【漫画】やがて君になる7巻のネタバレ感想|無料で読む方法は?

2019年4月26日に発売された「やがて君になる」7巻。

いよいよ物語もクライマックス!

侑と橙子の距離が一気に縮まる予感。

ここでは、やがて君になる7巻のあらすじやネタバレ、読んだ感想などをご紹介していきます!

ちなみに…

やがて君になるは、U−NEXTというサービスを活用すれば約30円で読むことができます。

無料会員登録で600円分のポイントがもらえるので、このポイントを使えばOK(^^)

アニメ版やが君も視聴できるので、ぜひご活用ください!

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTでやがて君になるを読んでみる

【漫画】やがて君になる7巻のあらすじ

前巻(6巻)のあらすじがこちらから↓

【漫画】やがて君になる6巻のネタバレ感想|無料で読む方法は?
2018年9月27日に発売された「やがて君になる」6巻。 ここでは、やがて君になる6巻のあらすじやネタバレ、読んだ感想などをご紹介していきます! ちなみに... やがて君になるは、U−NEXTというサービスを活用すれば約3...

以下、やがて君になる7巻のあらすじです。

〜やがて君になる7巻のあらすじここから〜

侑は、燈子に「好き」だと告白したにもかかわらず、「ごめん」と言われても涙も出てこなかった自分に困惑し、もうその言葉を理解できることはないのだと諦めつつありました。

一方、燈子は、侑の今までの気持ちを顧みなかった事を謝った言葉が、違う意味で伝わっているのだろうと思いながらも、結局はその気持ちには応えられないために誤解を解くことを諦めていました。

そして、自分の居場所は侑の隣以外にもあるのだと気付きながらも、侑が側にいないことは寂しいと思います。

そして沙弥香は、燈子に想いを伝える時がきたのだと確信し、修学旅行中に告白します。

しかし燈子が選んだのは侑でした。

だけども今まで育ち続けていたその想いが、確かに燈子に届いたという満足感が沙弥香を前向きな気持ちにさせるのでした。

その頃侑は、「人を好きになる気持ち」はもう理解できているのに、燈子に受け入れられなかった結果に傷つきたくなくて逃げているだけだと槙に指摘され、とうとう全てを自覚します。

そこに、燈子から「会って話がしたい」というメッセージが届き、侑と燈子はそれぞれの場所からお互いに会うために、急いで生徒会室へ向かうのでした。

〜やがて君になる7巻のあらすじここまで〜

以上が、やがて君になる7巻のあらすじです。

続いて、やがて君になる7巻のネタバレを見ていきます。

【漫画】やがて君になる7巻のネタバレ

仲谷鳰さん著書による「やがて君になる」の7巻のネタバレと感想をまとめました。

自分のものになったと思った「好き」が、再びわからなくなり足を止めてしまった侑と、特別をもってしまった侑を受け入れることに躊躇している燈子。

そして、燈子への想いを伝えることを決心した沙弥香の三人三様の気持ちが交差する7巻です。

それぞれの「好き」はどこに向かうのでしょうか?早速見てみましょう!

以下、やがて君になる7巻のネタバレです。

〜やがて君になる7巻のネタバレここから〜

「好きです。」・・なんであんなこと言っちゃったんだろう・・。

燈子から逃げる様にして家に帰ってきた侑は、制服のまま身動きもせずに部屋のベッドに横になりながらそう考えるのでした。

次の日の朝。

元気なく登校してきた侑は、こよみから「おはよう」と声をかけられても気づかず、下駄箱から上履きを取ったまま動きません。

こよみが侑の顔を覗き込みながら、名前を呼ぶと、やっと我に返って挨拶を返してきた侑に、何かあったのかと尋ねますが、なんでもないと答えるのでした。

授業中もずっとうわの空でいる侑は、「好き」とは何なのだろうかと考えていました。

ずっと言えず、ずっと言いたかった言葉ではあったけど、いざ口から出してしまったらやっぱりその正体がわからなくなってしまったと思う侑。

燈子に「ごめん」と言われてしまった事に、それは失恋と言うのだろうかと考えつつも、朱里が失恋して泣いていたその姿を思い出し、自分はそんな涙も出なかったと考えるのでした。

心がしびれている感覚を感じながらも、燈子に告げた「好き」は本当にそうだったのか・・実感がわかない侑は、生徒会に行くために重い腰を上げるのでした。

覚悟を決めて生徒会室の扉を開けると、そこには燈子と沙弥香が座っていました。

「こんにちは」と、淡々と言う侑に、燈子はためらいがちに挨拶を返します。

何事もなく生徒会業務をこなし、職員室へ行こうとした侑は、燈子に呼び止められ、一緒に行くことになります。

後ろを黙ってついてくる燈子と一緒にいる事に苦しさを感じた侑は、立ち止まって振り向き、燈子が持っている書類も一緒に自分が職員室へ持っていく事を申し出ます。

燈子はその侑の様子に何も言えなくなり、素直にお願いし、去っていくその後ろ姿を見つめながら、「今さら何を言えるのだろう」と思うのでした。

劇団の練習に参加していた燈子は、侑の告白に「ごめん」と言ってしまった事を思い返していました。

それは告白に対する返事ではなく、今までの侑の気持ちを顧みなかった事への謝罪だったのだと伝えなくてはと考えながらも、言ったところで侑の気持ちには応えられないのだから意味がないとも思う燈子なのでした。

練習が終わり、劇団の仲間から労われる燈子でしたが、ここでは一番未熟であることが当然で、見得を張る必要も余裕もないこの環境は、厳しくも居心地が良いと感じているのでした。

そんな場所を知り得ることで、好きを持たない特別だった侑はもういないこと、そしてそれがなくても、自分はもう大丈夫なのだと理解していた燈子でしたが、それでも侑がそばにいないことは寂しいと思うのでした。

一方、侑は自分の部屋で、「好き」を知ることを諦め始めていました。

燈子や沙弥香たち2年生は、修学旅行の計画を話し合っていました。

同じグループの吉田愛果が、次々と行きたい場所を挙げていき盛り上がっていたところ、うわの空の燈子の様子に気づき、心配そうに声をかけます。

それに対して素直に弱音を吐いた燈子に、皆は驚くのでした。

心配した沙弥香は、帰りにあらためて燈子に声をかけますが、平気だと答えながらもその笑顔は曇りがちなその様子に気づき、侑との間に何があったのだろうと考えます。

そして、弱っている自分を簡単に人に見せた燈子を「変わった」と思うのでした。侑が言っていた、「劇が終わったら燈子は燈子になれるのだろうか」という言葉を思い出し、もうその日は来ているのだと感じる沙弥香なのでした。

沙弥香は都に頼まれ、評判になっているカフェへ一緒に行きます。

そこで、劇のDVDを観たという都から、恋人役の演技が真に迫っていたと言われます。

あれはあくまで演技だったのだと沙弥香は抗議しようとして、ふと、燈子を好きなことを今まで都に言ったことがあったかと考えます。

見ていればわかる、と言われ言葉に詰まり赤面する沙弥香。

燈子とのその後を聞かれ、今なら告白しても大丈夫かもしれないと話す沙弥香なのでした。

そして都は、理子の収入に頼っている現状から、他店のリサーチを生かして自分の店の売上を少しでも上げる様にしておいて、いつか理子が今の仕事がきついと思った時に自分が頼られるようになっておきたいことを話します。

そんな都と理子の関係を沙弥香は羨ましく思い、そして憧れるのでした。

燈子と沙弥香が修学旅行へ旅立ち、1年生メンバーのみが集まっている生徒会室で、なんだか寂しいと言う堂島に、笑いながら「そう?」と答える侑の様子を、槙はじっと見つめていたのでした。

一方、燈子、沙弥香、愛里、みどりのグループは修学旅行を楽しんでいましたが、この旅行中に燈子に告白するという決心をした沙弥香は、どこかで2人になれないかとタイミングを計っていました。

途中立ち寄った神社で、沙弥香は目を閉じて反対側の石までたどり着けたら恋愛が成就するという恋占いにチャレンジする事にします。

告白する勇気を少しだけでももらいたいと思い、目をつぶって進みだす沙弥香。

あとどのぐらいかと考えていたところに、その道筋を教える燈子の声が聞こえます。

その通りに進むと、「コツン」・・反対側の石に靴があたり、目を開けると「着いた!」と笑顔で喜んでいる燈子の顔が飛び込んできたのでした。

すっかりあたりは暗くなり、とうとう決心した沙弥香は、燈子の手を引き、夜景が見られるという広場まで誘導します。

そして、燈子の顔を見つめ、綺麗だと沙弥香が見とれていると、何かを察した燈子から「だめだよ。」と牽制とも取れる言葉を言われます。

自分は沙弥香が期待する様な人間じゃないからやめて、と話す燈子に、沙弥香は、「私をみくびらないで」と言います。

弱い燈子でもなんでもあなたの事なら知っているし、その弱さを含めても幻滅なんて全くしなかった、と伝え、「燈子の全部が好きだから、燈子の恋人になりたい」と手をとり、告白したのでした。

その時、下の方から、愛里とみどりに集合時間だと声をかけられ、燈子に「返事を聞かせてね
と一言いうと、沙弥香は走りながら戻っていったのでした。

その夜、4人で同じ部屋に寝ていた沙弥香は、自分の高鳴る心臓の音が、隣の布団で眠る燈子だけには聞こえていて欲しいと思い、告白したことに後悔はなく、明日という日に期待をして微笑みながら眠りにつくのでした。

次の日。

変わりなく修学旅行は続き、普段と同じ様子の沙弥香を見つめながら、今まで沙弥香の気持ちに気付かないわけではなかったけど、そのことを考えずにいられたのは、伝えずにいてくれた沙弥香の優しさがあったからだと燈子は考えます。

でも、いつまでもそのままでいることは難しく、沙弥香も、侑も、自分も、いずれ変わっていくのだと思った燈子は、どうしたらその変わっていく人を好きで居続けられるのだろうかと思い、そして沙弥香が言った「全部が好き」とはどういうことなのかと考えるのでした。

途中立ち寄った川で、燈子と沙弥香、愛里とみどりの2つに分かれてボートに乗る事になりました。

燈子はボートを漕ぎながら、沙弥香にいつから自分のことが好きだったのかを尋ねます。

入学式で初めて燈子を見た時から、と答えた沙弥香に、今の自分はその頃の自分とは違うはずなのに、それでも好きでいられるものなのかと聞きます。

沙弥香は、たとえ変わったとしても、燈子は自分の好きな燈子でいてくれるだろうと言う信頼があり、それを表わす言葉が「好き」ということなんだと思う、と話すのでした。

自分勝手な信頼だけど、と笑って話す沙弥香に、自分の弱さを全部知りつつも、それでも隣を歩けると信じてくれたその優しい期待を向けてくれたからこそここまでこれたのだ、と感じた燈子は、沙弥香がいてくれてよかったと思うのでした。

そして好きと言われてもこんなに穏やかな気持ちでいられるのは初めてかもしれないと思ったその時、川にいたつがいの鴨が目に入ります。

その鴨に、自分と侑の姿を重ねて見た燈子は、沙弥香への返事は逃げちゃいけないと決心するのでした。

「私は沙弥香を選べない・・選ばない。ごめん。」

ボートから降りた燈子はそう沙弥香に伝えます。

そして、人から好きと言われて嬉しいと思ったのは初めてだった、と言葉を続けながらも、他に好きな人がいることをうつむきながら燈子は言うのでした。

それは侑かと沙弥香に言い当てられ、泣きながら「うん」と答える燈子に、ずっと燈子の為にできることは全部してあげられると思っていたけど、踏み込んでいったのは自分ではなく侑だったことを「悔しいなぁ」と沙弥香は呟くのでした。

沙弥香を選べないことを謝り続ける燈子に、何も悪くないから謝らないで、と沙弥香は優しく伝えます。

「好き」とは選ぶことで、こんなに重いことなのだと知る事ができたのは、沙弥香のおかげだと燈子は感謝を伝えるのでした。

そんな燈子の涙をハンカチで拭いながら、「好きよ、燈子。」と伝えた沙弥香は、思いは叶わなかったけど、育ち続けて胸を破った初めての愛の言葉は確かに燈子に届いたということに満足しているのでした。

そして・・修学旅行の帰りの新幹線の中、寝ている沙弥香の隣で、侑へメッセージを送る燈子がいました。

夜。

侑はベッドに寝転びながら、ずっと聞こえる彼氏と話す怜の電話の声にイラつきながらも、そんなふうに思う自分に嫌悪感を抱きます。

恋愛が自分のものになったと思ったのにいまだにその実感がわかないことに、すっきりしない侑なのでした。

次の日の放課後。侑は、朱里やこよみを遊びに誘いますが、予定があり断られてしまいます。

残念に思いながら1人で帰っていると、前に槙の姿を見つけ、誘うのでした。

今日帰ってくる七海先輩に2人で遊びに行くなんて怒られないかな、と、無邪気に話す槙に、そんなの気にしなくていいよと苦しげな表情で答える侑がいました。

そんな表情には気づかず、実は今日は朱里と堂島がボウリングに行ったのだという事を槙は話します。

そういえば朱里に堂島のことを聞かれた気がすると侑が話すと、槙は、その状況を嬉しがり、面白がります。

侑は、そんな思った通りにはならないかも知れないのに、と、呆れつつも、堂島はいい人だし、朱里が悲しい恋を忘れて新しい恋ができるならそれはいいことかもしれないと思うのでした。

そして、自分も槙みたいに恋愛をひとのものだと割り切って楽しみたい、と話してきた侑に、燈子と何かあったのかと槙は聞きます。

「好き」を燈子に伝えたけど、「ごめん」と言われたのだと答えてきた侑に、燈子が侑の気持ちを断ったことに違和感を感じる、と槙は言います。

しかしそれは自分が燈子との約束を破ったからなのだと言った侑は、「好き」や「特別」を理解することは諦めたのでこの状況はつらくないのだと話すのでした。

そこで、「つらくないのは侑が逃げているからだ」と槙は指摘してきます。

本当はもう「好き」という気持ちがわかっているのに、それを受け入れてもらえなかったことを理解してしまうと痛いからごまかしているだけなんだと言った槙は自分と一緒にしないで欲しいと言ってくるのでした。

その言葉に固まってしまった侑・・。

スポーツでもなんでも、“実際やるよりは見ているのが楽しい人“というのが槙であり、侑はそこにいる人ではないと槙は断定するのでした。

1人になった侑は、槙の言葉を考えながら歩いていました。

燈子に何回も言われた、自分には許してもらえない、わがままでずるくて不器用な「好き」がそれでも自分にはキラキラして見えて憧れていたのだと侑は思います。

そして槙の言うとおりだと自覚します。わからないままならこんなに苦しい思いはしなくてよかったのに・・

でも「好き」がほしいのだと、痛む自分の胸をぎゅっと手でつかむ侑。

その時、侑のスマホに、“生徒会室で待っててほしい すぐに会いに行くから”という燈子からのメッセージが入ったのでした。

それを見た瞬間、学校へ向かって思わず駆け出した侑。そして燈子も同じ様に生徒会室へ向かっていたのでした。

〜やがて君になる7巻のネタバレここまで〜

以上が、やがて君になる7巻のネタバレです。

沙弥香のおかげで自分の気持ちが見えた燈子と、槙のおかげで悩んでいるものの正体がはっきりした侑でしたね。

そんな2人が会ってどういう展開になるのかが気になるラストでした!

7巻には都と理子の出会いと付き合うことになった経緯がわかる幕間が収録されています。

都が向ける理子への愛情の深さと、それにこたえる様に都へ向けていた好意が徐々に愛情へと変わっていく理子の素敵な物語だと思います!

沙弥香は、燈子とこうなりたかったのかなと思うとちょっぴり切なくなる幕間でもありました。

【漫画】やがて君になる7巻を無料で読む方法は?

電撃大王にて連載されていた「やがて君になる」ですが、2016年4月26日に第2巻が発売されました。

書店や楽天、Amazonなどでも購入できますが、もっとお得に購入できるサービスがあります。

それがU−NEXTです。

U−NEXTでは、やがて君になる7巻が約700円で配信中。

そして、U−NEXTに無料会員登録すると600円分のポイントがもらえます。

完全無料にはならないものの、約100円でやがて君になる7巻を読むことができますよ(^^)

さらに、31日間のお試し期間中は、アニメ版やがて君になるも全話視聴できます♪

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTでやがて君になるを読んでみる

やがて君になる7巻をおトクに読めるサービス一覧

無料会員登録などでもらえるポイントを使って、やがて君になる7巻をおトクに読めるサービスをまとめてみました!

これらのサービスを複数活用すれば、単行本を買うお金をかなり節約できますよ♪

サービスごとに特徴が異なるので、目的に合わせて各サービスを使ってみてください( ´ ▽ ` )ノ

U−NEXT
特典
  • 無料会員登録で600円分のポイント
  • 31日間の無料お試し期間
  • 見放題対象の作品がアニメ・映画・ドラマが豊富
月額1,990円
(毎月1,200ポイント付与されるので、実質790円)
U−NEXTの31日間無料お試しを使ってみる

 

FOD
特典
  • 無料会員登録で100円分のポイント
  • 1ヶ月のお試し期間中に最大1,300ポイントたまる
  • 8の付く日に400ポイントプレゼント
  • 書籍購入で20%ポイントバック
月額888円
FODの1ヶ月間無料お試しを使ってみる

 

music.jp
特典
  • 無料会員登録で1,600円分のポイント
  • 31日間の無料お試し期間
  • KADOKAWA作品独占配信
月額1,958円
music.jpの31日間無料お試しを使ってみる

【漫画】やがて君になる7巻の感想

自分の足で前へと進み始めた燈子の変化は、沙弥香にも大きな決心をさせる結果になりました!

そして沙弥香のおかげで、燈子はやっと「好き」に対する恐怖から解放されましたね。

侑と出会ってなければ、沙弥香とのハッピーエンドもあったかもしれないと思いつつも、侑がいなければ燈子の変化はなかった可能性が高いので、どちらにせよ同じ結果だったのかもしれません。

沙弥香を選べなかった事を謝罪し泣いている燈子の表情は、他の誰でもない燈子自身のものだと感じました!

今までの燈子では見ることはできない泣き顔をとても愛しく思えました。

その表情を引き出した事や、燈子に好きを理解させたのは、侑ではなく、沙弥香が起こした変化だと思います。

なので「燈子を変えたい」と思っていた沙弥香の願いは叶ったのかもしれません。

そして槙くんですが、こよみのもやもや解決にもひと肌脱いでいた?過去がありましたが、侑にも的確に真実を突いてきましたね・・。

さすが恋愛ハンター!

そしてその洞察力に脱帽しました。

こよみと槙、この2人がそろったら何も隠し事ができないかも?ですね。

【漫画】やがて君になる28巻に向けての展望と考察

とうとう次は最終巻です!

沙弥香の想いには決着がつきましたが、燈子と侑はそれぞれどんな決着のつけ方をするのかが楽しみです!

まずは、侑が燈子から「好き」をもらって今の痛みと苦しみから脱出して欲しいです・・。

そして、燈子は沙弥香のおかげで「好き」を恐れる必要がなくなったので、侑が誤解している「ごめん」の本当の意味をまず伝えるところから始めるのでしょうか?

侑と燈子の2人がお互いに素のままで隣にいられることが幸せだと思えるラストに期待します!

そして、告白することによって燈子と侑をくっつける役目になってしまった感がある沙弥香に、何か幸せな出会いが会って欲しいなと思うのですが・・どうなのでしょうか?

そして、もし侑と燈子がくっついた場合に・・洞察力鋭いこよみにはばれそうな気がします。

(槙はもう2人の事を知っているので除外です。)

澪の代わりをする必要がなくなった燈子はもうばれても構わないと思うのでしょうか?その辺りも気にしつつ、次巻を楽しみにしたいと思います!

【漫画】やがて君になる7巻のネタバレ感想まとめ

やがて君になる7巻のあらすじやネタバレ、読んだ感想などをご紹介してきました。

続き(8巻)のあらすじやネタバレはこちらから↓

【漫画】やがて君になる最終回8巻のネタバレ感想|無料で読む方法は?
2019年11月27日に発売された、やがて君になる8巻(最終回) ついに迎える最終回。 果たして侑と燈子の関係は、どのような形で完結するのか? ここでは、やがて君になる8巻(最終回)のあらすじとネタバレ、読んだ感想などをご...
アニメや漫画を見るならここ!おすすめ人気配信サイトBEST5
U-NEXT(無料会員登録で600円分のポイントプレゼント!)
電子書籍
✅月額1,990円(税別)が31日間無料!
✅無料会員登録で600円分のポイント
✅有料会員になれば毎月1,200円分のポイント

U-NEXTは日本最大級のアニメ・漫画配信サイト。アニメは8万本、漫画は16万作品以上配信されています。

また、月額1,990円と高めですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるため、実質790円でご利用いただけます。

しかも、初回は31日間無料でお試し可能!さらに無料会員登録で600円分のポイントが付与されます!!

31日以内に解約すれば費用は一切かからないので、ぜひお試しください♪

FOD(1ヶ月のお試し期間中に最大1,300ポイント貯まる!)
FODプレミアム
✅888円(税別)が1ヶ月間無料!
✅お試し期間中に最大1,300ポイントたまる!
✅ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!

FODは動画配信サービスとして知られていますが、漫画や雑誌なども配信されています。

しかも、1ヶ月間の無料お試し期間中でも、最大1,300ポイント貯められるんです!

さらに、ノイタミナ枠のアニメ動画が見放題!!

アニメ動画を見ながらポイントを貯めれば、そのポイントで好きな漫画や雑誌を実質無料で読むことができますよ♪

music.jp(無料会員登録で1,600円分のポイントプレゼント!)
music.jp
✅月額1,958円(税別)が30日間無料!
✅無料会員登録で1,600円分のポイント!
✅継続すれば毎月3,000円分のポイントプレゼント!

music.jpは漫画や雑誌、映画などの配信が充実しているサービスです!

配信サービスの中でももらえるポイントが多く、なんと無料会員登録するだけで1,600円分のポイントがもらえます!
(動画用1,000円分、全コンテンツ用600円分)

また、お試し期間は30日間。

こちらもお試し期間中に解約すれば一切費用はかからないので、気軽にお試しいただけますよ♪

dアニメストア(月額400円でアニメが見放題!)
dアニメストア
月額400円(税抜)でアニメ見放題!
ドコモユーザー以外もOK!
初回31日間の無料お試し期間あり!

dアニメストアは、アニメ動画に特化している配信サービス。

見放題の作品数はなんと2,900作品以上!

しかも月額たった400円で、すべてのアニメを見ることができるんです!

ドコモユーザー以外でも利用でき、さらに初回31日間の無料お試し期間もあります!!

アニメ動画のダウンロードにも対応しているので、ぜひ一度試しに使ってみてください♪

hulu フールー(すべての作品が定額見放題!)
hulu
✅月額1,026円(税込)が2週間無料!
人気映画や、アニメ6万本が見放題!
初回2週間間の無料お試し期間あり!

hulu(フールー)は動画配信に特化したサービス。人気映画やドラマ、アニメ動画が約6万本配信されています。

お試し期間は2週間と短めですが、huluは独自のオリジナル作品が従事地しているのが特徴的!

テレビや他の配信サービスでは見ることができない、独自作品を楽しみたい方は、ぜひhuluを使ってみてください♪

こちらの漫画も人気です

※表紙をタッチすると、漫画のネタバレなどを確認できます。

異世界迷宮でハーレムを
秘密の果実
SPY×FAMILY
薬屋のひとりごと
鬼滅の刃
ガイシューイッショク!

 

やがて君になる
【漫画生活】名作マンガのネタバレや感想、考察など

コメント

タイトルとURLをコピーしました