【漫画 クロスゲーム】最終回17ネタバレ感想!無料で読めるの?

週刊少年サンデーにて連載されていた漫画「クロスゲーム」の最終回17巻のネタバレをまとめました。

「クロスゲーム」はあだち充作の漫画で、単行本は全17巻で最終回完結を迎えました。

このページでは、「クロスゲーム」の最終回17巻ネタバレや読んだ感想、無料で読む方法などをまとめています!

そして結論を先に述べると、「クロスゲーム」の最終回17巻は無料で読むことができません。

というのもクロスゲームは、電子書籍版が発売されていないからです。

しかしアニメ「クロスゲーム」は全話無料視聴できますよ。

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTでクロスゲームの動画を見てみる

【漫画 クロスゲーム】最終回17巻あらすじ

「クロスゲーム」の最終回17巻のあらすじが下記の通りです。

〜「クロスゲーム」の最終回17巻のあらすじ〜

星秀学園高等部の三年生、野球部のエース、樹多村光と近所にすむ月島四姉妹は幼なじみですが、光と同じ日に生まれた次女の若葉は幼くして事故で亡くなってしまいます。

若葉は亡くなる直前に見た夢。

それは「超満員の甲子園」でした。

夢を本当にするための光の最後の夏が始まりました。

決勝まで勝ち進んだ星秀学園の相手は天才、三島敬太郎が属する竜旺学院。

決勝の当日、若葉にそっくりの滝川あかねが手術することになります。

あかねの手術は成功しましたが決勝戦は白熱していくのでした。

〜「クロスゲーム」の最終回17巻のあらすじここまで〜

続いて、「クロスゲーム」の最終回17巻のネタバレを見ていきます!

【漫画 クロスゲーム】最終回17巻ネタバレ

「クロスゲーム」の最終回17巻のネタバレが次の通りです。

〜「クロスゲーム」の最終回17巻のネタバレここから〜

試合は星秀学園の1点リードで最終回を迎えていました。

しかし竜旺学院も、打球がベースに当たりイレギュラーバウンドになるという幸運に見舞われ、土壇場で同点に追い付きました。

試合は延長戦へと突入していきます。

一方とある民家ではおじいさんが子供を叱っています。

他人の家の塀にボールをぶつけてあそぶんじゃない!と。

しかしそのおじいさんもある子供にはなにも言わなかったといいます。

その子は放課後になるとたった一人で陽が暮れるまでボールを塀にぶつけていたそうです。

連れのおばあさんはなぜ叱らなかったのか不思議に思い聞いてみます。

おじいさんは「泣いてたんだよ」と答えます。

あるときからボールの音が変わってきて、その時にはもう泣いていなかったと言います。

野球を続けていれば、間違いなくどこかの高校のエースになっている、とおじいさんは嬉しそうに笑っていました。

そのときの少年こそまさしく樹多村光なのでした。

試合は10回表、星秀学園の攻撃は四番、東の打席から始まります。

初球は見逃しのストライク、第二球はファールと東は追い込まれてしまいました。

スタンドからみていた東の兄は「楽しめ!雄平!」と声をかけます。

東はその言葉を受け止め、表情が柔らかくなりました。

そして東、渾身のスイングはフェンスの上のネットに直撃します。

東は三塁へヘッドスライディングし、見事セーフになります。

ホームランを打っても冷静な東が大きくガッツポーズします。

続く5番、赤石と6番の光は敬遠されます。

竜旺学院ノーアウトの満塁策を選びました。

竜旺学院のエース及川は選抜甲子園の優勝投手の意地を見せ、見事三者凡退に抑えピンチをしのぎます。

10回裏、竜旺学院の攻撃、東は光に、絶対に先頭打者を塁に出すなと言います。

いやな流れを断ち切るには先頭打者を打ち取るしかないと。

光は「簡単に言うなよ」と言いますが、東とキャッチャー赤石は「今日のお前ならできる」と言います。

三島に対しての初球は157㎞のストレート。

三島は、俺の時ばかり不公平だと苦笑いします。

二球目、三島のバットは光のストレートをとらえます。

ボールはスタンドのシートに直撃します。

観客はどよめきます。

しかしわずかに左に逸れてファールでした。

星秀学園のメンバーは冷や汗をかきますが、光は冷静に「ツーストライク」とおどけてみせます。

第三球、打球はファースト、東の頭上へのライナーでしたが東のファインプレーによって救われます。

流れを断ち切った光は竜旺学院の攻撃を三者凡退で切り抜けます。

試合は進み12回表の星秀学園の攻撃へ。

四番、東はフォアボールで出塁します。

続く赤石の打球はファーストのミットを弾きますが、落ちたボールを処理されダブルプレーになります。

続く光の打席、光はポケットに入っていたメダルを審判に渡します。

メダルには月島バッティングセンターと書いてありました。

幼い頃からバッティングセンターで遊んでいた光の積み重ねてきた成果がでます。

打球はバックスクリーン横に飛び込むホームランでした。

攻守交代して守備につく星秀学園のナイン。

東は光に「試合が終わったら、月島青葉を思いっきり抱きしめてやれ」と言います。

12回裏、竜旺学院の攻撃は一番からで、三者凡退で抑えれば四番の三島を迎えないままゲームセットとなりますがランナーを出してしまいます。

二人を抑え、ツーアウト一塁で三島を迎えてしまいます。

光は自信のMAXである158㎞を連発し、三島もそれに食らいついています。

フルカウントになり光の渾身の一球。

際どいボールに審判は、ボールとジャッジしフォアボールで三島は出塁します。

三島は見逃したのではなく手が出ませんでした。

スタンドでは東の兄と青葉がはなしています。

東の兄は、今日最速の球だったと言いますが、球速表示が有りませんでした。

青葉は試合前に光と話していました。

あかねと亡くなった若葉のどっちが好きかと青葉が光に問いますが光は、亡くなったやつとは比べられないと言います。

すかさず青葉は「じゃ、わたしとは?」と質問します。

それを聞き光は「ウソついてもいいか?」と答えます。

青葉は「いいよ」と言いました。

「甲子園に行く!」

「160㎞出す!」

「そして、月島青葉が一番好きだ」

試合は終わり、見事、星秀学園は甲子園出場を決めたのでした。

そして光は青葉の元に行き、青葉を抱きしめました。

青葉は光にビンタします。

青葉は光に大嫌いだと言いますが光は、「知ってるよ。たぶん、世界中で一番」と返します。

それを聞き青葉は光の胸で泣き崩れました。

時は流れ、光と青葉の甲子園出発の日に。

青葉は若葉の写真に、甲子園に行くよ。と語りかけます。

喫茶店で待ち合わせていた青葉と光。

喫茶店のマスターは光のファンで、光と青葉はツーショットの写真を撮られます。

青葉はこっそり焼き増ししてもらえるように頼みましたが、それを知らない光も頼みにいこうとします。

青葉は、電車がくるから、と光の手を引きます。

ホームで二人は手を繋いだまま電車を待ち、物語は終わりを迎えます。

クローバー
マメ科の多年草…
四つの葉は幸福をもたらすという

〜「クロスゲーム」の最終回17巻のネタバレここまで〜

単行本全17巻にて完結となった「クロスゲーム」

完結したのは随分と前ですが、やっぱりいつ読んでも面白い漫画ですよね!

【漫画 クロスゲーム】最終回17巻感想

個人的にはあだち充の作品の中で最もおもしろいと思います。

正ヒロインがどちらかわからなくなる展開や、光のチームメイトたちが抱える苦悩や葛藤をあだち充ならではのテンポで軽快にえがかれていると思います。

そして読み終わったあとに残る、甘酸っぱいような気持ちがとても心地よいものです。

青葉の光に対する素直になれない感じや、それに対する光の優しさ。

単なる野球漫画ではなく、野球を題材とした恋愛漫画ではという捉え方もできるような、完成された作品となっております。

野球をやったことがある人、ない人、どちらにもおすすめできる作品だと思います。

【アニメ クロスゲーム】動画を全話無料視聴する方法

「クロスゲーム」の漫画は、単行本全17巻にて完結しました。

電子書籍版「クロスゲーム」は発売されていないため漫画を無料で読むことはできないものの、アニメ「クロスゲーム」は全話無料視聴できます。

活用するサービスがU-NEXT。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

さらに31日間の無料お試し期間中は、U-NEXTで配信されている14万本以上の動画を無料視聴できます。

現在放送中の最新作や過去の名作まで、幅広い年代の作品を無料で楽しめるので、ぜひご活用ください!

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTでクロスゲームの動画を見てみる

【漫画 クロスゲーム】最終回17巻ネタバレ感想と無料で読む方法まとめ

「クロスゲーム」の最終回17巻ネタバレや読んだ感想、無料で読む方法などをご紹介してきました。

単行本全17巻にて完結した「クロスゲーム」

U-NEXTを活用すれば、アニメ「クロスゲーム」を全話無料視聴できるので、ぜひお試しください。

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTでクロスゲームの動画を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました