び出してしまいます。

そんな翔太が向かったのは図書室。

図書室に入ると、そこには2人の女子生徒がいます。

1人はメガネをかけた毒舌女子の葉句露

もう1人は新体操部の小雪です。

小雪は逆立ちをして翔太を誘惑するのでした。

昼休み時間となり、屋上で昼食を取る翔太。

周りには奈都、春歌、晶、ちふゆの4人がいます。

手作り弁当を口に運んでもらい、まさに夢のようなシチュエーション。

楽しく会話する5人の中で、春歌は幽霊の話しを始めました。

寮の裏の雑木林に幽霊が出る。

そんな噂を耳にした春歌は、怪談を始めたのです。

その話を耳にしたカレンは、今夜肝試しを実行すると言い始めます。

翔太とペアになる女子を選び、一緒に雑木林に入るシステムの肝試し。

選ばれたのは、翔太が苦手な律香でした。

意外にも臆病な律香は、翔太にしがみついてオドオドしています。

その様子を見て、意外だと感じる翔太。

律香に安心するよう声をかけていると、背後で何かが動く音が。

驚いた律香は大声を上げ、翔太に飛びつきました。

木の中から出てきたのはただの猫。

しかし、律香は腰を抜かして立てなくなってしまいます。

翔太に抱きついたまましばらく固まる律香。

そんな律香を見て、彼女のことを悪い子ではないと翔太は思い始めました。

そのまま見つめ合い、キスをする2人。

外での行為に、翔太は興奮し始めます。

律香の胸を舐め始めると、意外にも律香は行為に慣れていないことが分かってきました。

今までの積極的な態度は無理をしていただけだったのです。

律香を木につかまらせ、後ろから挿入する翔太。

初めての青姦に腰を振り続けます。

その夜。

翔太の部屋を訪れたカレン。

翔太の欲望をさらに刺激しようとしています。

そんなカレンに乗せられた翔太は、連れてきて欲しい女がいると言いはじめました。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】6巻-38話ネタバレ

この日、学校で行われるのは身体測定。

女子生徒の胸やウエスト、ヒップを巻尺で測定するのは翔太です。

養護教諭の先生は翔太に手伝いをさせ、多くの生徒と触れあいを持たせるのでした。

翔太が測定を手伝っている頃、動きを見せるのはカレン。

翔太に連れてきて欲しいとお願いされた女を既に発見し、話しをしています。

その女は難民区域で薬物中毒になっており、カレンが見つけ出して薬を与えているのです。

その薬をもらうため、カレンに忠実な女。

カレンは女に、土井翔太に従うよう約束させるのでした。

翌日。

カレンは翔太を連れて廊下を歩いています。

カレンが向かう先はトイレ。

そこでは、昨日の女がトイレ掃除をしていました。

女の名前はエリカ。

エリカは首輪と鎖をつけられており、学校で清掃の仕事をさせられています。

エリカを見て、久しぶりと呟く翔太。

MKウイルスがパンデミックを起こす前、翔太とエリカは同級生でした。

そして、翔太をイジメていた男はエリカの彼氏だったのです。

一緒になって自分をイジメていたエリカを連れてきた翔太。

翔太を見て〝ドジイ〟という昔のあだ名を、エリカは口にします。

その態度に怒りを覚えた翔太は、バケツの水をエリカにかけ、エリカをトイレの個室へと引き入れました。

個室でズボンを脱ぎ、内ももの傷を見せる翔太。

その傷はかつて、エリカの彼氏につけられた傷です。

便座に座り、翔太は傷を舐めろと言い始めます。

最初は拒否しようとしたエリカですが、翔太に逆らうことはできず、ぺろぺろと舐め始めました。

自分の下僕となったエリカを見て、翔太の高笑いはトイレに響き渡ります。

翔太がエリカとトイレにいる頃。

教室でクラスの女子に話しをするカレン。

クラスメイト達に、翔太に気に入られる努力が足りないと話しています。

翔太の子を身籠もることで、彼女たちの生活は激変する。

そんな彼女たちの気持ちを、カレンはあおり続けるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】6巻-39話ネタバレ

その日、翔太はいつも通り学校に登校します。

今日の翔太当番は小雪。

例のごとく当番の生徒とキスをする翔太ですが、カレンの煽りもあって小雪は積極的に舌を絡めていました。

教室にキスの音が響き渡るほどのディープキス。

さらに、いつまでも小雪は離れようとしません。

見かねた奈都は授業が始めると止めに入るのでした。

その日の放課後、翔太は小雪のお願いで部活を見に行きます。

新体操部に所属している小雪。

自分の身体を店ながら小雪がアピールしているとそこにバレーボールが跳んできます。

2人の仲に嫉妬し、バレーボールを打ち込んだ晶。

邪魔をされてむくれた小雪は今夜女子寮に翔太を誘うのでした。
夜になり、翔太は女子寮へと脚を踏み入れます。

他の人にバレないよう、周囲を見回しながら部屋へと案内する小雪。

誰にも見つからず部屋に入ると、相部屋の葉句露が無防備な姿で横になっています。

ベットに座り話し始める3人ですが小雪は動き始めます。

翔太に舌を絡ませ、キスをする小雪。

その様子を葉句露は顔を赤くして見つめています。

そんな葉句露も小雪に促され翔太と舌を絡め始めました。

興奮してきたことで裸になり、翔太の身体を舐め始める女2人。

その部屋から漏れる喘ぎ声を、部屋の外で聞いている人物が。

奈都、晶、春歌の3人です。

嫉妬心をあらわにし、止めに入ろうと言う奈都。

そんな奈都を、春歌は制止します。

流石に止められないと判断する春歌と晶。

そこで奈都は、翔太を刺激する作戦を練り始めました。

一方、自分たちの行為に集中している翔太は外のことなど知るよしもありません。

今は処女の葉句露の脚を開き、モノを挿入しようとしていました。

最後まで入り、腰を振り始める翔太。

そんな翔太の臀部を、小雪は舐めています。

葉句露を満足させると、次は小雪の番。

誘惑する小雪に向かって、翔太は腰を振り続けるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】6巻-40話ネタバレ

自室でトランプタワーを作っているカレン。

そこに本部から通信が入ります。

その内容は、世界本部からの使者が日本に来るというもの。

カレンは周辺の警備の強化を指示されるのでした。

一方、翔太は今日もプールの授業に参加しています。

授業を受ける水着の女子を見ながら、今日行為する子を決める翔太。

そこに近寄ってきた奈都は話を始めます。

翔太の隣に座り、胸を見せて誘惑する奈都。

そんな2人をよそに、女子達は水泳で勝負をして翔太の当番を決めようと言い始めました。

参加するのは春歌に律香。

そこに小雪とちふゆも加わります。

しかし、これは奈都達の作戦。

女子達が必死に泳いでいる間に、奈都と晶は翔太にすり寄り…。

奈都がハサミで翔太の水着を切ったのです。

裸になった翔太が恥ずかしそうにしていると、自分の水着に入るようお願いする晶。

奈都はバスタオルを取りに更衣室に向かい、晶と翔太は1つのスクミズを一緒に着ています。

晶の巨乳と体が密着し、興奮する翔太。

チャイムが鳴ると、女子達は引き上げていきます。

一方の翔太は、晶と一緒にプールの中に隠れていました。

誰もいなくなったプールに残っているのは、晶と翔太。

そして戻ってきた奈都です。

翔太にイタズラをしたことで、自分たちにお仕置きをして欲しいと話す奈都。

翔太はニヤリと笑って奈都の胸を揉み始め、プールの中で晶を抱いて挿入します。

プールの浮力で晶を抱き上げる翔太は腰を振り続け、晶をイカせました。

その後、プールサイドでお尻を突き出している奈都にも挿入。

お仕置きだと言って奈都のお尻を叩いています。

プールには、奈都の喘ぎ声が響き渡るのでした。

その夜、寮の外を走る葉句露。

急いで茂みに入ると、パンツを脱いでおしっこを始めました。

散歩をするために外に出た葉句露ですが、尿意がきて茂みに入ったのです。

この茂みには、幽霊が出るという噂がある。

おしっこをしながら、相部屋の小雪の言葉を思い出した葉句露ですが、馬鹿馬鹿しいと気にしていません。

しかし。耳を澄ますと誰かの声が聞こえる…!?

異変に気付いた葉句露は、叫び声を上げて逃げ出すのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】6巻-41話ネタバレ

いつも通り学校に通う翔太。

今はカレンと一緒に廊下を歩いています。

そんな翔太が横に目をやると、そこには1年生の教室が見えました。

翔太はただ廊下を移動しているのではなく、今日セックスをする女子を物色していたのです。

その中の1人に目をつけた翔太。

杉山兎水という小柄な女の子を、今晩の相手に指名するのでした。

その夜。

緊張した様子で兎水が歩いています。

向かっているのはもちろん翔太の部屋。

扉をノックすると翔太が現れ、兎水は部屋の中へと入りました。

するとそこにはエリカの姿が。

驚く兎水ですが、翔太はエリカをペットだから気にするなと話します。

エリカを罵りながら、元彼の高松の話を始める翔太。

エリカは逆上しますが、翔太はそれ以上に怒りを爆発させるのでした。

顔面を掴み、エリカを罵倒する翔太。

エリカを離すと、兎水をベットに押し倒します。

まずは身体を舐める翔太ですが、エリカが見ているため恥ずかしいと話す兎水。

翔太は誰もいないと答え、そのまま行為を続けるのでした。

兎水の背後に回り、翔太は胸を触っていきます。

それはエリカに自分たちの行為を見せつけるため。

エリカに見えるように兎水をM字開脚させ、手で兎水をイカせるのでした。

そのまま行為を終え、深夜。

兎水と翔太がベットで眠る中、苦しそうな声を上げるのはエリカ。

薬物中毒になっていたエリカは、禁断症状が出ているのです。

エリカの治療薬を持っている翔太はその様子を見て薬を手に取り、自分の舌に乗せました。

少し躊躇したエリカですが我慢できず、翔太の舌にしゃぶりつき薬を飲みます。

その瞬間を狙って、激しいディープキスを試みる翔太。

興奮したエリカを残し、そのまま眠りにつきました。

翌日。

教室に向かった翔太は当番の生徒のところに向かいます。

ショートカットの美女の目の前に立ち、ディープキスをする翔太。

今夜部屋に来るよう誘いますが、その生徒は生理だと断ってしまうのでした。

その夜。

ショートカットの美女は寮の敷地にある茂みに入っていきます。

そこで誰かと通信を始める美女。

何かの作戦を実行すると連絡を受ける美女ですが、その相手はなんと橘絵理沙!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】7巻ネタバレ

7巻
42話43話44話45話
46話47話48話

【漫画 終末のハーレム】7巻-42話ネタバレ

夢中で奈都とキスをする翔太。

奈都の服を徐々に脱がせていきます。

2人が今いる場所は、女子寮の共同浴場。

女子寮に入り込んだ翔太を連れて奈都が浴室に入るとそこには、晶と春歌が裸で待っていました。

自分の身体にボディソープを塗り、こすりつけて洗う3人の美女。

翔太はその気持ち良さに声を上げています。

先日、プールで翔太とセックスをした晶と奈都。

1人だけ混ざれなかった春歌は、翔太におねだりを始めました。

それに応じる翔太は、春歌に手戯をします。

そのまま春歌を上に乗せ、挿入する翔太。

浴室には春歌の喘ぎ声が響き渡りました。

その後、一緒に湯船に浸かる4人。

そこに突然、律香が現れます。

最初は邪魔者が現れたと否定的な態度を示す春歌ですが、律香含めた5人でセックスをすることになります。

湯船の中で律香に挿入する翔太。

女の子っぽい律香の喘ぐ様子を見て、奈都達は意外だと感じるのでした。

そんな生活を送る翔太は、どんどん壊れていきます。

時には図書室で葉句露とセックス。

保健室で養護教諭の先生とセックス。

さらに、授業中にもクラスメイトに口戯をさせ始めたのです。

その日、対立している小雪と奈都は翔太の当番を決めるため言い争っています。

揉めている女子達を見て、翔太はある提案をしました。

奈都、葉句露、晶に小雪と春歌。

5人を椅子に座らせ、全員でキスをします。

その後、全員にお尻を突き出させる翔太は、その光景を見て高笑い。

並んだ女子達に次々と挿入していくのでした。

翔太の行動を見ていたカレンは上機嫌。

そんな翔太の酒池肉林の楽園から逃げだそうとしているのは汐音です。

脱走が発覚し、カレンに捕らえられた汐音。

5年前、翔太が通う学校のマドンナだった汐音は、翔太に尽くせばアイドルにしてもらえるという条件で学校に入っていました。

しかし、その願いが聞き入れられることはありません。

この学校の異常さを感じ、カレンの思惑を尋ねる汐音。

カレンが答えようとした瞬間、校内で大きな音が鳴り響きます。

一方、翔太は自室に帰っています。
そこで寝ているのはエリカ。

眠っているエリカを見て意外と可愛いと翔太が感じた瞬間、大きな音と共に寮が爆発しました!

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】7巻-43話ネタバレ

柚希先生に「君は強くて優しい子よ」と褒められる夢を見て、ゆっくりと目を覚ます翔太。

彼はどこかの病室のベッドに上半身裸で寝かされていました。

覚えているのは、翔太がいた学生寮の部屋がいきなり爆発したところまで。

翔太の目覚めを泣いて喜んだ花蓮に事情を聞いてみたところ、「翔太を誘拐すべくテロリストが襲撃してきた」と説明されます。

花蓮曰く、今の世界で資源の分配を仕切っているUWの事を快く思わない存在がいるそうです。

そんな話の途中で、病室の外から中の様子を覗いていた晶達が室内に乱入。

彼女達もやはり泣きそうな顔で翔太の回復を喜んでくれて、それに翔太は「心配かけてごめんね、皆は平気だった?」と笑いかけます。

翔太のそんな優しさに、女の子達は今度こそ本当に泣き出してしまうのでした。

その後、翔太と花蓮は病院の屋上に場所を移して、再び二人きりで現状の確認を。

病院周辺には見えないバリアが張られているため安全だそうですが、同じものは学園にも設置されていました。

それが機能しなかったという事は、つまり学園内部にスパイが入り込んでいたという事。

花蓮はその失態を謝罪しますが、翔太はやはり「誰も大怪我しなくて良かったよ」と笑います。

一番の怪我人は、爆発時に傍にいたエリカを庇おうとしてその上に覆いかぶさった翔太本人。

幸いにも背中の傷は既に治っていましたが、花蓮は「どうしてエリカさんを庇ったんですか?」と質問。

「反射的に動いちゃっただけ」と答える翔太に、花蓮は「大事な体なんですから」と注意します。

それを聞いて「僕は今この世界で動ける唯一の男だからね」と呟く翔太に、花蓮は少々気まずい顔……。

実は活動可能な男性は翔太を含めて5人いるわけで、これまで翔太に隠してきたこの事実を、花蓮はここで打ち明ける事にしました。

かつて同級生の男子からイジメを受けていた翔太は、自分以外の男がいる事を知って一気に不安な気持ちになってしまいます。

そんな翔太に花蓮は怪しい笑みを浮かべながら距離を詰めると、「邪魔じゃないですか?」と訊ねました。

花蓮のそんな問いかけを否定も肯定もしない翔太。

そして花蓮は「今のUW世界本部はゴタゴタしていて引っ掻き回すチャンス」だと説明し、さらに「私は世界で一番偉くなりたい」という自身の野望を翔太に明かします。

翔太は、花蓮のそんなスケールの大きな話に呆れながらも、フッと笑ってしまいました。

彼は「それなら一番に僕の子供を産むという手もあったんじゃない?」と花蓮に問いましたが、花蓮は人の上に立って指揮をする立場がいいのだと説明。

翔太が望むならメイティングにも応じますが、仮に子供を妊娠しても専属担当官の仕事は続けるつもりでいるようです。

そうして花蓮の話を一通り聞き終えた翔太は、「君の野望に協力しよう」と言って右手を差し出し、花蓮と握手。

そんな二人の様子を、学園に忍び込んでいたスパイが少し離れた建物から盗み見ていましたが、もう土井翔太の確保は不可能だと判断して撤退。

しかし、そのテロリストの本隊は今、別の場所でコールドスリープ装置ごと誘拐してきた4人目の男性を目覚めさせようとしていたのです!

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】7巻-44話ネタバレ

時代は少し遡って2040年――製薬会社で働く青年「木根渕善(きねぶち ぜん)」は某病院長に契約を打ち切られそうになり、必死に頭を下げていました。

原因は木根渕の後任となって病院長と交渉していた新人が失礼を働いたため。

そのフォローのために土下座する木根渕のところに、病院長の妻が登場。

木根渕は持参した高級ワインを彼女にプレゼントしてご機嫌を取り、それでどうにかこの場を納める事に成功しました。

自分と同じ30歳前後の院長婦人や、その妹の恋子という少女の優雅な暮らしぶりを見ながら「不平等だよな……」と感じる木根渕。

そんな彼にも家に帰れば可愛い恋人がいました。

ですが彼女に「もう働かなくていい時代なんだから、無理して嫌な仕事しないで私と結婚する?」と誘われても、木根渕は首を縦に振りません。

木根渕が仕事をしているのは、AI全盛時代で働く必要がなくなったとはいえ、それでも少し働いて収入を得ればより余裕のある生活ができるから。

そんな時代になると結婚という風習も時代遅れと見なされるようになっており、木根渕はあまり乗り気ではなかったのです。

翌日。

木根渕が会社に出向くと、美人ではあるもののキツイ性格をした女性上司が彼と新人をまとめて叱責。

さらに問題の病院長の担当は再び木根渕に戻されてしまい、会社が開発した新しい薬をあの病院に契約させるまでは担当でい続けてもらうと言われてしまいました。

それに頭を抱える木根渕でしたが、そんな彼に更なる不幸が襲い掛かります。

突然に走った胸の痛みに崩れ落ちる木根渕。

彼もまた「細胞硬化症」を発症してしまい、数年間のコールドスリープを余儀なくされてしまったのです。

非常に珍しい症例のために、AIによる薬の開発にも5年ほどかかると言われてしまいます。

それでも「今の仕事を辞めるにはいい機会かな……」と自分を納得させ、家で帰りを待っていた恋人に事情を説明しようとする木根渕。

すると彼女の方から「赤ちゃんができたの」という衝撃の告白をされて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】7巻-45話ネタバレ

恋人――ミキの妊娠をきっかけにして結婚する事を決めた木根渕。

もちろん自分がコールドスリープにつくことも説明し、その前に知人を招いて結婚パーティーを開きます。

そこには美人上司や病院長夫人らも出席。

大人二人はワインの飲みながらにこやかに会話していましたが、恋子は新郎新婦を見ながら「なんか彼の事がほしくなってきちゃったな……」と呟きます。

5年後、木根渕がコールドスリープから目覚める頃には彼女も18歳。

また新郎新婦が口づけを交わす場面になると、美人上司もまた「……」と面白くなさそうな顔に。

そして、いよいよ木根渕がコールドスリープにつくことになる当日。

彼のすぐ近くの部屋には同じくコールドスリープの準備に入っていた水原怜人と、最後に怜人と話がしたくて押しかけてきた橘絵理沙の姿が。

一方で、木根渕の所にも美人上司――出芽(いずめ)がやってきます。

出芽は今まで彼に厳しく当たって来た事を謝罪。

木根渕も彼女が働く女性として苦労しているのは理解していたのか、

「課長の事は尊敬してます」と返しました。

すると出芽は「お休みのキスよ」と言って木根渕の唇をいきなり奪います!

そして「コールドスリープから目覚めたら迎えに来るから」と言って立ち去るのでした。

そんな出芽の行動に驚きつつも、木根渕は自分が眠る事になる部屋へと戻ります。

そこには病院スタッフと一緒にミキも待っていてくれて、しばしの別れの挨拶をかわしてからいよいよコールドスリープに……。

お腹の子供と二人で、木根渕の帰りを待っていると約束してくれたミキ。

彼女のためにも早く目覚めようと思う木根渕でしたが……彼が次に目を覚ました時、そこは病院ではなく星空の見える屋外でした。

しかも彼が寝ていたのはコールドスリープ用のポッドではなく、ただの大きな岩。

そこに鎖で体をくくりつけられていたのです。

更に口枷まではめられていて、好きに喋る事すらできません。

木根渕は周りにいたフード姿の女性達に連れられて、謎の広場の中央へ。

そこには焼きごてを構えた別の女性が待っていて、恐怖に目を向く木根渕の額にそれを押し付けてきます!

そうして額に謎の模様を刻まれてしまった木根渕。

女性達は「聖痕は刻まれた!」と叫んで大盛り上がりをしていますが、木根渕にはその意味が全く分かりません。

しかし、リーダー格の女性がフードを脱ぐと、そこには彼もよく知る人物の顔がありました。

「課長……!!!」

なぜかこの場に現れた課長――出芽は、そのままフードを脱いで上半身裸になると、「口づけをして聖奴隷になりなさい」と言って自分の胸を差し出します。

出芽の大きな胸の谷間には、木根渕の額に刻まれたものと同じ模様があって……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】7巻-46話ネタバレ

謎の状況に「宗教団体にでも攫われたのか?」と怯える木根渕に、出芽は「素直に従わないと焼き印が増えるわよ」と脅してきました。

それだけは避けたかった木根渕は、女性達が差し出してくる謎のお香を促されるままに吸い込みながら、出芽のその大きな胸に口づけをしていきます。

恐る恐るといった感じの木根渕に胸を吸われて、その快感に身悶える出芽。

最後に木根渕が出芽の胸の谷間にある刻印を舐め、そのお返しに出芽も木根渕の額の刻印に口づけすると、儀式は終了。

「契約はなされた」と言って出芽は離れていきました。

代わりに今度は別の女性が、同じく裸の上半身とそこにある刻印を晒しながら木根渕に近づいてきて……。

儀式を待つ女性の数はざっと見ただけで数十人に上り、「この全員に同じことを繰り返すのか!?」と木根渕は戦慄。

ただし、その順番待ちをする女性の中に橘絵理沙の姿はありません。

彼女は集団から少し離れた所で様子を見ているだけでした。

その後、全員との儀式を終えた木根渕は洞窟に作られた牢屋の中に監禁されてしまいます。

「ミキはいないのか? 子供は生まれたのか? そもそも今は何年なんだ?」

次々と疑問が浮かんでくる木根渕の前に現れたのは、先ほどの儀式には参加しなかった絵理沙。

彼女は医師として木根渕の体調を確かめに来たと言います。

その絵理沙に質問し、今が2045年の7月だと教えてもらう木根渕。

さらにこの5年間で世界に何が起きたのかも説明してもらいました。

そして翌日。

やはり女性達に引っ張られながら牢の外へと連れ出された木根渕は、そこで自給自足で生活している小さな村を見る事に。

出芽はその村にいる何人かのリーダーの内の一人だそうです。

彼女に連れられて見晴らしの良い丘に連れてこられた木根渕は、日が落ちて夜に変わると、今度はローブを全て脱いで全裸になった出芽にのしかかられます!

「今、私のお腹には命の卵が下りてきてるの」

出芽はそう言って、仰向けに寝かされて身動きできない木根渕の上に跨りました。

そしてそのまま木根渕を騎乗位で犯していき、彼の子種をそのお腹に受け入れていきます。

事が済んだところで出芽はようやく木根渕に、彼の置かれた立場と役割を説明。

それは木根渕も予想していたとおりのもの――「この村の女性全員を孕ませる共有財産として生きてもらう」というものでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】7巻-47話ネタバレ

水原怜人は、UW世界本部からの使者・クロエから先日の事件について説明を受けていました。

UW日本支部の近くで同時多発テロがあり、その目的は「ナンバーズ」と呼ばれている怜人ら男性の身柄確保にあったこと。

4番目に目覚める予定だった男性――木根渕善が攫われてしまったこと。

そして怜人が探している橘絵理沙が、そのテロ集団の中心人物として活動していること……。

クロエは最後に「UWの独裁に逆らってメイティングを拒んできた貴方を評価する」と言って、部屋から出て行きました。

彼女が向かった先はUW世界本部に連絡を取れる通信室。

そこでクロエは全裸になると、モニターに映る世界本部のトップ達に状況を報告します。

木根渕善を除いた男性3人の確保成功と、火野・怜人のメイティング計画の凍結。

「理想郷はすぐそこね」

そう言ってクロエは怪しく笑います。

一方、絵理沙がテロリストになった理由が分からず落ち込む怜人でしたが、彼のスマホに絵理沙のペンダントからの信号が届きました。

「新潟? 今までは『海外』としか表示されていなかったのに……」

そこに明音が現れて、内緒話をするために盗聴器のないシャワー室へと移動する二人。

朱音が話したかったのは、彼女の母である鬼原長官の事でした。

鬼原はUW世界本部の人間に捕まって、これからMKウイルス創造の罪などで裁判を受けるそうです。

しかし彼女の事をよく知る朱音は、「あの人がウイルスを作ってたなんて思えない」と漏らしました。

朱音には5年前まで弟が一人いたと言います。

それはつまり鬼原の息子でもあるわけですが、鬼原はその息子の葬式にも出ることなく、MKウイルスで大混乱していた国内をどうにかしようと頑張っていたらしいのです。

その話を聞いた怜人は「鬼原長官と話をしてみましょう」と提案。

が、それを実行する前に更なる事件が起きてしまいました。

木根渕を攫ったテロ集団がテレビでゲリラ放送を始め、「私達は世界をUWの支配から解き放つための集団――『イザナミ』」と宣言。

さらに「UWはMKウイルスを世界にバラまき、女性だけの世界を作ろうとしているのです」と訴えます。

そして、その放送でイザナミの中心人物として演説をしているのは、他でもない橘絵理沙だったのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】7巻-48話ネタバレ

さらに絵理沙は「UWは女性の遺伝子だけで子供を作る計画を進めている」とも説明。

そんなUWに対して彼女らイザナミは、ナンバーズ4人とコールドスリープ中の男性らを引き渡すように要求します。

さらに世の女性達には「コールドスリープしている家族や友人達がいるのならば絶対に守ってあげてほしい」と訴えるのでした。

そうして世界に向けて「UWの野望を阻止するために立ち上がれ!」と発進したところで、UWは彼女らの電波ジャックを遮断。

落ち着き払った様子で「テロリストの言葉に惑わされないでください」と呼びかけてきます。

怜人はすぐにクロエの所に乗り込んで、先ほどの放送内容について問い質しました。

「本当に男性を滅ぼす気があるなら貴方もとっくに死んでいるでしょう?」と答えるクロエに、「既に世界に存在が知られている俺は最後に殺すつもりだったのでは?」とさらに詰め寄る怜人。

しかし実際のところ、クロエがここに来てからチャンスは幾らでもあった筈なのに、ナンバーズは今も全員が健在です。

そこでクロエが「熱くなってきたので一緒にシャワーでも浴びませんか?」と上着を脱いで胸を露出し始めたので、怜人は慌てて退散。

クロエはそのまま全裸になると、再び通信室でUW世界本部の上層部に連絡。

あのような放送の後ですが、本部は「ここまでは予定通り」と余裕を見せていました。

イザナミの電波ジャックが成功したのは日本国内のみで、海外には先ほどの放送が届いていません。

海外の情報統制や思想洗浄は今も順調で、残る気がかりは怜人らナンバーズの扱いと動向くらいのようです。

本部は最後に「ナンバーズの中でも水原怜人の扱いには特に気をつけろ」とクロエに命じるのでした。

その頃、朱音は母親である鬼原のもとを訪ねていました。

鬼原は外の状況を知りませんが、朱音が今ここにやってきた事から「民間組織が叛乱を起こしたか?」とすぐに察してみせます。

彼女らも世界本部ほどではなくてもテロリストの情報は掴んでいたのです。

そんな鬼原に朱音は質問をぶつけていき……。

その後、朱音は怜人や翠達と合流して「ここを出よう」と提案。

怜人は驚きますが、絵理沙に会おうとするならばそれ以外に手段はなさそうです。

しかしその前に、少し留守にしていた怜人の部屋にいつの間にか来客が。

クロエからの刺客かと思って警戒する怜人達でしたが、来客の正体は土井翔太と神谷花蓮!

そして翔太の姿はどういうわけか怜人と同年代か年上に見えるくらいにまで成長していて……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】8巻ネタバレ

8巻
49話50話51話52話
53話54話55話

【漫画 終末のハーレム】8巻-49話ネタバレ

大きなポッドに入り、あえて老化の処置を受ける事に決めた土井翔太。

若くいられる時間が短くなるのは、花蓮の計画にマイナスなのではないかと翔太は気にしますが、花蓮曰く「アンチエイジング技術が発達して、

全盛期の状態を30年は維持できるから問題なし」とのことです。

そうして数年分の成長を体験した翔太は、成長期だったのもあって一気に身長がアップ!

ついでに網膜にも手術を施して、眼鏡がなくても生活できるように変更。

結果、翔太は水原怜人よりも年上に見えなくもないイケメン青年へと変身を遂げたのでした。

怜人の方も彼に「土井翔太……さん」と年上に接するかのような対応に。

それからナンバーズ二人とその担当官達は、お互いが持っている情報を交換します。

花蓮は特にクロエの事を聞きたがり、怜人は彼女の事を簡単に説明。
代わりに花蓮からも「黒田マリアさんの妹もここに来てますよ」と教えてあげます。

それを聞いたマリアは妹の所へと一目散に駆け出していき、姉妹は久しぶりに再会を果たしました。

怜人達と別れた後、翔太は「知性を感じるだった」と怜人を評価。

花蓮の方は怜人を「お人好し」と思ったそうですが、そんな彼女に翔太は「柚希先生もここにいるの?」と質問します。

が、花蓮は嘘か誠か、「先生はテロが起きた後で安全なところ――UWも知らない場所に避難させました」と言ってくるのでした。

一方、怜人の方も元担当官の周防美来と大事な話が。

自分の部屋に呼びつけた彼女をいきなりシャワールームに誘って誤解を招く怜人でしたが、盗聴対策だと説明すると美来はそれに従ってくれました。

そしてシャワールームで怜人が切り出したのは「仲間と一緒にここから逃げよう」という大胆な提案。

それを聞いた美来は「私が密告するとは考えないんですか?」と当然の質問をぶつけますが、怜人はそれを言われて「考えてもみませんでした」と笑いました。

怜人にとって美来は、コールドスリープから目覚めた後でずっと世話になってきた大事な恩人。

だからこそ一緒に連れて行きたいと願う怜人なのですが……

美来はその誘いを拒絶しました。

「私は行けません……」

苦しそうにそう言ってくる美来に「UWが大切ですか?」と訊ねる怜人。

しかし美来はそれに答えず、その場で来ている服を全て脱いで裸になっていきます。

驚いて彼女に背中を向ける怜人に、美来は裸のまま抱き着くと「今すぐ私とメイティングしてください」と懇願してきて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】8巻-50話ネタバレ

美来から「ここで私とメイティングしてください」と頼まれて困惑する怜人。

彼が絵理沙以外の女性とメイティングをしない主義である事は、美来ももちろん知っています。

なので怜人は「そんなに俺と一緒に行きたくないんですか?」と少しショックを受けたような顔をするのですが、そうではありませんでした。

「私だって行きたいんです!」

そう言って珍しく声を荒らげる美来。

ですが、彼女は怜人についていけない事情があるようで、そのまま目から大粒の涙をこぼして泣き出してしまいました。

美来を傷つけるつもりがなかった怜人は慌てて彼女に謝罪。

すると二人は至近距離で見つめ合う形になってしまい、どちらからともなくその唇を……。

というところでUW世界本部のポープ補佐官が部屋に乱入!

ポープは既に朱音や翠を捕えていると怜人に伝え、彼と美来にも今から一緒にアメリカへ渡ってもらうと告げてきました。

それはイザナミから怜人達を守るためだと説明されますが、実際のところは分かりません。

そして抵抗できないまま車に乗せられそうになる怜人でしたが……

そこで翠に朱音、そして麗亜が叛乱を起こしてUW世界本部の女性達を次々とノックアウト!

怜人が連れて行かれるのをギリギリで阻止するのでした。

一方その頃、翔太と花蓮はUW日本支部の国務長官室に。

そこでは前国務長官の鬼原を失脚させたクロエがおり、花蓮は彼女に取引を持ち掛けていました。

花蓮の話を聞いたクロエは「理に敵った提案ですね」とそれを認めます。

しかし花蓮の話はそこで終わらず、「UW世界本部の参賢者に会わせてほしい」ともお願いを。

三賢者とはUW世界本部をコントロールしている天才達らしく、その出身や年齢はバラバラであるものの、「男嫌い」という共通点を持っているそうです。

が、クロエはその要求に対しては「翔太の今後の協力次第」として、ハッキリした回答は出しませんでした。

花蓮もそれは予想していたのか、「おいおいセッティングしてもらえれば」とあっさり引き下がります。

そしていよいよ本命の要求に乗り出す花蓮。

このまましばらく日本に残ってUW日本支部を統治するであろうクロエに対して、花蓮は「日本の事は日本人がやった方がいい」と提案。

それにクロエが「回りくどい事を言わずにハッキリ言ってみればいい」と促すと……

花蓮は怖い笑みを浮かべながら「私に国務長官のポストをくれませんか?」と口にするのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】8巻-51話ネタバレ

UW世界本部の拘束を逃れた怜人達は、そのまま日本支部の外へと車を走らせます。

彼らが到着した先には怜人の妹・まひる達も既に集まっていて、彼女達も一緒に逃げる事に。

これには麗亜の協力が大きかったのですが、彼女が怜人を逃がす手伝いをするのは彼のためではなく、彼を想う美来のためでした。

一方、翔太の方は成長後の身体で初めてとなるメイティングを……。

その相手は晶・奈都・春歌という特に親しい女の子達でした。

4人は一つの飴玉を順番に口移しするという遊びをしながら気分を高めていき、飴玉が一巡したところでいよいよ本番。

まずは晶がベッドに仰向けに押し倒されて、他の子達も見ている前で翔太に激しく抱かれていきます。

その様子にますます興奮した奈都と春歌も、翔太の裸に抱き着いていきその体にキスを繰り返していきます。

奈都は成長した翔太の姿を見ながら「どこか遠くに行ってしまった気がしたけど、まだそうやって照れた顔も見せるんですね」と怪しく微笑みます。

春歌は「前の可愛いところも良かったよね」と笑いますが、その後に翔太に抱かれる順番が回ってくると、その以前とは違う迫力に奈都ともども圧倒されるのでした。

女子3人がクタクタになっても翔太はまだ体力が残っているようで、「みんなは休んでて」と声をかけると服を着て寝室の外へ。

そこには担当官の花蓮の姿があり、新しい体で行った数日ぶりのメイティングの感想を訊いてきます。

それに「体調もいいし、すごく気持ちよかったよ」と返す翔太。

彼のそんな余裕と落ち着きを見て、花蓮は「本当に成長したみたいですね」と褒めてきます。

が、そこから話題はクロエや水原怜人の事に。

クロエには「国務長官のポストが欲しい」と言ってあるのですが、残念ながらすぐにそれを実現してくれる気はないようです。

また怜人が脱走した事についても花蓮は既に把握。

それを聞いた翔太は「思い切った事をする人だな」と怜人の評価を改めるのでした。

その怜人はというと、港に停泊しているコンテナ船へと乗り込む準備中。

案内してくれたのは麗亜ですが、彼女は美来と一緒にここに残ると宣言します。

それでも怜人の留守中に、未だコールドスリープ中の彼の兄――水原龍もできるかぎり守るよう努力すると言ってくれました。

そんな麗亜に「お願いします」と頭を下げる怜人とまひる。

怜人は最後に、美来にもこれまでの感謝を伝えます。

すると美来も「私の方こそ、一緒に居られて光栄でした」と感謝。

しかし寂しげな顔をする美来を見て、怜人は彼女を抱きしめながら「必ず戻ってきますから」と約束するのでした。

そうして船に乗った一同は港を出発。

ここからの案内人として紹介されたのは、イザナミのゲリラ放送で絵理沙と一緒に映っていた単発の女性でした。

彼女は「今から台湾に向かい、絵理沙と合流します」と怜人に言ってきて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】8巻-52話ネタバレ

絵理沙のペンダントの反応があった新潟ではなく「台湾」に向かうと聞いて驚く怜人。

それに対しイザナミの女性案内人は「リスクの高い日本国内以外にも、色々な場所に拠点がある」と説明しました。

そうして台湾に到着するまでの間、ぼんやりと夜の海を眺めて過ごす事になる怜人でしたが、その脳裏に浮かぶのは絵理沙と美来のこと。

すると妹のまひるからも「美来の事を考えてたでしょ」と見透かされてしまいます。

まひるは兄に一枚のタブレットを渡すと不機嫌そうに退散。

「なんで怒ってるんだ?」と不思議そうな怜人がそのタブレットを起動すると……

そこにはまひるをしつこく口説いていた、火野恭司の姿が映し出されました。

火野の担当官が、UWにバレずに連絡を取り合えるようにと専用のタブレット端末を用意してくれたそうです。

火野の方はクロエに命じられてメイティングも外出も禁止中。

これはもう軟禁状態だと嘆く火野でしたが、そう話す火野の部屋にいきなりクロエが登場!

火野は咄嗟にタブレットを隠します。

クロエから「水原怜人がテロリストに誘拐されてしまったが、その行方に心当たりはないですか?」と訊かれる火野。

しかし彼は正に今その怜人と話していた等とはおくびにも出さず、「それは大変だ。彼は人類の宝なんだから早く見つけないと」としらばっくれました。

そんな火野の演技に気付いているのかいないのか、クロエは話題を変えて「担当官以外の女性とは接触しないように」と言って北山を追い払おうとします。

火野はそれに対して逆らえなかったものの、「全てがあんたの思い通りになると思うなよ」とクロエを睨み付けるのでした。

そんな火野を鼻で笑って退室するクロエ。

火野の担当官である石動は彼に「水原怜人と一緒にここを逃げたかったのでは?」と訊ねますが、火野はそれを笑って否定します。

「俺は皆を置いて逃げ出したりはしないよ」

そう言って彼が展開したホログラムには、火野の子供を身籠った女性がたくさん写っていました。

一方、火野と違ってメイティングを許されている土井翔太。

彼は以前にメイティングした事のある下級生――杉山兎水に注射を打ってもらっていました。

「何の注射ですか?」と不思議そうにする兎水に、翔太と花蓮は「健康を保つためのもの」と説明。

そして注射を担当した女医と花蓮に退室してもらうと、翔太はそのまま医務室のベッドで兎水とメイティングを開始!

恥ずかしがって声を抑える兎水に「誰もいないから大丈夫だよ」と言ってどんどん行為を激しくしていく翔太。

それに兎水も次第に大きな声を出して、メイティングに没頭していくのでした。

その後、疲れてベッドに横たわる兎水を置いて部屋から出ると、そこには花蓮の姿が。

二人の話題は先ほどの注射――「ホルモンバランスの調整」について。

UW世界本部が男を毛嫌いしているため、生まれてくる子供が全て女性になるようにメイティング相手の女の子達に必要な処置を施していたのです。

「仮に予想外の事が起きても、この私が対処します!」と明るく自信満々に宣言する花蓮。

すると、そこに石動と北山が通りがかりました。

翔太が北山を見て思わず「綺麗な人だな」と口にすると、それを聞いた花蓮は面白そうにニヤリと笑って……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】8巻-53話ネタバレ

縛り付けられ、涙を流すポープ。

ポープをお仕置きしているのはクロエでした。

怜人を捕らえるようポープに命じたクロエですが、任務が失敗に終わったことで鞭を使ってポープを打ちます。

ポープのお仕置きを終え、別の部屋に移動したクロエを待っているのは美来と片桐

捕らえられた2人を、クロエは独房に入れるよう指示するのでした。

その頃、カレンは翔太を連れてある場所へ向かいます。

翔太が入ったのは大きなマジックミラーがある部屋。

マジックミラーの先には、多くの女性が入浴している大浴場があります。

その中から好きな人を選ぶよう話すカレン。

翔太の目についたのは、昨日擦れ違った可愛い女の子でした。

それ以前から見覚えがあると感じる翔太の疑問に、カレンは答えます。

その女性は元女優。

しかし、その女性は火野のメイティング相手だと翔太は分かっています。

その瞬間、あることを悟る翔太。

目の前にいるのは火野のメイティング相手なのです。

全てを悟った翔太に、カレンはニヤリと笑うのでした。

一方、怜人たちは台湾の北部まで来ています。

そこから車で移動し、九份という場所まで移動。

いよいよ絵里沙と再会するときが近づいてきます。

ようやく会えると感じた怜人は、夏祭りのことを思い出し始めました。

コールドスリープに入る前、絵里沙と行った夏祭り。

楽しいはずの夏祭りで、絵里沙は切ない表情を見せる瞬間がありました。

怜人が尋ねると、世界情勢のニュースを見て悲しくなったと話す絵里沙。

話しを聞いた怜人は、医者になるために努力している絵里沙を褒め、今日は楽しむよう話すのでした。

過去の絵里沙を思い浮かべ、怜人は道を進んでいます。

フードを深くかぶり、人目を避け…。

そんな怜人がふと顔を上げると、そこには本物の絵里沙が!!

絵里沙を見た瞬間、怜人は足を止めました。

そのまま何も話さず、2人はただ見つめ合います。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】8巻-54話ネタバレ

階段を上っていると目の前に現れたのは絵里沙。

怜人はゆっくりと絵里沙に近づき抱きしめました。

一方で、抱きしめられて絵里沙は切ない表情を浮かべています。

やっと再会できた絵里沙に、怜人が何かを伝えようとした瞬間。

背後からまひるが現れ、2人の間に入ります。

まひるとの再開に笑顔になる絵里沙。

イザナミの使者はある店にメンバーを案内し、怜人たちはそこで話を始めます。

これからのこと。

UWへの反政府組織であるイザナミのこと。

怜人は絵里沙に質問をぶつけました。

絵里沙の回答は、イザナミも一枚岩ではない。

UWへの抵抗という理念は全員が共有しているものの、その後の世界への思想はバラバラなのです。

絵里沙たちと対立している派閥は、奪ったナンバー4とともに原始的な生活を送ろうとしていると話す絵里沙。

それはナンバー4を性奴隷のように扱うということだったのです。

そして、これからの動きについては、まずは香港を目指すことになりました。

香港で他のメンバーと打ち合わせをし、その後はヨーロッパに向かう。

そこにある研究施設に怜人が辿り着ければ、MKウイルスの特効薬の開発が出来る、と絵里沙は断言します!

怜人たちがそんな話しをする一方で、ナンバー4の木根渕善はイザナミに捕虜のように扱われています。

連れ去られて数日がたち、善は毎晩のように複数の女性と行為をさせられていました。

そして今日も…。

善の前に現れたのは3人の女。

美鈴と呼ばれるリーダー格の女は、他の2人に口移しで善に食事を取らせます。

その後、善のモノを咥え、騎乗位で挿入する美鈴。

好き放題にされ、善はやっと行為を終えるのでした。

翌朝、善が眠っていると1人の少女が現れます。

その少女を善は知っている…。

少女の名前は恋子。

5年前、善が勤めていた病院の、院長の娘だったのです。

初めてこの世界で会った知り合いに対し、善は妻と娘のことを尋ねます。

善の弱みにつけ込んだ恋子は、自分の言うことを聞くように命令するのでした。

恋子に連れられて、閉じ込められていた部屋の外に出る善。

恋子が向かった先にいたのは、恋子の母であるころん。

ころんは善が嫌っていた院長の妻です。

今晩は楽しもうと話してくるころん。

今日の相手は、この親子だったのです。

元上司の妻と子どもとセックスをするというシチュエーションに、善は興奮してしまい。

恋子の処女を奪って、ころんと体を交わらせるのでした。

行為を終え、抱き合う3人。

そこで、ころんがあることを口にします。

それは、しばらくすると〝祭り〟がある。

その祭りでは、女達全員が善の身体を貪ると言うのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】8巻-55話ネタバレ

5年前はまだ中学生だった恋子とも再会を果たした木根渕善。

実は村に連れてこられた初日の夜。

あの聖印に口づけする儀式の際にも二人は顔を合わせていたのですが、その時の木根渕は全く気付いていませんでした。

恋子の方もあの時は、連れてこられた聖奴隷が木根渕だとは知らなかったので驚いたそうです。

恋子は木根渕の口枷を外してくれて、彼からの質問にも素直に答えてくれます。

彼女の父――安保院長は自分の病院でコールドスリープ中であり、恋子の母が管理をしていると言います。

しかし恋子にとって父はどうでもいい存在らしく、あまり興味がないようでした。

「善だってパパの事は好きじゃなかったでしょ?」と笑顔で聞いてくるほどです。

そして木根渕が一番聞きたかった「妻・ミキの所在」についてですが……これは残念ながら何も教えてくれません。

大事な妻と、そして彼女が身籠っていた子供の安否を気にしてしつこく食い下がる木根渕。

そんな彼に恋子は小さなナイフを突きつけて黙らせると、今度は「可哀想な私の善」と言って彼を抱きしめます。

恋子もまた何をしでかすか分からないと思ったのか、木根渕はそれで一旦大人しくなると、彼女に連れ回される形で村の散策に。

ただし、木根渕の首には首輪とそこから伸びるリードがついており、それはさながら犬の散歩のような光景。

それでも大人しく恋子について行くと、彼女はこの村について様々な事を教えてくれました。

村や集落は他にもあるようですが、今歩いているこの村の人口は60人程度。

住人達の年齢は10代後半から20代の「性欲旺盛で妊娠適齢期」な者がほとんどだそうです。

また住人達は狩猟班や建築班、漁業班などに分かれて役割分担しており、狩猟班のリーダーは昨日の「儀式」で木根渕の相手をした有手美鈴

ちなみに恋子は医療班の一人です。

そして農耕班のリーダーが、木根渕もよく知る出芽輝奈(いずめ てるな)だと説明。

その時ちょうど出芽が二人の前にやって来て、「あなたはもう私達の所有物なのだから、ここから逃げようなんて思わない事ね」と脅しをかけてきました。

木根渕も脱走がバレるとどうなるかは既に思い知っていたので、それには素直に頷きます。

すると彼のそんな態度が気に入ったのか、出芽は木根渕に熱いキスをして満足げに去っていきました。

次に現れたのは恋子の母である「安保ころん」。

恋子と同じく医療班である彼女は木根渕の健康状態を心配しますが……

そんな優しさを見せながら、同時に「今晩は楽しみましょうね」と蠱惑的に微笑みます。

それで今夜の相手がころんと恋子なのだと悟る木根渕。

その予想は当たり、夜になると彼は森の奥でまたあの怪しいお香を嗅がされながら、母娘二人と儀式をする事になりました。

まずは恋子が「私からいい?」と母に訊ねながら木根渕の上に跨って、初めての儀式に臨んでいきます。

しかし慣れない行為と痛みに恋子は涙目になってしまい、そこからは経験豊富な母に手伝われながらじっくりと木根渕を受け入れていく形に。

もちろん恋子だけと繋がって終わる筈もなく、その後はころんとも儀式を繰り返して、3人は汗だくになるまで行為を続けていきます。

そして事が終わった後、恋子は「分かったでしょ? 善は私達の性欲のはけ口なの」と笑顔で説明。

さらにころんも、「この後もっとすごいお祭りがあるわ」と言って笑います。

その祭りとは、村の女性全員で木根渕の体を貪るというものらしく……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】9巻ネタバレ

9巻
56話57話58話59話
60話61話62話

【漫画 終末のハーレム】9巻-56話ネタバレ

ころんが言った「祭り」へ向けて、毎日毎晩この村の女性達と順番に儀式を繰り返す事になる木根渕。

といっても木根渕が女性を抱くのではなくて、目隠しや手枷をされてほとんど身動きできない木根渕を、当番の女性がそれぞれ自分の好きなように彼を使って性欲を満たしていくという形です。

それは恋子の言う「性のはけ口」そのものといった扱われ方で、木根渕は肉体的にも精神的にもだんだんと消耗していきました。

そんな彼に安保母娘は怪しげな精力剤らしきものを持ってくると、それを口移しや足舐めプレイで木根渕に飲ませていきます。

が、その精力剤を飲まされてからの一週間、木根渕は彼女らの裸を見せ詰められながらも儀式をさせてもらえない「お預け」状態に。

これまでの儀式漬けの生活からの反動もあって更に精神を追い詰められていく木根渕……。

そこへ初めて見る女性「兵州手亜咲美(へすて あさみ)」が現れます。

彼女は木根渕の額にある聖印に口づけすると、今度は自分の頬にある聖印に彼からの口づけを貰い、それであっさりと退室。

しかしその前に「もうすぐ教祖様が村にお越しになる」と告げていくのでした。

一方、木根渕に我慢を強いている村人――そのリーダー格の女性達は、仲間達の集結を祝って酒盛りをしていました。

そこには亜咲美と同じく、しばらく村の外に出ていた漁業班のリーダー「保世いと」という女性の姿も。

いとは橘絵理沙が木根渕用の精力剤を作ったと聞いて意外そうにしますが、それに関しては出芽らが「コールドスリープ中の男性らを復活させた際に必要になるから」と説得したそうです。

絵理沙がイザナミと思想を異にしている事は出芽らも承知済み。

しかし絵理沙にはイザナミのネットワークが、そしてイザナミには絵理沙の医療知識がそれぞれ有用であるため、お互いに利用し合っているのでした。

いとはその話を聞いてひとまず納得するものの、出芽らが自分と亜咲美を抜きにお楽しみの儀式を繰り返していた事には不満顔。

そんな彼女を皆は「もうすぐイザナミの聖夜が訪れるのだから」と言って慰め、乾杯するのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】9巻-57話ネタバレ

朝、村の一角にある池に集まって水浴びをするイザナミの女性達。

その人数は少しずつ増えているようで、それに恋子は「男がいれば周りの集落から人が集まってくるのも当然」と言いました。

彼女らは水浴びを終えるとスダチのような果物を使い、その絞った液体を自分の肌に擦り込んでいきます。

全員、今夜に行われる聖なる儀式のために身体を清めているのです。

一方、彼女らの相手をする事になる木根渕は今も拘束されたまま。

しかも興奮剤を飲まされた上でのお預け状態にあり、儀式の事しか考えられなくなっていました。

そして夜、女性達は木根渕を広場に連れ出すと、彼をX字形の磔台に拘束。

木根渕にはいつもの怪しいお香を、女性達も何やら怪しげな液体を飲み干して、遂に儀式が始まるのかと思いきや……

「聖心祓穢(せいしんばつわい)!」

そう叫びながら木根渕の体を榊でビシバシと叩いていく女性達!

傍から見るとSMプレイの鞭打ちにしか見えない光景でしたが、それには「木根渕の心の穢れを祓い、そこに『イザナミを統べるもの』を降臨させる」という効果があるのだと亜咲美は言います。

「聖心祓穢!」「聖心祓穢!」

そう言って次々に木根渕を叩いていく女性達と、叩かれる度に興奮しながら「ありがとうございます!」とお礼を言う木根渕。

そんな異常な光景がしばらく続いた後、木根渕は磔台から解放されて、今度は村の池へ。

そして「振魂の池」と名付けられたその池に、女性たち数人がかりで無理やり沈められてしまいます。

精神状態が普通ではない木根渕はそれにさして抵抗も見せず、そのまま池の底で動かなくなってしまいました。

そこでようやく女性達が手を離すと、木根渕はまるでもう生きていないかのように脱力した様子で水面に浮かび上がってきます。

さすがにマズいのではないかと慌てる女性も出てくる中、しかし木根渕はいきなり自力で起き上がりました!

「我らイザナミの主……『イザナギ』の降臨です」

先ほどまでとは何か違う、力強い雰囲気を纏った木根渕の姿を前に、イザナミの女性達は膝をついて頭を垂れるのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】9巻-58話ネタバレ

様子の変わった木根渕を見て、いとは「これが教祖だって……?」と驚きの声を上げました。

あまり驚いていないのは亜咲美や出芽といったイザナミの各班長くらいで、他の女性達もやや戸惑い気味です。

そんな中、木根渕は「女がいる!」と鬼気迫る表情で辺りを見回すと、その中の一人――美鈴にいきなり襲い掛かりました。

そしていつもとは立場が逆転し、木根渕は欲望のままに美鈴の身体を激しく貪り始めます。

それに美鈴は慌てますが、しかし彼女の身体もまたこの夜に向けて仕上がっており、木根渕の責めに敏感は反応を見せてしまいます。

二人の激しい絡みを見て、早くも顔を火照らせていく、ころんや出芽。

頃合いを見て亜咲美が木根渕に「イザナギ様……あちらで待つイザナミの女達を好きなだけお貪りください」と促すと、木根渕はそれにニヤリと笑って広場の方へ。

そこには彼に抱かれるのを裸で待つ数十人もの女性達が。

真っ赤な顔で期待の眼差しを向けてくる彼女達に、木根渕は「全員足腰が立たなくなるまで抱いてやる」と宣言。

そしてその言葉通り、村人達を順番に激しく犯していくのでした。

……しばらくして、宴の輪から少し離れた所で出芽と亜咲美はその様子を観察。

二人も既に一度、木根渕に抱かれた後でした。

イザナギの矛で女達の海をかき回す――イザナギとイザナミの交わりは、新たな国を作る事だと彼女達は語ります。

亜咲美は、たかだか4~5人の男性だけで世界中の女性を相手にするのは無理だと考え、その問題を解消するために木根渕を変身させたのです。

「イザナギ様ならば世界中の哀れな女性達に悦びを与えてくれます」

「性の永久機関の誕生ね」

そう言って幸せそうに笑い合った二人は、もう一度その悦びを味わうべく木根渕の所へと駆けていきます。

そして木根渕は数十人の女性達から寄せられた期待に応え、彼女らが満足するまでひたすら儀式を続けるのでした……。

やがて、女性達は一人残らずグッタリと広場に横たわり、夢見心地といった様子で余韻に浸っていきます。

ですが、木根渕の方はどれだけ女性を抱いても満足には至らないようで、また新たな女を求めてどこかへ旅立とうとしてしまいました。

そこで木根渕の体力も尽きたのか、とうとう彼もダウン。

翌朝、激しい頭痛と共に目覚めた木根渕は、昨夜の事を全く覚えていません。

しかし亜咲美は「きっとまた会える」と言って、今後も同じような儀式を続けるつもりでいたのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】9巻-59話ネタバレ

水原怜人は現在、香港を目指して東シナ海の洋上を移動中でした。

ボンヤリと海を眺めているマリアに気付いた彼は、「妹さんを残して日本から出てきちゃって良かったの?」と彼女に質問。

それに対してマリアは「妹が元気にやっているのは確認できたし、私は水原君の担当官だから」と答えます。

後半部分は奥手な彼女なりに思い切った発言だったのですが、残念ながら怜人にはその想いが伝わらず「責任感が強い人なんだね」ととられるだけに終わってしまいました。

仕方なくマリアは更なる勇気を出して怜人に好意を伝えようとしましたが、そこに絵理沙がやって来て会話は終了。

絵理沙はマリアに断って怜人と二人きりになりますが、しかし「私が怜人を独占するわけにはいかない」と彼に言ってきます。

怜人の存在はMKウイルスによって滅ぼうとしている人類全体にとって極めて重要です。

そのため「もしも私とメイティングする事で怜人の健康状態に問題が起きてはいけない」と絵理沙は考えているようでした。

ただし、その一方で「この騒動が全て終わったら、その時は私と……」と顔を赤らめながら大胆発言。

絵理沙のそんな言葉に怜人も顔を真っ赤にしてしまうのでした。

同じ頃――UW日本支部では、あの女優志望の女性・星野汐音がドラマのオーディションに臨んでいました。

汐音は、翔太の推薦と、今や民生長官となった神谷花蓮の後押しもあって最終面接まで進む事に成功。

その最終面接とは……翔太の寝室に赴いて彼に抱かれる事でした。

青年の体に成長した翔太と会うのは初めてだった汐音は、その事にも最終面接の内容にも驚いてしまいますが、それでも夢を叶えるために下着姿になって、彼が待つベッドへ。

そして演技なのか本当なのか、翔太に激しく抱かれながら気持ちよさそうに身体を震わせていきます。

一方の翔太も「こうやって最低な男を演じるのも悪くない」と笑いながら、行為の最中に汐音にドラマのセリフを読ませるという遊びに。

逆らう事の出来ない汐音は、翔太に言われるままベッドの上で必死にセリフを紡いでいくのでした。

そんな風に、形はどうあれ汐音との約束をしっかり守って総務長官への推薦をしてあげる翔太でしたが、花蓮の方はそれだけでは終わりません。

国務長官になり損ねた花蓮は今も悪巧みを継続中。

その矛先は先日翔太が気にしていた女性――元女優で今は火野恭司のメイティング相手である北山玲奈に向けられていたのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】9巻-60話ネタバレ

花蓮の企みで、翔太とレストランで会食する事になった玲奈。

火野でない男性との食事に緊張する彼女に、翔太は「火野さんは素敵な方ですよね」と話題を振っていきます。

それで玲奈も笑顔になっていくのですが、しかし花蓮が「でも妊娠はまだですよね?」と訊ねると再び顔を曇らせてしまいました。

そして玲奈の相手を翔太に変えてみるという提案をされると、彼女は慌てて「やめてください!」と抗議。

玲奈に火野以外の男性とメイティングする気はありません。

ところが、食事に毒を盛られてしまった彼女はそのまま意識を失って倒れてしまい、翔太に抱きかかえられて寝室へと運ばれてしまうのでした。

「他人の女性を盗るのはゾクゾクするね」

そう言って笑いながら、意識のない玲奈の体に手を伸ばしていく翔太。

彼は玲奈の前髪をそっとかき分けて額にキスをしようとしますが……そこで柚希先生の事を思い出しました。

あの人に「痛くなくなるおまじない」として額にそっと口づけされた思い出が蘇ったのです。

それで冷静になった翔太は、玲奈にはそれ以上何もせずにその場を後に。

彼が廊下に出ると、そこでは火野の専属担当官である石動が花蓮に猛抗議をしていました。

しかし民生長官になった花蓮の立場は、今や石動よりも遥か上。

それを指摘されて石動は花蓮に頭を下げながら玲奈の解放を求めるのですが……そこに翔太が静かに登場。

彼は「何もしてないから安心していいですよ」と言い、石動を部屋に通しました。

その結果に花蓮は「やっぱり翔太様は翔太様ですね」と何故か笑顔に。

「こうなるってお見通しだったんでしょ」と言ってくる翔太にも答えをはぐらかします。

が、花蓮はそこで「そんな翔太様を好きになった女の子が!」と言って別の女性を紹介してきました。

それは意外にも、5年前に翔太をイジメていたあの同級生――エリカ!

当時と同じ高校の制服姿に着替えた彼女は、何やらしおらしい態度で翔太の前に姿を現して……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】9巻-61話ネタバレ

クスリが抜けてまともな状態に戻ったというエリカと再会させられる翔太。

それを仕組んだ花蓮は「彼女とならメイティングしても柚希先生に嫌われませんよ」と翔太をそそのかすと、彼をエリカと二人きりにしてその場を後にしてしまいました。

そうして自分の職場に戻った花蓮の前に、今度は火野が勢いよく怒鳴り込んできます。

「どうして玲奈ちゃんを土井君に抱かせようとしたんだ!?」

そんな火野の怒りを、花蓮は「何の事でしょうか?」ととぼけて煙に巻いてしまいます。

いくら詰め寄っても全く相手にしてこない花蓮に火野は「俺についている女の子達には絶対に手を出すな!」と釘を刺してから退室。

それと入れ替わりで首藤総務長官が執務室に入って来て、「こうやって揉めるのは目に見えていたでしょう?」と呆れ顔に。

しかし花蓮は「鈍いですね~……こうやって揉める事自体が目的なんですよ」と悪い顔をしてみせるのでした。

同じ頃、寝室に押し込められた翔太とエリカは自然とあの爆破テロの話に。

エリカはあれをただの地震だったと思っているようで、「庇ってくれてありがとう」と翔太にお礼を言います。

翔太は彼女の勘違いを特に訂正はせず、庇った事についても「特に意味はないよ」と流しました。

エリカはその後も「土井はカッコよくなったね……」と翔太に話しかけますが、翔太の方は彼女を見ているとやはり5年前を思い出してしまい、口数が減っていきます。

そんな彼にエリカは懐から取り出した薬物治療の錠剤を渡し、「あの時みたいに飲ませてほしい」と赤い顔でおねだり。

話がそちらの方向に進むと翔太もエリカと話せるのか、彼は錠剤を一粒手に取ると「口を開けて」とエリカに命令。

そしてエリカの口の中にやや乱暴に錠剤を突っ込んでいきます。

しかしエリカはそれに抵抗するどころか、恍惚とした表情で翔太の指まで舐め回してきました。

そんなエリカの様子に興奮した翔太は、彼女をベッドに押し倒してメイティングを始めていきます。

「灯りを消して……」と言って恥ずかしがるエリカのお願いを無視してそのまま彼女にのしかかり、彼女の首を軽く締めあげながら犯していく翔太。

一方その頃、香港へとたどり着いた怜人達は武装した謎の女性集団と対峙していました。

しかしそこへ怜人達を助けるかのように、チャイナ服を着た別の女性が現れて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】9巻-62話ネタバレ

香港の地で追っ手から逃げている怜人達。

「ここは二手に分かれましょう!」という絵理沙の提案によって、怜人は謎のチャイナ美人・冰冰(びんびん)と二人きりで隠れ家に一時避難する形になりました。

が、二人きりになった途端に冰冰は怜人を誘惑!

彼の両手を取って自分の足やお尻に誘導し、その肌を触らせていきます。

さらに小さな桃を口移しで怜人に食べさせたり、着ていたチャイナドレスをはだけて怜人をベッドに誘ったり……。

しかし怜人はそれに「本気の誘惑と嘘の誘惑は全然違う……貴女は俺を試しているだけだ」と、彼女の嘘を看破。

一方で怜人の方も冰冰に嘘をついていて、実は「二手に分かれよう」というのは事前に彼らが用意した作戦の一つでした。

香港で怪しい人間から接触があったら、そうして怜人が一人になったように見せかけて相手の動きを探るつもりでいたのです。

そのため絵理沙達ともすぐに合流。

一同は、冰冰がどうやら怜人に危害を加える気がないようだと判断し、彼女を案内人と認めるのでした。

その頃、UW日本支部ではナンバーズである火野に、彼の担当官である石動から重大な事実が伝えられていました。

「男の子!?」

火野とメイティングし、彼の子供を妊娠した女性の中から、「男の子を妊娠した女性」が確認されたのです。

出産予定日まではおよそ三か月。

もしも問題なく子供が生まれて、MKウイルスのある外気に晒されても生き延びる事が出来れば、それは人類にとって希望となります。

ですが、男という存在を快く思ってないUW世界本部の面々にバレてしまったら、母子ともに何をされるか分かりません。

「絶対に守らなきゃ……」と拳を握る火野でしたが、そんな火野と石動の会話を、ドアの向こうで花蓮がこっそりと盗み聞きしていて……?

その後、花蓮が担当しているナンバーズ・土井翔太は、すでに何度もメイティングしている晶に会っていました。

日本支部の施設でバレーボールの練習をしていた彼女は、誰から聞いたのか、「男の子を妊娠した人がいるらしい」という噂を口にします。

そして「私も赤ちゃん……産みたいです」と言いながら、その場でユニフォームを脱ぎ始め……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】10巻ネタバレ

10巻
63話64話65話66話
67話68話69話

【漫画 終末のハーレム】10巻-63話ネタバレ

室内を走る晶。

その様子を、翔太は観察しています。

晶の足を押さえて腹筋を手伝い、汗だくになった晶に翔太はキスをします。

そのまま行為は進みバレーネットに手をつく晶。

お尻を突き出し、翔太にモノをねだるのでした。

攻めていた翔太も、晶の姿に息を飲みそのまま挿入します。

バックから駅弁に体位を変え、腰を打ち付ける翔太。

翔太の赤ちゃんが欲しいと叫ぶ晶の中に、翔太は全てを注ぎました。

その後、キスをしながらシャワーを浴びる2人。

そこで、翔太は晶にお願いがあると言います。

翔太の言葉を聞い、何でもすると晶は答えるのでした。

一方、香港にいる怜人はビンビンに案内され、建物の中に入っていきます。

中に入ると、そこにいたのは絵里沙や朱音、マリアにまひる。

彼女たちは、おばあさんに占いをしてもらっていました。

その占い師こそビンビンのボスであり祖母、ルーターレンだったのです。

怜人を占い始めるルーターレンは、アメリカのUW本部の話しを始めます。

「三賢者は男嫌いで、女の世界を作ろうとしている」

「日本のUWはその狙いに気付いており、ナンバーズを匿って特効薬を作ろうとしたが世界本部にそれを阻止された」

そう話すルーターレン。

話しを続けるルーターレンは、ナンバーズに話を移します。

〝火の男〟は単純。

積極的に子作りし、いずれは男の子が生まれる。

〝土の男〟も火の男に似て子作りに励んでいるが隣に悪い女狐がいる。

〝木の男〟は女の奴隷となり哀れな生活を送る。

ここまで火野、翔太、善のことを、ルーターレンは的確に言い当てたのです。

その後語られる〝水の男〟怜人に関しては
二つの運命があると話します。

一つは愛する人と添い遂げる平穏な道。

もう一つは数多くの女に翻弄される修羅の道。

問われた怜人の答えは、ウイルスの特効薬を作って世界を救う!というものでした。

どちらの選択もせず、我が道を進むと心に誓う怜人。

そんな怜人に、ルーターレンはMKウイルスの結晶を手渡します。

結晶を受け取り、世界を救うと約束する怜人。

そんな怜人たちが旅立つとルーターレンの背後から人影が現れます。

怜人は西に向かったと話すルーターレーンの背後から現れたのは世界本部からの使者、クロエ!?

チャイナドレスに身を包んだクロエは、不適に笑うのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】10巻-64話ネタバレ

今度はヨーロッパを目指してジェット機で移動中の怜人達。

香港で受け取ったMKウイルスの結晶と、ヨーロッパの研究施設、そしてウイルスの抗体を持つ怜人。

この三つが合わさる事でワクチン製作もいよいよ現実的になってきます。

が、ウイルス結晶を管理しているのは厳密には冰冰であり、彼女の許可が無ければ結晶を納めたスーツケースは開けられません。

そして冰冰は絵理沙の素性を疑っていました。

かつてイザナミというテログループに所属していた事もある絵理沙。

その胸には聖印と呼ばれる焼き印が確認できるのですが……

実はタトゥーシールだったそれを絵理沙はあっさりと剥がしてみせます。

「イザナミにいたのは、別のナンバーズ(木根渕)をUWから助け出すためにそれが必要だったから」

そう説明する絵理沙でしたが、冰冰は他の場所にも聖印があるのではないかと疑って、彼女に今すぐ裸になるよう命令!

その場には怜人も同席していたため二人は顔を赤らめますが、それでも絵理沙は身の潔白を証明するために衣服を全て脱いでいきます。

そしてシミ一つない綺麗な裸を冰冰に晒していき……

ひとまずは彼女の信用を得ることに成功。

ですが冰冰は、「これから訪れるロスアニア公国のお姫様『アナスタシア』はもっと手強い人よ」と忠告してくるのでした。

一方、日本では翔太がエリカに連れられて、他の男性達が眠るコールドスリープ施設を訪れていました。

そこにあるカプセルの一つには、かつて翔太をイジメていた同級生の男子――つまりはエリカの彼氏・高松の姿が!

それに動揺してしまう翔太に、エリカは「私の覚悟を知ってほしいの」と言うと服を脱ぎ始めます。

そして、コールドスリープ前に「待っててあげる」と約束した彼氏の眠る横で、翔太に抱かれる事を選択しました。

この背徳的なシチュエーションに翔太も興奮しながら彼女を激しく犯していきます。

が、エリカは翔太に気付かれないようにしてコッソリと装置を操作し、高松のコールドスリープを解除!

MKウイルスの蔓延する世界に高松を呼び戻す事は、彼の命を絶つ事に他なりません。

突然のスリープ解除に驚いて翔太は行為を中断してしまいますが、その後に花蓮がやって来て翔太に事情を説明。

「どうやらエリカさんが誤ってスリープを解除してしまったみたいですね~」

そんな風に言ってのける花蓮ですが、これはもちろん彼女がエリカに指示してやらせた事でした。

翔太と別れて今度はエリカの所に顔を出した花蓮は、高松を死なせてしまった罪悪感で泣きじゃくるエリカをよしよしと慰めます。

そして「素晴らしい覚悟ですね~」と彼女の行いを褒めてあげるのでした。

日本でそんな事件が起きている間に、怜人達は目的地であるロスアニア公国に到着。

そこには冰冰が言っていたアナスタシア姫が怜人を待っていてくれたのですが、彼女はいきなり「婚礼の議を始めましょう」と言い出して……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】10巻-65話ネタバレ

怜人達が辿り着いたロスアニア公国。

それは2020年代に東ヨーロッパで誕生した独立国で、国土は小さいものの世界最先端の技術者達が集まる場所でした。

しかしMKウイルスに対しては他の諸外国と同じく抗いようがなく、国もそれを治めるロスアニア大公家も今は存亡の危機に。

そんな大公家の一人娘・アナスタシアからいきなり求婚されてしまった怜人!

彼は大いに戸惑いますが、絵理沙と冰冰からも「ロスアニアでの研究許可を貰うためには彼女の言う事に従うしかないよ」と言われてしまい、いきなり結婚式に臨む事に……。

それでも腹の決まらない怜人は式の途中、誓いのキスを求められた土壇場で「やっぱり日本式で行きましょう!」と提案します。

「日本では結婚よりも先に床入りと言って、夫婦が肉体関係を持つ風習があるんですよ!」と今となってはレアなケースをさも当たり前であるかのように説明し、結婚式を途中キャンセルする怜人。

が、それに騙されたアナスタシアは恥ずかしがりながらも床入りを了承!

寝室に場所を移して怜人と二人きりになると、ワインを自分の裸の上に零しながら「どうぞ……お飲みください」と怜人を誘い始めました。

何やら更なる勘違いをしているアナスタシアでしたが、彼女の身体が震えているのに気づいた怜人はそれをやんわりと拒否。

彼女に服を着せてあげて、彼女のプライベートやロスアニアの現状について話してもらう事にします。

MKウイルスが流行った時にアナスタシアは11歳。

初恋すら出来ない内に世界から男性がいなくなり、実は恋愛感情についてもよく分かっていないそうです。

それでもロスアニアを治める一族の生き残りとして、国とそこに住む人々を守るために子孫を残していきたいと願うアナスタシア。

そんな彼女に怜人は「ならばこそ、国を救うために研究施設を使わせてください!」と説得。

既にMKウイルスの結晶も入手していると明かし、「必ずワクチンを作ってみせます」と宣言します。

その怜人の力強い言葉と表情を見て、アナスタシアはそれを了承してくれるのでした。

そうして研究施設の使用許可が下りた怜人は、まずそこへ入るためのクリーンルームに「絵理沙と一緒に」入室する事に。

危険物やウイルスを施設内に持ち込まないよう、クリーンルームでは裸で入室しなければなりません。

お互いに裸になって背中を向け合う怜人と絵理沙。

二人とも恥ずかしさと緊張で少し顔を赤くしていましたが、やがて絵理沙は真面目な顔になると「怜人に言っておかなければいけないことが」と、ある話を切り出しました。

それは「ここからの実験で怜人は死ぬかもしれない」という物騒なもので……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】10巻-66話ネタバレ

ロスタニア王国のクリーンルーム。

研究のために身体を洗浄する怜人と絵里沙は裸で消毒を行っています。

そこで絵里沙が打ち明けたのはワクチン開発で、怜人は死ぬ可能性がある。

動揺する怜人が詳しく聞こうとした瞬間クリーンルームに現れたのはマリア。

目に涙を溜める絵里沙は、何も言えなくなって走り去ってしまいました。

白衣に着替えた怜人と絵里沙、マリアの3人。

3人を連れて、アナスタシア姫は研究室へと向かっています。

道中、怜人に質問するアナスタシア姫。

その問とは性交渉の経験があるか!?

アナスタシア姫は怜人と結婚すると言い、婚礼の儀を行いました。

婚礼の儀は途中で中断しましたが、半分が終わっていたのです。

それにより、半分は怜人と夫婦だと話すアナスタシア姫。

怜人がこの国の王になり、絵里沙やマリア、その他の女性たちを側室にすれば良いと話すのでした。

話を呆れながら聞いている怜人たち。

話をしている内に、ロスアニアの研究室に到着します。

その施設の設備を見て、目を輝かせるマリア。

そこには研究者にとって、とんでもない設備が揃っているのです。

しかし、施設でもMKウイルスの特効薬は作れなかった。

その事実に頭を抱えるアナスタシア姫は、ある人物の名前を出します。

彼女の名は、シン博士。

インドの天才、シン博士はウイルス学や免疫学のスペシャリストでしたが、MKウイルスの特効薬を作れずに絶望したというのです。

シン博士なら、ロスアニアの施設を十分に生かせる。

そこで、怜人はシン博士を探しに行くことにしました。

インドの山奥そこに1軒の山小屋が建っています。

1人でそこに辿り着いた怜人が見たのは炎の中に立つ女性!?

炎の中で迷走するその女性こそ、シン博士だったのです。

全ての事情を知っているシン博士はMKウイルスの話しを聞きたくないと言います。

なんとか説得しようと結晶の話しを持ち出す怜人ですが。

返ってきた言葉は、怜人が死ぬ。

絵里沙と同じことを話すシン博士は、その理由を教えてくれます。

ワクチンを作るには、高濃度のウイルスを怜人の身体に注入品ければならない。

それが、怜人が死ぬと言った理由でした。

話を聞いても考えが変わらない怜人。

自分の命を捨てる覚悟が出来ていると言い切ります。

黙って怜人を見つめるシン博士は怜人にある質問をしました。

セックスの経験はあるか?

自分の身体に変化があればワクチンが作れないかもしれない。

童貞の理由をそう話す怜人ですが、その考えをシン博士は否定します。

ワクチンを作るためには童貞を捨てる必要がある!!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】10巻-67話ネタバレ

怜人は天才科学者であるシン博士の食事に付き合いながら、「MKウイルスのワクチン開発には怜人の性行為が必要」とする理由を伺います。

シン曰く、「男を殺すMKウイルスに勝つためには男性ホルモンを極限まで高める必要がある」との事。

それを実現する一番手っ取り早い方法が性行為なのだと言います。

逆に性行為をしたせいでワクチン開発に悪影響が出る可能性を怜人は心配しますが、シンは「その可能性も勿論ゼロではないけれど、おそらく影響は小さい」と保証。

そして「そっちにその気があるなら私が相手になってやってもいい」と怜人を誘惑してきます。

しかし怜人はそのお誘いを断って、彼女の家を後に。

シンはこれまでのワクチン開発とその実証実験で男性を死なせてしまったトラウマがあり、怜人がこれから行う研究には参加してくれませんでした。

それを帰りの車でマリアに伝えると彼女は落ち込んだ顔を見せます。

そんなマリアに怜人は、先ほど話に出ていた男性ホルモンの活発化とその重要性について質問。

するとマリアも「ワクチン開発には怜人の体にMKウイルスの結晶を入れる事になるから、男性ホルモンの強さはとても重要」と答えました。

そうした確認をしながら、怜人の頭に浮かんだのは恋人である絵理沙と……そして日本に残してきた美来の顔。

この場面で美来の顔が浮かんできた事に怜人は自分で驚いてしまいます。

その美来はというと、部屋で休んでいるところにUW世界本部のクロエが訪ねてきて、「レイトは今頃誰かとメイティングしているかもしれませんね」と挑発されていました。

が、美来はそれを聞いても「水原様に対する私の気持ちは変わりません」と毅然な顔でクロエをにらみ返します。

クロエはそんな美来の態度が気に入らず、「アナタはレイトのためだけに存在するのだから」と彼女をあざ笑いながら去っていきました。

一方、怜人は仲間達の待つ城へと戻ると、絵理沙や朱音、冰冰にアナスタシアなどに総出で出迎えられます。

そこにマリアも加えた合計5人の美女を見渡しながら、「この中の誰かとメイティングしなければならないのか……」と悩み込む怜人。

今さらながらに彼女達の可愛らしさを意識し始める怜人でしたが、はたして彼が相手に選ぶのは……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】10巻-68話ネタバレ

皆と一緒に食事をしながら、「この中の誰かとメイティングを……」とそればかり考えてしまって手が止まりがちになる怜人。

妹のまひると幼い翠を除くと、その候補者は5人になります。

つまり橘絵理沙、黒田マリア、竜造寺朱音、冰冰、アナスタシア……以上5名の中から誰か1人を選ぶ展開に。

シン博士に会いに行ってから怜人の様子がおかしい事には皆も気付いており、冰冰は「どうせ女を抱けって言われたんでしょ」とあっさり看破。

それによって怜人も一連の事情を皆に説明する事となりました。

そうなると次は「誰が怜人の相手をするのか?」という話になるのですが……ここで女性陣は「怜人抜きで一度話し合いましょう」と一斉に席を立ちます。

怜人の方も、こういった事についての大先輩である火野に通信を繋いで遠隔相談。

火野は開口一番「良かったじゃん!」と笑ってくれました。

怜人はそんな火野に苦笑いを返しながら、彼に促されるまま候補者一人一人の人柄などを紹介。

しかし誰について話してみても、最終的には「可愛くて優しくて素晴らしい女性」となってしまって、優劣なんてつけられません。

それに改めて「自分は人との出会いにとても恵まれている」と実感する怜人。

また火野からは「担当官の周防さんの事も気にしてるんだろ?」と言われてしまいます。

美来の事は怜人も気にしていましたが、今は会いに行けないので代わりに火野や石動が様子を見に行ってくれるようです。

一方、女性陣は大浴場に集まって話し合い。

そこで「一人ずつ怜人と過ごす時間を作ろう」という提案が出されるのですが、それにアナスタシアは「順番が早いほど有利ですね」と付け加えます。

「怜人はきっと2人以上とメイティングしないので、誰かに先を越されたら他のメンバーはそこでお終い」と考えていたのです。

それはアナスタシアだけでなく他の女性陣も同じ認識でした。

怜人が大浴場の外で皆を待っていると、まず最初に出てきたのは絵理沙。

しかし彼女は「私は競争に参加しないから、他の子を選んで」とだけ言って素早く立ち去ってしまいました。

まず最初は絵理沙と話し合いたかった怜人はその反応に慌ててしまいますが、その後ろから今度はマリアが話しかけてきます。

どうやら一番手に選ばれたのは彼女のようで……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】10巻-69話ネタバレ

お風呂上がりのバスローブ姿のまま、怜人と二人でお茶を飲むマリア。

彼女はお風呂での話し合いの結果、「一人ずつ怜人と過ごす時間を作って、後は怜人に選んでもらう」と決定したのを怜人に報告します。

ワクチン開発の準備にはまだ時間がかかるため、その待ち時間を使って改めて理解を深めていこうという提案でした。

怜人は先ほど意味深な発言をしていった絵理沙を気にしますが、「彼女は『用事のため一週間ほどロスアニアを離れる』と言ったので最後の5番手になった」とマリアは説明。

そして残りの4人がジャンケンで順番を決めていき、マリアが1番手となったそうです。

そうした話を聞いた後、怜人は今さらながら「俺が求めたら黒田さんは応じてくれるのかな……?」と顔を赤くしながら質問。

するとマリアはそれ以上に真っ赤な顔になり、手に持っていた紅茶を零してしまいました!

紅茶を被った熱々のバスローブを慌てて脱ぎ捨てるマリアと、それであらわになった彼女の裸から慌てて目をそらす怜人。

二人はこれまでにも似たようなトラブルを経験しており、それを思い出した怜人は懐かしさに少し笑ってしまいます。

マリアはその事に対しても赤面しながら、しかし裸のまま怜人に向き直って「水原君としたい事がある」とおねだり。

そして翌日、彼女は街に出て怜人とショッピングデートをする事に。

「普段は研究ばっかりだけど、たまには可愛い格好もしてみたいから……」と恥ずかしそうに言ってくるマリアに、怜人はニッコリと笑いながら付き合います。

何を着てみればいいのか分からないと言うマリアに「それなら全部試着してみよう!」と提案し、色々な格好をする彼女に「似合ってる!」「可愛い!」「……個性的すぎるかな?」などきちんとコメントしていく怜人。

そうしてマリアに似合う服が見つかると、それを怜人が彼女にプレゼントとして購入。

代金を気にするマリアでしたが、怜人は「コールドスリープから目覚めた後はお金を使う機会が無かったから大丈夫」と笑って支払いを済ませました。

そんな彼にマリアはショッピングからの帰り道、「もう一つだけお願いがあるの」と言って彼に後ろから抱き着きます。

そのお願いとは、「マリアって呼んでほしい」といういじらしいものでした。

今まで彼女を「黒田さん」と呼んでいた怜人は、その改まったお願いに照れながらも「マリア」と呼び方を変更。

そして二人はレストランで夕食を済ませた後でアナスタシアのお城に帰るのですが……そこで怜人は女性陣が取り決めたルールの一つをマリアに説明されました。

それは「怜人と2人きりの時間で何があったかは他言無用、他の者も一切聞いてはいけない」という秘密厳守のルール。

つまり今晩ここでマリアとメイティングしたとしても、怜人がその気なら他の女の子達には黙っていられる事になるのです!

そんな事を教えられた後でマリアは「着替えてくるね」と言って別室へ。

「どんな格好で出てくるんだ……もしかして誘われるのか?」とソワソワしながら待つ怜人。

しかし、怜人の予想に反し、マリアは先ほどのレストランでウェイトレスが着ていた制服姿で登場します。

「さっき怜人が『可愛い』って言ってたから、借りてきた……」

モジモジしながらそんな事を言ってくるマリア。

怜人が「似合ってるよ」と褒めてあげると、マリアはそれに嬉しそうな顔を見せます。

そしてマリアはいきなり懐から「技術長官が作った媚薬」を取り出すと、

それを一気に飲み干しました!

今度こそ本当に慌ててしまう怜人でしたが……発情して真っ赤になったマリアがおねだりしてきたのは、「怜人君と手を繋いで寝たい!」という初心なもの。

マリアのピュアな心を忘れて色々と邪な想像ばかりしてしまっていた自分に恥ずかしさを覚えつつ、マリアのお願いを聞いて手を繋ぎながら一緒に寝る怜人。

マリアは彼の手を嬉しそうに握りながら、「私はワクチン開発のためなら、怜人君のためなら……2番目でも3番目でもいいから」と囁くのでした。

一方その頃、マリアの次に怜人と過ごす事が決まっている朱音は、その時に備えてお風呂で自分の身体を念入りにお手入れしていて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻ネタバレ

11巻
70話71話72話73話
74話75話76話77話

【漫画 終末のハーレム】11巻-70話ネタバレ

朝、手を繋ぎながら部屋から出てくる怜人とマリア。

そんな二人を見た朱音は「イイコトでもあった?」とニヤニヤ。

しかし秘密厳守のルールに則ってそれ以上は追求せず、マリアとバトンタッチする形で今度は朱音が怜人と一日過ごす事となりました。

朱音は早速、アナスタシアから借りたというクルーザーを借りて怜人と海へ!

運転手としてクルーザーの免許を持つ翠にも同行してもらいましたが、彼女は船を沖に出すとすぐにお昼寝を始めてしまいます。

そうして実質2人きりになったところで……朱音は怜人の手を引っ張りながら海へとダイブ!

慌てる怜人でしたが、いつもと違って子供のように無邪気に笑って楽しそうな朱音を見ると、彼も困ったように笑いながら二人で海を泳ぐのでした。

そして夜……たっぷりと泳いで飲んでご機嫌な朱音は、水着姿のまま怜人と二人で寝室へ。

そこで朱音はいよいよ「私にオイルマッサージしてくれない?」とエッチなお願いをしてきます。

うつ伏せになってビキニのブラを脱いだ朱音の背中に、オイルをまぶした両手を何度も滑らせていく怜人。

その肌の柔らかさに緊張する怜人に、朱音は「そのままお尻も……」と要求してさらに彼をドキドキさせていきます。

観念した怜人が水着の上からお尻や太ももをマッサージしていくと、朱音の方も段々と色っぽい声を漏らすように……。

それに怜人が思わず生唾を飲み込むと、今度は仰向けになって裸の胸を惜しげもなく怜人に見せつけてくる朱音!

それから当然のようにお腹や胸にもマッサージを要求し……そして怜人に胸を触らせながら激しく身悶えていくのでした。

「気持ちよかったよ……」と汗だくでお礼を言う朱音。

ですが彼女は、「今度は私の番だね……」と囁くと怜人に唇を寄せていき……?

その頃、怜人の妹・まひるはアナスタシア姫と一緒にお茶会。

朱音に続く3番手となるのはアナスタシアで、彼女は前から男性としてみたかった事があるのだとまひるに打ち明けます。

「グォウクォンです……」と恥ずかしそうに言ってくるアナスタシアに、それが何の事か分からず不思議そうな顔をするまひる。

しかし話を聞いていくと、どうやらそれは「合コン」のようで……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻-71話ネタバレ

「居酒屋ろすあにあ」という名前の和風レストランで、念願だった「合コン」に初挑戦するアナスタシア。

そのメンバーは……怜人以外は全員女性というやや残念な形になってしまいましたが、アナスタシアはそれでもご機嫌です。

一応、朱音とオリガ(アナスタシアの付き人をしている女性)はスーツにネクタイという男装をして参加。

他には冰冰とまひるも同席して3対3で向かい合って座ってはいるものの、女性側の席に座る冰冰は「こいつらが相手か……」と不満顔でした。

それでも一同はビールや焼き鳥、枝豆など居酒屋メニューで乾杯。

ロスアニアでは16歳からお酒を飲めるそうで、アナスタシアも普通にビールを口にします。

まひるもそれに倣って挑戦してみようとしますが、これは怜人が「日本人なんだからダメ」と制止しました。

そんな中、早くも酔っ払った朱音が怜人に「合コンでお持ち帰りとかした事ある?」と質問。

周りもその話に食いつきますが、怜人は答えをはぐらかして何も答えず……。

冰冰は「奥手な彼にそんな真似は無理でしょ」と決めつけて「つまり私が怜人の初めてを貰うのよ」宣言。

それに朱音は「もう誰かと初めてを済ませてるかもしれないよ~?」と笑いますが、これにも怜人はノーコメント。

そして合コンはお約束の王様ゲームへと突入!

オリガを除く全員が怜人とのちょっとエッチなイベントを期待しましたが……結果は妹のまひるが怜人のほっぺにキスをする程度に。

その一方で「アナスタシアの指をオリガが30秒間舐める」や、「朱音と冰冰がポッキーゲームで濃厚なキスをする」といった女性同士のエッチなやり取りが繰り返されました。

そんな光景に怜人までドキドキしてしまって外の空気を吸いに行くと、アナスタシアがそれを追って同じく店外へ。

そしてアナスタシアから、これまたお約束の「2人で抜け出しましょうか?」というお誘いが!

アナスタシアは怜人と一緒に宮殿の庭をゆっくりと散歩しながら、自分がまだ幼かった頃の思い出話をしていきます。

その話に出てくる優しい父・ロスアニア大公も、今はコールドスリープ中にあるためアナスタシアを抱きしめてはくれません。

その寂しさもあって、アナスタシアは「抱きしめてもらえませんか?」と怜人におねだり。

怜人はそれに優しく応じると、彼女をそっと抱きしめながら「MKウイルスの特効薬を必ず作りましょう」と改めて約束。

その後、指先を怪我してしまった怜人を見たアナスタシアは、先ほどの合コンでオリガにされたように、彼の指を口に含んでいきます。

そして彼の血を吸いながら「貴方の一部を頂きましたわ」と恍惚の顔で呟くと、最後に怜人の手を自分の胸に誘導しながら「私は恋というものを知りたいです」とおねだり。

怜人はドキドキしながらも、彼女に応えて唇を重ねていって……?

翌朝、公園を一人で歩いて戻ってくる怜人を冰冰が出迎えます。

彼女は早速次のデートに彼を誘うのかと思いきや、真剣な顔で「ロスアニアにUWのスパイが送り込まれてるって連絡があった」と言ってきて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻-72話ネタバレ

そこはUWの日本支部。

クロエが部下に指示を出しています。

MKウイルスの結晶を手にするよう命令していたクロエですが、未だに手に入りません。

部下を脅し、クロエは仕事を急がせるのでした。

そんなクロエは、気になる一言を残します。

彼女なら上手くやってくれる。

それは、UWからのスパイのことです。

場面は香港に変わり、ビンビンと怜人が太極拳をしています。

健康づりのために太極拳を勧めたビンビン。

一連の動作が終わると、2人はUWからのスパイについて話し始めます。

スパイについて調査するビンビンですが、今のところ手がかりはなし。

スパイの狙いはMKウイルスの結晶で間違いありません。

もう1つは怜人の身柄確保!?

そう語るビンビンは、誰が来ても自分が倒すと言いきるのでした。

その後、怜人に手料理を振る舞うビンビン。

得意の中華料理を、怜人は美味しそうに食べています。

小さい頃に母を亡くし、5年前に父も亡くしたビンビンは、それから何でも自分でやるようになりました。

その話を聞き、ビンビンを褒める怜人。

怜人に褒められたビンビンは赤くなって下を向くのでした。

恥ずかしそうに話しを切るビンビンですが、そこからは積極的。

胸を露わにし、怜人の膝の上に乗ってきます。

漂ってくる桃の甘い香りに理性を奪われそうになる怜人。

ビンビンがキスをしようとした瞬間怜人はなんとかそれを拒みました。

怜人とセックスできないと悟ったビンビンは、怜人の幼馴染みである絵里沙の話しを始めます。

絵里沙の行動に異変を感じていたビンビンは、彼女を見張ることにします。

香港を出発する前、隠れて連絡を取っている絵里沙を目撃したビンビン。

その話を聞いた怜人は、イザナミという組織にではないか、と結論を出します。

しかし、問題はここから。

ビンビンはある出来事を目撃してしまったのです。

それは絵里沙が隠れて注射を打つ姿!!?

話を聞いて青ざめる怜人は、〝嘘だ!〟と叫ぶのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻-73話ネタバレ

怜人達と離れ、ヨーロッパ北部で何かの作業をしている絵理沙。

そこに、ヘリに乗った怜人が夜分遅くに様子を見に来ました。

突然の来訪に驚く絵理沙でしたが、それに協力してくれた彼女の友人からは「ちゃんと話し合った方がいい」と言われてしまい、怜人と二人でひとまず屋内へ。

絵理沙は寒冷地でのウイルスの活動について調べるべく、この研究所に一人で籠っていたそうです。

しかし怜人が聞きたいのは、冰冰から教えられた「謎の注射」について。

怜人は強引に絵理沙の上着の袖をまくると、彼女の右腕にハッキリとした注射痕があるのを確認。

そして「お前いったい何が注射したんだ!? どこか悪いのか!?」と涙ながらに問い質していきます。

怜人の真剣さに絵理沙も遂に観念したのか、今度ははぐらかす事なく自分が抱えている事情を説明。

5年前――2040年に怜人や他のナンバーズが眠りに就いた後、絵理沙は毎日のように怜人の様子を見に施設へ通っていました。

そこには同じように木根渕善の奥さんも通い詰めていて、彼女は善の子供がいる大きなお腹を撫でながら幸せそうに笑います。

そんな奥さんに絵理沙は「男の子ですか? 女の子ですか?」と聞くのですが……?

それから自分の研究と怜人のお見舞いに明け暮れながら過ごしていた絵理沙に、ある事件が起きてしまいました。

ある日、前田という同じ研究者の先輩から何度目かの告白をされる絵理沙。

それに彼女はいつもと同じように「私には好きな人がいますから」と答えるのですが、この日の前田は諦めが悪く衝動的に絵理沙の身体に手を伸ばしてきました。

が、事件とはその事ではありません。

前田は怯える絵理沙を見るとすぐに正気を取り戻し、「頭を冷やしてくる」と言って自分から部屋を後にしようとします。

ところが、その途中で彼は勢い良く咳き込み始め……最後は口から大量の血を吐いて倒れてしまいました!

彼はその数日後には帰らぬ人となってしまって……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻-74話ネタバレ

MKウイルスは一気に世界中へと広がっていき、あっという間に世界から男性が消え去ってしまいました。

生き残ったのはたまたまコールドスリープ中だった者達……ほんの0.01%の男性だけ。

医大生であり、しかも哺乳類の治療について研究していた絵理沙はそのままMKウイルスの研究を開始。

しかし、その頃から絵理沙の身体を謎の不調が襲い始めました。

最初はただの生理痛だと思って、あまり気にしていなかった絵理沙。

そんな彼女に、世界統治を始めたUWの日本支部からお呼びがかかります。

UW日本支部は「MKウイルスに抵抗を持つとされる男性(ナンバーズ)のコールドスリープ解除と、彼らと子供を作る相手探し」を進めていたのです。

怜人がそのナンバーズの一人に選ばれた事で、絵理沙にもその相手となって子供を作ってもらえないかと頼む当時の国務長官・鬼原。

絵理沙は突然の申し出に大きく動揺しながらも、「人類のためなら……」という大義名分もあってそれを了承。

ところが……その後の身体検査で絵理沙は婦人系の病気を発症していたのが発覚してしまいます。

それはつまり怜人の子供を授かる事が出来ないという意味であり、絵理沙はショックのあまり言葉も出てきませんでした。

しかし怜人が人類存続の鍵である以上、彼が他の女性と子作りをする事になるのは変わらないわけで……。

「人類のためだ……わかってくれ」と、先ほど自分が口にしたのと同じ言葉で彼を諦めさせられる絵理沙。

――そんな話を今になって聞かされた怜人は、当時の絵理沙と同じように言葉を無くしてしまいました。

そして「ずっと打っていた注射は症状を緩和させるためのもの」と絵理沙は説明。

そこまでは彼女も落ち着いた顔で話していましたが、続く「だから私は怜人の子供を産めないの」という言葉には涙が混じります。

そのまま大声を上げて泣き崩れしまう絵理沙。

さらに何か言おうとした絵理沙に対して、怜人は「もう分かったから!」と言って彼女を抱きしめ、「5年も待ってくれてありがとう」と感謝を伝えます。

そして彼女の手を握りながら改めて「絵理沙が好きだ」とハッキリした言葉でその想いを伝えました。

そんな怜人に絵理沙は「5年じゃないよ……20年前からだよ」と子供の頃の思い出を話しながら、「貴女が誰を選んでも、私は怜人が好き」と告白。

二人はそのままそっとキスすると、メイティング――子作りとは関係なく、ただ恋人同士としてその身体を重ねていくのでした……。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻-75話ネタバレ

UW日本支部では、火野がメイティング相手の一人である「ゆかり」に絵本を読んであげていました。

彼女こそがメイティング相手の中で唯一「男の子」を妊娠した女性なのですが、精神的に幼いところがあるのか、大人っぽい見た目に反して火野に甘えてなかなか離れてくれません。

世界本部のスタッフが半ば無理やりに彼女を自分の部屋へと連れ戻し、火野は「また会えるから!」とそんな彼女の背中に声を掛けます。

ゆかりのそんな性格に加えて、妊娠しているのが男の子である事、さらに火野が中学時代に付き合っていた子によく似ている事などもあり、火野としても彼女が心配でたまりません。

彼の担当官である石動は火野のそんな打ち明け話を聞きながら、頼まれていた周防美来の近況について報告。

と言っても、UW上層部に阻まれて美来に会う事も、彼女の情報を得る事も全くできなかったという残念な報告となってしまいました。

頭を下げてくる石動に火野は慌てて手を振りながら、「水原君は今ごろ誰かとデキてるかな?」と話題を変えます。

その怜人は……実際に絵理沙と同じベッドで朝を迎えていました。

しかし怜人が目を覚ますと、隣で寝ている絵理沙は汗をびっしょりかいて苦しげな顔でうなされています。

怜人は慌てて仲間に連絡を取って、彼女の容態を診てもらう事に。

「ただの過労から来る熱で、絵理沙の持病とは関係ない」という診断結果にホッと胸をなでおろす怜人。

そんな彼に冰冰は「ワクチン開発の準備が整った」と報告。

愛しの絵理沙についているか、それともワクチン開発を優先してこの場を後にするか……

怜人は選択を迫られます。

しばし悩んだ末に、怜人は仲間や家族、そして世界のために研究所へ戻る事を選択。

熱に侵される絵理沙の手を握って「またすぐに会えるから!」と約束をして、冰冰と共にヘリに乗り込みました。

絵理沙はそれに何か答える元気もありませんでしたが、しかし彼にまだ伝えなければいけない事が。
脳裏をよぎる、怜人がいなかった5年間の思い出……。

そこで彼女は何かの研究に協力していたようで、怜人達が研究所へ飛び立った後で「ごめんなさい……ごめんなさい!」と何かに対して謝り始めるのでした。

一方その頃、UW日本支部に残った美来は大きな液体ポッドの中を漂っていました。

その施設にクロエがやってくると、彼女はポッドと美来を見ながら面白そうに笑います。

美来が使っているのは、彼女の肉体に蓄積されたダメージを緩和するための装置でした。

彼女は成長促進機と高速学習装置の使用によって、全身に異常な負荷を受けてしまっていたのです。

それは橘絵理沙の不妊症が明らかになった事で急遽建てられた計画によるもの。

「スオウ・ミラの名前は、鏡(ミラー)からとったのでしょう?」

そう言って笑うクロエの言うとおり、美来は絵理沙にとって鏡のような存在。

美来の正体は、不妊症の橘絵理沙に代わって怜人とメイティングするためにUW日本支部が作り出した、絵理沙のクローンだったのです。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻-76話ネタバレ

液体ポッドの中で休みながら、これまでの記憶を振り返っていく周防美来。

彼女の記憶の中で最も古いものは、ポッドの外から自分を眺める綺麗な女性――橘絵理沙の暗い顔でした。

睡眠時は液体ポッド――成長促進機の中で過ごし、起きている間はほとんど食事。

肉体を急激に成長させているためか、美来はいつもお腹が空いていて、毎日大量のご飯を食べなければいけません。

さらに食事中は正面に大きなモニターが設置され、そこに映し出される男性――水原怜人について教えられていきます。

「貴女はこの人と恋人になって赤ちゃんを産むのよ」

そんな事も教わりながら、毎日同じような日々をひたすらに繰り返していく美来。

彼女がすくすくと育つ間に絵理沙はUWを抜けてイザナミに身を置くように。

次第に美来の身体にはその急成長の反動が表れ始め、それを緩和するための設備も新たに作られていきますが、そうした周囲の事情に美来は全く関心を持ちません。

「水原怜人は私を好きになってくれるかな? 優しい人だといいな……」

そんな事をぼんやり考えながら過ごし、やがて彼女は怜人もよく知るグラマラスな美女へと変身し……。

一方、その怜人は現在ロスアニアの研究施設で、いよいよMKウイルスのワクチン開発実験を始めようとしていました。

直前に火野から連絡が入り「周防さんの事は調べられなかった」と謝られた彼は、美来の現状が気になってしまいます。

浮かない顔をしている怜人を、傍にいたアナスタシア達が次々に励ましてくれます。

それに対して怜人はお礼を言いつつ、「自分に何かあったら妹のまひるを頼みます」と縁起でもない事を言って、まひるを泣かせてしまいました。

ですが、そこへ実験には参加しないと思われていた超天才科学者のシン博士が登場!

これでMKウイルスの結晶、ロスアニアの最新設備、ウイルスの抗体を持つ怜人、そして天才科学者のシンが揃い、万全の態勢でワクチン開発に臨める事に!

一同ははたしてMKウイルスのワクチンを完成させる事が出来るのでしょうか……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】11巻-77話ネタバレ

遂に始まったMKウイルスのワクチン開発!

怜人は施術台のような場所に意識のない状態で寝かされ、ガラス一枚隔てた隣の部屋でシン博士が端末からロボットアームを操作します。

そして怜人の体にいよいよMKウイルスの結晶が注入されていき……。

同じ頃、UW日本支部では美来が手持ち無沙汰に「水原怜人」と想い人の名前をガラス窓に指で書き、その名前をぼんやりと眺めていました。

そこに怜人の担当官である片桐麗亜が現れて、美来は慌ててガラスの文字を擦って消去。

麗亜は美来に食事を持ってきてくれたようで、それをベッドの端に置くと窓際にいる美来の所まで来て、一緒に夜空の月を眺めます。

美来と麗亜は担当官になる前からの知り合いで、石動寧々子や神谷花蓮らと一緒にナンバーズの担当官となるべく共に講習を受けた仲でもあります。

講習では歴史上の偉人を例に上げつつ、「環境さえ整えれば一人の男性が1000人以上の子供を作る事も可能になる」との説明が。

子供の数が多ければ多いほど、MKウイルスに対する抵抗力を持った子供が生まれる確率も高くなります。

ナンバーズの担当官になる者達にはその環境を用意し、一人でも多くの女性とメイティングをさせる事が求められていました。

そのために担当官には相応の権力が与えられますが、代わりに担当官自身がナンバーズからメイティングを求められた場合に拒否権はないとも説明。

そんな話が終わった後、麗亜は美来に「女性の人権を無視した話だわ」と不満を口にします。

それでも麗亜が担当官に立候補したのは、撫民官としての仕事でこれまで接してきた難民達を助けるべく、少しでも権力を持ちたかったからでした。

一方、美来の方は「私はある人に尽くすためだけに生きていますから」と答え、ナンバーズからメイティングを求められる事にも嫌悪は無さそうです。

その時に彼女が続けて発したのは、「その人に求められれば命だって差し出します」という言葉。

麗亜はそれを思い出しながら、今その想い人――水原怜人と離れ離れになっている美来の手を取ると、「本当に命を懸けられる?」と彼女に問いかけるのでした。

そして、遠いロスアニアの地で今まさに命を懸けてワクチン開発に臨んでいる怜人。

しかし施術台に横たわる怜人の鼻から血が流れ始め、シン博士やアナスタシアは「MKウイルスの症状!?」と慌てます。

このままでは怜人もまたウイルスによって命を落とす事になり……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻ネタバレ

12巻
78話79話80話81話
82話83話84話85話

【漫画 終末のハーレム】12巻-78話ネタバレ

このままでは数時間で怜人が死亡してしまうという事態に陥り、思わず泣き出してしまうアナスタシア姫。

一方で冰冰はMKウイルスの結晶が入ったケースを持ち上げると、「元々これは香港の者だから私達が持ち帰る」と発言。

こんな時にそのような事を言い出す冰冰に、アナスタシアは信じられないといった顔を見せます。

しかし冰冰もまた怜人の窮地に何も思わないわけではなく、むしろ彼が死ぬところを見たくないがためにここを離れようとしていました。

そうして慌ただしくなる研究所に絵理沙が登場!

彼女もまた血を流して弱っていく怜人を見て涙ぐみますが、そこへ更に新たな人物が!

それは電波ジャックで世界中にメッセージを送ってきたUW日本支部総務長官。

彼女は世界に向けて「MKウイルスをばらまいたのはロスアニア公国です」と宣言!

また、「水原怜人はロスアニアに拉致され、高濃度のMKウイルスを注入されて瀕死の状態にあります」とも説明し、世の女性達の憎しみをロスアニアへと向けさせます。

この虚実入り混じったプロパガンダは勿論、日本支部を操るUW世界本部・クロエの差し金によるもの。

アナスタシアはこれに怒りますが、冰冰と絵理沙は「UWはこれを狙っていたから私達をあっさりとロスアニアまで逃がしたのね」と今さらながらに気付きました。

その時、怜人にかけられた麻酔が切れてしまい、瀕死の彼が目を覚まします。

絵理沙はそれを見てすぐさま怜人の傍に駆け寄ると、彼の手を握って必死に励ましました。

「またコールドスリープにつけば大丈夫だよ! 私はずっと待ってるから!」

泣きながらそんな事まで言い出す絵理沙を見ながら、怜人は絵理沙だけでなくもう一人・美来とも約束を交わしていたのを思い出します。

その美来も、先ほどの電波ジャックで「怜人は瀕死の状態にある」と知って酷く動揺。

しかし彼女は涙を流しながらも「彼が日本に戻ってくるまで、元気でいるって約束しましたから……」と言って彼の無事を信じます。

そんな美来の想いを、遠いロスアニアの地で確かに感じ取った怜人。

そして絵理沙だけでなく、まひるや朱音達も一緒になって施術台に横たわる怜人の名前を必死に叫んでくてれます。

すると怜人自身もそれに応えて、「もっと生きていたい……生きたい!」と心に強く願うように。

その想いが奇跡を産んだのか、怜人の体内でMKウイルスが急速に減少し始めました!

やがて流れていた血も完全に止まり、怜人の体からウイルスは完全消滅!

その様子は完璧にモニタリングされており、シン博士は「これでMKウイルスの特効薬を完成させられる!」と断言するのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻-79話ネタバレ

怜人の奇跡の生還から数日が経ち、そこで得られたデータを基にシン博士が早くもワクチンの開発に成功しました。

一同はそれを喜びますが、しかしまだ残っている問題が二つ。

一つは「このワクチンをどうやって大量生産するか」

もう一つは「ワクチンの効果をどうやって確かめるのか」でした。

特に問題なのは後者で、実際に誰かに打ってみて効果が発揮させるのを確認しない事には大量生産にも踏み切れません。

つまり現在コールドスリープ中の誰かを目覚めさせ、その人物にワクチンを打ってみる事になります。

しかし、それはもしもワクチンに不備があれば実験対象を死なせてしまう事になるわけで……。

悩んでしまう一同を前にして、アナスタシアは「私の父・ロスアニア大公に打ちましょう」と提案。

周囲は「政治的に重要な立場にいる人物を実験台にするのはハイリスクでは?」と意見しますが、アナスタシアは「だからこそ、です」と笑いました。

ロスアニアは現在、UWのプロパガンダによって世界中から疑惑の眼差しを向けられています。

そうした状況を払しょくするためには大公の力が必要であり、また国民にリスクを背負わせるわけにもいかないと発言。

さらに「父に何かあってもお兄様がいます」とまで言うアナスタシアの覚悟に一同は納得し、ワクチンはロスアニア大公に使用する事となりました。

まず先にワクチンを大公に打ち込み、その後でコールドスリープを解除。

ワクチン開発に成功していれば、これで大公は無事に息を吹き返す事になるのですが……。

「解凍完了」というアナウンスが流れ、静かに開かれる冷凍ポッド。

そして皆が固唾を飲んで見守っていると、大公はゆっくりと目を開けて「アナスタシア……?」と傍らに立つ娘の名前を呼びました。

5年ぶりに会えた父に思わず抱き着いて喜ぶアナスタシア。

大公の健康状態にも全く問題が見られず、ワクチンは求められていた効果をしっかりと発揮していると判明!

これを喜ぶ怜人達でしたが……その様子をロスアニアに送り込まれたUWのスパイもしっかりと把握しており、すぐさまクロエへと情報を送るのでした。

そのクロエはワクチン開発成功の報せには大して動じる様子も見せず余裕の構え。

火野とゆかりの間に生まれる予定の男児についても「きっと悲しい結果になるでしょうね」と淡々と呟くだけでした。

……しかし、そんな彼女をも驚かせる報せを神谷花蓮民生長官が持ってきてしまいます。

「すいませ~ん、火野さんが逃げ出しちゃいましたあ」

あっけらかんとした様子でそんな報告をしてくる花蓮。

なんと火野は、ゆかりや担当官の石動寧々子と一緒に日本支部から既に脱走していて……!?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻-80話ネタバレ

脱出計画を試みる火野たちは、セーフハウスまで逃亡することができました。

セーフハウスには既に灯りがともり、既に先客がいるようでした。

恐る恐る扉をあけると、そこには片桐、周防たちが待っていました。

火野はセーフハウスで無事片桐、周防と合流することができました。

また、同時にUWの追手がまだ来ていない様子だったので、火野は一安心します。

石動を休ませ、火野は改めて脱出計画に協力してくれた礼を言います。

UW日本支部を抜け出すためには彼女たちの協力がなければ成し遂げることができませんでした。

片桐たちは多くの協力者とともに脱出計画をバックアップすることができますが、一方で彼女たちに残された時間はありません。

周防はやや俯き、未だ安否がわからない水原の身を案じています。

火野はタブレットを取り出して水原にコンタクトをとることを試みます。

一方、ワクチンを手に入れることに成功した水原はアナ姫、ビンビン、ラギーニ、マリアといった各国の協力者たちと共に、手分けして各地にワクチンを配り、増産してもらう計画を練っています。

UWに追われているリスクを分散させるために単独行動を取った上で、水原はUWに殺される危険性がありながらも、日本に戻る選択をします。

火野は水原の身を案じている周防のためにタブレットで水原に連絡をとり、安否を確認することができました。

周防は水原と話すことはなかったものの、声が聞けた水原は心なしか嬉しそうな表情を浮かべていました。

その後、火野は担当官である寧々子との思い出を振り返り、一人の女性として寧々子を抱くことを決意します。

一方UWでは、ナンバー1とその子供を取り逃がしている現状に苛立ちが募っています。

しかし男性消滅計画自体は止まることがなく、ロスアニアにミサイルを撃ち込むことが決まりました。

無実のロスアニアにすべての罪を被せた上で、ナンバーズを抹殺することで男性消滅計画は完成します。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻-81話ネタバレ

マリア、ビンビン、ラギーニ、アナスタシアの4名はMKウイルスのワクチンを運ぶ為に世界各地へ向かっていました。

4名とも3日後には各地の実力者に会える様子です。

世界中にワクチンを届け、眠りについた男性達を復活させて味方に付ければ、UWがプロパガンダしたロスアニアに関する誤解も解けると怜人は信じています。

アナスタシアは、UWがロスアニアへのミサイル発射の準備を開始している情報を得た、と怜人に伝えました。

もはや一刻の猶予もないと感じた怜人と絵理沙もUWの動きを阻止する為に日本へと向かいます。

怜人はこの3日で世界の命運が決まると確信していました。

怜人は、日本に戻ったら絵理沙に会わせたい人がいると言いました。

怜人の担当官でもあり、絵理沙のクローンでもある「周防美来」です。

怜人は彼女が絵理沙のクローンである事は知りません。

絵理沙は怜人に「周防美来さんについて、怜人に言わなければならないことがある」と伝えました。

一方その頃、

UW日本支部施設内では、翔太がくつろいでいました。

翔太の前には、メイドのコスプレをした柊達が並びました。

翔太を喜ばせる為にみんなで選んだのがメイド服だったそうです。

今のままでは「ちょっと物足りない」と感じた花蓮は「脱いでしまう」事を提案しました。

言われたまま、柊達はメイド服を脱いで上半身裸になりました。

1人1人翔太に向けて気持ちを伝えるメイド達。

それを見た翔太の一言

「壮観だな…」

翔太とメイド達のメイティングが始まりました。

メイティング後、翔太は花蓮の運転する車で病院へと向かいます。

そこには翔太の憧れの存在でもある、ゆず先生がいました。

2人は再会を喜び合います。

ふと、ゆず先生のお腹が膨らんでいる事に気付いた翔太。

なんど、ゆず先生は妊娠していたのです。

ゆず先生が妊娠した時点で、当時の民生長官は翔太とゆず先生を引き離すよう花蓮に命令していましたが、花蓮はゆず先生を匿って、病院で生活してもらっていたのです。

花蓮が、ゆず先生が妊娠している子は「男の子」であると明かしました。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻-82話ネタバレ

82話冒頭ではMKウイルスの抗体を持った男性、土井翔太のエピソードが描かれます。

かつての恩師であり、今は自分のこどもを妊娠したゆず先生のお腹にいる子が実は男の子だった判明。

翔太は不安を覚えつつ、ゆず先生の安全を確保してくれたことを仲間たちに感謝します。

しかし翔太と同じくMKウイルスの抗体を持つ男性・火野と火野のこどもを妊娠した女性・ゆかりが逃げ出した事、彼らを追っている者がいる事を同時に翔太は知らされ、ゆず先生からも私達を守ってほしいと請われると、翔太は「あのカードを切ろう」と提案します。

82話中盤~後半では主人公・水原怜人と恋人の橘絵理沙、絵理沙のクローンである周防未来のエピソードが描かれます。

怜人と絵理沙は共に車で、九州某県山中にある洞窟に向かいます。

車中で怜人は、絵理沙からかつて自分の専属担当官だった未来が実は絵理沙のクローンだった事を告げられた時の事を思い出します。

怜人はその事実に対して不思議な感覚だと感じつつ、未来との初対面の時の第一印象や彼女の行動を思い出し、むしろ何故今まで気づかなかったのかと考えます。

ついに洞窟に着くとその中は綺麗な部屋になっていて、未来が出迎えます。

彼女は嬉しそうに怜人の手を握りながら彼の無事を喜びます。

そしてMKウイルスの抗体を持つ男性、火野も既にその洞窟に到着していて、怜人の無事を抱きしめながら喜びます。

絵理沙が初対面である未来に声をかけると、姿がほぼ同じ二人は暫く見つめあいます。

「初めまして…と言っていいのでしょうか」

「そうね…」

と二人は言葉を交わし、絵理沙は未来に「あなたに大事な話があるの」と声をかけ、二人きりになる為に連れ出します。

洞窟の奥で絵理沙と未来は向かい合い、絵理沙は未来に「あなたにさわってもいい?」と伝えると未来は「どうぞ」と答えます。

絵理沙は未来の目元や腕にそっと触りながら、自分と睫毛の色が違うことや胸の大きさが違う事、肌がきれいな事をほほえみながら未来に告げていきます。

最後に調整機に入ったのはいつかを絵理沙がきき、約80時間前であることを未来が告げると、絵理沙は涙を流しながら泣き崩れます。

自分のクローンとして生きる事を強いてしまったことを絵理沙が泣きながら謝罪すると、未来はずっと絵理沙に会いたかった事を告げます。

絵理沙が自分のために涙を流してくれた事を未来は嬉しく思い、自分の意志でこの洞窟に来たことを告げます。

未来は優しく微笑みながら「あなたのように優しい人のクローンであることを、私は誇りに思います」と絵理沙に伝え、絵理沙も涙ながらに「ありがとう」と伝えます。

涙をふき、気持ちを落ち着けた絵理沙。

未来に自分達には時間が無いこと、未来は怜人の事を愛しているかを聞きます。

顔を赤くしながら恥ずかしがる未来の様子を見て、改めて彼女が怜人を愛している事を確認した絵理沙は、未来にしか頼めない大事なお願いがある事を告げます。

絵理沙は未来の手を取ると、怜人とメイティング(子作り)をして欲しい事を真摯に伝えます。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻-83話ネタバレ

隠れ家の奥で、火野との間に男の子を授かった女性・ゆかりが遂に出産の時を迎えていました。

朱音らが助産師としてつきながら、火野もまた傍でゆかりの手を握って「頑張れ!」と何度も言葉をかけます。

別室で待つ怜人やまひるは出産そのものの成否も気になりますが、それ以上に「生まれてくる男の子はMKウイルスに耐えられるのか?」を心配。

父親である火野がMKウイルスへの耐性を持っているので望みはあるのですが……。

そして、しばらくすると朱音が怜人を呼びにやってきました。

火野達がいる部屋へと恐る恐る入っていった怜人は……そこで元気に泣く男の子を抱き上げて、「俺にそっくりだ!」と笑い泣きしている火野の姿。

どうやら赤ん坊はウイルスへの抵抗力を持って生まれてきたのだと分かり、一同はホッとして新しい命の誕生を喜ぶのでした。

その後、怜人は絵理沙に呼び出されて深夜に洞窟の奥へ。

待ち合わせ場所に指定された泉のある空間には、絵理沙だけでなく、彼女のクローンである周防美来の姿もありました。

その意味するところは何となく察していた怜人は、少し気まずい思いをしながら二人に近づいていきます。

絵理沙は生まれてくる男児にもMKウイルスへの抵抗力が備わっているのを確認し、「世界復興のためにはもっと沢山の男の子が必要」と説明。

それはつまり、病気によって妊娠が叶わない彼女に代わり、美来とメイティングして子供を作ろうという話でした。

勝手にどんどん話を進めていく絵理沙に「こいつは一度言い出したら聞かないやつだった」と思い出す怜人。

そして絵理沙は「今から3人でしない?」ととんでもない発言を!

怜人はそれに驚いて「周防さんと2人でするって話じゃないのか!?」と訊き返しますが、実は絵理沙もこれには少し戸惑っていました。

3人でしようと言い出したのは彼女ではなく美来の方だったのです。

経験がなく、初めてなので緊張しているという美来は「絵理沙さんと一緒に、二人で一人だと思って抱いてほしい」と提案。

絵理沙も「私の事を想ってずっと我慢してきた怜人を、二人で悦ばせてあげたい」と言って怜人を誘います。

それでも怜人はまだ心の準備が出来ないでいましたが、女性二人はその場で服を脱いで裸になると、そのまま怜人に覆いかぶさっていきます。

「世界が終わるかどうかって時に美女に囲まれて……ハーレムだね」

絵理沙がそんな風に笑う中、3人は洞窟の奥でその身体を重ねていくのでした。

一方その頃、九州上空ではUW世界本部のヘリコプターが飛行中。
そこには迷彩服に身を包んだ何人もの女性軍人達と、それを指揮するクロエ・マンスフィールドの姿が。

クロエは「今日が女の時代に始まりになる」と言って邪悪な笑みを浮かべていて……?

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻-84話ネタバレ

洞窟の入り口を発見し、静かに侵入を開始するUW世界本部の兵士達。

その頃、怜人は絵理沙・美来とのメイティングを終えて広間で皆と休んでいました。

怜人の背中に長い髪の毛がくっついているのを見つけ、「これは周防さんのかな?」とからかう絵理沙。

しかし彼女もすぐに表情を引き締めて、今後の動きについて話をし始めます。

美来はクローンとして急激に成長させられた後遺症で、UW日本支部の調整器で定期的に体を診てもらう必要がありました。

そのため火野と別れて東京に戻る必要があるのものの、絵理沙には何か考えがあるらしい。

それを彼女が口にしようとしたその時、洞窟内にけたたましいアラートが鳴り響きます。

存在がバレたと悟ったUW兵士達は歩を早め、広間の扉を蹴破って侵入!

しかし怜人達の反応も早く、その時には既に抜け道を使って反対側の出口へと移動を始めていました。

ゆかりと一緒に休んでいた火野も、産後の彼女をストレッチャーに乗せて、それを押しながら一緒に走ります。

そうして一行は無事に洞窟から出ることに成功したのだが……問題はその後。

出口周辺の森には既にUWの別動隊――クロエ率いる大量の兵士達が潜んでいたのです!

彼女らの撃った銃弾を左胸に食らって倒れる火野。

同時に怜人に向けて放たれた銃弾は、翠がギリギリで気づいてくれたおかげで当たらずに済みました。

しかし周りを銃で武装した兵士達に取り囲まれ、絶体絶命のピンチである事には変わりません。

「ナンバーズを殺したら世界中の女性を敵に回すわよ!」と叫ぶ麗亜ですが、クロエは「これは事故として処理するので」と言って笑いました。

クロエは次に怜人の方を見やると、「結局は貴方も他の男と同じように、女性とインジョイするヘンタイだったのですね」と冷たい眼差しを向けてきます。

彼女を始め同性愛者で構成されているUW世界本部は、既に女性だけで子供を作る方法を完成させようとしていました。

つまりここで怜人や火野を始末しても、人類の存続は可能……。

今までも谷口に毒を持ったり、研究所の熊を解放して怜人達を襲わせたりと工作を重ねてきた彼女達は、とうとう自分達の手で直接ナンバーズを抹殺しようとします。

上空を飛ぶヘリに機銃を向けられて、死を覚悟する怜人達。

ですが次の瞬間、彼らではなくそのヘリの方が激しい爆発を起こします!

それに驚き上空を振り仰ぐクロエ。

すると物陰から「カ~ット!」と言いながら神谷花蓮が登場!

彼女は大きなテレビカメラを肩に担いでいて、「撮れ高バッチリですよ!」とクロエに対して笑いかけました。

そんな花蓮を鬼のような形相で睨むクロエと、すぐさま花蓮に対して銃を構えるUW兵士達。

しかし、その兵士達を更に取り囲む形で、銃を構えた白装束の女性が大量に現れます。

それはUWに反旗を翻したテロリスト集団「イザナミ」。

そして、彼女達の中央には残る二人のナンバーズ、土井翔太と木根渕善の姿がありました!

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画 終末のハーレム】12巻-最終話85話ネタバレ

翔太やイザナミの協力を得て、クロエらUW世界本部の刺客を退ける事に成功した怜人達!

ナンバーズの4人が一堂に会するのはこれが初めてです。

「火、水、木、土……残るは『金』ね」

火野や水原、木根渕に土井……

ナンバーズそれぞれの名字の一字を上げながら、最後に意味深な事を言う出芽。

彼女はそのまま花蓮に「中央はどうなってるの?」と聞くと、花蓮は「クロエがいない間に東京は『ナイスでファンタスティック』な事になってる」と答えました。

それを聞いた出芽は、もう用は無いとばかりに木根渕やイザナミの女性達を引き連れてその場から退散。

翔太は彼女らを見送りながら、イザナミの衣装に扮している晶に「君が連絡役としてがんばってくれたおかげだね」と労います。

ですが、敵の銃弾を左胸に受けてしまった火野の容体はどんどん悪化していました。

満足な設備もない森の中では大した治療をしてあげる事も出来ず、朱音も「正直もう助けようがない……」と顔を曇らせます。

衰弱していく火野の傍らには、つい先ほど彼の子供を産んだばかりのゆかりも。

「死んじゃやだよお……!」と泣きじゃくるゆかりに、火野は自分達の赤ん坊の名前を伝えました。

「恭一……明るい未来を築く、俺達の最初の男の子だ……いい名前だろ?」

そう言って優しく笑いながら、同じく涙を流している怜人に「彼女と赤ん坊の事をよろしく頼む」と後を託す火野。

そして彼はこれまでにメイティングしてきた女性達一人一人の名前を口にし、「みんな心配だな……」と彼女らの身を案じながら、遂に息を引き取ってしまうのでした……。

その後、「UW世界本部による火野恭司暗殺事件」とされた今回の一件は世界中に報じられ、それによって世界はまた大きく動いていく事となりました。

世界各地で暴動が起きるようになり、UWに所属する女性達に対して暴力的な制裁を加える者も頻出。

クロエら世界本部から派遣されてきた職員は日本からの撤退を余儀なくされました。

特に、火野を殺されて怒りに燃える元担当官・石動寧々子が率先して、世界本部の者達を追い払ったようです。

そうして自治権を取り戻した日本支部では、花蓮と翔太が「完成したワクチンはどう扱っていくべきか?」と相談中。

香港やロスアニアなど世界各地で増産中の筈のワクチンですが、日本でそれをどうするかは花蓮達次第です。

翔太は「考えたんだけど、やっぱりコールドスリープ中の男性は蘇らせていった方がいい」と発言。

現在コールドスリープ中の男性は10万人弱。

対する日本国内の女性は5000万人以上!

これを翔太一人でメイティングしていく事は不可能です。

またナンバーズの存在が公になった事で、彼らとメイティングできないままでいる女性達は不満を持っていく事も予想されました。

そこで「僕達への協力を条件にして、少しずつ男性を解凍・管理していくのが世界のため、君の野望のためなんじゃない?」と花蓮に提案する翔太。

それを聞いた花蓮もニッコリ笑って、「翔太様を『ロスアニアからワクチンを持ち帰った英雄』として報道しちゃいましょう!」と張り切るのでした。

一方、ワクチン開発に大きく貢献した本物の英雄・水原怜人は……火野の死を受けて精神的に弱ってしまっていました。

部屋に閉じこもる怜人の様子を絵理沙が見に行きますが、怜人は世界中が混乱していてアナスタシア姫達の現状が分からない事、そしてやはり火野を助ける力が無かった事をずっと気にしています。

また、一緒に日本に戻ってきた美来は相変わらず健康維持のため調整器で過ごす毎日に。

絵理沙は、美来をそんな毎日から解放する方法を知っていると言うのですが、それには絵理沙が何らかのリスクを負わなければならないようです。

それでも絵理沙は「私達は二人で一人……そしてこれは怜人のために必要な事なの」と言って美来を説得し……?

そしてクロエ。

日本を追い出されて船で洋上を進む彼女でしたが、世界本部の「男性絶滅計画」はまだ終わっていないと口にします。

クロエが言うには、MKウイルスのワクチンには何らかの仕掛けが施されているようで……?

それを把握しているのかいないのか、花蓮と翔太はそのワクチンを手土産にして大々的にお披露目会を開いていました。

巨大ドームに集められた沢山の女性達は、スーツ姿でビシッと決めて演説する翔太の姿に熱狂していきます。

今や翔太は水原怜人を上回る人気者となり、日本どころか世界中の女性をハーレムの一員にするのも夢ではない状態に!

「その横で実際に世界を支配するのが君ってわけか」

そう言って、隣に立つ花蓮を見て笑う翔太。

その花蓮は会場に集まった数えきれないほどの女性達を示しつつ、「さあ……どの子にしますか?」と言って笑みを返すのでした。

ネタバレ目次に戻る

終末のハーレムをお得に読む方法をチェック

【漫画】終末のハーレムの単行本を600円お得に読む方法

電子書籍サイトで「終末のハーレム」は配信されていて、特典を利用すれば書店や通販で買うより600円もお得に読むことができます。

電子書籍サイトの中でも特典が魅力的なサイトが、下記の2つ。

サイト名
(お試し期間)
特典配信価格
U-NEXT
(31日間無料)
無料会員登録で600ポイント660円
music.jp
(30日間無料)
無料会員登録で1600ポイント660円
DMM電子書籍
(無料期間なし)
最大100冊まで半額660円

※配信価格=終末のハーレムの配信価格

そして、各サイトの詳細が下記の通りです。

U-NEXTで終末のハーレムの漫画をお得に読む

U-NEXTでは「終末のハーレム」の漫画が、一冊660円で配信されています。

そして、無料会員登録時にもらえる600ポイントを使えば、「終末のハーレム」の漫画を60円で読むことができます。

もちろん31日間のお試し期間中は、14万本以上の動画を無料で楽しめます。

※U-NEXTでは終末のハーレムが660円で配信されています。

\31日間無料お試し期間あり/

U−NEXTで終末のハーレムをお得に読んでみる

music.jpで終末のハーレムの漫画をお得に読む

music.jpでも「終末のハーレム」の漫画が、一冊660円で配信されています。

そして、無料会員登録すると、

  • 動画用ポイント→1000円分
  • 共通ポイント→600円分

合計1600円分のポイントがもらえます。

共通ポイント600円分を活用すれば、「終末のハーレム」の漫画をたった60円で読むことができますよ。

※music.jpでは終末のハーレムが660円で配信されています。

\30間無料お試し期間あり/

music.jpで終末のハーレムをお得に読んでみる

DMM電子書籍で終末のハーレムを全巻半額で読む

DMM電子書籍は初回購入に限り、最大100冊まで半額になるクーポンをもらうことができます。

有効期限が設けられているものの、有効期限内にこのクーポンを活用すれば、終末のハーレムを全巻半額で揃えることができます。

DMM電子書籍の会員登録は無料ででき、月額費も無料。

なので終末のハーレムの購入以外に、お金は一切かかりません。

DMM電子書籍を活用すれば、売り切れや入荷待ちなどを気にすることなく、終末のハーレムを全巻揃えられますよ。

\最大100冊まで半額/

DMM電子書籍で終末のハーレムを読んでみる

 

【漫画 終末のハーレム】第一部最終回12巻85話までの全話・全巻ネタバレまとめ

1巻
1話2話3話4話
5話6話
2巻
7話8話9話10話
11話12話13話14話
3巻
15話16話17話18話
19話20話21話
4巻
22話23話24話25話
26話27話28話
5巻
29話30話31話32話
33話34話
6巻
35話36話37話38話
39話40話41話
7巻
42話43話44話45話
46話47話48話
8巻
49話50話51話52話
53話54話55話
9巻
56話57話58話59話
60話61話62話
10巻
63話64話65話66話
67話68話69話
11巻
70話71話72話73話
74話75話76話77話
12巻
78話79話80話81話
82話83話84話85話

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました