【漫画】空挺ドラゴンズ1巻から7巻のネタバレまとめ|無料で読める?

空挺ドラゴンズ1巻〜7巻のあらすじとネタバレ、読んだ感想などをご紹介していきます!

各巻のネタバレを詳細にまとめ、無料で読む方法も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ちなみに…

空挺ドラゴンズの単行本は、U−NEXTというサービスを使えば、普通に買うよりお得に読むことができます。

無料会員登録するだけで、600円分のポイントがもらえるので(*^^*)

しかも、31日間のお試し期間中は、見放題作品(アニメ・映画など)が無料で視聴できます!

単行本だけでなく、空挺ドラゴンズが連載されている雑誌「アフタヌーン」も読めます。

600円分もらえるうえ、好きなだけアニメを視聴できるので、ぜひお試しください♪

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで空挺ドラゴンズをお得に読む

【漫画】空挺ドラゴンズ1巻〜最新刊(7巻)のネタバレまとめ

1巻2巻3巻4巻5巻
6巻7巻

【漫画】空挺ドラゴンズ1巻のネタバレ

以下、空挺ドラゴンズ1巻のネタバレです。

〜空挺ドラゴンズ1巻のネタバレここから〜

街に迫っている龍を捕まえるよう頼まれたミカたちは、それに応じます。

船に乗って空に上がると龍はすぐ目の前です。

威嚇目的の閃光弾にも一切ひるまない龍にたじろぐ船員たち。

ひとつ間違えば巨大な龍が街に落ちるため、いつものような狩はできません。

どう対処するかで仲間が揉めている脇で銛を発射する爆発音が響きます。

驚いた船員たちが目を向けると、銛を龍にぶち込んだミカの姿がありました。

龍が街に落ちたらどうすると心配する船員たちでしたが、ミカは平気の顔です。

えらい勢いで龍が船に襲い掛かってきたため、この龍が先程に殺した龍の親だとミカは感づいていました。

子供殺され激怒する親龍に同情するタキタでしたが、ミカに半端な気持ちでは死ぬと叱責され言葉を失います。

なりふり構わず船員に襲い掛かる龍。

ある者は触手でたたかれ、別の者は首を絞められます。

なんとかしようとミカは単独で龍に銛を突き刺しますが、それだけでは殺せません。

触手に囚われ満足に動けないミカは、すぐそばに武器が転がっているのを見ます。

それを手に取り引き金を引くミカ。

銃が火を噴き龍の頭を吹き飛ばします。

ミカが使ったのはスタンランス。

それで殺した龍の肉は酷い味になるというものです。

夕食に狩った龍の肉を頬張るミカでしたが、やはり味は最悪でした。

龍を追って別のエリアへ向かうミカの一団。

船内では狩った龍の油を抽出する作業を48時間ぶっ通しでやっていました。

休憩時間の合間、タキタは今回の龍がもたらしてくれるお金についての話を聞きます。

想定を超えた額に目を大きくして驚きます。

続けて自分の取り分を聞いて泣きたくなるタキタ。

未払いの支度金を引かれたために、ほとんど貰えなかったのです。

むせ返るような作業部屋を出て、甲板に出たタキタは、奇妙な生き物を目にします。

それはなんと小型の龍。

他の船員は忙しそうだし一人で龍を捕まえることを決意します。

網を片手にあちこち探しますが、まったく見つかりません。

そんなことをしていると、通路に船員のギブスが倒れているのを、タキタとミカは見つけます。

例の龍に噛まれて立てなくなったのです。

誤魔化しきれないタキタは事情を話します。

そんな小さい龍は見たことないと興味津々のミカ。

これ以上病人を増やしたくないと少数精鋭で龍を探すことを決めます。

大きい龍に寄生するタイプかもしれないと、龍の匂いの強い油を保管している部屋を探すミカとタキタ。

室内を探していると突然、龍が襲ってきます。

なんとか捕まえたタキタでしたが、鋭い牙が首元に伸びます。

しかし危機一髪のところでミカの銛が突き刺さり事なきを得ます。

亡骸となった龍は、もちろんミカの胃袋に収まるのでした。

女性船員の部屋でタキタの髪をとかすヴァニーことヴァナベル。

手入れのされていないタキタの髪はゴワゴワで、櫛が通らなかったのです。

香油を櫛に振りかけて滑りを良くしてから、丁寧に髪をとかすヴァナベル。

ふとタキタに自分が、なぜここにいるのか分からないとボンヤリとした悩みを打ち明けます。

朝食の時間。

乗組員が集まって賑やかな食事が始まりますが、どこか馴染めない雰囲気のヴァニー。

食卓を囲まず、一人壁に寄りかかって飲み物をすすります。

朝食が終わり、日々の仕事に従事する船員たち。

ミカとタキタは洗濯のやり方で揉めていました。

そんなことでよく騒げるものだと呆れるヴァニーは洗濯を代わります。

ミカとタキタは洗い終わった洗濯物を干す仕事です。

窓に目をやったミカは龍を見つけ見張り台に走ります。

しばらくして、雲の中から現れたのはボールのような丸っこい龍。

すかざすギブスが銛を打ち込みます。

しかし次の瞬間、龍はけたたましい鳴き声をあげます。

おそろしく響く声で、船員たちは立っていられません。

まともに戦えないために、龍が衰弱死するのを待とう提案する仲間たち。

しかしミカは一人立ち向かうため甲板に出ようとします。

そんなミカにヴァニーは、疑問を投げますが、ミカはただ狂気じみた笑いを見せるだけでした。

よろめきながらもロープを伝って龍に取り付いたミカはs渾身の力で銛を突き刺します。

しかし、それでも龍は倒れません。

頭がグルグルと回り立てないミカ。

そこに現れたのはなんとヴァナベル。龍の首筋付近に銛を突き刺し殺します。

狩りが終わって一息ついた夜、戦利品である龍の煮込みを食べようとするミカ。

そこにヴァニーが現れました。

つづいて他の船員も集まってきて、たちまち宴会に。

龍を捕るのが楽しいか?とミカに同じ質問をするヴァニー。

肯定的な答えを返すミカ。

自分が生きるためにやっている龍捕りを楽しんでる男を横目に見るヴァニー。

ミカのグラスに酒を注ぎ乾杯しました。

仕事場である見張り台から下りてくるジロー。天測が上手い少年です。

ある日ジローはタキタに昔父がしてくれた光る龍の話を聞かせます。

嵐の中、光る龍の後ろをついていったら嵐から出られたという不思議な話です。

その時、船の周囲には急速に発達する雲が近づいていました。嵐の雲です。

嵐にそなえよと緊急放送がされる船内。

ミカとジローが見張り台で周囲を注視します。

しかし発達した積乱雲の引力は凄まじく、船はどんどんドス黒い雲に近づいていきます。

猛烈な風が船を揺らす中、ミカとジローは黒い雲の中に光り輝く何かを見ます。

それは美しい流線形の体を持った魚のような龍でした。

本当に光る龍はいたんだとジローは感動で涙を流します。

船は龍の後を追い無事嵐をやり過ごしました。

嵐のダメージも特に無く、順調に船は進んでいました。

そんな時、海上に救難信号の旗を上げた船を見つけます。

ミカとヴァニーが下りて調べるも船は空です。

ふとヴァニーが上空を見上げると1隻の飛行船が目に入りました。

その船の正体は空中海賊。

有利な上のポジションをとった彼らは、容赦なく機関銃を浴びせてきます。

船の危機に一人、突貫するミカ。

なんと、たった一人で海賊船を制圧します。

そんなミカに神がご褒美を与えたのか、はるか上空に超大な龍が姿を現します。

ガラっと仕事の顔に戻る船員たち。

その間、ミカは何も言わず龍を眺めていました。

〜空挺ドラゴンズ1巻のネタバレここまで〜

 

以上が、空挺ドラゴンズ1巻のネタバレです。

【漫画】空挺ドラゴンズ2巻のネタバレ

以下、空挺ドラゴンズ2巻のネタバレです。

〜空挺ドラゴンズ2巻のネタバレここから〜

老人の名は「ウラ」

ミカと面識があるようです。

タキタに軽くセクハラしたウラ爺の正体は「千剖士

龍の解体を専門で請け負う部族の長です。

ウラ爺に戦利品の龍の革を渡すミカ。

革を何に使うのかタキタが聞くと、ミカは壁に並べられたタペストリーを指さす。

タペストリーの模様は全て、龍の革を切り出して作り出した1品ものでした。

それぞれのタペストリーに、エピソードがあることを知り、驚くタキタ。

ミカが初めて狩った龍のタペストリーを見て目を輝かせます。

テント内の壁一面に飾られたタペストリーを見渡すタキタ。

ミカはひとつずつタペストリーの説明をします。

昔ウラ爺から聞いて全部覚えていました。

タペストリーに思いをはせているとウラ爺が、タキタがさっき解体した革でタペストリーを作ってやると言い出します。

タキタは目を見開いて喜びました。

タペストリーの工房に場所を移して、革が切り取られる様子を見るタキタ。

なんと革を下地に縫い付ける作業は、タキタが自分でやることに。

縫い付けが終わり、後は乾かすだけになったタキタのタペストリー。

タペストリーを見つめるタキタの顔は、充実感があふれていました。

場面は変わって、クィン・ザザ号の修理に専念する整備工のダグを見上げる船員たち。

先の龍捕獲りで船が受けたダメージを修理するのにかかる費用に頭を悩ませていました。

そんな時、上空から巨大な船が龍を括りつけたまま港に下りてきます。

費用が高いドックに迷わず入って行き、巨大船を横目に悪態をつくクィン・ザザの船長代理。

船員からクィン・ザザの小ささを間接的に揶揄され、腹が立っていました。

一方、勤めから解放されたヴァニーたち女子グループは、バーで酔った大男にからまれます。

なんやかんやで男と飲み比べをすることになったヴァニー。

なんと、負けた方はバーの客全員の酒代を肩代わりするペナルティー付きです。

ヴァニーと男の飲み比べが始まった頃、ジローは娼館のロビーでポツンと一人座っていました。

店の一角で男の肩に抱えられた女性が叫んでいるのを見て、ジローは仲間の制止も気にせず男に乱暴を止めるよう声をかけます。

仲間の予想どおり男と揉めて騒ぎになるジロー。

男に持ち上げられ自由を奪われますが、仲間のニコに救われます。

男の仲間も集まり出し、クィン・ザザの面々との乱闘劇が開始。

いつの間にか他の客にも飛び火して娼館のロビーは大乱闘。

ジローは助けた女の子と一緒に、ドタバタの店内から逃げ出します。

街を歩きながら女の子に色々な話をするジロー。

しばらく楽しんだ後、女の子は娼館に帰ると言い出します。

明日も街を一緒に歩こうと誘うのが、ジローにできる精一杯のことでした。

船に戻ったジローは港にいたヴァニーに相談を持ち掛けますが、その時、爆発音が響き渡ります。

遠くのドックで大資本の巨大船が爆炎を上げて燃えていました。

燃え盛る炎の中から現れたのは仕留められたはずの龍。

翼を広げ周囲を威嚇する姿は周囲の人間を不安にさせました。

それを見て休暇から戦闘モードに切り替わる船員たち。

街にいたミカも港から上がる黒い煙を見て船に急ぎます。

人命第一で救助に専念するクィン・ザザの船員たち。

そのすぐ上をふらつきながら龍が飛んでいき、街の防壁に激突します。

駆けつけた市衛兵が攻撃をしかけると龍は、翼を円形に持ち上げ高熱の攻撃を繰り出します。

その後、龍は動きを止めたものの再度暴れだす危険性は否定できず、今夜開催予定だった祭りは中止に。

港にいた他の船はこのタイミングを逃さず、クィン・ザザを残し全て飛び去ってしまいます。

クィン・ザザの船員たちは、街を見捨てて立ち去るか否かで揉めます。

ジローは街の人たちを近くの街まで運ぶべきだと申し出ますが、経理のリーに現実的でないと否定されます。

そこに大慌てミカがやってきて問題の龍は食べられるから捕ろうと言い出します。

ヴァニーも地上に下りた手負いの龍だから、巨大でも大丈夫だと、ミカを支持。

捕れればビッグマネーということもあり、避難から一転して龍捕りの準備が始まります。

特にジローは真剣そのもの。

周囲でちんたらしている仲間たちを叱責するほどの気合の入れようです。

しかし、まだ準備が整う前に龍を捕獲していた、巨大船メンバーの横やりに遭い龍が暴走します。

街中で暴れ回る龍により娼館も崩壊。

それを見たジローは先ほど出会った女の子の身を案じます。

迫りくる手負いの龍に、ミカたちの炸裂弾が放たれますが、効果は見られません。

ならばと一人槍で突っ込むミカ。

反撃で吹き飛ばされるも、槍は龍に突き刺さり龍はミカの獲物になります。

ジローも一人龍によじ登り首筋の急所を近距離で狙います。

しかし危機を感じた龍はジローに熱攻撃を仕掛け、一転ピンチに。

それを救ったのはクィン・ザザでした。

龍の横腹に船首を突っ込ませ致命傷を与えます。

仕留めた龍は、港との良好な関係を維持するために譲渡することに。

巨龍の解体は街の千剖士とミカたちが、協力して行いました。

作業の後は祭りで使うはずだった食材を持ち寄って青空芋煮会。

龍の特大カツレツも振る舞われミカも大満足。

しかし、肝心の巨龍の肉は毒におかされたため、食べられるのは毒抜きが終わった3年後。

ミカはただ肩を落とすばかりでした。

早朝、カーチャとオートジャイロで街の所空を飛ぶジロー。

一緒に船に乗らないかと誘おうとするも、カーチャに遮られるのでした。

ミカとタキタは、ウラ爺たちからタペストリーやお守りなど、龍の工芸品を貰います。

ミカは最後まで巨竜の肉のことが気になっていました。

いよいよ別れの時。

船員たちが船に乗り込み出立の準備が整います。

カーチャは感謝の意を込めてジローの髪を切ってあげます。

飛び去る船を見上げるカーチャの手にはジローの髪が握られていました。

〜空挺ドラゴンズ2巻のネタバレここまで〜

以上が、空挺ドラゴンズ2巻のネタバレです。

【漫画】空挺ドラゴンズ3巻のネタバレ

以下、空挺ドラゴンズ3巻のネタバレです。

〜空挺ドラゴンズ3巻のネタバレここから〜

ヴァニーの裸を書いたのが誰か特定するためにタキタとニコたちが思いついたのは容疑者に絵を描かせることでした。

ニコがヒーロに、タキタがジローにそれぞれ自分の似顔絵を描くよう頼みます。

困惑するジローでしたが、結果は一目瞭然でした。

ジロー、ヒーロともに小学生レベルの画力しかなく、犯人はガガに確定します。

一人、寝室に入るガガ。

そこをタキタをはじめとする探偵団に強襲されます。

すんなりヴァニーの絵が自分のものだと白状するガガ。

女部屋に忍び込んだ容疑でタキタたちに拘束されそうになります。

そこに現れたのがギブス。

騒動を鎮めるとガガに事情を説明させます。

ヴァニーの絵はガガがイメージで描いたもので、女部屋に忍び込んではいませんでした。

騒動を起こしたタキタたちに待っていたのは厳しいデッキ磨き。

傍らでヴァニーが呆れた顔でみていました。

そんな時、露店甲板で干し肉の世話をしていたミカは龍の気配を感じます。

しばらくして雲から一匹の龍が飛び出し、船は龍捕りの準備に入ります。

すると船の下から大きな黒い物体が浮き上がってきました。

急いで舵を切る操舵手のカペラ。

雲から出て全体を見せた物体は奇妙な球体をしていました。

望遠鏡で球体を見たタキタは驚きます。

球体の正体は何匹もの龍が群れを成してできた塊でした。

1匹のサイズは4メートル弱と小さいものの、何百、何千と集まっているため巨大な塊に見えたのです。

いつものように火裂矢などを使ったら一発で吹っ飛んでしまうサイズの龍をどう仕留めるか迷う船員たち。

ミカが選んだ武器は手投銛でした。

群れの一匹に狙いを定めたミカは見事一発で銛を龍に突き刺します。

孤立した一匹の龍を引き寄せ捕獲しようとする船員たちは、銛に繋がったロープを引き寄せます。

しかし危機を感じた龍は反転し船員に襲い掛かります。

標的になったのはタキタでした。

龍に太ももを噛みつかれたまま船から落とされます。

一瞬静まり返った船員たち。

すぐにギブスは声を上げ船の高度を下げるようブリッジに要求します。

一方、タキタは巨大な洞窟のような場所に落ちていました

奇跡的に龍にやられた太ももの傷以外は大きな怪我をしなかったタキタは、すぐに自分の場所を知らせるため狼煙を上げようとします。

狼煙で燃やす木を探す途中でさっきの龍と遭遇し、とどめを刺します。

龍を丁重に弔うと、そこにはいつの間にか宙に浮く不思議な生物が。

よく見ると龍のようです。

タキタに興味があるようで先程殺した龍を解体する様子をつぶらな単眼で見つめます。

槍では上手く解体できず体も冷えてきて動く気力も限界。座り込んで寝入ってしまいます。

しばらくして目覚めたタキタは例の龍がいなくなっているのに気づきます。

岩の陰に隠れていた龍を見つけて一安心するタキタ。

そこに猟師のアスケラと名乗る者が現れ、ここは彼女の狩場だと主張します。

軽く事情を説明したタキタはアスケラからナイフを借り解体の続きをします。

しかしその途中で気を失ってしまうタキタ。

疲労と冷えで熱が出ていました。

一方クィン・ザザは地表まで降りてタキタの捜索を行っていました。

見つかる気配も無く、諦めムードの船員たち。

捜索時間は48時間に限定されました。

夜が更け辺りが月明りに照らされる頃、タキタは目を覚まします。

アスケラがしっかり看病してくれていました。

龍肉のスープを食べるよう勧めるアスケラですが、タキタはしぶります。

もしかしたら自分に懐いている幼龍の母親の肉かもしれないからです。

アスケラに諭されてスープを口に含むタキタ。

味は最高でした。

気力を取り戻したタキタは奇妙な幼龍を群れに帰すことを決意します。

アスケラに案内され彼女の集落にやってきたタキタ。

外の人間が珍しい集落の人たちはアレコレ話題にします。

タキタは足の怪我を治療してもらう最中、集落の伝説について話をしてもらいました。

集落から見えるキン山が煙を吹いたら龍がやって来るというのです。

タキタの治療が終わり一息ついていると今度は幼龍の様子が変です。

元気がない原因は空腹。食べるものがありません。

麦がゆ、ヨーグルト、豆のペーストと試しますがお好みに合わず。

空の物ながら食べるのではと村の若者の助言で閃いたタキタは龍油を与えてみようとします。

船でやった油取りを思い出し、何とか龍油を取り出します。

しかし幼龍は食べてくれません。

そこにアスケラの婆ちゃんがやってきて油に卵を混ぜるよう助言します。

そして完成した「龍油の全卵マヨネーズ」。

幼龍もこれには大満足でした。

アスケラ家族との夕食を済ませ横になるタキタ。

ふと幼龍を見ると干からびて元気がありません。

空の者は空でしか生きられないと悟ったタキタ。

伝説にある、山を通り過ぎる龍に幼龍を会わせようと山に向かいます。

アストラは危険だから止めるよう忠告しますが最後は折れてタキタに付き合うことに。

道中、山の近くの空に例の龍の塊を見つけます。伝説は間違いないようです。

山についたタキタは少しでも高いところを目指し登っていきます。

龍の塊は山の頭上まで来ると形を変え始まます。

このままでは龍たちがどこかへ去ると感じたタキタは幼龍に仲間のところに行くよう促します。

しかし幼龍は拒みます。

タキタと幼龍で押し問答をしていると山影からクィン・ザザが姿を見せます。

着陸できるスペースの無く、どうタキタを救助するか戸惑うブリッジ。

ミカは自分がロープで吊るされてタキタを捕まえるからギリギリまで山肌に寄せてくれとブリッジに指示します。

すれ違いざま空中でタキタをキャッチするミカ。タキタの背中には幼龍がいました。

ミカたちに幼龍を群れに届けたいと伝えるタキタ。

上空では火山の噴火でできる上昇気流に乗って一気に舞い上がろうとする龍の群れに別の龍が襲い掛かっています。

次々に龍たちが集まり周囲は龍だらけに。

さらに本来なら高層圏にしかいない超巨大龍まで現れて度肝を抜かれる船員たち。

ギブスもこれが「龍の回廊」かと驚きを隠せません。

上昇気流はさらに強まり、龍の塊も分裂を始め最終局面が近いことを予感させます。

タキタは体をロープで縛り、意を決して龍の塊に飛び込み幼龍を群れの長らしき龍に返します。

一仕事を終えたタキタは仲間たちのと再会を喜びます。

そんな明るいムードをぶち壊すように前方から大型空挺が突っ込んできます。

はたしてクィン・ザザ号の命運はいかに!?

〜空挺ドラゴンズ3巻のネタバレここまで〜

以上が、空挺ドラゴンズ3巻のネタバレです。

【漫画】空挺ドラゴンズ4巻のネタバレ

以下、空挺ドラゴンズ4巻のネタバレです。

〜空挺ドラゴンズ4巻のネタバレここから〜

勢いに任せて乗り込んだものの、早々に捕まって船長の前に連れてこられたヴァニー。

船のオーナーらしき人間は貴族風の若い男で、写真のネガのようなものに夢中です。

巨大なドラゴンや珍しいドラゴンの写真が周囲に山積みになっています。

写真を見ながら話す男にいらだったヴァニーは男を椅子から引きずり落とし、クィン・ザザの面倒を見ろと迫ります。

怒った男はヴァニーを看板に放り出せと大声を上げました。

男の指示で船員たちに捕まったヴァニーはブリッジから連れ出されようとします。

しかしクィン・ザザが龍の回廊の空域にいたことを思い出したその男は、3頭の巨大龍を見たかとヴァニーにたずねます。

見たと答えるヴァニー。

男が龍の回廊に興味があると察したヴァニーは、情報を提供する代わりにクィン・ザザを曳航するように要求します。

そちらの話が先だと譲らない男をヴァニーが無視すると男はその場を立ち去り、ヴァニーは船員に連行され別室に監禁されてしまいます。

その頃クィン・ザザでは乗組員が外に集められていました。

神妙な面持ちの会計士のリーから語られたのは、船が破損して事業を継続できないので廃業も考えているということだった。

あっけにとられる船員たち。

さすがのミカも龍が食えなくなる事実に困惑するばかりでした。

囚われのヴァニーは巨大船の要人のひとり「クオビオ」から、この船について話を聞かされる。

彼の話では船の名は「オボロカスカ号」で天体観測や天空生物の調査を行うために世界各地を飛んでいる調査船とのことだった。

先程、ヴァニーと言い争った貴族風の男の名はブルノで大手貿易会社の御曹司だという。

戻ってこないヴァニーを心配してジローがオボロカスカ号に降り立つ。

甲板長と挨拶を済ますと船内に案内されます。

ヴァニーはブルノに彼の部屋に呼び出され、彼が龍を追っている話を聞かされました。

彼はケツアルカトルと呼ばれる伝説の龍を追っていると言う。

ここ400年だれも見たことが無い龍だ。

龍を追い求めるのは単純な知識欲や好奇心のためだと目を輝かせて話すブルノ。

そこにジローが案内されやってくる。

部屋にある奇妙な調度品に興味を引かれるジロー。

1枚の写真に目が行く、先日船内で騒ぎを起こした小型の龍の写真だ。

すかさずブルノから注意が入る。彼によると、なんとこの龍の市場価値は20億!

ヴァニーとジローは愕然としました。

その後、ヴァニーの提案を飲みクィン・ザザまで来たブルノ。

船長代理のクロッコと交渉します。

船を壊したのに悪びれる様子すら無いブルノに憤るクロッコだったがリーに説得され話を飲むことに。

龍の回廊に一番詳しい人間に会わせるとヴァニー言われ、クィン・ザザに入るブルノ。

案内されたのはタキタの部屋。

タキタは幼龍の事も含め龍の回廊に関する色々な話をブルノに聞かせます。

幼龍について興味をひかれたブルノはタキタに絵を描かせますが、これが酷いできで満足できせん。

絵のことなら彼だと呼び出されたガガは龍関連のスケッチをブルノに見せます。

様々な龍と、お目当ての回廊が描かれた絵に感動するブルノ。

絵を全て欲しがったブルノにガガが提示した条件はクィン・ザザの修理。

ひとつ返事で了承したブルノ。さらに驚くべき提案をしてきます。

なんとガガを自分の船に招きたいというのです。

翌日、ブルノの船に曳航されたクィン・ザザはとある港町にやって来ます。

立派な設備のあるドックで修理を受けることになりました。

修理中は船にいられない船員たちは街に繰り出します。

船長代理と総舵手のカペラたちはブルノに捕まり、航海日誌の内容を根掘り葉掘り聞かれてクタクタ。

他の船員たちは街の片隅でガガがブルノの船に誘われたことを話題に盛り上がります。

傍らで見ていたミカは捕れたての龍が食えるんだからクィン・ザザで決まりだろとつぶやきます。

それを聞いたヴァニーは呆れ顔でミカを見ました。

そんな時、街にボロボロになった船が曳航されてきます。

船の損傷を見て龍の仕業だと見抜くミカ。

タキタが持ってきた最近船を襲っている龍の討伐指定状を見てクィン・ザザの面々は驚きます。

討伐賞金は破格の1億!

そこにブルノもやってきて、その暴れ龍を見つけ出して観察すると言い出します。

修理中で船を動かせないクィン・ザザの船員たちは、この話に乗って準備を始めるのでした。

討伐指定状に書かれた暴れ龍が出没するエリアにやって来たブルノ率いるオボロカスカ号。

大滝が周囲を囲む無人の秘境です。

クィン・ザザの面々は甲板で龍の襲撃に備えて監視を続けていました。

周囲は雲が立ち込めてはいるものの穏やかな雰囲気。

しかしミカは鋭敏に何かを感じ取り、船の一番高いところに立ち、風が変わった匂いを運んできたと言います。

船員に呼ばれて甲板に来たブルノ。

その時、雲から龍が飛び出し船に襲い掛かりました。

身を挺してブルノを守ったヴァニーは龍めがけて走っていき槍を突き立てます。

そのまま龍と一緒に空へ舞い上がるヴァニー。

龍にとどめを刺そうとしますが、逆にパクリと食べられます。

すかさず龍の首元に一発撃ち込むミカ。

逆上した龍は船首をぶち破ってブリッジに突っ込みます。

龍とにらみ合うミカはヴァニー奪還を決意し、いつもとは違うシリアスな表情。

なんとか体に取り付いて首裏の急所を狙おうとしますが触手で払われ近づけません。

ジローが威力のあるボムランスで仕留めようとしますが、弾が龍の体内で炸裂するためヴァニーの身を案じた仲間に止められます。

銛を撃ち込みクィン・ザザとオボロカスカの船員が総出でロープを引っ張りますが、それでも抑えきれず龍は空へ逃げようと体を持ち上げます。

そこに龍涎香を炙ったランプを手にブルノがやってきます。

ブルノは龍がつがい相手を探しに、この空域に来たことを知り、仲間の匂いを出す龍涎香で龍の気を惹こうとしたのです。

匂いに反応し体を発光させる龍。

そのあまりの美しさにブルノは涙を流します。

その隙をついてミカが急所に槍を突き刺し、やっと龍は倒れました。

しかしまだ気は抜けません。

一刻も早くヴァニーを救出しないと龍の重さで圧死しかねない状況です。

大声でヴァニーに呼びかけるミカ。

それに応えてヴァニーは最後の力で銃の引き金を引きます。

龍の胴体部分が破裂し、ヴァニーの位置が分かった船員たちは必死で胴体を切り裂きます。

龍の体内から救い出されるヴァニー。

ミカが声をかけますが返事がありません。

はたしてヴァニーは無事なのか!?

〜空挺ドラゴンズ4巻のネタバレここまで〜

以上が、空挺ドラゴンズ4巻のネタバレです。

【漫画】空挺ドラゴンズ5巻のネタバレ

以下、空挺ドラゴンズ5巻のネタバレです。

〜空挺ドラゴンズ5巻のネタバレここから〜

回想の中で、どこかまだ幼い雰囲気を残したヴァニーは船の食糧庫に隠れて盗み食いしているところをミカに見つかります。

行く当てもないヴァニーはそのままクィン・ザザの船員になることに。

これが彼女とクィン・ザザとの馴れ初めでした。

ヴァニーはベッドから起き上がり食堂へ向かいます。

そこには皆が集まっていました。

にぎやかな食卓に加わったヴァニーは残り少ないモツ鍋を静かに、しかし心穏やかに食べるのでした。

船の外ではブルノと調査活動を共にする品の良い女性がオボロカスカを眺めていました。

そこに現れた総舵手のカペラがオボロカスカも修理が大変そうですねと話かけます。

しかし彼女はすでに必要な手配は済んだと意味深な言葉を残します。

ある日、ブルノは部下たちに命じて捕獲した龍を土に埋めさせました。

ブルノの隣で作業を眺めていたタキタはブルノは龍思いだと感心します。

龍の遺体を埋めるのは骨格標本を作るためだと話すブルノ。

普段なら廃棄するところをクィン・ザザの面々が肉をキレイに解体してくれたから標本を作れるようになったのです。

話をしているといきなり周囲が暗くなります。

見上げると頭上を船団が飛んでいました。

船団の正体は大手造船業ララージュの修理船。

船首が破損したオボロカスカ号の修理にやってきました。

修理船を読んだのはブルノの船にいた品の良い女性「リリオペ・ララージュ」。

なんとこのリリオペ嬢はララージュ社の代表だったんです。

ブルノはリリオペのポケットマネーで航海を続けていたのでした。

修理船がオボロカスカ号を曳航する準備が整い、ブルノたちとの別れも近づきます。

ブルノはヴァニーに自分の博物館ができたら必ず来て欲しいと言い去っていきました。

クィン・ザザも出発の準備ができ、龍退治の賞金を受け取るためにハーレ市に向かいます。

道中、甲板で外を眺めていたヴァニーの顔を隣にいたミカがジッと見つめます。

龍の胃酸を浴びたヴァニーの顔には大きなアザが出来ていました。

ヴァニーは勲章だと言って気にしない素振り。

それに対しミカは猫にも顔に模様があると変な慰め方をします。

そうしているうちにハーレが見えてきました。

世界有数の大都市だけあって巨大な街並みが眼下に広がります。

しばらくするとハーレから水先案内人が派遣されてきました。

行き交う船が多いため事故を回避するために案内人が必要なのです。

クィン・ザザに乗船してきた水先人はノラという女性。美人です。

入港のスケジュールを船長代理に説明するノラ。

その時、ブリーフィングルームにミカの声がこだまします。

船の後方に龍を見たというのです。

今から着陸だから大人しくしてろと船長代理から怒鳴られます。

ミカという名前に反応するノラ。何かありそうです。

その時、ミカは遠くの雲海に消えた龍の背中に手投げ銛が刺さっているのを目にし、何かを思い出し遠い目をしました。

その後、無事ハーレに降り立ったクィン・ザザ号。

総理のリーは賞金を貰うため東ノアチス社の支社に来ていました、

担当してくれた老人はブルノの幼い頃を知っていて、いつも一人だったブルノの心の支えになったのは龍だったと話してくれます。

さらにブルノは性格に問題があるとも。

クィン・ザザに戻ったリーは船員たちに特別ボーナスを配ります。

活気づく船員たち。額は少なかったですがボーナスを握りしめハーレの街に繰り出します。

ヴァニーをはじめとする女性陣はエステです。

長旅で凝り固まった体をケアします。

タキタはジロー、ミカ、ヨシはショッピング。

ヴァニーのアザを治す高額な薬を皆でお金を出し合って購入します。

次に行ったのは街を一望できるレストラン。

ヨシおすすめのお店です。

店の壁に銛が刺さっているだけあって龍捕りがひょっこり訪れるとか。

絶品料理に舌鼓を打っていると店長と酔っ払った客が取っ組み合いを始めます。

その酔っ払いを見てミカは男の名を呼びます。

男の名はクジョー・ランダウ。

昔、ミカと一緒に龍を捕っていたと言います。

ムスっとしていたクジョーですが、タキタからミカが今でも龍に飛び移って龍捕りをしていると聞いて上機嫌になります。
ミカの話をしてやるから秘密基地に来いとミカ、タキタ、ジローを連れて店を出ます。

その頃、水先人のノラは海の様子をうかがっていましたが街灯に火が付いていないのに気づくといきなり怒りだし部屋から出ていきます。

クジョーの秘密基地に着いたタキタたちは、そこで小型の飛行船を目にします。

ツギハギだらけの船の名はノラゴス号。

クジョーとミカが昔使っていた龍捕りの船です。

当時クジョーとミカは同じ飛空艇で集団と一緒に龍捕りをしていましたが、時代の流れに乗れない頑固なクジョーは毒や最新式の捕龍砲に反対して船を降りたのでした。

ミカはそんなクジョーについて行きました。

理由はクジョーの捕った龍の肉が一番美味かったから。

それからたった2人の龍捕りが始まります。

小さな飛行船を飛ばしながらクジョーは船の名前を考えます。

興味のないミカと口論しながら船の名は「ノラゴス」に決まります。

そんな2人に最初の獲物が現れます。

すかさず銛を打ち込むクジョー。

龍は煙幕を出して姿を消します。

ミカの感を頼って高度を落とすクジョー。

そこにはノロノロと飛ぶ龍がいました。

山肌に龍を追い込んだ2人、ミカは銛を持ってクジョーを真似て龍に打ち込みます。

初めて龍を仕留めたミカの顔は歓喜と興奮にあふれていました。

クジョーの昔話を興味深く聞いていたタキタとジロー。

タキタはミカとクジョーが別れた理由が気になり、クジョーにたずねます。

クジョーがはぐらかした、その時、脇からノラが割って入ります。

コネを使ってやらせている街灯に点ける仕事をクジョーにすっぽかされて怒るノラ。

どうやら二人は身内のようです。

街灯を点けて回るクジョーの後を追うように歩くミカとノラ。

ノラはミカに、これ以上クジョーに会わないよう頼みます。

クジョーに空への想いを断って欲しいようでした。

一方、タキタはしつこくクジョーにミカと別れた理由を聞きます。

クジョーは仕方なく重い口を開いて話を始めました。

2人で龍捕りを続けるも空振りに終わる日が続き、場所を帰ることにしたクジョー。

しかしその道中でクラーケンと呼ばれる低気圧の渦に巻き込まれます。

渦に向かって強風が吹き荒れ、身動きが取れなくなるノラゴス号。

ミカは近くにいた龍のように風に任せて飛べと言いますが、クジョーは断固拒否。

経験豊富な俺の指示に従えと言うクジョーにミカは龍の方が上だと言い返します。

その時、船が雷に打たれクジョーは気を失います。

クジョーが再び目を覚ますと、そこには空を見上げるミカが。

つられてクジョーも視線を上げると、そこには光り輝く巨大な龍が神々しく浮いていました。

〜空挺ドラゴンズ5巻のネタバレここまで〜

以上が、空挺ドラゴンズ5巻のネタバレです。

【漫画】空挺ドラゴンズ6巻のネタバレ

以下、空挺ドラゴンズ6巻のネタバレです。

〜空挺ドラゴンズ6巻のネタバレここから〜

言葉を失うミカとクジョー。

巨流は龍たちを爆弾低気圧に引き寄せ、台風の目を上がってくるところ狙って捕食していたのです。

さっきの小さな龍も触手に捕まり身動きがとれません。

触手がミカたちの船に迫ります。

ボムランスを触手に投げつけ、触手がそれを絡め取ったところを狙ってミカが銛を打ち込み触手ごと爆破します。

なおを襲ってくる触手たち。

必死に振り払うも捕まり、船は龍の溶解液に引き寄せられます。

死を目の前に恐怖するクジョー、ふと横を見ると船から飛び出すミカが目に入りました。

驚いたことにミカは笑っていました。

なぜ笑えるのかとミカの心を理解できないクジョー。

ミカは触手をつたって触手がからみついた小さい龍の所まで行くと、触手をナイフで切り落とし龍に乗ってその場を離れます。

暴れる龍を制御してクジョーの船まで戻ったミカ。

船はなんとか触手をかわし爆弾低気圧の上空に出て死地を脱します。

一息ついたミカが触手の切れ端を昼飯にしようと言い出します。

クジョーはミカの底知れない何かに絶句しました。

砂浜に着陸したミカはさっそく触手を料理します。

生肉を存分に味わえるカルパッチョにして触手をおいしく頂くミカ。

ひとり船にもたれかかるクジョーはノラが写ったペンダントの写真を眺めていました。

クジョーは残ったカルパッチョを一飲みにするとミカに説教を始めます。

自分の指示に従えと大声を張り上げるクジョー。

従っていたら死んでいたと返すミカ。

クジョーはミカのやり方は無謀すぎて、命がいくつあっても足りないと激昂します。

そして生きて帰って龍を食うまで龍の取り方だと持論を続けます。

最後に自分の言い分に納得できないなら船を降りろと言いかけて止めました。

それでは自分を追い出した船長と同じだからです。

落ち着きを取り戻したクジョーは、どちらが船長にふさわしいか腕っぷしで決めようと言い出します。

まったくその気の無いミカは早々に降参しますがクジョーの頭突きと煽り文句に戦闘開始。

2人は殴り合います。

しばらく経つと2人とも顔はボコボコになっていました。
殴り勝ったのはクジョー。

2人とも浜辺で大の字になり、クジョーは寝てしまいます。

クジョーが目を覚ました時、そこにミカの姿はありませんでした。

遠い日の思い出話を終えるとクジョーはノラと一緒に帰っていきます。

ミカとすれ違う時、クジョーは何かを告げたようですが周囲の人間で気づいた者はいませんでした。

翌日の早朝、ミカはクジョーの小型飛空艇の前にいました。

昨夜の帰り際に来るように言われていました。

ミカがクジョーと会っていた頃、タキタとジローはオートジャイロでクィン・ザザを出発しようとしていました。

2人はミカがいないことに気づき、何かを察したようです。

一方、クジョーはミカに事情を話します。

3年前に湾に入ってきた龍を仕留め損ねたことを悔やんでいると言います。

ミカがハーレに来る途中で見かけた銛の刺さった龍はそれでした。

クジョーは自分の後輩であるミカに頭を下げて一緒に船に乗ってくれと頼みます。

ミカはクジョーの義足では龍は捕れないと返します。

それでも引き下がらないクジョー。

ミカと別れてからの身の上話を始めます。

クジョーは港の仕事やウェイターをやりますが結局続きません。

それでも首を縦に振らないミカにクジョーは切れてしまいます。

クジョーらしさを目にしてミカはわずかに笑います。

しばらくしてノラがクジョーの飛行艇置き場にやって来ますが、中はもぬけの殻。

さらにオートジャイロに乗ったタキタとジローもミカを探してやって来ました。

心配する自分を置いてまた行ってしまったとへたり込むノラ。

ジローはここで座っていては何もできないとノラを連れてオートジャイロで飛び立ちます。

クジョーの船を探しながら、ノラはジローにクジョーが足を失ったいきさつを話します。

3年前にハーレの港近くまでやって来た龍がおり、街の警備艇が追い払おうとしたが逆に興奮して周囲の船を襲い始めました。

誰にも手が付けられなくなった龍にクジョーはひとり立ち向かったが打ち損じ、龍の攻撃で足を失ったのでした。

その頃、クジョーは上空を飛ぶ船の上で銛のチェックをしていましたが、その腕は震えていました。

ミカに指摘され強がりますが、足を失った時の恐怖が残っている様子。

そこに街の警備艇がやって来ます。

船を止めるよう指示しますがクジョーは従いません。

強引に船を津波雲に突っ込ませて、あっという間に警備艇から離れます。

雲に突っ込んでいる間、クジョーはミカにクラーケンに飛び出していった理由をたずねます。

クジョーが居たからだと答えるミカ。

クジョーは何も言い返せませんでした。

雲からクジョーの船が姿を見せた直後、例の銛付き龍も雲から姿を見せます。

振袖のような長い立羽を器用に使って小型の龍を捕えて口に運びます。

クジョーの足を切断したのも、この立羽でした。

警備艇を攻撃しだした銛付き龍。

立羽で警備艇を切り刻みます。

さらに船首に近づいて攻撃しようとしますが、突然眩い光が周囲を覆います。

駆けつけたノラが打ち込んだ閃光弾でした。

ターゲットをノラたちのオートジャイロに変えて向かってくる銛付き龍。

しかし途中でクジョーの船を目にして進路を変えます。

そう、銛付き龍はクジョーを覚えていたのです。

自分を覚えていたことに歓喜したクジョーは立羽の攻撃にひるむことなく龍に飛び込みます。

見事銛を龍に突き刺したクジョーでしたが急所を外します。

すかさず義足のギミックを発動させ龍と脚を完全に固定するクジョー。

これでもう振り落とされることはありません。

危機を察したのか銛付き龍はすかさず津波雲に潜り込みます。

心配するノラですが、ミカも含めて誰も何もできません。

オートジャイロも破損が激しいため、ノラゴス号に無理やり不時着させます。

船に降りて早々にミカを殴りつけるノラ。

なぜクジョーに命綱を付けなかったのか責めます。

ミカは、クジョーは必ず龍を仕留めて雲から出てくるとノラに断言します。

ノラもこの言葉を信じ待つことに。

しばらくして雲のから背中に大量の刃物が突き刺さった龍がノロノロと出てきます。

クジョーは銛を突き刺したまま龍の背中に捕まっていました。

たった一人で狂暴な龍を仕留めたクジョーを見て驚くジロー。

龍に船を寄せて力尽き倒れるクジョーをミカが受け止めます。

息も絶え絶えなクジョー、脇腹は大きく切り裂かれていました。

そこにタキタが連れてきた漁船がやって来ます。

ミカはクジョーを漁船に降ろします。

クジョーはノラの見守る傍で空への想いを口にして意識を失います。

それから数日後、クジョーは病院のベッドで横になっていました。

見守るノラと同僚のロイス。

そこに匿名の差し入れが運ばれてきます。

龍の肉をふんだんに使った豪快なメニューで、とても病人が食べられそうにありません。

しかし匂いにひかれてクジョーが目を覚まします。

ノラは思わずうれし涙をこぼしました。

ところ変わってクィン・ザザ号。

ミカはぼんやり海を眺めていました。

そこにクジョーとノラがやって来ます。

ミカは長年に渡りクジョーに嫌われていると誤解していましたが、クジョーとの会話でそうではなかったことを知ります。

クジョーはミカを激励し、別れを告げます。

空高く舞い上がるクィン・ザザ号をクジョーはしばらく眺めていました。

〜空挺ドラゴンズ6巻のネタバレここまで〜

以上が、空挺ドラゴンズ6巻のネタバレです。

【漫画】空挺ドラゴンズ7巻のネタバレ

以下、空挺ドラゴンズ7巻のネタバレです。

〜空挺ドラゴンズ7巻のネタバレここから〜

ソラヤとフェイは船に乗る前、街の貧困街で暮らしていました。

ある日ソラヤが靴磨きの仕事をしていると、警官にからまれます。

とんだ悪徳警官で、ショバ代を請求した上にソラヤの本を取り上げて立ち去ろうします。

ソラヤは徹底抗戦、なんとか本を取り返しますが顔はボコボコに。

そこまでしてソアラが本を守ったのは本を一緒に住んでいたフェイに読ませるため。

字が読めるフェイに本を読んで教養を付けてもらい、ゴミ貯めのような生活を抜け出して欲しかったのです。

フェイは飯を買ってくると出かけますが、向かった先はソアラをボコった警官でした。

フェイは警官を叩きのめすの二度とソアラに手を出すなと忠告します。

回想を終えたフェイは、あの時ソアラから貰った本をペラペラとめくって軽く笑いました。

気持ち悪がるソアラをよそに、フェイは幸せそうでした。

場面は変わって甲板、タキタの特訓は続きます。

相変わらず命中しないタキタにソアラは視力が良くなるツボを刺激します。

そして今度は当たるとハッパをかけます。

タキタは気持ちを入れて撃ちますが残念ながら的には当たりません。

それを見てソアラはガクッと膝をつきます。

なんとソアラはニコたちとタキタが的に当てるかどうか賭けていました。

激昂するタキタにソアラたち男どもは追いかけられるのでした。

クィン・ザザのドタバタ劇はまだ続きます。

ある日、機関室で整備士3人が眉をひそめていました。

エンジンが不調で振動が止まらないのです。

日によって調子の違うエンジンに愚痴を言う若手整備士のヒーロ。

誤魔化しながらやるしかないと、経験豊富な女整備士メインはその場しのぎの手を打ちます。

ヒーロは、このタイミングで龍が来たら大変だと呟き、それを聞いたメインに下手なことを言うと現実になると叱られます。

そこにタキタが大慌てでやって来ます。

メインはぶつくさ言いながらタキタの後をついていくと、蛇口から水が噴き出しています。

さっと直しますが、ドアやコンロまで次々と乗組員から修理を頼まれて「はぁ…」と、ため息。

その頃ブリッジの面々は龍捕りの成果がさっぱりなことに気を落としていました。

総理のリーは特に深刻で打開策を模索します。

話題を変えて世間話をしていると見張りから龍発見の一報が入ります。

それを聞いて、ほら見なさいとヒーロに文句を言うメイン。

ミカたちも甲板に出て龍を見ます。

エンジンが調子が悪いというのに、スピードタイプの龍です。

ブリッジから大声でエンジンの出力を上げるよう言われる機関室のメイン。

無理だと答えるメインですが、リーからクィン・ザザの命運をかけて何とかしてくれと頼まれ断れなくなります。

覚悟を決めてエンジンの出力を最大にするメイン。

すると不思議なことにエンジンの振動は止み出力が回復します。

エンジンの回転数を上げたことで振動の周波数が変わり共振現象が止んだのです。

しかしトラブルは続きます。

高出力で回し続けたためにエンジンが異常加熱していました。

焦るメインに私に任せろと彼女の肩に手を置くベテランのタグ。

水を口に含むとエンジンの吸気口に水を吹き出します。

タグの経験のおかげでエンジン温度は安全域にまで下がります。

これで後は龍を仕留めるだけと思われた時、ブリッジから舵かきかないと報告が入ります。

メインは大急ぎでトラブルと思わしき箇所に向かいます。

見事、油もれを起こしていた配管を見つけて処置します。

メインの働きもあって無事、龍はしとめられ解体作業が始まりました。

船員たちの食事も終わった夜、女性陣が厨房に集まります。

今日はカペラのメインの誕生日でした。

ヨシは2人のためにミートケーキを用意していたのです。

女性だけになった厨房。

自然と恋バナで盛り上がります。

メインは許嫁の話を懐かしそうに語ります。

ワイングラス片手に女子会の夜は過ぎていきました。

ある日、重大な発表があると船員たちは船内の一室に集められました。

不穏な雰囲気に船員一同は警戒します。

呼び出したリーから発せられたのは今月分の給料の減額。
なんと半額にしてくれと言うのです。

リーはクィン・ザザ号建設に使ったローンの返済期限が間近に迫っていて、もし延滞したらクィン・ザザ号を融資した相手に没収されてしまうと説明します。

それでも断固拒否するニコをはじめとした男性乗組員。

膠着状態が続くかと思われたところでソアラから提案が出されます。

サイコロを使った賭け事で決着を決めようというのです。

呆れる船員もいるなか、驚いたことにリーはその提案を飲みます。

さらに細かな条件が加えられ、リーと乗組員が一人ずつ勝負をして、リーが勝てば負けた乗組員の今月の給料がゼロに、乗組員が勝てば全員の給料が2倍になることに決まります。

いざ勝負が始まるとリーの連戦連勝。

実はこのリー、サイコロの出目を制御できるのでした。

それを聞いて悔しがるニコたちですが、すでに時遅し。

最後のミカも運に見放されリーの全勝、乗組員は1ヵ月のただ働きが確定します。

騒動の結末に船長代理のクロッコも一安心。

返済相手のいるマユーロ街は、すでに眼下に見えていました。

マユーロに降りると商人の一団が出迎え、一斉に商売を始めますがクィン・ザザの面々が一文無しだと知ると、そそくさと去っていきます。

そう、この街は交易都市だったのです。

リーたちが用事を済ませるためクィン・ザザを離れようとしたところに1人の大男がやってきます。

リーがモッキアと呼ぶその男は彼の旧友で近くで飲食店をやっているらしい。

リーが用事があるからまた後でと立ち去ると、船員たちも街に消えていきます。

その上空をボロボロになった龍を曳航する船が通り過ぎます。

龍の酷い様にミカたちは言葉を失いました。

その後はミカ、タキタ、ヴァニーの3人で街を探索します。

その最中に龍を曳航していた船の船員に出会います。

クルガ、パウリーナと呼び合う2人が乗る船は屠龍船、依頼され龍の討伐する船です。

パウリーナはマユーロ付近で龍捕りをすると仕事の邪魔だからやめろと警告してきます。

ミカが捕り方が下手だと言い返すと、クルガはクォーンでの一見を指摘して自分なら街を壊さないと捨て台詞を吐いて立ち去りました。

その頃、リーと船長代理のクロッコは借金返済のためにマダム・リャーリャを訪れていました。

彼女こそクィン・ザザ再建のために15年前クロッコに費用を融資した人物でした。

借金の完済が認められリャーリャに預けていた航海日誌がクロッコに返されます。

15年前、クィン・ザザは後か名も無く燃え、船長まで失ったクロッコ。

融資と引き換えに飲んだ条件は半分廃人になったリーをクィン・ザザの会計士にすることだった。

ところ変わって、街の飲食店。

モッキアに食事を振る舞れるクィン・ザザの面々。

そこで龍料理好きのミカには無視できない伝説が語られます。

ここマユーロには北に迷路とよばれる谷があり、そこに住む龍の肉は濃厚でとろけるような食感なのだとか。

その話を聞いたミカはよだれが止まりませんでした。

一方、クルガが船長を務める屠龍船プラナ・グラーヴァ号では作戦会議が開かれていました。

マユーロの街から北の迷路に巣くう龍を討伐して欲しいというのだ。

事前の調査を提案する船員たちだったがクルガは翌日から谷に入り龍を討伐することを決めます。

ミカ、クルガともに伝説の龍を仕留めることを決意するのでした。

〜空挺ドラゴンズ7巻のネタバレここまで〜

以上が、空挺ドラゴンズ7巻のネタバレです。

【漫画】空挺ドラゴンズを無料で読む方法は?

結論から述べると、空挺ドラゴンズを無料で読めるサービスは「FOD」となります。

FODは1ヶ月間の無料お試し期間があるのですが、この期間中に最大1,300ポイントためることができます。

では、どうすれば1,300ポイント貯められるのか?というと、方法が次の通り。

  • 無料会員登録で100ポイント
  • 8の付く日にログインで400ポイント
    (8日・18日・28日で合計1,200ポイント)
  • 合計1,300ポイントもらえる

会員登録して、1ヶ月間FODを無料で楽しめ、なおかつ1,300円分のポイントがもらえる。

このポイントを活用すれば、空挺ドラゴンズを無料で読むことができますね( ´ ▽ ` )ノ

\1ヶ月間のお試し期間で最大1,300ポイント/

FODを使って空挺ドラゴンズを無料で読んでみる

ただ…

注意点もあります。

というのも、1,300ポイント貯めるには3〜4週間くらいかかること。

今すぐ1,300ポイント貯まるワケではなく、時間がかかってしまいます。

そこで、ちょっとしたテクニックをご紹介。

FODのポイントを貯めつつ、U−NEXTで好きなアニメ動画を見る、という方法です。

FODでもアニメ動画は配信されていますが、U−NEXTの方が見放題作品が充実!

サービス名U−NEXT
FOD
動画本数約130,000本約10,000本

しかも見放題の対象作品は、31日間のお試し期間中でも、全話無料でフル視聴可能。

さらに、無料会員登録で600円分のポイントももらえます♪

U−NEXTでアニメを見つつ、FODのポイントを貯めれば、時間を効率良く使えますよ(^^)

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで好きなアニメ動画を視聴してみる

【漫画】空挺ドラゴンズ2巻やアフタヌーンをお得に読めるサービス一覧

空挺ドラゴンズ2巻や、連載中の雑誌・アフタヌーンをお得に読めるサービスをまとめました。

これらのサービスを複数活用すれば、単行本を買うお金をかなり節約できますよ♪

サービスごとに特徴が異なるので、目的に合わせて各サービスを使ってみてください( ´ ▽ ` )ノ

U−NEXT
特典
  • 無料会員登録で600円分のポイント
  • 31日間の無料お試し期間
  • 見放題対象の作品がアニメ・映画・ドラマが豊富
月額1,990円
(毎月1,200ポイント付与されるので、実質790円)
U−NEXTの31日間無料お試しを使ってみる

 

FOD
特典
  • 無料会員登録で100円分のポイント
  • 1ヶ月のお試し期間中に最大1,300ポイントたまる
  • 8の付く日に400ポイントプレゼント
  • 書籍購入で20%ポイントバック
月額888円
FODの1ヶ月間無料お試しを使ってみる

 

music.jp
特典
  • 無料会員登録で1,600円分のポイント
  • 31日間の無料お試し期間
  • KADOKAWA作品独占配信
月額1,958円
music.jpの31日間無料お試しを使ってみる

 

 

アニメや漫画を見るならここ!おすすめ人気配信サイトBEST5
U-NEXT(無料会員登録で600円分のポイントプレゼント!)
電子書籍
✅月額1,990円(税別)が31日間無料!
✅無料会員登録で600円分のポイント
✅有料会員になれば毎月1,200円分のポイント

U-NEXTは日本最大級のアニメ・漫画配信サイト。アニメは8万本、漫画は16万作品以上配信されています。

また、月額1,990円と高めですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるため、実質790円でご利用いただけます。

しかも、初回は31日間無料でお試し可能!さらに無料会員登録で600円分のポイントが付与されます!!

31日以内に解約すれば費用は一切かからないので、ぜひお試しください♪

FOD(1ヶ月のお試し期間中に最大1,300ポイント貯まる!)
FODプレミアム
✅888円(税別)が1ヶ月間無料!
✅お試し期間中に最大1,300ポイントたまる!
✅ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!

FODは動画配信サービスとして知られていますが、漫画や雑誌なども配信されています。

しかも、1ヶ月間の無料お試し期間中でも、最大1,300ポイント貯められるんです!

さらに、ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!!

アニメ動画を見ながらポイントを貯めれば、そのポイントで好きな漫画や雑誌を実質無料で読むことができますよ♪

music.jp(無料会員登録で1,600円分のポイントプレゼント!)
music.jp
✅月額1,958円(税別)が30日間無料!
✅無料会員登録で1,600円分のポイント!
✅継続すれば毎月3,000円分のポイントプレゼント!

music.jpは漫画や雑誌、映画などの配信が充実しているサービスです!

配信サービスの中でももらえるポイントが多く、なんと無料会員登録するだけで1,600円分のポイントがもらえます!
(動画用1,000円分、全コンテンツ用600円分)

また、お試し期間は30日間。

こちらもお試し期間中に解約すれば一切費用はかからないので、気軽にお試しいただけますよ♪

dアニメストア(月額400円でアニメが見放題!)
dアニメストア
月額400円(税抜)でアニメ見放題!
ドコモユーザー以外もOK!
初回31日間の無料お試し期間あり!

dアニメストアは、アニメ動画に特化している配信サービス。

見放題の作品数はなんと2,900作品以上!

しかも月額たった400円で、すべてのアニメを見ることができるんです!

ドコモユーザー以外でも利用でき、さらに初回31日間の無料お試し期間もあります!!

アニメ動画のダウンロードにも対応しているので、ぜひ一度試しに使ってみてください♪

hulu フールー(すべての作品が定額見放題!)
hulu
✅月額1,026円(税込)が2週間無料!
人気映画や、アニメ6万本が見放題!
初回2週間間の無料お試し期間あり!

hulu(フールー)は動画配信に特化したサービス。人気映画やドラマ、アニメ動画が約6万本配信されています。

お試し期間は2週間と短めですが、huluは独自のオリジナル作品が従事地しているのが特徴的!

テレビや他の配信サービスでは見ることができない、独自作品を楽しみたい方は、ぜひhuluを使ってみてください♪

空挺ドラゴンズ
【漫画生活】名作マンガのネタバレや感想、考察など

コメント

タイトルとURLをコピーしました