【アニメ】魔法科高校の劣等生 第1期 最終回26話 ネタバレと感想まとめ

 

【アニメ】魔法科高校の劣等生 第1期 最終回26話(横浜騒乱編Ⅷ)のあらすじ

横浜を襲撃したテロリスト達との戦いも最終局面を迎えます。軍や警察、十師族や有志の魔法師達の活躍により、テロリスト達もほぼ半壊。特に達也の活躍が恐炉しすぎます。前回、足を吹っ飛ばされる大怪我を負った桐原先輩と背中に致命傷を負った五十里先輩を一瞬で治癒した達也の魔法「再生」。これが恐ろしい力を発揮します。達也と同じ真っ黒なスーツを身に纏った兵と共に達也はテロリストを殲滅していきます。戦闘中に被弾して倒れるも、達也が再生を使えば即回復して戦場復帰。いくら倒しても蘇ってくる、まさにゾンビアタックしてくるわけですから、そりゃあテロリスト達も逃げ出します。挙句に通信では沖縄の悪魔を指す「マヘーシュヴァラ」という声も聞こえてきますし。中華街に逃げ込んだテロリスト達は周によって身柄を拘束され、一条に渡されますし。今回は失敗か・・と思いきや、ルゥガンフゥとチェンが魔法教会関東支部に襲撃を掛けます。上空を飛ぶヘリからその様子に気づいた七草先輩・渡辺先輩・エリカ・レオンハルト・深雪達はルゥガンフ達を止めるべく、戦いを挑みます

【アニメ】魔法科高校の劣等生 第1期 最終回26話(横浜騒乱編Ⅷ)のネタバレ

序盤は達也の恐ろしい戦闘力を見せ付けられました。 達也と同じ黒のパワードスーツを着用した兵士達が多数おり、テロリスト達と戦闘を繰り広げています。 達也程の戦闘力はないものの、いくら倒そうともすぐ起き上がるんです。 というのも倒れる度に達也が再生魔法を掛けているから。 これは恐怖です。 もちろん達也の戦闘力も強いですけど、兵士が一向に死なないんですから達也がいると戦闘力は一切落ちないわけなんですよね。 こちらの戦力は低下せず、テロリスト達の戦力だけが削られていく・・・となると達也達が勝利するのも当然なわけで。 すでにテロリスト達は撤退を始め、局地戦へと展開。 一条や十文字先輩の戦っていたテロリスト達も撤退を始めます。 ただ気になったのは一条の所ですね。 一条の戦っていたテロリスト達は横浜中華街、つまり周の本拠地へ逃げ込んだわけです。 しかし周によってテロリスト達は捕縛されて一条に渡されます。 これは周がテロリスト達を見限って裏切ったのか、最初から条約通り(敗戦濃厚の時は早急に寝返って敵から疑われないようにする・・みたいな)なのか気になりました。 場面はヘリの中へと移り、達也の使った魔法について深雪が話します。 要するに24時間以内に負った負傷なら治せるものの、それまで味わってきた痛みすべてを一瞬で達也が経験するという代償のある魔法。 今回の五十里さんの治療を例に挙げるなら、五十里さんの味わった痛みが150倍になって達也は体験したとの事。 どうして秘密にしていたの?と問いかけてきた千代田先輩に、深雪はそのように返事をして場をシーンとさせます。 一方その頃、チェンとルゥガンフゥ達が魔法教会関西支部へ突撃を開始します。 戦闘服を身についたルゥガンフゥは強く、魔法教会支部を守る人達を圧倒。 その様子に気づき、渡辺先輩・七草先輩・レオンハルト・エリカ・深雪達がルゥガンフゥ達との決着をつけに行きます。 渡辺先輩に注意を向けさせてエリカ・レオンハルトが左右から不意打ちするも、あっさり防がれて逆襲を受けます。 レオンハルトもエリカも吹っ飛ばされ、その衝撃で戦闘不能に。 一人残った渡辺先輩も劣勢となるも、上空から打ち出された七草先輩の魔法でルゥガンフゥは倒れます。 チェンは奇門遁甲によって魔法教会関東支部へ単独で潜入するも、深雪に待ち伏せされてEND。 以前師の九重からアドバイスを受けており、それを活用して奇門遁甲で潜入するチェンを見破ったのでした。 こうしてテロリスト達は撤退、ルゥガンフゥの襲撃も失敗に終わり全面勝利に。 ただ撤退中の敵揚陸艦を日本近海で破壊すると環境汚染が心配されるということで、サードアイを使って遠くへ行ってから爆破。 これで一応の決着はつくも、大亜細亜連合は鎮海軍港に艦艇を集結して日本を襲撃しようと企てます。 日本海軍は動員が遅れ苦戦は必至。 これを打破する為、達也はマテリアル・バーストを発動し大亜細亜連合艦隊を消滅させました。 その頃深雪と四葉 真夜は通信をし、達也について話をします。 達也と深雪の間に何らかの契約が結ばれており、達也側からは破棄できないと。 こうして後世の歴史家から「灼熱のハルウィン」と呼ばれた一日が終わる事となる。

【アニメ】魔法科高校の劣等生 第1期を全話フルで無料視聴するなら

アニメ版魔法科高校の劣等生 第1期は、U−NEXTやdアニメストアで配信されています。

ただ、U−NEXT・dアニメストア以外の配信サービスは、レンタル配信になっています。

以下、配信状況の詳細です。

魔法科高校の劣等生
(アニメ 第1期)
魔法科高校の劣等生
星を呼ぶ少女
U−NEXT
定額見放題定額見放題
dアニメストア
定額見放題定額見放題
バンダイチャンネル
レンタルレンタル
music.jp
レンタルレンタル
ビデオマーケット
レンタルレンタル
Amazonプライムビデオ
レンタルレンタル
FOD
配信なしレンタル

U−NEXT:無料会員登録で600円分のポイント

U−NEXTは、魔法科高校の劣等生 第1期のほか、劇場版・星を呼ぶ少女も配信されています。

しかも、どちらも見放題の対象作品。

つまり、31日間のお試し期間中に、全話フルで無料視聴できるということ。

さらにU−NEXTは、無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

このポイントを使えば、読みたい漫画や見たいアニメを、実質無料で読むこともできますよ(^^)

\無料会員登録で600円分のポイント/

U−NEXTで魔法科高校の劣等生の動画を見てみる

 

dアニメストア:月額400円と格安で見放題

dアニメストアも31日間の無料お試し期間があります。

無料会員登録でもらえるポイントはないものの、月額料金が400円と格安!

アニメ動画配信サービスの中でも、ダントツの安さです。

なので、これからも継続してアニメ動画を見るなら、dアニメストアがおすすめです(^^)

\31日間無料お試し期間あり/

dアニメストアで魔法科高校の劣等生の動画を見てみる

【アニメ】魔法科高校の劣等生 第1期 最終回26話(横浜騒乱編Ⅷ)の感想

まず驚いたのが達也率いる兵士のゾンビアタックですね。達也自体の魔法が強力な上、達也が魔法を使う度に倒れた兵士は蘇ってくるんですから。こんなの相手にテロリスト達が勝てるはずありませんよね。テロリスト関連でいえば、周とルゥガンフゥ達の動向も興味深かったですね。周はテロリストであるルゥガンフゥ達と手を組んでいたはずなのに、中華街へ逃げ込んできたテロリストをあっさり一条に引き渡してましたし。あれ?協力関係じゃなかったの?ってビックリしました。ルゥガンフゥ戦もとうとう勝った!って感じですね。初回はメインで戦ったのが恋人の千葉修次でしたし、二回目は勝ったといっても致命傷を与えたのは達也でしたし。三回目は達也も深雪もいない状況でしたから。トドメは七草先輩が刺したものの、自分達だけで倒した!って感じがして良かったです。最後の灼熱のハロウィンはちょっとやりすぎかな・・と。地形変わるとか、ヤバすぎですね。超遠距離ショットのサードアイぐらいで丁度良かったかな~なんて感じました。

【アニメ】魔法科高校の劣等生 第2期に向けての展望と考察

今回が魔法科高校の劣等生最終回となるので次回はないんですけどね。とりあえず気になった点を挙げていきます。まず気になるのは横浜中華街の周でしょうか。チェンやルゥガンフゥ達に協力していたのに、突如の掌返しでしたから。まあ負け確定のテロリストを庇って疑われるより、早々に引渡して無用の疑いを掛けられない様にするためだったのかな~と感じました。その方が今後も周が役立つわけですし。となると今後、周が暗躍する日が来るでは?と気になりました。あと、達也のこれからの立ち位置や評価の変化も気になりますね。今までは達也の実力を正確に評価していたのは風間だけだったと思います。十師族であり、日本魔法師界の長老的存在の九島列ですら、一条と達也を同格に見てたわけですから。それだけ周囲からの注目が達也に集まるわけですし、それが四葉家でどう影響が出るか。また十師族からチョッカイだされないか気になります。

【アニメ】魔法科高校の劣等生 第1期 最終回26話(横浜騒乱編Ⅷ)のネタバレと感想まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました