【漫画】バガボンド 30巻のあらすじとネタバレ感想まとめ

武蔵、小次郎ともに、新たな道を歩みだす30巻。

武蔵は不自由な足を引きずりながら歩き。

小次郎は小川に連れられ、小倉へと向かうのでした。

ここでは、バガボンド30巻のあらすじとネタバレ、読んだ感想などをご紹介していきます!

【漫画】バガボンド 30巻のあらすじ

前巻(29巻)のあらすじはこちらから↓

【漫画】バガボンド 29巻のあらすじとネタバレ感想まとめ
罪人として囚われた武蔵でしたが、実はこれには裏があったのです。 囚われたというより、匿われた形。 武蔵の首を狙う輩から身を守るための確保だったワケですね。 ここでは、バガボンド29巻のあらすじとネタバレ、読んだ感想などをご...

以下、バガボンド30巻のあらすじです。

〜バガボンド30巻のあらすじここから〜

京都所司代にて幽閉されている武蔵は、屋根のある環境に恵まれていると思いながらも、空の見えない環境に寂しさを感じていました。

武蔵の見張り番をする者が蝋燭を用意してくれ、その灯に照らされながら、ここまでの道のりを思い返します。

宝蔵院胤舜、胤栄、柳生石舟斎に兵庫助、そして佐々木小次郎。

みんな天下無双だと。

天下無双とはただの言葉…

石舟斎の言葉を思い出し、「終わった…」と、武蔵は天井を見上げるのでした。

その頃。

本阿弥家では、佐々木小次郎と対峙した、小川家直が目を覚ましていました。

棒切れで打ち込まれたにも関わらず、小川にはそれが真剣に見えてしまい、錯覚で仮死状態にまで陥っていた小川。

小次郎の実力を認めると共に、小次郎の強大さに剣への情熱が折れ、剣を置くことを決意するのでした。

小川は小次郎を小倉へ連れていき、剣術指南役として迎え入れる事を決めます。

そして、小川自身は小次郎の耳となり、口となり、小次郎の為に補佐に回ると言い出すのでした。

〜バガボンド30巻のあらすじここまで〜

以上がバガボンド30巻のあらすじです。

続いて、バガボンド30巻のネタバレを見ていきます。

【漫画】バガボンド 30巻のネタバレ

以下、バガボンド30巻のネタバレです。

〜バガボンド30巻のネタバレここから〜

幽閉される武蔵は、旅の道中月明かりになぐさめられている事に気付きます。

牢の中とはいえ、屋根もあり、布団もある環境を贅沢と思いつつも、月が見えない事に寂しさを覚える武蔵。

武蔵に対し、尊敬や憧れを抱く見張り番は、月の代わりにと蝋燭に火を灯し、武蔵に渡すのでした。

「貴殿こそが天下無双ですよ。」

そう言われる武蔵でしたが、自身が天下無双なら、宝蔵院胤栄に胤舜、柳生石舟斎に兵庫助、佐々木小次郎…

皆天下無双だと思え、「終わった…」と、天を仰ぐのでした。

本阿弥家では、佐々木小次郎と対峙し、意識を失っていた小川家直が目を覚まします。

小次郎の持つ棒切れが刀に見え、体もそう感じたと話していました。

確かに仮死状態にまで陥り、三途の川を見て戻ってきた小川でしたが、小次郎と対峙した事で剣の道が終わったと言い出します。

小次郎との圧倒的な差を味わった小川は、一番になれない剣を振り続ける事は出来ない、剣に嘘は付けないと言い、今日限りで剣を置く事を決めたのです。

自分の代わりに、自身の細川家剣術指南役の地位を全て小次郎に譲り、聾唖の小次郎の為に、自身が小次郎の口となり、耳となり、後から支えていくという小川。

小次郎は、細川家のある小倉に行く事が決まるのでした。

小次郎との別れを惜しむ、本阿弥光悦と妙秀でしたが、小次郎にとって居場所が出来る事は良いことと、温かい目で小次郎を見送るのでした。

一方。

植田良平の霊に悩まされるおつう。

その夜も植田が現れ、話しかけられました。

植田の話を聞こうとしないおつうでしたが、植田は、おつうの意識だけを連れ、吉岡一門の残された家族のところへ連れていきます。

息子を亡くし、毒で自害する母の姿。

一条寺にて、武蔵が戦い、斬っていった相手の姿…

その後、植田は武蔵を訪ねてきた武芸者の様子を、おつうに見せます。

武蔵で名を上げようとする武芸者たち。

動かぬ足で逃げ切れぬ武蔵はいずれ斬られてしまうだろうと、おつうに話す植田でしたが、おつうはそれらを受け入れる覚悟の目をします。

おつうの気持ちに、植田は圧されたのか同情したのか、意識だけ連れ回したおつうを開放しました。

牢屋の中で棒切れを振るう武蔵には、来客がありました。

京都所司代の板倉勝重が武蔵を訪ねてきたのです。

武蔵と話したいという板倉は、茶席にて、武蔵に天下無双を問います。

「天下無双は、ただの言葉。近づいたら、消えてなくなりました。」

そう語る武蔵は、辻風黄平の最期を思い出すのでした。

武蔵に降参し、手当を願った黄平。

武蔵はその後、止めをさしてやろうと黄平の元を覗いていましたが、黄平は助からず、寄り添うようにして自害の葉を入れた龍銅が横たわっていました。

勝った、にも関わらずその場からこそこそと逃げた武蔵。

その後も斬って斬って斬りまくる時間を必要と感じながら、勝利し続けた武蔵でしたが、武蔵は天下無双の陽炎を追っていたのだと言うのでした

その後も、毎日のように板倉と会話を交す武蔵は、求められれば迷わず士官しなさいと勧められます。

自分に与えられる板倉からの言葉に、何故そんな事を言ってくれるのかと聞く武蔵。

板倉は、自分は吉岡拳法とは竹馬の友であった事、赤子頃は清十郎も伝七郎もその手に抱いてきた事を武蔵に話します。

しかし、武蔵の事は恨んでおらず、武蔵の得た強さの答えを、人々に伝えなさいとも、言ってくれるのでした。

…別の道。

それを想像する武蔵でしたが、おつうと共にでは自分の首を狙う人間の犠牲にしてしまう。

それだけは避けたく、もう遅いと思う武蔵は、ある答えに辿り着きます。
幼き頃見つけた、武芸者の亡骸が眠るあの場所へ帰りたい。

俺の帰る道は、ずっとあそこにあったのだと…

ある晩。

武蔵は見張り番を務める者から、うちの道場へ来てくださいと言われ、招待されます。

そこで道場の練習生から、武蔵の今後の歩み方によって、剣に歩む者たちの、そして剣そのものの価値が変わるのだと言われる武蔵。

おつうに語り掛ける植田の霊も、武蔵につまらない死に方はしてほしくない。吉岡一門がこれ程殺したいと願いながらも、これほど生きて欲しいと願った敵はいない、と言うのでした。

そして植田は、おつうに対し、「おつうの存在そのものが、武蔵が心に灯してきた光であり、武蔵にとって帰る場所は己であり剣、そしてそしておつうという女が、行く先を照らす光だ」と告げ、その姿を消すのでした。

道場からの帰り道、武蔵は見張り番達に感謝を告げると共に、杖で気絶させ、一人夜道を進みます。

そして武蔵は、もう一度だけ、命を投げ出しぶつけるしかない相手ともう一度命のやりとりを…もう一度だけ俺にくれ。と、天に祈り、足を引きずりながら歩み出すのでした。

〜バガボンド30巻のネタバレここまで〜

以上がバガボンド30巻のネタバレです。

【漫画】バガボンド 30巻の感想

武蔵が怪我を負い、自身の剣が触れない環境に置かれる事で、改めて自分自身を見つめ直す、内容の深い巻になりました。

沢庵に進められる士官の道、同じことを、京都所司代の板倉勝重も進めます。

現実味を帯びる「士官」という道、そして、おつうと所帯を持ち過ごす道。

武蔵には素直な迷いがありましたね。

おつうの前に現れる植田は、武蔵を憎んでいる時とそうでない時で、顔の傷が出たり無くなったりしています。

「吉岡一門がこれ程までに殺したいと思い…」という言葉は植田の本心であり、恨み殺したい気持ちと、今後の武蔵の歩みを見守りたい気持ちが、同居しているのでしょう。

剣に生きたものだからこそ憧れる、武蔵の到達した境地と、その先の未来は、死後の植田にとっても気になるのでしょう。

吉岡の憎しみだけでなく、願いを背負って現れたかのような植田には、好意が持てましたね。

【漫画】バガボンド 31巻に向けての展望と考察

巻の最後に、見張り番達に礼を言いながら、杖で殴り倒し、一人消えていった武蔵。

足を引きずりながらも、もう一度戦いを求め、そして「あの場所」に帰る旅に出ました。

小次郎との戦いを、自身最後の戦いと、この時既に位置付けているかのような雰囲気でしたが、今の武蔵にとって、小次郎は憧れにも近い剣の使い手だと思います。

足を引きずる道中、おそらく武芸者に襲われたりするでしょうが、片足でも武蔵には敵わないでしょうね。

京都から奈良は近いので、宝蔵院や柳生の里に、再び足を運ぶかもしれません。

宝蔵院胤栄や柳生石舟斎と再会し、武蔵は剣を交すのではなく、ただ話をしに行くのではないでしょうか。

板倉勝重は、おそらく武蔵の事は放っておきません。

仮にも罪人の立場ではありますし、追っ手を出すでしょう。

小次郎も小倉へ渡りましたし、遅かれ早かれ、武蔵も一度は士官するのではないでしょうか。

【漫画】バガボンド 30巻のネタバレ感想まとめ

バガボンド30巻のあらすじとネタバレ、読んだ感想などをご紹介してきました。

続き(31巻)のあらすじとネタバレはこちらから↓

【漫画】バガボンド31巻のあらすじとネタバレ感想まとめ
31巻では又八とお杉が宮本村に向かう様子、そして武蔵が一刀斎と出会うシーンが描かれています。 酒と女に溺れた又八は、過去の出来事を思い返し、弱さを痛感するのでした。 ここでは、バガボンド31巻のあらすじやネタバレ、読んだ感想など...

バガボンド1巻〜37巻のネタバレまとめ

下記の青文字をタッチすると、各巻の詳細なネタバレをチェックできます。
1巻2巻3巻
4巻5巻6巻
7巻8巻9巻
10巻11巻12巻
13巻14巻15巻
16巻17巻18巻
19巻20巻21巻
22巻23巻24巻
25巻26巻27巻
28巻29巻30巻
31巻32巻33巻
34巻35巻36巻
37巻

バガボンド好きなあなたにはこちらの漫画もおすすめ

終末のワルキューレ
「終末のワルキューレ」の記事一覧です。
アニメや漫画を見るならここ!おすすめ人気配信サイトBEST5
U-NEXT(無料会員登録で600円分のポイントプレゼント!)
電子書籍
✅月額1,990円(税別)が31日間無料!
✅無料会員登録で600円分のポイント
✅有料会員になれば毎月1,200円分のポイント

U-NEXTは日本最大級のアニメ・漫画配信サイト。アニメは8万本、漫画は16万作品以上配信されています。

また、月額1,990円と高めですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるため、実質790円でご利用いただけます。

しかも、初回は31日間無料でお試し可能!さらに無料会員登録で600円分のポイントが付与されます!!

31日以内に解約すれば費用は一切かからないので、ぜひお試しください♪

FOD(1ヶ月のお試し期間中に最大1,300ポイント貯まる!)
FODプレミアム
✅888円(税別)が1ヶ月間無料!
✅お試し期間中に最大1,300ポイントたまる!
✅ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!

FODは動画配信サービスとして知られていますが、漫画や雑誌なども配信されています。

しかも、1ヶ月間の無料お試し期間中でも、最大1,300ポイント貯められるんです!

さらに、ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!!

アニメ動画を見ながらポイントを貯めれば、そのポイントで好きな漫画や雑誌を実質無料で読むことができますよ♪

music.jp(無料会員登録で1,600円分のポイントプレゼント!)
music.jp
✅月額1,958円(税別)が30日間無料!
✅無料会員登録で1,600円分のポイント!
✅継続すれば毎月3,000円分のポイントプレゼント!

music.jpは漫画や雑誌、映画などの配信が充実しているサービスです!

配信サービスの中でももらえるポイントが多く、なんと無料会員登録するだけで1,600円分のポイントがもらえます!
(動画用1,000円分、全コンテンツ用600円分)

また、お試し期間は30日間。

こちらもお試し期間中に解約すれば一切費用はかからないので、気軽にお試しいただけますよ♪

dアニメストア(月額400円でアニメが見放題!)
dアニメストア
月額400円(税抜)でアニメ見放題!
ドコモユーザー以外もOK!
初回31日間の無料お試し期間あり!

dアニメストアは、アニメ動画に特化している配信サービス。

見放題の作品数はなんと2,900作品以上!

しかも月額たった400円で、すべてのアニメを見ることができるんです!

ドコモユーザー以外でも利用でき、さらに初回31日間の無料お試し期間もあります!!

アニメ動画のダウンロードにも対応しているので、ぜひ一度試しに使ってみてください♪

hulu フールー(すべての作品が定額見放題!)
hulu
✅月額1,026円(税込)が2週間無料!
人気映画や、アニメ6万本が見放題!
初回2週間間の無料お試し期間あり!

hulu(フールー)は動画配信に特化したサービス。人気映画やドラマ、アニメ動画が約6万本配信されています。

お試し期間は2週間と短めですが、huluは独自のオリジナル作品が従事地しているのが特徴的!

テレビや他の配信サービスでは見ることができない、独自作品を楽しみたい方は、ぜひhuluを使ってみてください♪

バガボンド
【漫画生活】名作マンガのネタバレや感想、考察など

コメント

タイトルとURLをコピーしました