【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】1話〜最終話の全話ネタバレと動画を無料視聴する方法

アニメ「魔法科高校の劣等生 第1期」1話〜最終回26話の全話ネタバレまとめ。

アニメ「魔法科高校の劣等生 第1期」は、全26話となっています。

そしてU-NEXTというサービスを活用すれば、アニメ「魔法科高校の劣等生」の動画を全話無料で視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、この期間中に動画を全話無料視聴すればOK。

さらに無料会員登録で600円分のポイントがもらえるので、好きな漫画なども無料で読めますよ。

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで魔法科第1期の動画を見る

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】1話〜最終回26話の全話ネタバレまとめ

下記の青文字をタッチすると、その話のネタバレをチェックできます。

1話2話3話4話5話6話7話
8話9話10話11話12話13話14話
15話16話17話18話19話20話21話
22話23話24話25話26話

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】1話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第1話のネタバレここから〜

電撃文庫の人気タイトルをアニメ化した魔法科高校の劣等生1話の入学編Ⅰは、主人公司馬達也のナレーションからスタート。

魔法が日常的に存在するこの世界ではすでに体系化されていて、魔法師の育成までしているとのこと。

魔法が普通にあるというのですから、これは驚きですよね。

そして何やら戦闘服のような物を着て戦場で魔法を使っている達也のシーン。

それに達也の妹である司馬深雪のナレーションが重なります。

先の話数をあえて初っ端で見せる演出かもしれませんね。

このシーンが後でどうつながるのか、楽しみな始まり方です。

場面は変わって高校の正面玄関前。

達也の入学に関する不当な扱われ方について、当の達也に深雪がかわいらしく不満をぶつけています。

ここで深雪のアップのシーンになりますが、かなりかわいいです。

対する達也は、自分自身を冷静に分析して深雪を諭します。

達也のことで深雪が不満を感じているあたり、深雪の達也に対する想いは相当なものだとわかりますね。

美しき兄妹愛ですが、お互いそれ以上の感情がこめられていると感じるのは気のせいでしょうか。

達也はこの後入学式に出席しますが、他のキャラたちと遭遇して顔見知りになります。

生徒会長を務める七草真由美、同じクラスのクラスメイトである柴田美月に千葉エリカです。

真由美は何だか謎めいた雰囲気があり、今後も深く関わってきそうですね。

美月はオーラの表情がわかる能力の持ち主でしかもスタイル抜群。

エリカは明るく元気なチャキチャキ系です。

それぞれタイプが違っていて、個性的なキャラたちは魅力にあふれています。

さらに大柄で体格のいい西城レオンハルトとも、友人になります。

ただ相性の問題なのか、エリカとレオンハルトは言い合いが絶えません。

場面は変わってアニメの後半になると、達也たちが所属している二科生と深雪が所属している一科生の対立が浮き彫りに。

深雪は二科生に偏見を持っていませんが、それ以外の一科生は二科生を見下している節があります。

食堂でも達也たち二科生と深雪を取り巻く一科生は小競り合いを勃発させ、どうにも噛み合いません。

そんな中ついに実力行使の諍いへと発展してしまいます。

些細な言い争いがきっかけとなり、一科生と二科生で衝突が起ってしまうのです。

しかもその現場を、生徒のトップである生徒会長の七草真由美と風紀委員の渡辺摩利に目撃されてしまいました。

このピンチを冷静に言い繕って達也が事情説明したところで、1話が終わりました。

緊迫の場面で終わった1話だけに、どうなるのか先が気になりますね。

〜魔法科高校の劣等生 第1話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】2話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第2話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第2話のネタバレここから〜

達也の機転の利いた言い訳により、渡辺先輩から不問にしてもらえた森崎達と達也。

恐らく状況を正直に話したとしても、罪に問われるのは魔法を使おうとした森崎達。

本来なら森崎達は達也に感謝すべきなのですが、達也への対抗意識からか感謝どころか敵対心剥き出しで去っていきました。

もちろんそれが森崎達の総意ではないようで、光井ほのか北山雫は達也に感謝を伝えていました。

これがキッカケで達也達と光井達は一緒に帰ることになります。

ただ今回森崎達とのトラブルを不問に出来たものの、この一件で達也は七草・渡辺の両先輩から目をつけられることになります。

後日達也と深雪は生徒会メンバーに呼び出され、そこで深雪は生徒会メンバーに誘われます。

これは一年生総代は生徒会メンバーにという慣例に基づいただけなので、特別なものはありません。

ただこれを受けるに当たり、深雪は兄である達也を推薦します。

規則によりニ科生である達也は生徒会メンバーにはなれないと市原先輩は却下しますが、渡辺先輩は生徒会ではなく風紀委員ではどうだろうか?と提案します。

そう、二科生は生徒会メンバーになれなくとも、風紀委員なら問題なくなれるんです。

達也の実力を認めている七草先輩もこれには乗り気で大賛成・・

ですが、ここで休憩時間が終わりとなって続きは放課後となりました。

その後達也は、授業で魔法発動の実技を行うのですが、「魔法発動のあまりの遅さに自分は風紀委員をすべきではない・・断ろう」という意思を強めます。

達也は風紀委員を断るつもりで放課後に生徒会室を訪れます。

ですが、ひょんなことから生徒会副会長の服部先輩と模擬戦をすることとなります。

というのも達也達が生徒会室に入室すると、先程見なかった人物が室内にいました。

それが服部先輩です。

ただこの服部先輩、達也には一切の挨拶をせず完全に無視します。

さらにニ科生である達也に、風紀委員は無理だと生徒会副会長として七草先輩に進言まで。

服部先輩の兄に対する態度と兄を批判する言動に我慢出来なくなった深雪が達也を弁護。

深雪の言葉に嘘偽りの無い事を証明する為、達也は服部先輩に模擬戦を申し込むこととなりました。

達也vs服部先輩、審判は渡辺先輩という形で模擬戦が行われる事となりました。

開始前、服部先輩はシミュレートします。

魔法発動の遅いウィード(二科生を侮蔑した呼称)に負けるわけがない!発動速度の速い魔法で吹き飛ばし、壁に当たった衝撃で戦闘不能にすればいいだけだ!と勝利を確信しました。

試合開始と同時にCADを一生懸命操作する服部先輩。

一方達也は一瞬で服部先輩の背後へ回り、その意識を刈り取ります。

そう、試合結果は達也の圧勝で終わったのです。

〜魔法科高校の劣等生 第2話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第2話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】3話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第3話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第3話のネタバレここから〜

前半は達也vs服部先輩の模擬戦がどういうものだったかを説明し、達也の風紀委員が決定するという話。

後半は風紀委員となった達也がその責務を果たしていくという場面が多いですね。

では前半から。

服部先輩を壁にもたれさせて安静にし、その間生徒会メンバーは達也に質問を投げかけます。

達也があまりにも早く動いたので、試合前から身体強化魔法を掛けていたのか?等。それは達也の卓越した身体能力の結果であり、九重先生に師事してる事と伝えると納得してもらえました。

これで移動速度の速さには納得出来たものの、服部を倒した方法がわかりません。

七草先輩・市原先輩の疑問に答え、達也はそんな人間離れした事が出来るのか!と生徒会メンバーを驚かせます。

ただ達也が所持するトーラスシルバーCADに夢中になってる中条さんを除いて。

途中で回復した服部先輩も達也の実力を認め、深雪に対して失言したのは自分だったを謝罪までしました。

その後、達也は渡辺先輩と風紀委員会室へと移動し、風紀委員の職務について色々と教わります。

そんな時に風紀委員の辰巳先輩沢木先輩と顔合わせをします。

両名ともウィードだからと達也を蔑むのではなく服部を倒したと実力を素直に評価。

これは差別意識を嫌う渡辺先輩の影響やそういう人選をした結果でもあるのでしょうが、ウィードである達也にとって風紀委員会は過ごし易い所だと感じました。

後半は風紀委員としての責務を達也が果たすシーンですね。

まず風紀委員一同が勢ぞろいし、部活動の勧誘で荒れるであろう校内をキッチリ取り締まるよう、渡辺先輩から厳命が下されます。

ただその際、問題になったのが風紀委員のメンバー。

既存メンバーに問題はないのですが、問題は達也以外の新メンバー。

そう、その新メンバーとは先日達也と揉めた森崎でした。

達也が旧式とはいえエキスパート使用のCADを二機借りると、それについても文句をいう森崎。

達也が何をしてもカンに触るんでしょうね。

達也が一人で校内を巡回してると、執拗な部活動勧誘に迷惑してるエリカを発見。

激しい揉み合いとなり、エリカの上着が乱れるシーンも。

その直後達也は魔法を発動してエリカを揉みくちゃになってる所から救出します。

落ち着いてからエリカと一緒に剣道部を見学することになるのですが、そこでもトラブルが発生していました。

剣道部の壬生先輩と剣術部の桐原先輩が揉め、両者は試合をする事に。

試合結果は五分なものの、お互い真剣だったら致命傷を負っていたのは桐原先輩。

この事を壬生先輩が指摘すると、逆上した桐原先輩は魔法で竹刀を強化し壬生先輩に襲い掛かります。

それを達也は阻止して桐原先輩を取り押さえるも、その行為に納得しない剣術部員達が達也へ襲い掛かりました。

中には魔法を使おうとし、達也に魔法詠唱破棄させられる場面も。

こうして達也は風紀委員になった初日からトラブルに巻き込まれていきます。

〜魔法科高校の劣等生 第3話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第3話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】4話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第4話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第4話のネタバレここから〜

まずは前回の後始末的な話から。

前回剣術部の桐原先輩が問題行動を起こしたので、その事情を達也は生徒会メンバーや部活連会頭の十文字先輩から聞かれます。

達也は素直に報告しつつも、剣術部員が魔法発動しようとした事については隠蔽しました。

結果大事にはならず、剣道部の壬生先輩からも感謝される事となるのですが。

報告を終えると達也は待ってくれていた友人達と軽食を楽しみながら、桐原先輩とどういう事があったか説明していきます。

途中深雪がキャストジャミングについて漏らしてしまい、オフレコで~と詳しい事情を説明するハメになったんですけどね。

翌日達也は、風紀委員としての責務を果たすべく校内を巡回。

すると、体育館でトラブル発生との報告を受けます。

すぐに駆けつけようとするも、走る達也を物陰から魔法で妨害しようとする何者かが現れました。

達也はそれに気づいて対峙するものの、相手は魔法を使ってダッシュで逃げます。

相手が誰かわからなかったものの、袖に印象的な模様があるのを見つけてヒントを得ます。

その後深雪を生徒会室まで達也が送る途中、剣道部の壬生先輩が達也に話しかけてきました。

二人で話がしたいと。

達也がOKすると深雪は心配をします。

達也の名声が上がるのは好ましいけど、達也の力を悪用しようとする輩も出てくるからと。

こうして達也は壬生先輩とカフェで話し合い。

すると、その用件は剣道部への勧誘でした。

達也が何故入部を勧める?と尋ねると、壬生先輩は事情を色々話します。

魔法に不得手な二科生ならではの悩みや不満も含め、それにも協力して欲しいと。

ただ達也はそれに頷かず、結局壬生先輩は学校側に不満を伝えてどうしたいのか?と尋ねると壬生先輩は困惑。

どうもその先については考えていなかった様子です。

そこで話し合いは中断し、後日また話を聞く事に。

ただ問題となったのは、この一部始終が変な形で深雪に伝わったことですね。

生徒会メンバーと食事する際、この話題が渡辺先輩から出ます。

カフェで達也が壬生を言葉責めしたらしいな?壬生は顔を真っ赤にしていたそうだぞ?と。

これを聞いた深雪は周囲に冷気を漏らす程動揺します。

その後も渡辺先輩のチョッカイを深雪は真に受け、冷気を漏らしてお茶を凍らせるという場面も。

ということで話は切り替わり、達也は反魔法組織ブランシュの存在ついて話をします。

この場で達也は口に出しませんでしたが、先ほど達也に不意打ちを仕掛けてきた相手の袖の模様が、ブランシュの下部組織エガリテを表す模様だったからです。

ただ生徒会メンバーも噂程度には聞いたあるぐらいだったので、詳しい話はせずここで終了。

後に自宅で深雪にはブランシュやエガリテについて説明はするものの、それ以上はなし。

そして壬生先輩からの対応を待つこととなりました。

〜魔法科高校の劣等生 第4話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第4話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】5話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第5話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第5話のネタバレここから〜

冒頭は達也の魔法実習を見て柴田が驚くシーンから始まります。

達也は魔法実技が苦手だと主張するものの、今までスムーズに魔法を使ってきましたし剣術部の桐原先輩すらアッサリと倒してました。

ですので達也が魔法実技にてこずってるのが意外だったんでしょう。

最初はそんな感じの事から話し、気づけば達也の考えを聞いて感動してエキサイトする柴田。

その興奮っぷりに周囲からドン引かれる事になるんですけど、柴田の事情を少し知ることになります。

気になる壬生先輩からの勧誘ですが、これは上手くいかず。

同じ二科生とはいえ、待遇改善を学校側に求める壬生先輩。

片や達也は学校には期待しておらず、資格取得を目的としてるだけ。

壬生先輩と達也とでは考え方が違いすぎ、壬生先輩の勧誘は失敗に終わります。

そんな時、放送室がジャックされます。

学内の差別撤廃を望む有志同盟」を名乗る連中によって。

達也は急いで放送室へ行くも、すでに生徒会の主要メンバーは集まっていて対策を考え中。

生徒会メンバーの考えを一通り聞いた後、達也や壬生先輩に連絡します。

剣道部加入の話し合いをする為、壬生先輩のプライベートナンバーを達也は聞いていたんです。

達也のテキパキした対応によって放送ジャックは解除されたものの、壬生先輩のプライベートナンバーを保存した事に対して深雪から強い嫉妬を向けられる事となるんですけどね。

ただこの時の話し合いにより、「学内の差別撤廃を望む有志同盟」と生徒会が討論会を開くこととなります。

この公開討論会に参加するメンバーは誰か?が気になる所ですが、なんと生徒会長である七草先輩一人で臨むとの事。

これには達也も深雪も驚きの表情を浮かべます。

普段は優しい笑みを浮かべ、表立って討論をするなんてイメージの沸かない方ですから。

その後達也は柴田が男子生徒に絡まれている現場に出くわします。

達也の登場で柴田は男性生徒から解放されるものの、その男子生徒は剣道部主将の司先輩でした。

達也は司先輩に見覚えがあり、ハッキリしたわけではないが先日達也に不意打ちをしてきた人物と似ている・・と達也は警戒をします。

九重先生に調べてもらおうとお願いすると、すでに九重先輩は司先輩の事を知ってました。

つまり九重先輩がすでに情報を仕入れてるような危険事人物なのか?と達也は理解します。

無事公開討論会は体育館で開かれたものの、公開討論会は残念ながら七草先輩の独壇場となりました。

ちゃんとしたビジョンを持ち合わせずに不満をぶちまけるだけの「学内の差別撤廃を望む有志同盟」は七草先輩を言い負かす事は出来ず。

渡辺先輩が「もはや討論会ではなくて、真由美の演説会になりつつあるなあ」と評する程に。

このまま七草先輩に言い負かされたまま公開討論会は終わるのか?と不安に感じるも、この不安は的中する事に。

そう、七草先輩が締めくくりの言葉を述べてると、体育館内が襲撃をされます。

窓からガス弾を投げ込まれたり、重火器武装をした一団が突入してきたり。

それらを軽く処理したものの、襲撃は体育館だけでなく実技棟にも。

達也は実技棟の応援に行く事を志願し、戦場へと旅立ちます。

〜魔法科高校の劣等生 第5話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第5話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】6話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第6話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第6話のネタバレここから〜

今回は達也以外の活躍も見られてなかなか良かったですね。

達也が有能すぎて敵を全部倒してしまうので、達也以外の活躍ってなかなか見られませんから。

さて序盤ですが、達也と深雪が実習棟へ向かう為に校庭を走ってると、テロリスト達と戦ってるレオンハルトを見かけます。

ただレオンハルトはCADを所持していない丸腰状態です。

しかも相手は一人ではありません。

数に圧倒され、あわや~という所で深雪の魔法によって助けられました。

その後CADを持って到着したエリカと合流し、情報を共有してる所に保険医の小野先生が登場。

小野先生からテロリストは図書館におり、その中には壬生先輩もいる。手加減をしてやって欲しいと頼まれます。

達也は小野先生からのお願いを「甘いですね」と拒否して図書館へと向かいます。

途中校内にいるテロリストをレオンハルトに任せ、達也・深雪・エリカの三人は無事図書館に到着。

達也の索敵魔法で図書館内に立て篭もるテロリストの人数や位置を把握し、まずはエリカが先陣を切って露払い。

テロリスト達をあっさり倒します。

エリカにその場を任せ、達也と深雪は奥へ侵入。

機密データを盗み出そうとしてるテロリスト達の所へ行き、その機材を達也は破壊。

ここで壬生先輩と達也達とで口論があるものの、深雪が論破して終了。

その隙を突いて攻撃してきたテロリスト達を達也が撃破し、逃走した壬生先輩に追撃はせずエリカに任せます。

壬生先輩は達也達から逃げるも、エリカに阻まれて一騎打ちに。

この戦いはエリカの勝利で終わり、また壬生先輩を誘導していた司先輩も風紀委員の辰巳と沢木が拘束。

無事今回の国立魔法大学付属第一高等学校襲撃事件は終焉を迎えます。

その後壬生先輩から事情を聞くと、やはり反魔法組織のブランシュがこの事件に関わっていた事が判明します。

達也はブランシュを叩き潰すと話すも、七草先輩や十文字先輩から反対されます。

相手はテロ組織であり、これは警察に任せるべき案件だと。

テロ組織相手に命をかけろとは生徒に言えないと。

しかし達也は自分と深雪の二人で潰しにいくと言い切ります。

ブランシュのアジトは盗み聞きしていた保険医・小野先生から聞いて。

生徒会長である七草先輩と学園を守る為に風紀委員長の渡辺先輩は居残り組。

達也・深雪・レオンハルト・エリカ・十文字先輩+桐原先輩(十文字先輩に参加をお願いする場面あり)がブランシュのアジトを叩き潰すべく向かう事となりました。

〜魔法科高校の劣等生 第6話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第6話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】7話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第7話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第7話のネタバレここから〜

正面から突入した達也、深雪の2人は達也の「精霊の目」により敵の数を確認しつつ進んでいき、ブランシュのリーダー・司一と対峙することになります。

司は魔法を妨害するアンティナイトを使わずにキャストジャミングを使える達也に興味を示し、仲間になるように催眠をかけようとします。

達也は予めその手段を予想しておりそれをあっさり無力化。

焦った司は達也達を銃撃し、そのすきに逃げようしますが、激怒した深雪が魔法「ニブルヘイム」を使用してテロリストを全員凍らせてしまいます。

裏口突入組の十文字と桐原も接敵。

こちらも特に苦戦することはなくテロリストを倒していきます。

司を追いかけていた達也は大量のアンティナイトの出所から、ブランシュの大本のスポンサーが大亜連合ではないかと尋ねます。

焦った司は、アンティナイトを利用した複数のキャストジャミングによる魔法妨害を達也に仕掛けますが、それを物ともせずに敵を処理していきます。

混乱した司が逃げようとしたところに裏口突入組の2人が合流に成功します。

壬生を催眠してテロリストの仲間に仕立て上げた元凶である司を発見した桐原が激昂し司の片腕を切断し無力化。

これによりブランシュを無事壊滅することに成功し、突入作戦は終了します。

後半パートは壬生が入院してる病室に場面が移ります。

ブランシュ事件の後遺症での記憶の誤差がないかどうかを検査するために入院していること、今回の事件により催眠被害にあった学生側にお咎めはないことなどの説明が入ります。

その後壬生の退院の日に会いに行った達也、深雪、エリカの3人は桐原が毎日壬生のお見舞いに来ていたことをエリカから教えられます。

その後エリカが桐原と壬生の2人をからかいながら、壬生が達也のことが好きだったのではないかと質問します。

壬生は確かに達也に恋をしていたこと。達也が強すぎてどんどん追いつけない速さで進んでいってしまうこと。

桐原なら同じ速さで進んでくれると思ったと思いっきり惚気ます。

それを聞いたエリカは桐原をからかい倒し、深雪は「お兄様がどんなに速い速度で進んでいってもついていく」と達也にどこまでも付いていくと宣言。

その後に「達也が二科生という侮りを受けてでも学校に通っているのは私のせいなのではないか?無理をしているのでは」と質問します。

それに対し達也は深雪と学生でいられる今の日常が好きだと宣言。「今日のところは日常に戻ろうか」という達也の言葉で綺麗に締めくくられて激動の入学編が終わります。

〜魔法科高校の劣等生 第7話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第7話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】8話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第8話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第8話のネタバレここから〜

達也と深雪が三雲師匠の下で九校の練習を行っているところから始まります。

入学編でも出ていた魔法科高校のカウンセラーである小野遥が現れ、深雪が九校戦の種目二種類に参加すること、遥が三雲の弟子で警察の公安だということが明かされます。

その後場面は学校に移ります。

魔法科高校でのスポーツ授業で活躍した新キャラクターである吉田幹比古との交流が始まります。

幹比古はエリカの幼馴染で、半年程度疎遠になっていたこと等の簡単な紹介が行われます。

その後は生徒会や風紀委員による九校戦のメンバー選抜の話し合いに。

九校戦の簡単な説明の後に、現在は競技メンバーはなんとか決定しましたが…

技術スタッフ、エンジニアが不足していてメンバーが決定していないということが問題になっています。

そこで、普段から深雪のCADを調整している達也なら、技術スタッフになれるのでは?と、真由美達は達也を技術スタッフに推薦しようとします。

ですが、達也は「一年生で技術スタッフになった例は過去にないのではないか。」

「一年生、それも二科生で色々と悪目立ちしている俺を推薦するのは色々と問題があるのではないか」と逃げようとします。

しかし深雪が、お兄様に技術スタッフになってもらいたいと言われ、達也はやむなく生徒会の推薦を受けることになります。

その後は達也とあーちゃんの会話による天才CAD開発者のトーラスシルバーの説明や、魔法では現在飛行することを実現できていないという話を挟んだ後、場面は放課後に移ります。

生徒会は達也を技術スタッツに推薦しますが、一科生は達也の実力を信用できないからという理由からそれに反発。

技術スタッフとしての実力を確かめるために達也は、皆の前でCADの調整を行ってもらうことになりました。

達也は機械に任せずに、キーボードオンリーの完全マニュアルでの操作でCADの調整を行い、無事に調整は成功します。

この操作の技術力がわからない一部の生徒はまだ反発をしましたが…

服部や十文字等の実力者達が、達也の実力を認めたことによって賛成者が増え、達也は無事技術スタッフになります。

家に戻った達也は上司である風間から、九校戦の会場である富士演習場周辺に外国犯罪組織であるノーヘッドドラゴンが活動していることを教えられます。

最後に。

ミラージバットのコスチュームを着た深雪とイチャイチャしながら、現代の魔法で再現できていなかった飛行魔法を深雪に披露します。

次の休みに飛行魔法のテストが行われ、無事に飛行魔法が完成したことがわかり、深雪が「さすがはお兄様です」と締めくくったところで第8話が終わります。

〜魔法科高校の劣等生 第8話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第8話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】9話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第9話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第9話のネタバレここから〜

四葉家の中では卑下される事の多い達也ですが、それに関するシーンも出てきますね。

後は柴田の水晶眼等の話も。

では順を追ってどういうあらすじか説明していきますね。

完成した飛行術式デバイスを持って、F.L.T開発センター・CAD開発第三課の研究主任牛山の元へ参ります。

四葉家では歓迎されていない達也ですが、ここでは賞賛の嵐。

何故か四葉では達也の評価は低いのですが、ここの職員は達也の能力を素直に評価して尊敬してる者ばかりの様子でした。

挨拶が済んでから達也から飛行術式デバイスを受け取り、即実験。

ただ利用出来るCADの在庫が少なかったのでテスターは小数となりましたが、無事飛行魔法は成功。

テスターは嬉しさのあまり激しい運動をした為、息切れを起こすという場面もありましたけど。

ただ魔法力消費の多さをこれからの課題とし、牛山にその開発を任せることにしました。

こうしてF.L.T開発センターを立ち去ろうとすると、父と秘書の青木と出くわします。

先ほどのF.L.T開発メンバーとは違い、青木は達也を完全無視。

達也を一介のガーディアン扱いしかしませんし、その態度から卑下してる事はわかるほど。

これに深雪は怒り、その意思を汲み取って達也は青木を口撃。

序列四位の秘書青木をやり込めるのはさすが達也。

最後は父に止められましたけどね。

こうしてF.L.T開発センターを達也達は去ります。

学校では九校戦の話で持ちきりでした。

なんといってもニ科生から九校戦参加メンバーが選ばれるのですから。

もちろんそのニ科生とは達也の事です。

無事九校戦発足式も終了し、達也は参加メンバーの能力を知る為に打ち合わせをします。

その様子を見ていた柴田は校舎に不穏なものを感じ、そこへ移動します。

その原因は幹比古の精霊魔法であり、その様子を盗み見していた柴田は幹比古から襲撃を受けそうになります。

あわやという所で達也が止めるも、この時の話し合いで柴田の目は水晶眼である事が判明します。

九校戦出発の日となり、達也は出発メンバーの点呼をとります。

遅れてきた七草先輩がバスに搭乗してから出発。

七草先輩は達也に好意を持ってもらう為に服装に気を使ったものの、達也から勘違いされたり服部先輩は顔を真っ赤にしたりと和やかにバスは進みます。

そんな時に対向車線を走る車が壁に激突し、勢い余って中央分離帯を飛び越えてきます。

そう、七草先輩達の乗るバス目掛けて突っ込んで来たんです。

バスは急停車出来ましたが、依然事故車の勢いは止まらりません。

このままではバスに衝突の危機!

反射的に魔法で防ごうとする千代田先輩・北山・森崎。

「馬鹿!よせ!」と叫ぶ渡辺先輩。

果たしてバスへの衝突は防げるのか・・

〜魔法科高校の劣等生 第9話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第9話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】10話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第10話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第10話のネタバレここから〜

事故車を止めようと千代田先輩・北山・森崎が魔法を放つも、魔法が干渉しあって効果は出ず。

またそれが邪魔となり、事故車を止める為に有効な魔法を放てない状態に陥ります。

幸い達也がこっそりと魔法を解除し、深雪・市原先輩・十文字先輩の魔法によって事故車の衝突は回避出来きました。

無事回避出来たものの、不用意に魔法を使った千代田先輩は渡辺先輩からこってり絞られることに…。

ちなみに北山・森崎は一年生ということで許されました。

しかし達也が現場検証した結果、通常では検出出来ないレベルの小さな魔法の痕跡が事故車から見つります。

魔法を使ったのは運転者であり、自爆覚悟で。

つまり魔法師に自爆覚悟で妨害させる事を強制出来る程の力を持った組織が、第一高校の九校戦会場入りを妨害したかったのだと達也は知り、警戒を高めます。

一方、服部先輩は自信を無くしていました。

一年生の深雪でさえ冷静に対処していたというのに、何も出来なかった自分の実力の無さを嘆いて。

桐原先輩に「ありゃあ特別だ」と慰められはしたものの・・。

こうして無事に会場入りを果たした達也達だが、そこにはエリカや柴田の姿が。

九校戦出場メンバーに選ばれなかったものの、関係者としてここへ来たのだとか。

その後メイド服を着てパーティーで給仕するエリカと会い、関係者とはどういう事か知ることになるんですけどね。

このパーティーで十師族で老師と呼ばれる九島 烈が登場し、その際ちょっとしたイタズラを仕掛けます。

このイタズラを見抜いた事で達也は九島から評価される事に。

パーティー終了後、女子同士のガールズトークが始まります。

最初は深雪達と近しい友人だけだったのですが、明智達からお風呂へ誘われます。

入浴着を着てるとはいえ、その上からでも胸の大きさは十分にわかります。

ということで、胸の大きい光井は明智達から襲われます。

北山に助けを求めるものの、北山は胸の大きさに嫉妬したのか明智達を止めずにサウナへ移動します。

そこへ深雪が現れ、パーティーに参加していた男子、特に十師族の一員でもある一条についてのガールズトークが始まりました。

女子達がガールズトークに花を咲かせてる頃、幹比古は屋外で精霊魔法の修行をしていました。

すると侵入者を感知。

精霊を飛ばして確認すると、悪意を持ってる事がわかります。

そう、ただの不審者ではないと。

本来なら警備の者に伝えるべきですが、魔法力の劣る達也がその技術によって上級生達を取り押さえる場面を思い出し、ならば自分もやらねば!と侵入者と対決する事を選びます。

相手は三人。

魔法を放つも発動前に敵に感知され、あわやということで救いの手が。

そう、その助けてくれた相手こそ達也でした。

〜魔法科高校の劣等生 第10話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第10話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】11話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第11話のネタバレです!

〜魔法科高校の劣等生 第11話のネタバレここから〜

前回で幹比古が三人の族を見つけて魔法を使おうとした時、達也が現れ「それでは間に合わない」と援護をして族を倒します。

「達也の援護が無かったら僕は撃たれていた」と、自分を否定しようとする幹比古に対して「阿呆か」と達也は一蹴。

「相手が何人いても一人でなんとかなると思ったら大間違いだ」と達也は叱り、幹比古にアドバイスをします。

しかしライバル意識のある彼は、まだ素直にアドバイスを受け入れることはできません。

不審な輩がいるという不安が残る中、九校戦がスタートします。

観客席にいたほのかは「深雪と雫は2種目とも達也さんが担当してくれてるのに、私は片方しか担当してくれていない」と語りますが、達也はその真意に気づきません。

相変わらずの鈍感っぷりを、エリカたちは「達也くんの意外な弱点、発見」と茶化します。

達也が助けを求めるようにレオや幹比古を見るも、二人には目を逸らされてしまいます。

そうしているうちに、渡辺が参加する女子バトルボード予選が開催。

その様子を魔法の分析に長けた達也が周囲に解説。

渡辺は硬化魔法と移動魔法、そして振動魔法のマルチキャストで魔法を使い、ぶっちぎりで一位を獲得して試合を終えます。

競技後、独立魔装大隊が集まる部屋へ達也が入ります。

しかし、困る達也に真田大尉が「戦略級魔法師・大黒竜也特尉として呼び出したわけではない」といい、リラックスするように言います。

大隊のメンバーは達也が九校戦で実戦向きの魔法を使わないよう、釘を刺します。

ここで、過去達也が軍人だったことが明かされますが、その過去の内容はまだ分かりません。

その後、スピード・シューティングの準々決勝が開催されます。

七草会長はあっと言う間に活躍して勝利します。

翌日、クラウドボールの試合前になり、スカートが短めのウェアに身を包んだ七草会長がきます。

七草会長のストレッチを手伝いながら話していると「弟ができたらこんな感じかもしれない」と喜びますが「よく分かりません」と朴念仁っぷりを発揮する達也。

そして試合クラウドボールの本戦が始まります。

前日のスピード・シューティング同様、七草会長はあっという間に勝ってしまいます。

いかに七草会長の実力が凄まじいものか、分かりますね。

ファンが付くのも納得の強さです。

続いて花音が氷柱を倒す競技のアイス・ピラーズ・ブレイク予選に出場します。

花音は地面振動系の魔法を使いこなしながら、スピード重視で相手の柱を倒します。

それを見ながら、啓は「思い切りがいいのか、大雑把というのか」と彼女の戦法を呆れたように解説します。

まるで熟年夫婦のようなやり取りに、思わずクスッとしてしまうシーンですね。

試合は花音が危なげなく勝利する形で終わりを迎えます。

〜魔法科高校の劣等生 第11話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第11話のネタバレです!

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】12話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期12話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期12話のネタバレここから〜

深夜の闖入者を無事撃退した幹比古。

しかしその顔には、不満がありありと浮かんでいました。

というのも幹比古だけであったなら、恐らく反撃を受けていたから。

幸い達也という想定外のサポートがあったから無傷で済んだが、幹比古だけだったら・・と思い悩みます。

その様子を達也は察し、幹比古の悩みは魔法発動速度の遅さにあると言及します。

幹比古からすれば使用してる精霊魔法は吉田から代々受け継ぎ、そして改良を重ねてきた魔法。

それが一目みただけの達也に何がわかる?と反発をしてしまいます。

達也からすれば魔法発動をみただけで魔法式は読み取れますし、無駄の多さが発動速度に繋がっていると丸わかりなんですけどね。

とりあえず幹比古を警備の人に言いに行かせ、その間に達也は風間少佐と出会うことになります。

翌日風間少佐に闖入者について尋ねると、ノーヘッドドラゴンという組織の手の者だと判明します。

しかし狙いはわからない。

何の狙いがあって侵入したのか、バスに事故車を突っ込ませてきたのもノーヘッドドラゴンによるものなのか?という事はわからないままでした。

こうして不安を抱えながらも九校戦は開かれる事となります。

まずは先輩達の出場する予選大会を達也達は観戦をする事に。

最初は女子バトルボードから。

第一高校からの出場選手は渡辺先輩。

渡辺先輩の名前がアナウンスされると大きな歓声が上がります。

渡辺選手は複数の魔法をマルチキャストトし、ぶっちぎりの独走で勝利。

次はスピードシューティング。

出場選手は七草先輩。

魔弾の射手という異名をとる程有名で、すでに今大会の優勝候補なのだとか。

左右から大量の円盤が放たれるも、瞬時に打ち抜いていく七草先輩。

結果相手とは大量の点差が開けて勝利。

ただ女子選手は好調なものの、服部先輩を始めとする男性陣の戦績はかんばしくない。

服部先輩がCADの調整に時間をついやすことになり、その余波で達也は七草先輩のサポートをする事に。

その後、七草先輩は他の種目でも勝利をおさめます。

アイスピラーズブレイクは千代田先輩が出場。

敵から攻撃されても防御はせず、先に相手を倒す!というアグレッシプな戦略で千代田先輩も勝利します。

ただ男子メンバーの成績が芳しくない為、優勝を確定する為には6種目のうち4種目優勝しないといけない状況になりました。

その後達也の元へ発注していた武装一体型CADが届き、その場に居合わせたレオンハルトに試してみるか?と持ちかけます。

レオンハルト向けのCADという事でレオンハルトは快諾し、どういうものか試して見ることに。

〜魔法科高校の劣等生 第1期12話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期12話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】13話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期13話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期13話のネタバレここから〜

達也がエンジニアを務める第一高校女子新人戦は快調そのもの。

中でもスピードシューティングは一位・二位・三位の上位独占という第一高校の大勝利で終わりました。

さらに一位の北山が魅せた魔法は、大学からインデックスに登録したいという申し出が来る程。

達也としては自分の名前が知れ渡るのは困るので、エンジニアの名前には北山雫で登録してもらえるようにお願いします。

するとこれが渡辺先輩のカンにさわり、ちょっとした口論に。

まあ揉めるという所まではいきませんでしたけど。

とにもかくにも第一高校大勝利!ということでこの場は丸く収まりました。

一方、第一高校の大勝利に苦い顔をしてるのが第三高校の面々です。

一条と吉祥寺は第一高校の脅威をよく理解しており、その事をメンバーに話します。

選手のレベルは負けていない。なのに負けたのはエンジニアの差が大きいと。

特に北山選手の使ったCADは去年発表されたばかりのもの。

しかも、発表時は使いものにならないレベルだったのに、それを実用レベルにまで仕上げている。そのエンジニアは化け物だ。

CADは第二~三世代分の差をつけられていると思って戦いに臨めと、カツを入れました。

そして苦い顔をしてるのは、九校戦ギャンブルで第一高校に勝たれたは困るノーヘッドドラゴンも同様です。

先日の妨害で、第一高校のエース渡辺先輩をリタイアに追い込んだというのに、このまま一年女子が好調なら第一高校に優勝されてしまう・・と。

新たに手を打つ必要があると判断します。

その後も、達也がエンジニアを引き受けている第一高校一年女子は絶好調。

光井も達也から授けられた秘策を使って大活躍をします。

その秘策というのは、光井のエンジニアである中条先輩も知らされておらず、観戦中は驚きっぱなし。

なにせルールでは違反してないというだけで、今まで誰も実行した事のない方法でライバルを妨害していくんですから。

無事勝利し、今までこういう大会で勝った事がないという光井は、涙を流す程の感激ぶりを見せます。

アイスピラーズブレイクも一年女子は大活躍。

明智・北山・深雪は対戦相手を圧倒して勝利を得ます。

特に深雪は”インフェルノ”というA級魔法師でも失敗することがあるという魔法を使い、観客を仰天させました。

ただ一年女子は好調なものの、これが思わぬ反発を生みます。

というのも一年男子は一年女子と違って絶不調。

スピードシューティングで森崎は準優勝したものの、後の二人は予選落ち。

渡辺先輩は男子と女子が逆だなとまで愚痴ってしまいます。

また達也は、一年女子からキャーキャー騒がれていますし、中には達也にエンジニアを担当してもらったら勝てたんじゃないかなとボヤく女子まで。

すぐに深雪はフォローを入れますが、この言葉を聞いていた森崎は激怒。

明日の試合は絶対勝つぞ!と激を入れて明日の試合に備えます。

〜魔法科高校の劣等生 第1期13話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期13話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】14話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 14話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 14話のネタバレここから〜

深雪の試合が迫るなか、第三高校のエース、クリムゾン・プリンスの異名を持つ一条将輝と「加重系統プラスコード」を発見したとされる天才少年、カーディナル・ジョージこと吉祥寺真紅郎が、達也のもとを訪ねてきています。

達也は顔色を変えず、自己紹介をします。

その返答に「司波達也…聞いたことのない名です。ですがもう忘れません」と吉祥寺は、露骨に達也を敵対視する態度を見せます。

同時に「天才技術者」とも評価しました。

達也は天才と呼ばれる吉祥寺に、天才と称されるのは恐縮だと述べながらも、非常識だと応戦します。

達也は深雪を先に行かせる事にしました。

そんな彼女の姿を目で追う一条であります。

二人は明日のモノリスコードに出ると達也に話します。

それに対して、達也は明日のモノリスコードは担当しないと一括します。

吉祥寺は「いずれ君の選手と戦いたい」と言いながら「勝つのは僕たちだ」と言って去っていきます。

そんな中、光井ほのかの出場するバトルボードの決勝が行われています。

しかも選手全員が黒メガネ着用という、異例のスタイルにエリカのツッコミがこぼれます。

それに対して幹比古は「光井さんが放つ幻惑魔法対策としては一番手頃で確実なんだから」と冷静に返答します。

エリカは、それこそが達也の思うつぼだと溜息をこぼし、苦笑いを浮かべています。

そして試合が開始されました。

ほのかは出遅れましたがどうやらそれも作戦のよう。

ゴーグルにより視界が悪くなっている選手たちは、視野が狭くなってスピードが落ちて行きました。

そして優勝はみごと、ほのかが手にすることが出来ました。

一方。

深雪と雫が出場しているピラーズ・ブレイクの上位は、一高が独占状態。

「大会委員会から決勝リーグを行わず同率優勝に」という話が出ていると七草真由美は提案していました。

それに対して雫は「私は深雪と本気で戦えるこのチャンスを逃したくないです」と意気込み、それを深雪は受け入れました。

そして試合が開始されます。

先手は深雪の氷炎地獄で雫のフィールドを覆います。

雫は、それに対して2つのCAD同時操作という、高難易度テクニックを駆使してフォノンメーザーを発動。

それを一年生で会得した雫に驚く真由美。

ですが、深雪はその上をいくニブルヘイムで応戦。

見事勝利をおさめる結果となりました。

試合後、雫は部屋で涙を流しています。

「悔しい」と漏らす雫。

ほのかはそっと雫を抱きしめます。

その頃、達也はというと、「3年前に勃発した新ソ連の佐渡進攻作戦に対し、若干13歳で義勇兵として爆裂の魔法で、多くの敵を葬った実践経験済みの魔法師である一条」と「仮説上の存在だったカーディナルコードの一つを発見した天才魔法師、吉祥寺」を相手にする森崎たちに同情しました。

しかし、その森崎たちは故意ともとれる妨害工作により瓦礫の下敷きに。

試合続行不可能の状態に追い込まれてしまいました。

そしてその裏で香港系の犯罪シンジケートが動いている模様です。

一抹の不安を抱えたままミラージュ・バットの新人戦決勝が行われており、達也が調整したCADの性能の良さから「まるでトーラスシルバーじゃないか」という発言で、中条あずさはその正体が達也ではないか?という疑いを持つ事となりました。

一方。

達也には出場できなくなった森崎たちの代役として、モノリスコードに選手として出場するようにオファーを受けていました。

当初は渋る達也でしたが十文字の「いいからつべこべ言わずに出ろ」と言われ覚悟を決める事に。

そして自分と出る他のメンバーに幹比古とレオを指名しました。

その理由を「実力」と笑いながら説明する達也でした。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 14話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期 14話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】15話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 15話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 15話のネタバレここから〜

エンジニアとして九校戦に参加していた達也が、まさかのモノリスコード出場選手として選ばれることに。

達也は反論しますが、十文字先輩の説得により出場を決意します。

他のモノリスコードメンバーは、クラスメートのレオンハルトと幹比古にするという条件をつけて。

こうして急遽モノリスコードに出場することになった達也・レオンハルト・幹比古。

まずは達也が、モノリスコードのルールについて説明をします。

そして防衛はレオンハルト、遊撃は幹比古、攻撃はタツヤというフォーメーションで挑むことも。

レオンハルトには、先日届いたばかりの武装一体型CADを渡して、その力で防衛を。

幹比古は、古式魔法の奇襲力に期待して遊撃をお願いすると話して。

まず予選で二試合行いますが、これはモノリスコードに不慣れながらも達也達の圧勝で終わります。

ただこの試合で、達也の情報が吉祥寺に漏れてしまいます。

グラム・デモリッションは脅威ではあるが、それ以外の魔法は大したことはない。

警戒すべきは魔法ではなく、戦い慣れしてる所だと。

位置取りや攻撃のタイミングから相当戦闘慣れしており、注意すべきはそこだと一条に話します。

第三高校としては小細工の出来ない真っ向勝負がベストであり、見晴らしの良い草原ステージなら九分九厘第三高校の勝ちだ・・と断言します。

こうして手の内を曝け出しながらも達也達は勝利し、決勝進出を果たします。

ただ幸いだったのは幹比古の覚醒です。

先日達也から、古式魔法発動速度の遅さについて指摘されました。

その時は、冷静に達也の忠告を受け止められなかった幹比古ですが、あれから幹比古なりに考えて達也の言を理解しました。

それが幹比古の迷いを断ち切る事にもつながり、以前より一皮剥けた存在に。

幹比古の戦いぶりをみて、エリカは「吉田家の神童と言われた頃に戻ったじゃない」と絶賛してましたし、意図してから名前もミキではなく幹比古と呼ぶように。

今度は達也達が第三高校の手の内を知ろうとするも、第三高校でまともに戦ったのは一条のみ。

吉祥寺ともう一人は一切戦闘に参加していなかったので、どういう魔法を使うかといった情報はまったくわからず。

結局、一条の戦闘力しか把握できませんでした。

しかも一条は、ただモノリスに向かって歩き、力押しで勝っただけなので得られた情報は少ない。

手の内を曝け出した状態で達也達は強敵・一条と吉祥寺相手にどう戦うのか。

しかも選ばれたステージは、吉祥寺が九分九厘勝ちだと言ってた草原ステージです。

達也に秘策はあるのでしょうか。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 15話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期 15話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】16話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 16話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 16話のネタバレここから〜

結局、一条の戦いぶりしかみられず、吉祥寺の能力は未知数のままでした。

しかし達也は吉祥寺の過去や他の試合での戦いぶりから、インビジブル・ブリッドが吉祥寺の主武器だと判断。

そこで、インビジブル・ブリッド対策に達也は、特殊なCAD(魔法がかかりやすくなるローブ)を用意します。

インビジブリッドは相手を視認しないと使えないため、このローブで姿を消すようにという作戦のよう。

吉祥寺対策は出来たものの、対戦ステージは草原。

そう、下手な小細工は出来ず、真っ向勝負をするしかないステージなんです。

砲撃戦を得意とする一条にとってこれは有利過ぎます。

さすがに達也でも…

と七草先輩や服部は心配するものの、達也は大まかな戦略を伝えて安心させました。

ただ達也自身も不安なようで、試合前にして落ち着かずテント前で準備運動のようなものをしていました。

すると深雪が現れ、達也の勝利を信じてると笑みを浮かべて伝えます。

これにより達也は、負けられない理由が出来たな…

とモチベーションを高めて九校戦へと望むことに。

試合開始前。

吉祥寺は第一高校出場メンバーの様子をみて色々悩みます。

あのローブはなんだ?今まで見たことがない?隠しだまか?と。

吉祥寺は色々想定しますが、あんな布切れ一枚で俺達の勝利は揺るがない!と一条は吉祥寺を激励して試合開始。

まずは一条vs達也の一騎打ちから。

吉祥寺達はモノリス付近で待機、同じくレオンハルトと幹比古も待機して両者の戦いを見守ります。

一条も達也も同じガンタイプのCADを使用しており、銃撃戦さながらの展開を見せます。

一条はゆっくり前へ歩きながら魔法を。

達也は一条の放つ魔法を解体しつつ時折、一条への攻撃をしながら。

しかし一条は、達也の攻撃を障壁でガード出来るため、達也の攻撃を気にせず攻撃をすればいいだけ。

片や達也は一条の攻撃を防御しなければならないため、必然的に達也の手数は少なくなり劣勢に。

しかし達也は持ちこたえます。

そんな両者の戦いを見て吉祥寺が動き、吉祥寺vsレオンハルト+幹比古が繰り広げられます。

吉祥寺はインビジブリッドを放とうとしますが、レオンハルトはマントで視界を遮ってインビジブリッドを使えなくします。

その隙にレオンハルトが攻撃を仕掛けるも、吉祥寺はこれを回避。

吉祥寺は気を取り直し、 もう一人の幹比古に狙いを定めます。

しかし幹比古は、魔法がかかりやすいローブを着用しており、これで幻術を展開しインビジブリッドを防ぎます。

その隙にレオンハルトの攻撃が吉祥寺を直撃!という所で一条のがレオンハルトを攻撃し、事なきを得ます。

ただ、一条が吉祥寺をサポートしてる隙を達也が見逃すはずはなく、達也は一条に迫ります。

慌てた一条はオーバーアタックで達也を迎撃してしまいます。

一条は「達也を殺してしまった・・・反則負けだ・・・」と失念します。

達也は一条の攻撃をある程度回避するものの、被弾して致命傷を負ってしまいます。

が、自己回復術式がオートスタートしすぐに回復。

呆然としている一条を達也は倒します。

幹比古も達也が一条を倒したのを見て、俺もやらなければ!と発奮して苦戦の末に吉祥寺を撃破。

力尽きそうになる幹比古を第三高校の最後の一名が狙うも、レオンハルトが撃破し、まさかの第一高校の勝利。

つまり優勝で終わりました。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 16話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期 16話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】17話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 17話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 17話のネタバレここから〜

前回、第一高校がモノリスコードでまさかの優勝を果たしました。

これが、ノーヘッドドラゴンの動きを活発にさせることとなりました。

まずはノーヘッドドラゴンで会議が開かれ、もう形振りかまってはいられない!と強硬手段に出ます。

多少問題はあっても証拠さえなければいいんだ・・と。

最初の被害者となったのは、ミラージバットに出場する小早川先輩です。

ミラージバットの成績次第で、第一高校の総合優勝は確定。

小早川先輩の気合の入りようも凄い状態でした。

競技開始直後、小早川先輩は空中でCADが操作不能となって、魔法を使えなくなってしまいます。

その結果、地面へ転落。

幸い落下寸前に空中で停止させられ、物理的な損傷はありません。

しかし、突如CADが効かなくなるというアクシデントから、魔法への不信感が生まれ、もう魔法師としては再起不能かも?と達也は心配します。

ただ、このアクシデントはただの事故ではなく、何かの仕業であった事が柴田から報告されました。

柴田は水晶眼の持ち主で、何らかの魔法作用があれば見抜く事ができる!と眼を皿にして見張っていたのが功を奏しました。

次にミラージバットに出場するのは深雪です。

出場前に使用するCADを大会委員にチェックしてもらいに行くと、CADチェック中に不正工作が行われました。

自分の仕上げたCADに異物(ウィルス)が混入された事に気づいた達也は、その係員をテーブルから引きずり出して押し倒します。

達也は係員を締め上げて事情を聞こうとすると、十師族の一員・九島列が現れました。

達也は事情を九島に話すと、九島は問題のCADを取りあげて達也の言葉が事実である事を知ります。

その後は適切な対処をし、事情が事情なので深雪のCAD検査はせずに、予備CADをそのまま使うようにと、配慮をしてくれました。

トラブルは未然に防がれ、予定通り深雪はミラージバットに出ます。

前半戦は一応深雪が一位ではあったものの、二位とは僅差しかありません。

そこで深雪は、飛行術式使用の許可を達也にお願いし、後半戦は飛行術式で圧倒的な力を見せ付けます。

これにより深雪はぶっちぎりの勝利をする事となり、観客だけでなく第一高校の他メンバーもただただ驚くばかり。

予選試合は深雪の圧勝で終わります。

その後。

ノーヘッドドラゴンから更なる刺客が送られるものの、101大隊の柳・真田・藤林が被害が起こる前に処理。

予定通り決勝は開かれることとなります。

決勝も深雪の勝利で間違いないであろう・・と思いきや、他の出場メンバーも飛行術式を使ってきました。

そう。

先ほどの試合後に不正はないか他校から苦情が入り、その結果運営は、他校に飛行術式をリークした事を知ります。

といっても、飛行術式は完成したものではなく、魔法消費量は多いまま。

サイオン量の多い深雪が普通に使えますが、他メンバーはスタミナ切れを起こして結局、深雪の独壇場となって優勝を果たします。

深雪の活躍ぶりを見ながら、達也の心中には憎悪の念が・・。

そう。

深雪に害しようとする、ノーヘッドドラゴンへの怒りが、達也の心の中に渦巻いていました。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 17話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期 17話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】18話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 18話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 18話のネタバレここから〜

ミラージバット新人戦で無事優勝を果たした深雪。

また、この勝利が第一高校の総合優勝を確定させたということで、お祝いパーティーが開かれました。

九校戦参加メンバーはこのパーティーに出ているものの、達也は参加せず。

「疲れたから寝てる」と偽り、達也はノーヘッドドラゴンへの報復の為に動いていたんです。

小野先生から、ノーヘッドドラゴン東日本総支部のアジトを聞きだした達也。

小野先生は不安を感じながらも達也に情報を渡し、多額の報酬を受け取りました。

その後達也は藤林と合流し、ノーヘッドドラゴン東日本総支部へ襲撃を掛けます。

襲撃といっても、相手からの反撃不可能な超遠距離からの狙撃なので、達也側に一切の被害はなく終わるのですが。

ノーヘッドドラゴンの幹部達を始末しつつ、ボスの名前について聞き出すことにも成功。

これは101大隊のメンバーだけでなく公安にも評価されたとの事。

一方。

達也がノーヘッドドラゴン襲撃中、101大隊の風間少佐と十師族の九島が話し合いをします。

その議題は達也。

九校戦での達也の活躍ぶりに九島は達也に目をつけ、達也が四葉と繋がってる事について危惧していると話します。

ただでさえ戦闘力の高い四葉なのに、達也までいると十師族の勢力バランスは崩れてしまう。

十師族の上に君臨してしまうのでは?

また、一条に匹敵する戦闘力を持つ達也を一介のボディーガードに終わらせるのは国の損失だと。

このように九島は達也を高評価してるのですが、風間の評価はさらにその上過ぎて違う意見を述べます。

九島は一条と達也は同格程度に考えているようだが、戦力としての核が違う。

一条は機甲師団程度だが、達也は戦略核兵器にも匹敵すると。

達也の力は、幾重にもセーフティーロックが掛けられていて当然の戦略兵器。

その管理責任を彼一人背負わせるのは・・と九島の意見に反対します。

翌日。

モノリスコードの試合が始まるわけですが、その際七草先輩は十文字先輩に、十師族らしい勝ち方をするように話がされます。

ただの魔法師である達也が、十師族である一条に勝った事が問題となったとの事。

それが高校生同士の試合であったとしても。

やはり十師族は凄い!と思わせるような試合内容で勝つようにと言われたそうです。

その指令通りに十文字先輩は、十文字家の魔法「ファランクス」を使って他を寄せ付けぬ戦い方で圧勝。

ただ達也は、ファランクスの使い方はこんなものではないはずだが?と違和を感じていました。

こうして九校戦は閉会し、九校戦総合優勝という形で終わりました。

その後に開かれたパーティーでは一条と深雪が踊る場面も。

ただ達也は、十文字先輩から十師族になれ!例えば七草先輩と結婚するのはどうだ?といった冗談交じりで、十師族入りの話を持ちかけられました。

会場から抜け出てきた深雪と達也が噴水前で踊り、無事九校戦は終了します。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 18話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期 18話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】19話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 19話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 19話のネタバレここから〜

九校戦も終わり落ち着いたと思いきや、横浜で不穏な動きアリ。

横浜山下埠頭にて不法侵入者の報が千葉警部の元へ届き、千葉警部vs不法侵入者のバトルが始まります。

千葉警部の大活躍により不法侵入者達を撃退するも、残念ながら手がかりは得られず。

しかしその実、横浜中華街の「」経由で不法侵入を果たす者達の姿がありました。

第一高校では生徒会メンバーが入れ替わります。

生徒会長は中条先輩、副会長は深雪、書記は光井、会計は五十里先輩という新体制に。

達也は達也で、賢者の石について調べたりと、平和な毎日を送ってました。

ですがある時、市原先輩から呼び出されます。

市原先輩は全国高校生魔法学論文コンペティションに参加する事となり、そのサポートを達也にお願いしたいとのこと。

というのも、サポートをお願いしていた平河先輩が体調を崩し、急遽その代役が必要になったから。

ただ達也は、論文コンペには参加していません。

その達也が、いきなり代役になるというのはどうなのか?他に適任者はいないか?と思ったものの、達也以上の適任はいないという結論になって、達也は手伝う事に決めました。

達也は全国高校生魔法学論文コンペティションの事をよく知らないものの、九校戦と並ぶ一大イベントの模様。

これは忙しくなりそうだ・・という時、達也の元に継母の小百合が訪れました。

小百合は、母が亡くなってから半年後に父が再婚した相手で、深雪は相当毛嫌いしている様子。

達也は普通に会話をしますが、深雪は小百合には一切話しかけずに、夕食の準備のためにその場を去りました。

こうして、小百合と達也の二人だけで会話が進められます。

小百合の用件というのは、達也に高校を中退して業務を手伝えというもの。

深雪のガーディアンを最優先とする達也は断るものの、ならば研究を手伝って欲しいとお願いしてきました。

その研究対象は”レリック”。

しかもどうやら軍から複製を頼まれた模様です。

これには達也もお手上げらしく、どうしてこんな事を引き受けたんですか?と小百合に詰め寄ります。

結局、小百合は帰るものの、帰宅中に小百合は何者かに襲撃をされます。

こういう事もあろうかと追いかけていた達也の活躍により、レリックは奪われずにすみましたが、1000m以上離れた場所からの超遠距離射撃で達也が負傷する場面。

自己修復により達也は回復しましたが、凄腕のスナイパーを用意出来るだけの大掛かりな組織に狙われている事を知りました。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 19話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期 19話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】20話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 20話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 20話のネタバレここから〜

達也は論文コンペの資料探し為に第一高校の図書館を訪れます。

すると、図書館から出ようとしていた七草先輩と偶然出会い、立ち話もなんだからと七草先輩が使用していた個室で話をすることに。

一人用なので二人では当然狭いものの、それこそが七草先輩の狙いでした。

そう。

狭い密室で二人っきりになることにより、達也を悩殺しようとしたのです。

残念ながら達也には通じず、市原先輩の論文コンペにかける情熱を七草先輩は話します。

市原先輩は経済活動に魔法師を必要なものとすることで、魔法師の地位向上を狙っているんだとか。

この理念は達也も抱いていたもので、自分と同じ事を考えてるんだ!と驚きました。

こうして達也も論文コンペにより熱が入るようになったわけですが、達也の周囲でトラブルが発生します。

まずは自宅ホームサーバーのハッキング。

幸いハッキングは未然に防げましたが、今までハッキングされるという事がなかったので論文コンペによるものか?と疑います。

この事を五十里先輩に相談すると、確かに論文コンペで情報を盗み出そうとする事件は毎年起こるのだとか。

その後合流した渡辺先輩からも話を聞くと、置き引き等はあってもハッキングを受けたという話は聞いたことがない、と言われます。

また日常生活を送ってる時でも達也は誰かの視線を感じるようになり、達也を付け狙ってる人がいる事に気づきます。

その後達也はその存在に気づくき、千代田先輩が追いかけます。

尾行者は第一高校の制服を着ている少女でした。

しかし千代田先輩が追いつこうとすると閃光弾で目くらましをし、その隙にバイクに乗って逃走を計ります。

五十里先輩が魔法で発進出来なくするも、ブースターのようなものを使って少女は逃走に成功します。

しかしこれで達也を狙ってる者がいると判明しました。

その後達也は友人達と論文コンペについて話しながら下校し、途中喫茶店へ立ち寄ります。

そこでエリカ・レオンハルト・幹比古の機転により、尾行者を確保。

しかし尾行者は達也が逃がした尾行者ではなく、中年男性でした。

一度取り押さえた際に尾行者から情報を聞きだすものの、たいした情報は得られず。

尾行者は敵ではないと言い張り、エリカ達にもっと警戒するように注意し、逃走しました。

尾行者は逃走中に組織へ交代要請を出すも、ルゥガンフゥという男に殺される事に。

ハッキングまでしてくる謎の勢力。

達也を尾行してきた第一高校の制服を着た少女。

エリカ達が捕縛した尾行者。

その尾行者を殺した勢力等から、達也が狙われてると判明しました。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 20話のネタバレここまで〜

以上が魔法科高校の劣等生 第1期 20話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】21話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 21話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 21話のネタバレここから〜

全国高校生魔法学論文コンペティションに備え、実験を行う市原先輩。

実験は順調なものの、実験現場を取り巻く生徒達の中で、怪しい動きをする少女の姿がありました。

それ気づいたのは壬生先輩。

壬生先輩が少女の姿を追うと少女は逃げ出し、追いつくと先ほどの行為について問い詰めます。

少女は、無線式のコードブレイカーを使って実験の邪魔をしようとしており、同行していた桐原先輩が少女を拘束しようとします。

すると少女は、逃げようと催涙ガスを撒くも、少女の不意をついたレオンハルトの体当たりで少女は気絶して無事拘束し、保健室へと連行。

保健室でその一部始終を知った千代田先輩が校庭へ向かうと、そこには風起委員の関本先輩とレオンハルト達の言い争う光景が。

千代田先輩が両名の仲裁をして事無きを得るも、関本先輩に不振な動くがありました。

というのも関本先輩は、無断で実験にかかわる端末を触ろうとしていたから。

市原先輩がそれに気づいて阻止したので、被害はなかったんですけどね。

その頃。

達也を付け狙って気絶していた少女が保健室で回復し、事情を聞きます。

少女の名は平河 千秋。

九校戦でのトラブルを達也のせいだと考え、達也を逆恨みしての行動でした。

それは達也のせいではないと五十里が説得するも、それを頑なに受け入れようとしない平河。

話は平行線のまま終了します。

ただその背後で、不穏な組織が活動してるようでした。

一方。

帰宅途中のレオンハルトとエリカは、達也の力になれないかと思案します。

ただエリカは、実戦(相手を殺す)を考慮しての訓練をして技術はあるものの、レオンハルトにはありません。

そこでレオンハルトの強化をすべく、エリカがレオンハルトを鍛えあげるようと千葉の道場に誘います。

レオンハルトは修行に苦戦するも、持ち前の根性で修行を続けます。

ただ、レオンハルトとエリカが二人共同時にいなくなったことで、達也達から二人の関係を怪しまれる事となるのですが。

達也の友人である吉田幹比古も、己の戦闘力を上げるべく訓練をしていました。

その相手は十師族のメンバーである十文字 克人。

卒業目前となった十文字は、後輩達を鍛え上げるべく模擬戦をしていたのですが、幹比古も参加していました。

十文字先輩は参加メンバーを軽くあしらっていくも、他メンバーとは異質な戦い方をしてくる幹比古に興味を持ちます。

訓練後に幹比古は打ち上げ的な感じで、オニギリを食べることとなるのですが、居合わせた柴田さんと良い雰囲気に。

ただちょっとしたハプニングもありましたけど。

幹比古が柴田さんの胸を触っちゃったり。

その拍子に柴田さんが転んで足を崩し、セクシーポーズになったりと。

恥ずかしさのあまり駆け出した柴田さんを幹比古が追いかける~という所で今回は終了です。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 21話のネタバレここまで〜

以上が、魔法科高校の劣等生 第1期 21話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】22話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 22話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 22話のネタバレここから〜

冒頭で九重先生から達也達は、レリックの事について示唆されます。

また、レリックを狙ってるものがいる事も。

その際「方位に気をつけて」と謎のアドバイスももらいます。

いくら九重先生の情報網とはいえ、外部の九重先生が知ってるなら現在のセキュリティではまずい・・・と牛山さんの所へレリックを預けに行きます。

道中、尾行者の存在に気づく達也。

牛山さんの所に到着するとハッキング祭りとなっており、大掛かりな組織が達也を狙ってると判明します。

その後、達也の全国高校生魔法学論文コンペティションの実験データをデバックすべく、ロボ研にて作業を開始。

すると突如、睡魔に襲われます・・・

催眠ガスが室内に注入されていたんです。

すぐに気づいた達也は事なきを得ました。

また、ピクシーから防ガスマスクを手渡されるも拒否して、強制換気システムの作動を命じます。

達也はそのまま突っ伏して狸寝入りを決め込み、催涙ガスを注入した相手を待ちます。

すると、侵入した何者かは関本先輩で、達也のデータデバックを開始・・という所で千代田先輩がストップを掛けました。

関本先輩は言い訳をするも、すべて千代田先輩に論破され、実力行使に出ようとしたところで拘束を受けます。

しかし関本先輩からは、重要な情報は得られずに終わります。

その後、渡辺先輩と恋人の千葉(エリカの兄)が、魔法大学付属病院に侵入したルゥ ガンフウと対決する事に。

病院内で警報が鳴り、千葉は逸早く魔法で階段を高速移動してルゥガンフゥと対峙します。

お互い相手の事は知ってるようで、目を合わせた瞬間に戦闘が開始されました。

最初は千葉がルゥガンフゥを圧倒するも、千葉の攻撃方法を理解したルゥガンフゥは反撃に出ます。

千葉はこの反撃を相殺で防ぐものの、右手を負傷。

このままではまずい・・という所で遅れながら到着した渡辺先輩の魔法が炸裂してルゥガンフを撃破。

なのですが、虚をついてルゥガンフゥは逃走に成功します。

ルゥガンフゥは任務であった平河の始末に失敗したものの、周 公瑾がそのフォローをし、平河から情報が漏れないように処理します。

その後達也や関本先輩との面会を申し出るも、千代田先輩が猛反対して許可は下りず。

そこで渡辺先輩の同伴ということで、渡辺先輩・七草先輩・達也の三人で関本先輩の入院してる特殊鑑別所へと出掛けます。

渡辺先輩の匂いを使った魔法で事情を聞きだそうとした直後、警報がなります。

そう、ルゥガンフゥの襲撃です。

達也が前へ出ようとするも、それを押しとどめて前へ出る渡辺先輩。

因縁のある相手ですし、下級生の達也に任せるわけには行かないという気持ちもあるのでしょう。

達也には七草先輩のサポートを頼み、渡辺先輩vsルゥガンフゥ戦が開始します。

七草先輩の援護もあり、序盤は渡辺先輩が優勢。

しかし、対策を講じたルゥガンフゥは渡辺先輩の横をすり抜け、後方に控える達也と七草先輩を襲撃します。

そこで達也が魔法を放ち、ルゥガンフゥを瞬殺。

トドメを渡辺先輩が刺し、無事ルゥガンフゥを捕らえることに成功します。

トラブル続きで疲れた達也は帰宅後、リビングで居眠りを。

すると、深雪は目を瞑ってる達也の顔にちかづき、あわやキス・・というところで達也が目覚めてキスを止められます。

恥ずかしさのあまり自室へ駆け出す深雪。

自室で困惑するも、達也からやさしい言葉を掛けられた事で、すっかり上機嫌になって一夜を過ごします・・・。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 22話のネタバレここまで〜

以上が、魔法科高校の劣等生 第1期 22話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】23話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 23話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 23話のネタバレここから〜

今回の計画にルゥガンフゥは必要だ・・と周 公瑾にルゥガンフゥ開放をお願いする大東亜連合特殊部隊隊長チェン。

それを周は約束する代わり、中華街への被害を抑えるようお願いします。

一方、レオンハルトはガッカリモード。

というのも、達也の力になれればとエリカの元で特訓をしたというのに、特訓を終えて戻ってきたら達也周辺のトラブルも解決してましたから。

これじゃあ特訓の甲斐もない・・・と残念そうにしてるとエリカがうっかり口を滑らし、達也に特訓がバレる事となりました。

達也から「事件が起こるのは一つとは限らない」と慰められ、気を取り直して会場の警備に協力する事で納得。

その頃、藤林も行動を起こしていました。

このままでは終わりそうにない・・と。

そこで、千葉警部に全国高校生魔法学論文コンペティションが開かれる横浜国際会議場へ、付き合って欲しいとお願いします。

最初はデートのお誘いか?と喜んだ千葉警部でしたが、警護要員として誘われた事に気づいてガッカリ。

しかし、すぐに何か起こりそうなんだなと、気を引き締めて依頼を引き受けます。

全国高校生魔法学論文コンペティション当日となり、無事コンペは開かれました。

藤林は達也の元へ訪れ、今日何か起こるかもしれないと告げます。

それに備えて手は打ってあるものの、最悪の事態も想定しなければならないと。

その時はお願いしますと、藤林は深雪にお願いしました。

達也の元を藤林が訪れるシーンを保険医の小野 遥が見てしまいます。

小野にとって憧れであった藤林を見誤ることなく、達也と藤林に何らかの関係が?と複雑な気持ちで悩んでいました。

すると小野の元へ藤林が現れ、口止めされてしまいます。

ただお願いするのではなく、小野の個人情報にまつわる事を話題に出しながら・・・。

貴女がどういう人物で何をしてるのか知ってるのよ?と伝えるかのように。

小野の口止めをしてからその場を去り、藤林はルゥガンフゥが脱走した事を知ります。

一方。

全国高校生魔法学論文コンペティションで、市原先輩が発表をしています。

その技術はどういう仕組みか?将来的にどのように活用出来るか?について伝えます。

実験もトラブルはなく、国立魔法大学付属第一高等学校のコンペは無事成功にて終わりました。

その一部始終を舞台袖から見てい、た国立魔法大学付属第三高等学校の吉祥寺 真紅郎から達也は褒められます。

しかし今回勝つのは僕達だ!と吉祥寺が言うや否や、会場中に響く爆音と振動。 そう、何かが起こったのです・・。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 23話のネタバレここまで〜

以上が、魔法科高校の劣等生 第1期 23話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】24話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期 24話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 24話のネタバレここから〜

15時30分、山下埠頭管制ビルにトレーラーが突っ込み大爆発。

その情報を知った千葉警部は現場へ直行。

藤林はそのまま居残って別行動を取ることに。

千葉警部は移動中、貨物船に偽装した揚陸艦まで進行してる事を知ります。

そこで父に、援軍要請と自分とエリカの武器をお願いしました。

一方。

達也のいる横浜国際会議場も襲撃にあい、会場内にテロリスト達が現れました。

すぐに吉祥寺は身構えるも、そこへ銃火気を放たれて生徒達は戦意喪失。

テロリスト達の命令に従ってデバイスを解除することに。

デバイスをまだ解除していない達也に目をつけたテロリストは、達也にデバイス解除を要求します。

達也は玄関ホール周辺にも敵がいないか索敵し、人数確認後達也は反撃へ出ることに。

達也に命令していたテロリストは達也に向けて発砲するも、達也は掌で銃弾を砕きます。

それを見たテロリストは何発も発砲するも、そのすべてを無力化。

銃での攻撃は無理!とみたテロリストは達也に接近戦を挑むも、あっさりと腕を切り落とされて終了。

その光景を見て我に返った生徒達は、近くのテロリストを取り押さえました。

達也の攻撃方法を見て驚いた吉祥寺が何か物申すも、達也は一蹴して戦場となってる玄関に向かって移動します。

いまだ生徒達はざわついているものの、中条生徒会長の魔法で各自落ち着きを取り戻します。

そして、七草先輩からの情報を得て、シェルター避難組と脱出組とに分かれて、各校行動を開始しました。

一方。

戦場となってる玄関へ向かった達也達。

達也は深雪の魔法で銃を無力化し、達也をはじめエリカ達もテロリスト達を圧倒。

ただ、前へ出すぎると引っ張り戻されて、倒れていたレオンハルトは活躍出来ませんでしたが。

より詳しい情報を得るため、北山の勧めでVIP会議室を使うことにします。

ここで情報を得た達也は、コンペ用実験データを消してから行動することにしました。

その際、別行動をしていた七草先輩をはじめとする前生徒会グループと合流し、データ消去に今後の行動について話し合うこととなりました。

その時、達也はいきなり、銃タイプのCADを背後に向けて構えます。

何があるの?と七草先輩は達也の見つめる先を壁越しに確認してると、こちらへ迫ってくるトレーラーが突如姿を消します。

これは達也の仕業・・

いったい何をしたの?と驚いてる所へ軍服に着替えた藤林さんが登場。

続いて独立魔装大隊隊長の風間も現れます。

そこへ入口付近の護衛を終えた十文字先輩達が戻り、衝撃の真実を知ります。

風間の言葉により、達也が軍人、しかも特尉である事が明かされます。

風間から命令を受けて出動する達也。

その達也に深雪は声をかけ、跪いた達也のオデコにキス・・・をすると、達也達から何らかのエネルギーが発せられます。

こうして万全の準備を深雪は達也に施し、笑顔で送り出しました。

〜魔法科高校の劣等生 第1期 24話のネタバレここまで〜

以上が、魔法科高校の劣等生 第1期 24話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】25話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期25話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期25話のネタバレここから〜

冒頭は十師族の一員であり、クリムゾン・プリンスの異名を持つ一条将輝の活躍から始まります。

横浜国際会議場から脱出しようとするも、バス修理の為に出発は出来ない。

そこで一条は駐車場に出て、テロリスト達に真っ向勝負を挑みます。

他の生徒は物陰から魔法を使ったり様子を見てるのに、一条は堂々と歩きます。

テロリストが一条目掛けて発砲するも、魔法フィールドがそれを防いで一条には届きません。

逆に一条の攻撃は一発打つ毎に敵は死んでいきます。

あっという間に駐車場を制圧し、バスの修理時間を稼ぎきりました。

しかし一条、みんなと共に行動はせず、魔法教会を目指します。

吉祥寺に生徒達を頼み、自分は十師族の・・・

国民を守るという使命と義務を果たす為に。

十文字先輩も十師族の責任を果たすべく、藤林から車を借りて別行動を取ります。

その先では十文字家の魔法”ファランクス”でテロリスト達を圧倒。

高校生離れした戦闘力とカリスマで市民を鼓舞し、戦場を一気に有利な展開に。

一方、地下通路でも戦闘あり。

シェルター目指して進んだ中条生徒会長達ですが、達也の懸念が的中して敵との遭遇戦に。

十三束や服部先輩が圧倒的な強さでテロリストを排除し、ルートを確保。

こうして中条生徒会長率いるメンバー達はシェルター前まで着くのですが、ここで天井が崩れてきます。

教師の一人が天井を支えて全員シェルターに入る時間を稼ぐものの、そのシェルターには入れなくなってしまいました。

幸いこの教師も無事にシェルター内へと避難出来ますのでご安心を。

地上ルートから移動していた七草先輩達一向もシェルターへ着きますが、すでに入れない状態に。

そこで七草先輩と北山がそれぞれの父に連絡し、救援のヘリを要請します。

ヘリ到着までの護衛を藤林達がしようとするも、カッコよく千葉修次が「軍の仕事は外的を排除することであり、市民の保護は我々警察の仕事だ」と言ってここの護衛を買って出ます。

ただそのカッコ良さは藤林さんには通じてなさそうですし、妹のエリカにも指摘されるんですけどね。

ここでエリカは愛用の武器を兄から受取り、兄と共にみんなを守ります。

それぞれグループに分かれて戦闘するも、幹比古の索的能力の高さがここで役に立ちます。

何しろ敵が視界に入る前から「くるぞ!」と襲撃を教えてくれるのですから。

こうして十師族だけでなく、達也の仲間達も大活躍するわけですが、もちろん達也も魅せてくれます。

特注の黒いスーツを身に纏って空中を飛び、敵の目でもある無人飛行機を殲滅。

その後地上に降りて残存テロリストを殲滅し、深雪達への援護へ回ります。

一方、深雪達も救助のヘリが来るまでの時間稼ぎに成功するものの、敵の不意打ちにあって桐原先輩・五十里先輩両名は重傷を負います。

特に五十里先輩は致命傷・・・・。

すると深雪は達也を呼び、達也の魔法で負傷した両名を回復。

まさに奇跡を起こします。達也は深雪を褒め、新たなる敵を求めて空へと旅立ちました。

〜魔法科高校の劣等生 第1期25話のネタバレここまで〜

以上が、魔法科高校の劣等生 第1期25話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】最終回26話ネタバレ

以下、魔法科高校の劣等生 第1期最終回26話のネタバレです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期最終回26話のネタバレここから〜

序盤は達也の恐ろしい戦闘力を見せ付けられました。

達也と同じ黒のパワードスーツを着用した兵士達が多数おり、テロリスト達と戦闘を繰り広げています。

達也程の戦闘力はないものの、いくら倒そうともすぐ起き上がるんです。

というのも倒れる度に達也が再生魔法を掛けているから。

これは恐怖です。

もちろん達也の戦闘力も強いですけど、兵士が一向に死なないんですから。

達也がいると戦闘力は一切落ちないわけなんですよね。

こちらの戦力は低下せず、テロリスト達の戦力だけが削られていく・・・となると達也達が勝利するのも当然なわけで。

すでにテロリスト達は撤退を始め、局地戦へと展開。

一条や十文字先輩の戦っていたテロリスト達も撤退を始めます。

ただ気になったのは一条の所ですね。

一条の戦っていたテロリスト達は横浜中華街。

つまり周の本拠地へ逃げ込んだわけです。

しかし周によってテロリスト達は捕縛されて一条に渡されます。

これは周がテロリスト達を見限って裏切ったのか、最初から条約通り(敗戦濃厚の時は早急に寝返って敵から疑われないようにする・・みたいな)なのか気になりました。

場面はヘリの中へと移り、達也の使った魔法について深雪が話します。

要するに24時間以内に負った負傷なら治せるものの、それまで味わってきた痛みすべてを一瞬で達也が経験する、という代償のある魔法。

今回の五十里さんの治療を例に挙げるなら、五十里さんの味わった痛みが150倍になって達也は体験したとの事。

どうして秘密にしていたの?と問いかけてきた千代田先輩に、深雪はそのように返事をして場をシーンとさせます。

一方その頃。

チェンとルゥガンフゥ達が魔法教会関西支部へ突撃を開始します。

戦闘服を身についたルゥガンフゥは強く、魔法教会支部を守る人達を圧倒。

その様子に気づき、渡辺先輩・七草先輩・レオンハルト・エリカ・深雪達がルゥガンフゥ達との決着をつけに行きます。

渡辺先輩に注意を向けさせてエリカ・レオンハルトが左右から不意打ちするも、あっさり防がれて逆襲を受けます。

レオンハルトもエリカも吹っ飛ばされ、その衝撃で戦闘不能に。

一人残った渡辺先輩も劣勢となるも、上空から打ち出された七草先輩の魔法でルゥガンフゥは倒れます。

チェンは奇門遁甲によって魔法教会関東支部へ単独で潜入するも、深雪に待ち伏せされてEND。

以前、師の九重からアドバイスを受けており、それを活用して奇門遁甲で潜入するチェンを見破ったのでした。

こうしてテロリスト達は撤退。

ルゥガンフゥの襲撃も失敗に終わり全面勝利に。

ただ撤退中の敵揚陸艦を日本近海で破壊すると環境汚染が心配されるということで、サードアイを使って遠くへ行ってから爆破。

これで一応の決着はつくも、大亜細亜連合は鎮海軍港に艦艇を集結して、日本を襲撃しようと企てます。

日本海軍は動員が遅れ苦戦は必至。

これを打破するため、達也はマテリアル・バーストを発動し大亜細亜連合艦隊を消滅させました。

その頃深雪と四葉 真夜は通信をし、達也について話をします。

達也と深雪の間に何らかの契約が結ばれており、達也側からは破棄できないと。

こうして後世の歴史家から「灼熱のハルウィン」と呼ばれた一日が終わる事となるのです。

〜魔法科高校の劣等生 第1期最終回26話ネタバレここまで〜

以上が、魔法科高校の劣等生 第1期最終回26話のネタバレです。

【アニメ 魔法科高校の劣等生 第1期】動画を全話無料視聴する方法

U-NEXTでアニメ「魔法科高校の劣等生」の動画を無料視聴する

U−NEXTは、魔法科高校の劣等生 第1期のほか、劇場版・星を呼ぶ少女も配信されています。

しかも、どちらも見放題の対象作品。

つまり、31日間のお試し期間中に、全話フルで無料視聴できるということ。

さらにU−NEXTは、無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

このポイントを使えば、読みたい漫画や見たいアニメを、実質無料で読むこともできますよ(^^)

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで魔法科高校の劣等生の動画を見てみる

dアニメストアでアニメ「魔法科高校の劣等生」の動画を全話無料視聴する

dアニメストアも31日間の無料お試し期間があります。

無料会員登録でもらえるポイントはないものの、月額料金が400円と格安!

アニメ動画配信サービスの中でも、ダントツの安さです。

なので、これからも継続してアニメ動画を見るなら、dアニメストアがおすすめです(^^)

\31日間無料お試し期間あり/

dアニメストアで魔法科高校の劣等生の動画を見てみる

【2020年7月度】人気漫画ランキング

第1位:鬼滅の刃

吾峠呼世晴さん作の漫画で、週刊少年ジャンプにて連載されていた漫画。

累計発行部数8000万部を突破し、ONE PIECEを超える人気作品となりました。

鬼滅の刃の全巻ネタバレを見てみる

鬼滅の刃の漫画を無料で読む

第2位:五等分の花嫁

春場ねぎさん作の漫画で、週刊少年マガジンにて連載されていた漫画。

累計発行部数は1200万部を突破し、アニメ第2期の放送が決定しています。

五等分の花嫁の全巻ネタバレを見てみる

鬼滅の刃の漫画を無料で読む

 

第3位:約束のネバーランド

白井カイウさん原作・出水ぽすかさん作画の漫画で、週刊少年ジャンプにて連載されていました。

累計発行部数は2100万部を突破し、アニメ第2期の放送が決まっています。

約束のネバーランドの全巻ネタバレを見てみる

鬼滅の刃の漫画を無料で読む

 

アニメや漫画を見るならここ!おすすめ人気配信サイトBEST5
U-NEXT(無料会員登録で600円分のポイントプレゼント!)
電子書籍
✅月額1,990円(税別)が31日間無料!
✅無料会員登録で600円分のポイント
✅有料会員になれば毎月1,200円分のポイント

U-NEXTは日本最大級のアニメ・漫画配信サイト。アニメは8万本、漫画は16万作品以上配信されています。

また、月額1,990円と高めですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるため、実質790円でご利用いただけます。

しかも、初回は31日間無料でお試し可能!さらに無料会員登録で600円分のポイントが付与されます!!

31日以内に解約すれば費用は一切かからないので、ぜひお試しください♪

FOD(1ヶ月のお試し期間中に最大1,300ポイント貯まる!)
FODプレミアム
✅888円(税別)が1ヶ月間無料!
✅お試し期間中に最大1,300ポイントたまる!
✅ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!

FODは動画配信サービスとして知られていますが、漫画や雑誌なども配信されています。

しかも、1ヶ月間の無料お試し期間中でも、最大1,300ポイント貯められるんです!

さらに、ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!!

アニメ動画を見ながらポイントを貯めれば、そのポイントで好きな漫画や雑誌を実質無料で読むことができますよ♪

music.jp(無料会員登録で1,600円分のポイントプレゼント!)
music.jp
✅月額1,958円(税別)が30日間無料!
✅無料会員登録で1,600円分のポイント!
✅継続すれば毎月3,000円分のポイントプレゼント!

music.jpは漫画や雑誌、映画などの配信が充実しているサービスです!

配信サービスの中でももらえるポイントが多く、なんと無料会員登録するだけで1,600円分のポイントがもらえます!
(動画用1,000円分、全コンテンツ用600円分)

また、お試し期間は30日間。

こちらもお試し期間中に解約すれば一切費用はかからないので、気軽にお試しいただけますよ♪

dアニメストア(月額400円でアニメが見放題!)
dアニメストア
月額400円(税抜)でアニメ見放題!
ドコモユーザー以外もOK!
初回31日間の無料お試し期間あり!

dアニメストアは、アニメ動画に特化している配信サービス。

見放題の作品数はなんと2,900作品以上!

しかも月額たった400円で、すべてのアニメを見ることができるんです!

ドコモユーザー以外でも利用でき、さらに初回31日間の無料お試し期間もあります!!

アニメ動画のダウンロードにも対応しているので、ぜひ一度試しに使ってみてください♪

hulu フールー(すべての作品が定額見放題!)
hulu
✅月額1,026円(税込)が2週間無料!
人気映画や、アニメ6万本が見放題!
初回2週間間の無料お試し期間あり!

hulu(フールー)は動画配信に特化したサービス。人気映画やドラマ、アニメ動画が約6万本配信されています。

お試し期間は2週間と短めですが、huluは独自のオリジナル作品が従事地しているのが特徴的!

テレビや他の配信サービスでは見ることができない、独自作品を楽しみたい方は、ぜひhuluを使ってみてください♪

少年漫画
【漫画生活】名作マンガのネタバレや感想、考察など

コメント

タイトルとURLをコピーしました